ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

変化するルール スポーツの観方の変化を速水健朗が指摘(2016/5/27)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


5月27日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 バレー 】

21日の試合で、リオデジャネイロオリンピッ出場を決めたバレーボール女子日本代表。このほかにも「リオ」「オリンピック」といったワードも上位に入りました。


第2位【 笑点 】

先週日曜日の放送を最後に、落語家の桂歌丸さんが笑点から引退。新しい司会者には春風亭昇太さんに決まりました。


第1位【 地震 】

今週も、熊本、茨城、青森などで地震がありました。



◆今回注目する「急上昇ワード」は




【 バレー 】

バレーボール女子日本代表は、21日に行われたリオデジャネイロオリンピック世界最終予選の最終戦で、オリンピック出場を決めました。



◆試合を観ていた人たちの声

「観ててすごい楽しかったです。ありがとうございました」(男性)


「そうですね。すごい楽しかったですね。すごいすごいすごい」(女性)


「いや本当良かったと思います。オリンピック出場が決まった試合も観ました。やっぱり木村沙織選手。今回もキャプテンとして、ケガをしながら頑張っていたので、すごい応援してました。まあ、かわいいですよね。オリンピックでもまたメダルを目指して、頑張ってほしいなと思います」(男性)






◆速水健朗コメント

バレーボールはアグレッシブにルールが変わってきたスポーツ。テレビ時代、観る側にあわせてルールを変更することを良しとしてきた流れがあります。たとえば、アタックをしない守備専門の「リベロ」というポジションは1998年に導入されたもの。サーブ権に関わらず、スパイクやミスによりポイントが入る「ラリーポイント制」も1999年に始まったものです。


今回話題となったのは「チャレンジシステム」。これは審判の判定に異議があるときに、ビデオ判定をしたいときに、チャレンジするもの。会場全体に判定のビデオが映し出されるので、チャレンジの結果次第で観客全体で一喜一憂できるところが魅力ともなっています。


新しいルールは試合の流れを左右することもあります。ただ、ルールを変更することによって楽しめることもあるかと思います。テレビで試合を観戦する人たちのスピード感も変化する中で、ルールの変更はトライ&エラーで進めていくのが良いと思います。「ダメだったら元のルールに戻す」くらいでいいのではないでしょうか。


今回のチャレンジシステムでは、タイ代表チームは成功回数2回と悔しい思いをした場面もありました。スポーツのルールが変更されていく中で、それすらも乗り越えていくところを観客は楽しむ。現在のスポーツはそうした観方に変わっているのではないかとも思います。



◆バレーに関するツイート











週末にオススメの映画、ご紹介します!(2016/5/26)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は先週末、5月21日(土)と22日(日)の
全国映画動員ランキングトップ5をご紹介!



第5位『 海よりもまだ深く 』(公開1週目)

第4位『 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア) 』(公開6週目)

第3位『 世界から猫が消えたなら 』(公開2週目)

第2位『 殿、利息でござる! 』(公開2週目)

第1位『 ズートピア 』(公開5週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ5でした。
そして、スタジオには映画ジャーナリストの中山治美さんをお迎えして、5月27日から公開の映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』をご紹介いただきました。
ベトナム戦争にはじまり、いくつもの戦争を経ても良くならないアメリカ。悩んだ国防総省に相談されたマイケル・ムーア監督が世界をまわり、それぞれの国の「常識」をアメリカのために盗む、という設定になっています。


中西:僕、まずは色んな国の「常識」=社会システムに驚いたんですが、どうですか?


中山:そうですね。“労働条件”が日本人にとっては一番取っつきやすいと思うんですけれど、例えばイタリアの有給休暇は8週間、ドイツでは休日に上司が部下に接触してはいけないという禁止令があったりだとか、フィンランドでは学校で宿題を出されないとか、どの国の「常識」も基本的人権をいかに尊重しているかという「常識」になっているのが面白いな、と思いました。

中西:この作品には色々な“裏テーマ”みたいのがありますよね。そこについてはいかがですか?


中山:最近の出来事ではやはり“リーマン・ショック”が大きかったので、この映画の最後でも「金融問題」について触れているんですけれど、アイスランドでは銀行がすべて破綻したんですが、一行だけ女性がトップの銀行が残ったんです。その方が「男性は実績と利益のためにリスクを冒してしまうのでダメなんだ」という主旨のことをおっしゃっていましたが、中西さんはこれについてどう思われますか?

中西:確かに僕はリスクを取り過ぎていると思いますけれど(笑)、「アメリカに住みたいか」と聞かれたときの女性の回答にはすごく納得させられましたね。


中山:そうですね。あのときのマイケル・ムーア監督の本音も、ぜひ映画で確かめていただきたいですね。

中西:映画の中で度々、マイケル・ムーア監督が本音を言うじゃないですか。あと“ザ・アメリカ”的な問いかけもするじゃないですか。それに対して相手の方が言う意見も結構面白いですよね。


中山:マイケル・ムーア監督はこれまで“アポなし取材”が特徴のひとつだったんですが、今回は“アポあり”ということで、対話の中で相手を挑発したりするんですけれど、その相手の方の返答がとても哲学的だったのも印象的でしたね。

中西:今回の作品は、ちゃんとアポを取って行っているというのが分かる内容でしたね。


中山:そうですね。マイケル・ムーア監督が有名になってしまったから出来なくなってしまったこともたくさんあると思うんですが、逆に有名になったからこそ首脳クラスの人に話を聞くことができた、とも言えますよね。

中西:彼はこの作品を通じて何を伝えたかったんでしょう。


中山:マイケル・ムーア監督はこれまでずっと、アメリカの問題点を突いてきたんですけれど、全部が「資本主義の中でアメリカが見失ってしまったもの」を拾いに行く旅だったと思うんです。今回の作品はどの国も“利点”を描いているので、私たちも自問をせざるを得ない内容になっていますね。

世界の“常識”について考えさせられるこの作品、ぜひ皆さんも映画館に足を運んでみてはいかがでしょう。
今日は、先週末の全国映画動員ランキングトップ5と、映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』の見どころをご紹介しました。


藤原さくら、安室奈美恵…今期のドラマ主題歌が人気(2016/5/25)

カテゴリー:1112

水曜日は「音楽」のトレンドをご紹介。


今回は「レコチョク デイリーシングル総合ランキング」から最新チャートトップ5を見ていきます。


第5位【 PERFECT HUMAN / RADIO FISH 】

お笑いコンビ・オリエンタルラジオのネタからブレイク。これまでは配信限定での販売でしたが、25日、ついにCDリリースされます。今回発売されるCDにはこれまでに配信された楽曲に加え、新曲を3曲追加。付属DVDには「PERFECT HUMAN」のライブ映像も収録されています。


第4位【 K S K 〜W Version〜 / DAIGO 】

先月行われた、DAIGOさんと北川景子さんの結構披露宴で歌われた曲。ワイドショーなどでも放送されたことで注目を集め、来月のCDリリースを前にレコチョクで配信されています。


第3位【 Soup / 藤原さくら 】

フジテレビ系月9ドラマ「ラブソング」の主題歌。ドラマで藤原さくらさんと共演する福山雅治さんが作詞作曲を手掛けています。


第2位【 好きよ 好きよ 好きよ / 藤原さくら 】

フジテレビ系月9ドラマ「ラブソング」のこちらは劇中歌。6月8日に、藤原さくらさんの初のシングルとしてリリースされます。『Soup』と同じく、福山雅治さんが作詞作曲を手掛けています。


第1位【 Mint / 安室奈美恵 】

関西テレビ・フジテレビ系火曜10時ドラマ「僕のヤバイ妻」の主題歌。最新の週間オリコンシングルランキングでは4位にランクイン。安室奈美恵さんはソロデビューから「22年連続シングルトップ10入り」を達成し、歴代アーティスト単独トップとなりました。



今回、2位と3位にランクインした、藤原さくらさん。夏にはワンマンツアーや、各地で開催される音楽フェスへの参加が決定しています。6月、7月に福岡・東京で行われるワンマンツアーのチケットはすでに完売。これからライブを観たいというかたは、音楽フェスもしくは9月からのワンマンツアー後半でチャンスがあります。



トレンドアイズ、今回は「レコチョク デイリーシングル総合ランキング トップ5」をご紹介しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 447 | 448 | 449 || Next»