ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

白血病を公表した【池江璃花子】選手をピックアップ!(2019/2/15)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2019年2月15日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。


第3位【 プリキュア 】

新シリーズが始まり盛り上がるをみせる中、人気声優の結婚報道など、ここのところプリキュア界が非常に盛り上がっています!





第2位【 地震 】

10日に奄美大島近海で震度4、14日には伊豆大島近海で震度3を観測する地震がありました。



第1位【 ルパパト 】

人気戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』が10日に最終回を迎え、前日の9日からトレンド入り。最終回後もたくさんのツイートを集めて1位となっています。





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで10位になった【 池江璃花子 】さんです。12日に白血病を公表した水泳選手の池江璃花子選手。連日、様々な報道もされていますが、まずは、東京の街の声を聞いてみましょう。





◆街の声

「ただただショックというか、年齢が年齢なので…。私が今24歳なんですけど、自分より年下の方がこういう病気になって…。そして、公表するという事もすごいと思いますし、頑張って欲しいなと思いますね」(男性)


「テレビで一斉に一杯やっていましたね。治る病気になっていると思うので、あまり知らないので適当なことは言えないですが、治療したら治るのかなと思いました」(女性)


「いやぁ、まあね、ホントにかわいそう、かわいそうというか、そういうことですよね…。年齢も若いですしね。自分の子供だったらどうしようってね。ホントに親御さんもね、色々大変で、心中お察ししますっていう気持ちですね」(男性)


「自分だったらどうしようというのは思いました。あと、同じ様な立場の方がいらっしゃると思うので、そういう方にすごい勇気を与えたんじゃないかなと思いました」(女性)



◆社会的ショック状態

速水 ショックを受けたという声が正直なところなのかなと思います。体調不良で遠征先のオーストラリアから帰国し、その後、病院の検査を経て、自ら病気を告白するという道を選んだ池江璃花子さんなんですが、18歳という若さであったり、もちろん、水泳での活躍ということもあり、大きなショックでしたね。社会全体がショック状態になりすぎている部分もあって、桜田大臣の発言全体を見ると個人のことを慮ったりする発言もありながらも、「がっかり」という言葉が入っていたことで、炎上したというか批判を呼ぶところがあって、のちに発言を撤回するというような流れもあったり、これは、ちょっとそういう必要があるの?と、これは、社会的なショック状態に陥っているように思えます。


トップアスリートが白血病に罹るということで、僕は真っ先に思い浮かべた事例がアルビレックス新潟のサッカー選手、早川史哉選手の話です。早川選手は日本代表の南野選手と同世代のライバルで、キャリアの途中で白血病に罹り、そこから骨髄移植の手術を受けて復帰するというドキュメンタリーをやっていたこともあり、それが思い浮かびました。僕の他にもそういう人がツイッターでも多かったです。そんな早川選手は、自分がそう比較されていることを受けて、コメントを出しています。それが非常に素晴らしかったので、ここで紹介したいと思います。自分と単純に比較しないでくれということでクラブチームを介して自分の声明を発表しました。「周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています」と早川選手はコメントしています。続けるとですね、「決して明るく前向きなことばかりでない」という言葉を繋げながら、自分が期待をかけられる立場から出たコメントで、周りから「大丈夫だよ!治るんだよ!」と言われ続けるのことに対してのプレッシャーみたいなものの経験者として語っているんだと思います。早川選手が言っているのは、病状はもちろんだし、病気との向き合い方、治療法、そして、水泳とサッカーでは個人競技と団体競技という全く性質が違うわけだし、そもそも今回の病気は、骨髄移植で治るような白血病なのか、そうではないのかまでは、実は公表されていません。憶測だけでものを言うことで、何かが良いことになるんだとうことはないということを踏まえて、冷静になりましょうということを言っているんだと思います。


もう一つ、俳優の渡辺謙さんもアドバイスを寄せられていましたね、ツイッターで。その中でも、現代の医学を信じてという話を書いていたのが、非常にね、そこ重要なことだなと思いました。ガンのまわりには疑義があるたくさんの情報が溢れていますが、スタッフ含めて、そこらへんはきちんと排除して科学的な知見を最優先して欲しいです。簡単のようで難しい事だと思います。





◆池江さんにエール



















◆ドナー登録とは





バレンタイン目前【 チョコ 】をピックアップ!速水さん義理チョコ募集宣言!(2019/2/8)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2019年2月8日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 プリキュア 】

2月3日からテレビアニメ『プリキュア』シリーズの第16弾となる『スター☆トゥインクルプリキュア』がスタートし、たくさんのツイートが集まっています!





第2位【 カタール 】

先日、サッカーのアジアカップで日本を破って初優勝を果たしたカタール代表が様々なニュースの中で盛り上がりを見せています。





第1位【 紫式部 】

スマートフォン用RPB『Fate/Grand Order』に新たなキャラクターとして紫式部が登場!とにかくツイッター上でも盛り上がっています!





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで27位になった【 チョコ 】です。いよいよ来週はバレンタインデーですが、年々チョコレートを渡す意味合いが、会社や学校でも変化してきているように思えます。それを踏まえてまずは、東京の街の声を聞いてみましょう。





◆街の声

「時間があれば作ろうかなという感じです。買うより安く済むんで、学生のうちはいいかなと思って」(女性)


「(もらう予定は?)悲しいことに全くないですね」(男性)


「お母さんからもらいます。チロルチョコ10個入みたいなものを…」(男性)


「彼と作ります。わりと人に喜んでもらうのが好きなので作りますね。サプライズも好きなので。自分にご褒美みたいな感じで、やったことはないですけど、いますよね?良いと思います。買おうかな」(女性)


「ご褒美とかじゃなくって主人にあげてそれを自分でも食べる感じ。(自分の好きなものを選んだりする感じですか?)そうそう、それか自分が食べたいものを買うとか、美味しそうなものがあれば」(女性)


「もらう予定はないですね。彼女がいればもらえますけど…。(職場とかでは?)まぁ義理チョコはもらえるとは思います」(男性)


「職場の先輩とかに、日ごろの感謝ということで渡そうと思っています」(女性)




◆言うほどの変化はない

速水 ハロウィンときてクリスマスときてバレンタイン!それぞれがそれぞれのイベントとしてここ5年くらいで大きく変化をしている中で、街の声を街頭に撮りに行ってくれるスタッフの子に、「義理チョコとか今いらないよね、新しい風潮を撮ってきて!」って言ったんだけど、実際、街頭に行ってきて聞くとですね、そんなこっちのマスコミの作為通りの意見なんて撮れないんですよ(笑)。案外、みなさん、普通にバレンタインの計画を練っていて、手作りなんて声も2つあったりね。ただ、ここ数年の流れとしては、義理チョコってそもそも無駄だし、女性が一方的に男性に渡す必要もないんじゃないの?自腹だし、別に想いもないんだから!ということで、自分へのご褒美のためのチョコレート〜!みたいな流れがあるといわれてたんですけど、まぁ、そんなないんだなという気もしますね(笑)。日曜日に、池袋のデパートに行っていまして、フェアが始まってるんですけど、盛り上がっているという意味では、バレンタインの変化は、見た目ではそう言うほどでもないなという気がしてきました。


綿谷 でも、女性が女性に買うということで、デパート側も女性が好きそうなイベントを開催したりとか多いみたいですよ。


速水 そうですね。一方で話題を呼んだのが、ロフトのバレンタインキャンペーンですよね。可愛いイラストで、ちょっと意地悪な女の子たちが「私の彼氏イケメンなの」というのに、「良い人だよね!」と友達が返していて、イケメンであることを否定しているみたいな、ちょっとそこの仲が悪いみたいな、そこをいじる、ちょっと面白がるようなキッチュで面白い広告だったんですが、女の子同士がいがみ合うのを女の子のお祭りで出してちょっと興覚めじゃないか!とネットで炎上して取り下げになってしまいました。こういうニュースをみると、イマドキなのかなという気はします。ちなみに綿谷さんは、ドイツ長かったと思うんですけど、ドイツのバレンタインってどうなんですか?


綿谷 思い返してみるとバレンタインデーって、高校生くらいの時まではあまりみんな知らないイベントだったんですよ。


速水 有名じゃなかった?


綿谷 そう、なにそれ?みたいな。それが、大学生くらいの時から、バレンタインデーというものが、なんとなく世の中、ドイツの中で認識され始めて、バレンタインにどうですか?というものがデパートやお店に出始めるんですよ。


速水 ようやくドイツのデパートとかも気づき始めたんですか。商売になるぞ!と。


綿谷 そうそう(笑)。だけど、女性から男性に贈るという感覚はなくて、むしろ、男性の方がお花とかを買って、そこにチョコレートを添えてあげるとか。


速水 じゃ、最初からあまり男女差がないイベントとして、しかも、最近定着したということなんですか。面白いですね。ホワイトデーもあるんですか?


綿谷 ないですね。なにそれ?って言われます。


速水 だから逆に、女性だけではなく、男性もその日に何かしらするということなんですね。チョコレートを交換するということはあるんですか?


綿谷 ないですね。


速水 あっ、チョコではなく、何かしらのプレゼントみたいなものか。そっか、各国違うものですね。ちなみに、僕はみなさまからの義理チョコ募集宣言します!(笑)






◆変わり種チョコを楽しもう













◆リスナーの反応











活動休止を発表した【 嵐 】をピックアップ!(2019/2/1)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2019年2月1日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 嵐活動休止 】

27日、午後5時にファンクラブサイトで発表された嵐の活動休止。それ以来、嵐に関するツイートが連日上位を占めるようになっています。



第2位【 大阪なおみ 】

全米に続き全豪と、テニスの4大大会2連覇という偉業!そしてついに、日本初の世界ランキング1位となった大坂なおみ選手。とにかくこのフィーバーはしばらく続きそうです。





第1位【 休止 】

3位に続いて、嵐の活動休止に関するワードが今週1位になりました。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで1位の【 休止 】、3位の【 嵐活動休止 】と先週から話題が絶えない【 嵐 】をピックアップしました。1月27日、ファンクラブサイトで発表された活動休止の報…。トップアイドルの決断だけに驚きました。





◆街の声

「最初、どっきりかな?と思ったくらい、えっ??って感じで、でも、かなり長く続けられてきたのでそろそろ休んでも良いのかなとは思いましたね。でも、すごい残念です。嵐と言えば仲良し。ダンスや歌っている姿を見ても笑顔が絶えないというか、本当に楽しそうに歌う人たちだなと思いました」(男性)


「グループのメンバー同士がすごい話し合いを重ねて、考えて考えた末の結果なんだろうなというのがすごい伝わる会見だったと思います」(女性)


「99年のデビュー当時から大好きです。ニュース番組の速報で知りました。ショックな部分はありますけど、5人で決断して発表したことだから、私は納得しています。早速、コンサートに申し込みをして、当選すれば良いなと思っています」(女性)




◆嵐の決意が表れた会見

速水 嵐活動休止の報をどこで知ったかというのは、みなさんの記憶に残る忘れられない出来事になるんじゃないかと思います。僕は、実はイベント中でして、その間、LINEにメッセージが来ていたんですね。僕の友達には非常にジャニーズファンが多いのでメッセージが来ているんですけど、本当にコアなジャニーズファンの方とは音信不通です(笑)。あまりにもショックで、その件には触れないでくれという感じのコミュニケーション状態なんですよね。そして今週、いろんな打ち合わせ、仕事で行った先々でこの話題があがらないことはないくらいで。中には、私、ファンクラブに入っているくらい好きで、ショックを受けているんです…。という正直な方も打ち合わせ先でいたりして。それくらい日常会話で話題になる、国民的な存在というのは間違いないところだと思います。


嵐のメンバー全員で約2年間に渡って話し合いを続け来たことがわかる会見だなという街の声もありましたけど、まさにその通りだったんじゃないかと思います。何を聞かれてもちゃんと答えようという姿勢、おそらく、それすらも話し合っていたと思っていて、誰かを悪者にはしないというのを徹底していて、質疑応答でも誰かが悪者になりそうになったらしっかりカバーしていましたよね。そして、本音で話をする、自分の言葉で喋る、そんな思いを感じました。そして、タブーの話題を作らない。タブーを作ると記者会見では、大体それを避けようとして、不自然になっていくんですけど、どんな話でもします!という姿勢でずっと喋っていたように思えます。


記者会見のハイライトは、記者の中から「無責任なのではないですか?」という質問が飛んできたときに、桜井くんが軽くキレてみせるという部分がハイライトだったんではないでしょうか(笑)?本当にナチュラルに一瞬キレて、なんていうのかな、桜井くんのそういう性質かな?そこで持ち直して、そのあと大野くんに対するカバー&フォローであったりね。それよりちょっと後でしたかね、二宮くんが、前向きになりすぎないという発言もなかなかね。頑張っていこうよ!と言いがちなんですけど、みんなのペースみたいなものも話の中でしているんですよね。嵐のメンバーは35歳〜39歳くらいの間だと思うんですけど、ちょうど人生の節目の時期で、トップとるんだ!と言って、トップアイドルになり、それがずっと続いている中で、次は何しよう?というのは、同じ世代であればぶつかる問題なのかなと思っていて、もちろん、みんながみんなという話ではないですけど、なんか自分なりの立場で、「そっか、大野くん、釣りをしたいのに、次の日、仕事あるんだ…とか考えちゃうよね」というのは、ものすごく響いたり、このままなんでも続くわけじゃないんだな…とか、いろんなものを感じさせる記者会見だったのではないでしょうか。






◆嵐の絆の強さに称賛の声
















◆リスナーの声


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»