ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

新横綱誕生なるか!?(2017/1/23)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 卓球・平野美宇、史上最年少で初優勝! 】

第2位【 錦織圭、フルセットでフェデラーに敗れる 】

第1位【 稀勢の里、初優勝で横綱昇進へ 】


今日はこの中から、新たな横綱の誕生が期待される大相撲の話題をお伝えしました。


大相撲初場所は、大関・稀勢の里が14勝1敗で初優勝。きのうの千秋楽では、横綱・白鵬を破り、横綱昇進をほぼ確定させました。
稀勢の里は1986年生まれの30歳で、茨城県牛久市の出身です。初土俵は2002年の春場所、そして18歳3ヶ月で貴乃花に次いで2番目の若さで十両に昇進し、19歳2ヶ月で敢闘賞を受賞した際も、貴乃花、白鵬に次いで史上3番目の若さでした。ただ、自分でも「不器用」と評する性格のせいか、これまでも「優勝まであと一歩」というところで逃してしまうことが多かったのです。中西さんは稀勢の里関についてこうおっしゃっていました。


あの白鵬に対し、いつも敢然と立ち向かっていって勝利を手にするところを見ていると、そのポテンシャルは計り知れない部分もあったと思うんですが、彼の不器用なところと勝負どころで勝てないというところは、僕はつながっているとは思っていなくて、逆に言うと、ここまで勝てなかった、優勝できなかった悔しさというのが、今後横綱に昇進したあとで、ひとつ違うステージに行くと僕は思っているんです。
というのもですね、本人も言っているんですが「まだまだ強くなると思う。ここで終わりじゃないですから。」という話をしているからです。これがどういうことかというと、スポーツ選手…チームスポーツも一緒なんですが、優勝した選手やチーム以外は皆、悔しさしかないんですよ。その悔しいという気持ちを力に出来るかどうかにかかっていて、悔しい思いをした回数が多ければ多いほど、自分が頂点に立ったときに見える景色が変わると思うんです。つまりどういうことかというと、横綱に昇進したあとはまた違う“覚悟”が生まれると思うので、僕は稀勢の里が横綱になったあとにどうなるかがとても楽しみな力士だと思っています。


日本出身では19年ぶりとなる新横綱の誕生が楽しみですね。今日は、大相撲の大関・稀勢の里関について中西さんにお話しいただきました。


“風の谷のナウシカ” 大人も楽しめる内容の深さ(2017/1/20)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年1月20日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。




第3位【 AAA(トリプルエー) 】

男女7人からなるパフォーマンスグループ AAA。メンバーの伊藤千晃さんが、結婚、妊娠、そして3月いっぱいで卒業を発表。ファンを中心にツイッターで大きな反響となっています。






第2位【 地震 】

18日、茨城県沖で震度4を観測する地震がありました。




第1位【 ナウシカ 】

先週の金曜日、日本テレビ系列のテレビ番組『金曜ロードSHOW!』で放映された永遠の名作「風の谷のナウシカ」が見事1位になりました。






この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、1位となった【 ナウシカ 】です。1984年に公開された宮崎駿監督の長編アニメーション映画、30年以上経った今でも愛されている映画のひとつです。




◆街の声

「見ました。大人になって改めて、その内容の深さを知ったりだとか、いまだに感動出来るっていうのはすばらしい映画だなと思いました」(男性)


「ちょっとだけ(見ました)。ちっちゃい頃に初めて見た映画なので印象に残ってるというか。漫画というか絵がかわいらしい」(女性)


「見ました。昔よく見ていたんですけど、久しぶりに見て思ったよりも感動する部分がおおい映画なんだなと、逆に大人になってから気が付きました。一番好きな映画は『耳を澄ませば』なので、今度、金曜ロードSHOW!で放送するので楽しみにしてます」(男性)




◆時間を忘れて熱く語る速水さん

速水 33年前の1984年に見た以来、久しぶりに見直しました。これまでは、まぁ、前に見てるしなぁ、と思って見てこなかったんですけども、この1週間は、ナウシカの事しか考えてないんじゃないかというくらいにハマりました。誰もが見ても面白い国民的作品を何を今更と思われますけど、本当に傑作でした。


いろいろとしゃべりたい事はあるんですけど、まずは演出の技量が並大抵じゃないと思いました。ヒロインのナウシカの描写で、作中には王蟲(オーム)という巨大なダンゴムシのような巨大生物が出てくるんですけど、腐海という森の中で王蟲の抜け殻を見つけたナウシカ、美しい抜け殻にうっとりと見入っているんですが、ハッといきなり剣を抜いて、抜け殻に剣を刺し抜け殻の透明なガラスのような部分を切り取り持ち帰ろうとします。その唐突さで描いている、少女の優しさと、それが高く売れるからと持って帰ろうとする抜け目のなさであったり、粗暴さ暴力性みたいなものを台詞ではなく、一連の動きだけで全部あらわして、ものすごく魅力的に映す、これだけで、どういうキャラクターかが全部伝わってきます。この描写力、演出力がすばらしいと感じました。


万里恵さんは、ナウシカをご覧になった事はありますか?


高橋 私は子供の頃に見たことあります。印象に残っているシーンは、キツネリスのテト。テトがナウシカの指を、がぶっと噛むシーン。


速水 噛まれた指からは血が出ていてもナウシカは、痛いと言わないで、グッと我慢して、そのキツネリスが怒っているのを、ただ怖がっているんだよね。と一言だけ、そして怯えていたキツネリスのテトが安心しその指を舐めるシーンですね。あのシーンは本当に演出力ですよね。実は少し怒りっぽい性格のナウシカ、戦争相手に対して、怖がってるだけなんだよ、と対処するシーンは、このテトとのシーンからの伏線で示されているんですよね。


これまだしゃべっていいの?時間大丈夫?


高橋 まだしゃべっていいですよ。


速水 ナウシカは、自然環境の大切さを訴えていると言われがちですが、実はそんなレベルじゃないんですよ。近未来の世界なんですが、文明が失われ、人間の生産・活動レベルは中世レベルまで落ちていて、そして、3つの国が戦争している。それが憎しみで戦争をしているという単純な話ではなく、世界が腐海に飲み込まれていくなか、減りゆく資源の奪い合いが原因で戦争が起きている。戦争がいわゆる憎しみではなく、資源分配を目的とした利害であるとか、政治経済の延長で行われているんだという、リアリズムがきちんと描かれている。そして、ペジテという場所で伝説の兵器を掘り当ててしまう、これは核兵器のメタファーだと思います。それによって戦力バランスが大きく崩れる、それを大国が奪いにやって来るという、戦争の裏側を本当にリアリティ、リアリズムで描かれてます。


国家であるとか戦争であるとか、ナウシカはお姫様なので君主として、なぜ国民や村人に慕われているのか?みたいなところを、ちゃんと国家論として描いていて、さらに、そこに反発する民衆なんかもしっかり描かれています。個人的には、クーデターのシーンは大好きで、立ち上がる民衆みたいなモノというのは、本当に宮崎駿イズムだなと思って…。


あっ…そろそろお話はいいんじゃないですか?的な万里恵さんの視線を感じてますけども(笑)


高橋 いやいや、そんな深いんだなっと思ってて、子供の頃に見ていたイメージとは全然違う。そういうのを持ちながらもう一度みるのもアリですね。


速水 アリですね。自然環境の事だけじゃないんだな。というのが、よくわかると思います。


高橋 今年は、速水さんのジブリ映画に付いてもいろいろ聞けそうですね。


速水 はい、まだまだいっぱいしゃべりたいです!


高橋 でも、ごめんなさい、もう時間が…(笑)



◆今後の速水さんのジブリトークに注目!?





◆ジブリ飯、いろいろな王蟲












中東料理にチャレンジ!(2017/1/19)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は、東京・六本木にオープンして20年。
本国の味そのままの「イラン料理」と「アラブ料理」を提供する
レストラン【 Aladdin 】のオーナー・ケメスタリィさんオススメ!
「これを食べて欲しい」メニューランキングをご紹介します。



第3位『 Hummus(フムス) 』

ひよこ豆のペースト。そこにゴマとガーリックの風味と、ヨーグルトとレモンの酸味が絶妙なハーモニーを醸し出しています。ナンにつけてお召し上がりください!


第2位『 Ghormeh Sabzi(ゴルメ・サブジ) 』

ほうれん草とラム肉、キドニービーンズのハーブシチュー。ハーブミックスとドライレモンを使い、ほんのりとした酸味が美味しい一品。インディカ米のライスと一緒に食べると美味しいそうですよ。


第1位『 Kubideh Kabab(クビデ・カバブ) 』

柔らかくジューシーなラム肉をミンチし、中東のハーブや香辛料をミックス。ラム肉の香りと旨味を存分に楽しめる、これぞ中東の肉料理!と呼べる代表的なカバブです。食感はちょっと“つくね”の様だとか。



以上、六本木のレストラン【 Aladdin 】オススメベスト3でした。


今日の番組で中西キャプテンの代演を務めてくださったREINAさんは、大学でテロ対策を学び、ロイター通信でも中東のテロ研究、リサーチの仕事をされていたそうです。
中東というと、残念なことに今の時代は「テロ」という言葉が浮かんでしまいますが、遡れば人類の文明が発祥した地域。本来はとても豊かな文化がある土地です。
REINAさんも「私はカイロ、トルコとイラクを訪れましたが、歴史がすごく深いので建物などもすごく美しいですし、何よりも人々がすごく親切なんです。なので、印象としては“テロ”というネガティブなものではなく、ポジティブなものを思い浮かべて欲しいですね。食文化もとても豊かで、スパイスが効いている味の濃い料理が多いので、辛い物が好きな方は絶対に気に入ると思いますよ。」とおっしゃっていました。


なかなかチャレンジする機会のない中東料理ですが、皆さんもぜひ一度トライしてみてはいかがでしょう?
今日は、六本木のレストラン【 Aladdin 】のオーナー・ケメスタリィさんオススメ!「これを食べて欲しい」メニューベスト3をご紹介しました。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 503 | 504 | 505 || Next»