ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

【 Billboard HOT100 TOP5 】(2018/5/23)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」。


今日は、Billboard HOT100をピックアップ!
いま、アメリカで最も注目されている楽曲は何でしょうか?



第5位 Bebe Rexha ft. Florida Georgia Line『 Meant to Be 』

アメリカのシンガーソングライター、ビービー・レクサ。ボーカル・デュオ、フロリダ・ジョージア・ラインを迎えたこの曲は、ホット・カントリー・チャートで25週連続1位を獲得中!6月22日には、待望のフルアルバム「Expectations」の世界同時発売を予定しています。


第4位 Post Malone『 Psycho ft. Ty Dolla $ign 』

来月、ニューアルバムのリリースも決まっているポスト・マローンですが、先週日曜日にラスベガスで開催された「ビルボード・ミュージック・アワード」では、21 Savageをフィーチャーした「rockstar」が、トップ・ラップ・ソング賞を獲得!ニューアルバムのヒットへの弾みになりそうですね。


第3位 Drake『 God's Plan 』

先日の「ビルボード・ミュージック・アワード」では、昨年に続き「トップ・ビルボード200・アーティスト」を受賞しています。


第2位 Drake『 Nice For What 』

5月19日付のランキングで、惜しくも4週連続1位から2位に陥落。自らが持つ「God's Plan」の連続1位記録を崩せませんでした。そんなドレイク、7月からはミーゴスと北米をジョイントツアーすることが発表されました。


第1位 Childish Gambino『 This is America 』

現在のアメリカの政治問題や人種差別問題、銃問題など社会問題に深く切り込んでいる1曲。ミュージックビデオもバズっていますので、ぜひチェックしてみてください。ミュージックビデオの監督は、東京出身の日本人、ヒロ・ムライさんです。


Billboard Japan HOT100 TOP5(2018/5/16)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は、Billboard Japan HOT 100をピックアップ!
CD、ダウンロード売り上げ、ラジオのオンエア回数、
SNSでのリツイート回数などをポイント計算した総合ランキングのトップ5をご紹介!



第5位 UVERworld『 ODD FUTURE 』

7月に3枚組のベストアルバムのリリースが決定したUVERworld。現在オフィシャルサイトでは、このベストアルバムの収録曲を決める楽曲投票を行っています。


第4位 米津玄師『 Lemon 』

先日、社会的反響の大きかった連続ドラマを表彰する「ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で、この楽曲が「最優秀ドラマソング賞」を受賞しました。ドラマアカデミー賞のサイトでは、米津玄師さんの受賞コメントも掲載されています。


第3位 SingTuyo『 KISS is my life. 』

ダウンロードセールス、ツイッターなどでのバズチャートが好調で3位にランクイン。YouTubeではミュージックビデオもチェックできます。


第2位 乃木坂46『 シンクロニシティ 』

先週末のイベントで、夏の全国ツアーの日程が発表されました。7月6日の神宮球場と秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブから9月の仙台まで、全国5都市のドームとスタジアムを駆け抜けます。5月27日からはチケットの先行販売もスタート!詳しくは公式サイトをチェックして下さい。


第1位 HKT48『 早送りカレンダー 』

こちらはCDの売り上げが好調で、HOT100ぶっちぎりの1位獲得。特に西日本から九州にかけてのセールスが好調だそうです。そしてその波は日本全国にジワジワと!今後のチャートアクションも見逃せません。



今日は【 Billboard Japan HOT100 トップ5 】をピックアップしました。


「Spotify」デイリーチャート トップ5(2018/5/9)

カテゴリー:1112
null

水曜日は、「音楽」。


今日は、音楽ストリーミングサービス
【 Spotifyデイリーチャート トップ5 】をご紹介します!



第5位 Ariana Grande『 No Tears Left to Cry 』

先月下旬に発売となった、およそ2年ぶりとなるニューシングル。来月25歳の誕生日を迎えるアリアナによる、「強い心を持ち、元気に生きていこう」というメッセージが詰まった作品となっています。


第4位 Drake『 God's Plan 』

発売以来、全米チャートで11週連続1位という記録を作りましたが、自身の曲でその記録がストップとなったのがこの「ゴッズ・プラン」。とはいえ、今年上半期の音楽チャートを代表する1曲となっています。


第3位 Calvin Harris feat.Dua Lipa『 One Kiss 』

先週、この曲のミュージックビデオが動画サイトなどで公開され、公開から1週間で早くも1600万回以上再生されています。あえて、昔のMTVなどで流れていたかのように、レトロでサイケデリックな仕上がりとなっています。


第2位 Drake『 Nice for What 』

ドレイクの曲がTOP5の中にダブルエントリー。全米チャートでは3週連続第1位をマークしています。そんなドレイク、NBAの熱狂的なファンとして知られていますが、熱くなりすぎて相手チームの選手と口論になってしまったことをNBAから怒られてしまったとか。


第1位 Post Malone『 Better Now 』

デジタル配信が好調なポストマローンですが、6月27日にニューアルバム「beerbongs & bentleys」が日米同時リリースされることが発表されました。そして、今年7月の「FUJI ROCK FESTIVAL」への参戦も決定!今年の夏は日本でも“ポストマローン旋風”が吹き荒れそうですね。



今日は【 Spotifyデイリーチャート トップ5 】をピックアップしました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 122 | 123 | 124 || Next»