ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

賛成?反対?“サマータイム”について考えてみよう!(2018/8/10)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年8月10日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。


第3位【 花火 】

夏の風物詩、花火大会が週末を中心に全国各地で行われていて、花火に関するツイートが打ち上げられています!





第2位【 台風 】

台風13号による強風の影響で8日夜から9日未明にかけて、関東地方を中心に被害が相次ぎました。そんな中、台風14号が日本の南の海上にあり北西へと進んでいます。



第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、8月6日付の週間急上昇ワードで24位になった【 サマータイム 】です。政府、与党が2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げる『サマータイム』の導入を検討しているということです。





◆街の声

「サマータイムは賛成です。電車の混雑とかもあわないで済むので。今は異常気象ですから、なるべく涼しい時間帯から仕事に入った方が良いと思うので、実現出来ればいいなと思います」(男性)


「私は賛成ですね。たまには早く出勤して環境が変わるというのは良いことだと思うので、年配の方で早起きの方もいらっしゃるので、逆に良いんじゃないかなと思います。最近、居酒屋とか飲み屋さんも早くやっているお店も多いので、非常に効率良くやっていけるんじゃないかなと思いますけどね。家にも早く帰れますしね」(男性)


「どちらかといえば反対ですね。いろいろな公共施設だったり、いろいろなものが全部前倒していくっていうのが、いろんな不都合が生じたりするのかなっていう懸念があるので。なんか大変なことが起きそうな気がします」(女性)


「大賛成です。昔、アメリカとベルギーに住んでいたことがあって、その時に両方の国で導入していたので。帰ってもずいぶん日が長いので、それを楽しめるという恩恵ですね。日本でも導入して欲しいと思います」(男性)



◆心のサマータイム

速水 僕、ちょっと勘違いしていたんですけど、ネットでサマータイムに対する意見を見てみると、圧倒的に反発、反対が多い。何でオリンピックのために?や、いわゆる、オリンピックの競技の時間が選手の命に関わってくるというところから議論が始まっているんですけど、だったら競技を早く始めるだけでサマータイムは関係ないだろ!みたいな意見が中心で、特にITのエンジニアの方々の意見なんかを聞くと具体的に反対、批判しています。今回の街の声、これは特に操作しているわけではなく、やっぱり賛成の方が多く、ちょっと現実とネットに乖離があるテーマなんだなと思いました。綿谷さんはどうですか?ヨーロッパでも意外とサマータイムを見直している動きがあるんですよね?


綿谷 そうですね、ここ数年顕著ですね。例えば、今まで導入した時は、オイルショックが元々影響しているので、エネルギーの削減に行くんじゃないかということなんですけど、最近はLEDランプが出てきたりして、その辺の節約は別の技術に頼れば良いんじゃないかとか、フィンランドでは元々日照時間が長いので、前倒ししても変わらないといわれていて、あとは、健康に悪影響があるとかそんな研究結果も出ているそうです。


速水 よくね、睡眠障害の切っ掛けになってしまうんじゃないかといわれていたりして、これは結構数字に示されたりもしています。デメリットの部分も出てくるんですけど、街の声を聞いてわかるのは、よくわからない、経験したことないからやってみよう!的な好奇心もありますよね。ただちょっと中には勘違いしている方もいらっしゃいますよね。


綿谷 そうですね、自分だけ5時に出社すればいいということじゃなくて、みんな5時とか7時になっちゃいますからね。


速水 電車が混まないかどうかは難しくて、電車の運行時間も出社時間もみんな2時間前倒しなので、相変わらず混んでいる可能性の方が高いですよね。


綿谷 そうですよね、おそらく。


速水 おそらく、これもやってみなきゃわからない。電波時計とか飛行機の予約システムであるとかもね。GHQに強制され、かつて日本でも1940年代〜50年代にサマータイムを導入していました。その時は3年でなくなってしまいました。その時はアナログ時計で動いていたんですけど、今はIT時代ですよ、そのIT業界はただでさえ人手不足の中、サマータイムためのシステム変更に、また新しい雇用者が必要になって莫大なコストがかかるじゃないですかという話になっています。なんか良い方法はないかと僕は思っているんですよ!例えば、鉄道の運行とか他の運行も全部のシステムを変えるのではなくて、“心の運行時間を変える”というのはどうですか?めちゃくちゃ言ってますけど。(笑)


綿谷 (笑)。でも、フレックスみたいにするとかね。


速水 そう!だから、ソフトウェア、ハードウェア的にサマータイムを導入するのではなくてフレキシブルに!本当に腕時計を2時間回す。うちの会社はそうですよ、うちはやりません的なアバウトで、ただ、すごい混乱起きますよ。あれ?6時に待ち合わせって言ったのに来ないじゃないか!もう8時だぞ!とか…。


綿谷 アポとか飛ばしちゃったらどうするんですか。


速水 けどね、日本人は時間に正確なのがウリなので1回崩してみませんか?いい加減すぎる(笑)?クロノスが何時から始まるのか二人とも意見が統一できずに…。


綿谷 じゃ、速水さんは8時からきたりしてね?


速水 逆に5時間やったりしてね(笑)。そんなサマータイムについて、みなさんも職場や家庭で議論してみてはいかがでしょうか?





◆リスナーの反応














すっかり定着した“夏のロックフェス”をピックアップ!(2018/8/3)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年8月3日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 福袋 】

人気ゲームアプリ『フェイト・グランドオーダー』で3周年を記念した、福袋キャンペーンを開催し盛り上がっています!





第2位【 安室 】

7月29日に日本テレビ系列で放送されたテレビ番組『世界の果てまでイッテQ!』。こちらでレギュラー出演しているイモトさんと安室奈美恵さんの対談が実現。その演出と、イモトの“安室愛”にたくさんのツイートが集まりました。



第1位【 イモト 】

こちらも『世界の果てまでイッテQ!』のイモトさん、とにかく好感度の上昇が止まらないと話題になっています。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワードで【 フジ 】【 フェスティバル 】などがランクインした【 夏のロックフェス 】です。





◆街の声

「「やっぱりフジロックですよねぇ!」「フジロック!サマソニ!!」「友達とワイワイしに行きたいですね」「夏を満喫するために行きたいです!」」(女性二人組)


「フジオロックフェスです。フジロックフェスじゃなく、フジオロックフェスです。赤塚不二夫さんの曲が流れたり、あとは、あまちゃん音頭とか。行きたかったッス」(女性)


「東京アイドルフェスティバル!フェスっていうだけあって、やっぱりお祭りっていう感じがあって、その雰囲気が良いなって思って。また行きたいですね」(男性)









◆夏フェスは未来への留学!?

速水 フジロックならぬ、フジオロックフェスがあるんですね。ちょっと思わず今ね、急遽調べてしまいましたけどね。恵比寿で昨日ですか、開催されていたようですよ。なんだろ、おそらく、ニャロメ音頭とか踊ったんじゃないかな?いま知って、行けばよかったとちょっと後悔してます。


綿谷 そんなのがあるんですね!ちょっと気になりますよね!(笑)


速水 いや、そっちに反応しないでください(笑)。夏フェスなんですけど、日本でも海外でもあると思いますが、綿谷さんは参戦派ですか?


綿谷 あまり、外のフェスは行かないことが多いかな、暑いので…。


速水 ライブには行くけど外のフェスには、まだちょっとあまり機会がない?


綿谷 う〜ん、そうですね。


速水 日本だとロックフェスが盛り上がっています、あとはEDMのフェス、世界的にはウルトラなんかもありますし、そこは音楽の趣味によって行く場所とか、着ていく服とかも違ったりするんですけど、まぁ、日本の夏に定着してしまいましたね、夏フェス。今年のフジロックは先週行われてましたが、29日日曜日の3日目、一番話題だったのが、ボブ・ディランではないでしょうか?ボブ・ディラン、遅刻といいますか、ノーベル・文学賞の時はすっぽかして来ないというお騒がせの人物でしたけど、なんと、フジロックフェスにはすっぽかさず、定刻の10分前には到着したということなんですよ。ボブ・ディランが来るんだ!と、本当に今年のフジロックを楽しみにしていた方々の映像をニュースとかでもいっぱい見ました。ボブ・ディランのリアル世代の方なんでしょうね、本当に年配の方々がね、楽しみにしていたと。そもそも高いと言われていた、フジロックの年齢層の広さをを見せつけました。ちなみに、『風に吹かれて』は、トリでやったそうです、今年はギターを弾かなかったそうなんですが、ちなみに、ボブ・ディランのライブはファンに言わせても、アレンジが強すぎて、何を弾いているのかファンでもわからない…、そうなんです(笑)。それは、当たり前のことだとか。今回もそういう感じで『風に吹かれて』、皆さんわかったんでしょうか?というね…(笑)。


一方、今年のフジロックのベストアクトといわれているのが、2日目のケンドリック・ラマー 。先ほどのボブ・ディランは、ノーベル・文学賞ですけど、ケンドリック・ラマーは、ピューリッツァー賞ですよ!もうなんていうのかな、権威の集まりみたいになってますけど、ロックのショーなのかって感じなんですけど。ちなみに、ケンドリック・ラマー、5年前の初来日の時にもフジロックに出演しています。その時はホワイトステージのトリだったんですが、どうもまだ知名度が低く閑散としていたと、その時のリベンジを果たした今回、非常に盛り上がって多くの人が出て来たということで、まぁ、ケンドリック・ラマーですよね、どう考えても今年のフジロックのメンバーの中で一番豪華なのは。今回はアジアツアーの一環として来てくれて、ソウルでは単独コンサートをやっています、日本では夏フェスに出演ということで、これはどっちに行こうかとファンは迷ったみたいです。僕の知り合いには、ちょっと単独公演の方に行こうよ!と言っていた方が結構多かったです。


ちなみに、今どきの夏フェスで面白いのが出店です。パスモとかマネーポイントだけで買えて、じゃらじゃらとお金を持って行かなくて良いんですよ、そういう意味では現金のいらないハイテク感があったりして、なんかね、未来にちょっとだけ留学したような感じがして、これも夏フェスの面白さの一つかもしれません。綿谷さんも、ちょっとどうかな、サマソニとかね都市型のフェスで?


綿谷 サマソニとか都市型のフェスなら行けるんじゃないかなと思ってます。


速水 難易度低めのフェスでね。ちなみに、ひたちなか市で行われるロック・イン・ジャパン・フェスは明日からです、こちらは、家族とかカップルにお勧めですよ。今日は、トレンドワード【 夏のロックフェス 】に注目してみました!






◆アレンジも込みでボブ・ディラン
















◆リスナーの反応





この夏、何を見る?毎年盛り上がる“夏のアニメ映画”(2018/7/27)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年7月27日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 Aqours(アクア) 】

25日にフジテレビ系列で放送された『FNS歌謡祭』で、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』でキャラクターの声を担当する声優が集まったスペシャルユニット『Aqours』が出演!デビュー曲を披露して盛り上がりました。





第2位【 暑さ 】

日本中で気温35度を超える猛暑日を連日記録。熱中症対策や注意喚起とともに、ツイッターでもこの“暑さ”にまつわるツイートが多くなっています。



第1位【 Roselia(ロゼリア) 】

こちらも『FNS歌謡祭』関連ワードです。マンガ雑誌『月刊ブシロード』で連載された『バンドリ!』から登場した声優ユニット『Roselia』!地上波の歌番組に初登場ということで、たくさんのツイートを集めました。





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで17位にランクされた【 時をかける少女 】、20日の急上昇ワードで7位になった【 エヴァ(エヴァンゲリオン) 】など、この夏、盛り上がるアニメ映画です。





◆街の声

「好きなのは、『時をかける少女』です。青春っていう感じで、夏休みの話だから見たくなります」(女性)


「ジブリの『魔女の宅急便』が好きです。小さい頃から好きなんですよ。最近、妹が見ていて、私もまた見たみたいなと思いました。最後の助けるシーンが好きです」(女性)


「『君の名は。』が好きです。ちょっと難しい部分もあったんですけど、みんなが1回事故になっちゃうシーンがあるんですけど、そこを助けるシーンが好きです」(女性)


「『未来のミライ』です。主人公が女の子の話だと思ってたんですけど、ちっちゃい男の子の話で、子どもの成長日記みたいな感じ。子どもが欲しくなりました」(女性)



◆感情は大人も子どもも変わらない

速水 綿谷さんは、細田守監督の最新作『未来のミライ』をご覧になったそうで…。


綿谷 はい、先週の金曜日、7月20日公開だったんですけど、初日に行ってきましたよ!これは行ってみようと思いまして。街の声のなかでも、子どもの成長日記というふうに言われてましたけど、まさしくそうだなと思うところもあるんですけど、私は、主人公のくんちゃん、4歳の男の子なんですけど、そのくんちゃんから見た子どもの世界ではなくて普遍的な世界を描いているのが良いなと思い感動しました。細田監督はインタビューの中で、家の中は世界だというようにおっしゃっていて、くんちゃんに妹のミライちゃんが生まれたことによって、両親の愛情が奪われてしまうんですよね。それで世界が終わった…みたいになって、絶望に満ちているんですけど、それって、その感情ってスケールは違うけど大人だって一緒なんだと思いました。例えば、失恋したりリストラにあったりすると、悲しいし悔しいしいろんな感情があるじゃないですか、その感情って、大人も子どももそんなに変わらないんじゃないかなってね。


速水 なるほど。この作品、賛否両論あるんですが、ちょっと見たくなりました。細田監督は、ポスト宮崎駿の1番手と言われていて、その細田監督のライバルが、実は、今の段階だと、エヴァンゲリオンの庵野秀明監督かなと思います。あいだにシン・ゴジラを挟んで、ようやくエヴァンゲリオンの最新作が2020年公開予定となりました。こちらも非常に楽しみということでね。街の声では、君の名は。の名もあがっていました、やっぱり、夏になるとアニメ映画がなんか良いですよね。


綿谷 良いですよね〜!!!




◆子どこから大人まで楽しめる、夏アニメ映画目白押し!























◆リスナーの反応








«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 127 | 128 | 129 || Next»