ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

国際中医薬膳師・大友育美さんに花粉症に効く食材を伺いました。(2019/2/21)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


昨日の東京はだいぶ暖かい一日でした。
気温が上がるのはうれしいものですが、うれしくないのは花粉が飛び始めてしまうこと…。
気温の上下も激しいこの時期、食の面から体を労わっていきましょう!
今回は、フードコーディネーターで、国際中医薬膳師・大友育美さんがおすすめする
【 花粉症シーズン、意識して摂りたい食材 トップ3 】をお送りします!
まずは、そのトップ3を紹介していきましょう!!



第3位 『 グリーンピース 』

第2位 『 アサリ 』

第1位 『 菜の花 』

中西:さあ、この食材に期待できることを、このコーナーでもお馴染みのフードコーディネーターで国際中医薬膳師、大友育美さんに聞いていきたいと思います。
大友さん、おはようございます。よろしくお願いします。


大友さん:はい、おはようございます。こちらこそ、よろしくお願いします。


中西:では、第3位のグリーンピースから伺っていきましょう!


大友さん:花粉やウイルスを防ぐ、体の表面を覆っているエネルギーのバリアがあると薬膳では考えられていて、衛生や自衛の“衛”に空気の“気”で『衛気(えき)』と言います。これは呼吸とともに常に作り出されています。グリーンピースは、胃腸の働きを高め、バリアの元になる『気』を作り出して、水や気の巡りを良くして、アレルギーの原因と薬膳では考えられている、体の余分な水分を改善してくれます。


中西:僕は昔、グリーンピースが全く食べられなかったんですけど、大人になったら食べられるようになって、今は好きなんですよね。あと、スナップエンドウ、豆苗も同じ効能が期待できるんですか?


大友さん:そうなんです。春先の肌荒れ、吹き出物にも効果が期待できます。


中西:グリーンピース、スナップエンドウ、豆苗を手軽に摂る方法はなんですか?


大友さん:薄切りにした玉ねぎとベーコンをサッと炒めて、スープの素と水を入れて煮立ったところに鞘から出したグリーンピースを入れて、ちょっと煮てから塩、コショウで味を調えましょう。


中西:あっ、グリーンピースのスープですね!コンソメスープとかでやったら美味しそう、彩りも良さそうですね!詳しいレシピは、あとで、番組ウェブサイトかツイッターに掲載しましょうか。
続いて、第2位のアサリですね、こちらは?


大友さん:鼻づまり、目のかゆみなどは、薬膳では『熱』の症状と考えられていて、体が温まると症状がひどくなります。アサリは、体の余分な熱を冷まし、よくない水分を排出する効能で、熱タイプの花粉症を改善してくれます。
また、春先のイライラや、新生活で疲れがちな心を落ち着かせる効果も期待できます。他には、春菊や大根、ハトムギ、緑豆春雨もアサリと同じように、余分な水分を除く効果が期待できます。


中西:春は春でその季節のものを摂ることによって、その季節の自分の状態を改善してくれるんですね。そして、その、熱と余分な水分を簡単に取り除くアサリのレシピを教えてください。


大友さん:フライパンに、春雨、もやし、水、オイスターソースに醤油、そして、アサリを入れて、フタをして5分くらい煮て、仕上げにごま油をかける、これだけで美味しくいただけます。


中西:美味しそう!アサリにもやしに春雨か〜、あいそうですね!オイスターソースもあいそうだし、これは良いですね!


大友さん:手軽ですしね。


中西:うん、お手軽。あと、ご飯も進みそう!!
そして、第1位は菜の花ということなんですけども。


大友さん:春になると、冬の間に体に溜まった余分なものを、薬膳で言う『肝』が、各臓器の流れを良くする働きにより排出していきます。肝が忙しく働き、負担がかかる季節なので、肝を養生して血の巡りを良くしてくれるのが菜の花になります。
菜の花は、肝機能を高めて、炎症を鎮めて、春先に気になるお肌のトラブルですとか、イライラ、目の充血を解消してくれます。
以前にもお伝えしましたが、薬膳で、春の色は青になります。青は緑のことで、気の巡りを良くする、青じそや三つ葉、セロリなど緑で香りの良い野菜がおすすめですね。


中西:なるほど、そういうことなんですね!
そして、この時季の食生活で気を付けたいことも教えていただけますか。


大友さん:花粉に限らず、ほこりやウィルスなども、エネルギーである『気』が十分である時には侵入しずらいと考えられますので、花粉症への効果がある野菜でつらい季節を乗り切れるかと思われます。


中西:わかりました!最後に、菜の花はおひたしで良いんですかね?


大友さん:そうですね、おひたしでも良いですし、サッと炒めていただいても良いと思います。


中西:あっ、炒めるのね。その時は、塩、コショウで味付けで良いんですか?


大友さん:塩、コショウでも美味しく召し上がって頂けると思います。


中西:その方が風味が感じられそうですもんね。


大友さん:そうですね、ほろ苦さがね。


中西:春の苦みを感じるのも良いですもんね。
ということで、今回紹介した、グリーンピース、アサリ、菜の花のレシピは番組ウェブサイトやツイッターに載せておくので、ぜひ、チェックしてみてください。
国際中医薬膳師・大友育美さんにお話を伺いました。今回も勉強になりました、ありがとうございました。


大友さん:はい、ありがとうございました。

「天才を殺す凡人」著者にお話伺いました!(2019/2/14)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今年4月には、政府の「働き方改革」に関する法律改正が行われます。
今後、法律上の働き方が変わっていったとしても、
仕事の上で変わらないもの、というのもあるはず。
今日は、ちょっと刺激的なタイトルの本の著者にお話を伺いました。
まずは、昨年チューリッヒ生命が発表した
【 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査 】をご紹介!


第3位『 仕事の内容 』

第2位『 同僚との人間関係 』

第1位『 上司との人間関係 』

働き方が法律で変わっていっても、このランキングで挙げられている悩み、というのは変わらなさそうです。だとしたら、どうすればいいのか?スタジオには、日本経済新聞出版社から発売中『天才を殺す凡人』の著者・北野唯我さんをお招きしました。
北野さんは、IT企業の役員として活躍する傍ら執筆活動もされていて、最初の著書『転職の思考法』は10万部を突破。そして今回の『天才を殺す凡人』は、3週間で5万部を突破する人気です。



中西:北野さんの『転職の思考法』を読まれた方も多いかと思います。あの本も素晴らしい本でしたが、今回の『天才を殺す凡人』まず、タイトルが!すごいタイトルですよね。刺激的です。


北野さん:これにはふたつ理由がありまして、まずひとつめは、1年前に書いたブログがめちゃめちゃバズって…たくさんシェアされて読まれたんです。そのタイトルが「凡人が天才を殺すことがある理由」っていうものだったんですけれど、それを今回、本を出版するのにあたって「天才を殺す凡人」というタイトルにしました。
ふたつめが、さっきも人間関係のお話があったかと思うんですが、働いているときの悩みって、ほとんどが人間関係のことか、あとは、どうやったら自分の才能をもう少し気持ちよく活かせるのか、ということだと思っていて。そのときに、自分の中にいる“凡人”が“天才”を殺してしまったり、あとは学校や職場でも、才能がある人の足を周りがひっぱる…みたいなこともよくあるじゃないですか。それを解き明かしたい、と思ったからですね。


中西:僕もこの本を読ませてもらいましたが、これはスゴい本ですね!僕もハッとさせられましたし、この考え方をもっと早くに知っておきたかったと思いました。
で。本の中では、組織における「天才」「秀才」「凡人」を定義づけていらっしゃいましたが、これを具体的に教えていただけますか。


北野さん:はい。この本の中では「天才」は“創造性”を大事にする人、クリエイティブで新しいものを作る人たち。「秀才」は“再現性”ロジックとかデータ、科学を大事にする人たち。最後の「凡人」…というか、普通の人たちは“共感性”人の気持ちや調和、感情を大事にする人たち、と定義しています。


中西:これは「天才」が良いとか「凡人」がダメ、という話ではないんですよね。で、なぜ「天才」は殺されてしまうんでしょうか。


北野さん:これには理由がふたつあると思っていまして、この本の中でも「天才は2回殺される」と書いています。ひとつが「多数決」、もうひとつが「誤ったサイエンス」によって“殺される”と定義しています。


中西:天才が“殺されてしまう”ことの悪影響はどうでしょう。


北野さん:これもふたつあると思っています。まずは、会社や組織が新しい事業や新しいチャレンジをしなくなってしまうこと。これはサッカーでもあるかと思うんですが、全く新しいことをしなくなる、怒られないようにするようになるんです。もうひとつが、シンプルに“ワクワクすること”の欠如があると思います。天才の役割というのは、誰も思いつかなかったようなことをしてみんなをワクワクさせることにあるので、その天才が殺されることによって、世の中全体がワクワクしたりとか感動する、みたいな機会が減るのではないかと思いますね。


中西:では、天才を殺さないために大切なことは?


北野さん:一番重要なのは“共感”ではなく“理解”することだと思っています。“共感”は感情が動くことだと思うのですが、“理解”はそれよりも理屈とかロジックとか、そういったものによって深まるものなので、私はこの『天才を殺す凡人』というのは“理解するための本”だと思っています。


中西:誰もが自分の中に「天才」も「凡人」もいると思うんですが、この本はそれをうまくコントロールするヒントになりそうな一冊ですね。これは本当にオススメです!


中西哲生が心の糧にしているのは?(2019/2/7)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今週、番組は【 中西哲生 勝利の方程式 】
をテーマにお送りしています。
そこで今日は、世界の勝利者たちが発した言葉を
1冊にまとめた本、その名も『ウィナーズ 勝利をつかむ思考』から
中西哲生が「心の糧にしている考え方」をご紹介しました。


この『ウィナーズ 勝利をつかむ思考』
著者はイギリス人ジャーナリストのアラスター・キャンベル氏。
ケンブリッジ大学卒業後ジャーナリズムの世界で活躍し、1997年には当時のイギリス・ブレア政権の報道官になりました。
常に勝つことを求められた政治の第一線で学んだ“勝利の方程式”は、スポーツやビジネスなど様々なジャンルのトップランナーの考え方とミックスされることで、さらに磨かれてきました。


この『ウィナーズ』に取り上げられている“ウィナー=勝者”の顔ぶれは、アメリカのオバマ前大統領、Amazonのジェフ・ペゾス、ビル・ゲイツ、ヤンキースのトーリ元監督など本当に幅広い!
今日は彼らの「勝利の方程式」となっている言葉をランキング形式でご紹介しましょう。



第3位『 ミーティングには胸を張り、身体を弾ませて入っていくようにしている 』(アレックス・ファーガソン)

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドで25年に渡って指揮を取り、20のタイトルをもたらした名監督。この言葉の意味するところは、自分が重要人物であるということを周囲に示すこと。権威を示すことが大切ということ。ファーガソンの場合は、チームの最高責任者として才能溢れる選手たちを束ねる上で絶対必要でした。
あなたはいかがでしょう?会議のとき、目立たないように入って、目立たずに出ていく…やっていませんか?何らかの形で目立つということは、勝利への第一歩。まずは自分の存在感を示しましょう。それが自分の行動に責任を持つことを習慣づけるきっかけにもなります。


第2位『 真に成功している人たちが、皆少しイカれているのは、そうでないと自分の快適ゾーンの外に出られないからだ 』(ビリー・ビーン)

ビリー・ビーンは、メジャーリーグ オークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャー。アスレチックスが経営危機にあった1997年にGMに就任し、「低予算でどこまで強くするか」をテーマにチームを運営。データ重視の「セイバー・メトリクス」という分析手法を導入した先駆者。ビリー・ビーンの著書『マネーボール』は世界でベストセラーとなり、映画化もされています。
この言葉は、12月に紹介した本『自分の小さな「箱」から脱出する方法』に通じるものがあります。何かを成功させたいと思うときは“極端な思考”が出発点になる。まずは、人に話せないような野望を持つことを習慣にしてみましょう。


第1位『 これまで300近くの試合に負けた。私は人生で何度も失敗してきた。私が成功できたのは、そうした失敗のおかげだ 』(マイケル・ジョーダン)

NBA最大のスターの言葉。マイケル・ジョーダンほどの人でも失敗しているんです。その失敗にこそ、成功へのヒントが隠されているんです。
ここでもうひとつ『ウィナーズ』に掲載されている言葉をご紹介しましょう。


『 勝者になれるのは、正確に自己評価ができる敗者だ 』

こちらは、ケニアで指導しているアイルランドの陸上コーチ、コルム・オコンネルの言葉。まずは何がダメだったのかを冷静に見ること。これが、逆境から這い上がる力を成長させてくれます。


政治、ビジネス、スポーツなど、様々な「勝利の方程式」が分析されている1冊『ウィナーズ 勝利をつかむ思考』皆さんもぜひ、読んでみてください!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 136 | 137 | 138 || Next»