ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サッカーワールドカップ、優勝はフランス!(2018/7/16)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 プロ野球オールスター 今年はパ・リーグが2連勝! 】

昨年から4戦連続でパ・リーグが勝利中!これで対戦成績は、パ・リーグの84勝78敗11引き分けとなりました。プロ野球は今日からシーズンの後半戦がスタートします。


第2位【 ウィンブルドン、優勝はジョコビッチ! 】

テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス決勝は世界ランク8位のケビン・アンダーソン(32歳)対21位のジョコビッチ(31歳)。大会初となる30歳以上同士の決勝を制したのは、3年ぶり4度目の優勝となるジョコビッチ。完全復活です!これでジョコビッチは最新の世界ランクで10位となります。


第1位【 FIFA ワールドカップ、優勝はフランス! 】

今日はこちらの話題を取り上げました。以下、中西さんのコメントです。



サッカーワールドカップ、決勝は4-2でフランスが勝ちました。今大会は本当にセットプレーでの得点が多くて、3位決勝戦と決勝戦を除くセットプレーでの得点は68ゴール!62試合で68ゴールのセットプレーは新記録です。今回の決勝戦でも3得点はセットプレーからの得点でしたし、3位決定戦はセットプレーはありませんでしたけど、合計すると今大会で計71ゴールがセットプレーでの得点だったことになります。ま、VARの影響というのは今回も出ましたけれど、これからはペナルティーエリア内ではセンシティブな対応が求められるでしょうね。
で。僕は試合の分かれ目はここだったと思うんですが、後半10分にフランスはカンテを変えたんです。2-1で勝っているにも関わらず。より勝利を明確な物にするためだと思うんですけれど、カンテは試合の序盤で1枚イエローカードをもらっていて、モドリッチに対してもし何かあったら…という状況だったので、ここでカンテを諦めてヌゾンジを入れたんですよ。これがピタリと当たったと僕は思いますね。


フランスの新星・ムバッペは、前回フランスが優勝した1998年に生まれたんですが、その選手が20年後にワールドカップで優勝を決定づけるゴールを決めるという。何だかもういろんな事を感じる大会でしたね。
日本に関しては、ある情報によると「ワールドカップで日本に勝つと過去最高成績」というジンクスがありまして、まずベルギーは、今大会で日本に勝って3位という過去最高成績でした。遡ると、1998年はクロアチアが3位、2002年はトルコが3位、2010年はオランダが準優勝、2014年はコロンビアがベスト8、とまぁ色々ありますけれど、今度は日本がベスト8に行きたいなぁと思います。そのために必要なことを、このあとのJリーグで探していきたいですね。


見たら絶対に食べたくなる!“アイス総選挙”(2018/7/13)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年7月13日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。



第3位【 フランス 】

今週も引き続き、ワールドカップ関連ワードが上位に入っています。
地元開催の98年以来、20年ぶりの優勝がかかった決勝戦ということでフランスに注目が集まっています。





第2位【 ベルギー 】

準決勝で惜しくもフランスに敗れてしまったベルギー。ベルギーは日本と戦った相手で、日本に勝ったチームが優勝だったらもっと誇れたかな?というような形でツイートがたくさん集まったようです。





第1位【 地震 】

今週の1位は地震でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、週間急上昇ワードで49位になった【 アイス総選挙 】です。こちらは先週、テレビ朝日系列で放送された、『国民1万人がガチで投票!アイス総選挙 2018』のことです。今日の街の声は好きなアイスについて聞いてきました。




◆街の声

「たべる牧場ミルクです。ソフトクリーム型のアイスで、ソフトクリームって滑らかで柔らかいじゃないですか。それが感じられるのが好きです」(女性)


「チーズのkiriのクリームチーズアイスです、kiriスイーツシリーズは全部美味しい!まんまkiriです。まんまだから良いっていう(笑)。それを冷たく食べられるという幸せですね」(女性)


「ハーゲンダッツのイチゴ!イチゴは最高ですね!!実がめちゃめちゃでかいし、5割アイス、5割イチゴっスね!!!」(男性)


「絶対にMOWです。紹介されて食べたんですけど、感動しました。しっかり濃厚で滑らか、美味しいです」(女性)



◆冷たいアイスの熱い戦い!

速水 アイス総選挙、こちらどういう番組だったか、実際に見てはないんですが、競合する13社が集まり、644種類に及ぶアイスの開発秘話や熱い思いなどもあり、そして投票もありな内容でした、こちらの上位ランキングを紹介しておきますと、1位 エッセルスーパーカップ 超バニラ、2位 ジャイアントコーン(チョコナッツ)、3位 チョコモナカジャンボ、4位 雪見だいふく、5位 エッセルスーパーカップ チョコクッキー、6位 ガリガリ君ソーダ、7位 PARMチョコレート、8位 アイスの実、9位 ピノ、10位 爽 バニラとなっています。綿谷さんはどれが好きとかありますか?


綿谷 気分によって変わるんですが、ガリガリ君が結構好きです。


速水 おぉ、ガリガリ君が好きですか!?この中ではやんちゃ度が高いアイスですけど(笑)。このランキングを見て面白いのは、古くからの老舗ブランドとニューウェーブがありまして、ニューウェーブといってもいつの時代からが、老舗なのかニューウェーブなのかをみるかが重要だと思うんですよ。1位のエッセルスーパーカップは94年に発売されているそうです…えぇ〜ニューウェーブですね。(笑)


綿谷 ニューウェーブなんですか?(笑)


速水 歴史的にはスーパーカップの前にそんな大きくないカップがあったから、大きいカップが受けたということだと思います。一方でジャイアントコーンは古くからありますね。いくつかポイントでいうと、雪見だいふく!あれは冬に食べるものなんですよ、こたつの中に入って。


綿谷 寒い寒いといいながら、冷たいアイスを食べる!?


速水 そう!それが、なんと!!今年から雪見だいふく、通年販売が始まっております。


綿谷 昔は夏に売ってなかったんですか?


速水 昔は冬季限定商品でした。ちょっと調べてみたら雪見だいふくは81年から販売されています、相当老舗ですね。僕の子どもの時代からあるアイスだと、雪見だいふくとピノはありますね。あとガリガリ君もで、これらは老舗に入りますね。このランキングで気になったことあります?僕はランキングをバーッと見ていって値段を見てびっくりしました、今、150円とかするんですね。もちろん、ハーゲンダッツとかはもうちょっと高いですけど、この値段についてはみなさんどうなんでしょうか?アイスにいくら払えます?


綿谷 私が買うときは、100円台って感じで買っています。


速水 100円台であればリーズナブルなアイスといった感じでしょうか。ガリガリ君の50円時代を知っているので、僕は100円のアイスは超高級品。昔、宝石箱というアイスクリームがあって、それなんかは高級だなと思って買っていました。今だと100円台ならリーズナブルという時代なんですね。


綿谷 あっ、そういえば、TOP10にあずきバーがない!


速水 あぁ!!あずきバーが入ってないのはちょっと苦情入れたいですね!(笑)




◆速水氏のアイス談義に反応するリスナー
















◆異業他社も気になったアイス総選挙











夏休み前半のオススメ映画はこれ!(2018/7/12)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


もうすぐ夏休み。映画界でも“この夏イチオシ!”
というフレーズの映画が続々と登場してきます。
皆さんはどんな作品が気になっているでしょうか?
まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ3からご紹介します!



第3位『 虹色デイズ 』

別冊マーガレットに連載されていた同名のマンガが原作。男子高校生4人が主役という珍しい構成で、「友情」「恋」「切なさ」…いろいろ詰まっています!


第2位『 万引き家族 』

カンヌ国際映画祭の最高賞“パルムドール”を受賞したこちらの作品、まだまだ快進撃を続けています。


第1位『 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 』

「スターウォーズ」の知られざる物語を明らかにする“アナザーストーリー”第2弾。ハリソン・フォードが演じたハン・ソロの若き試練の時代を描きます。



以上、最新の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、今日は夏休み前半のオススメ映画を映画ライターのよしひろまさみちさんに伺いました。


中西:スタジオでのご出演は久しぶり!よしひろまさみちさんです。おっはー!


よしひろ:おっはー!


綿谷:私とは初めまして、ですね!よろしくお願いします。


中西:きょうは夏休み前半、7月に公開の注目作品を3本ご紹介いただきます。まず1本目は?


よしひろ:現在公開中の『 バトル・オブ・ザ・セクシーズ 』です。いま、ウィンブルドンが熱いですが、こちらは1973年にアメリカで実際に行われた、テニスの男女対決のお話なんです。当時の女子テニス王者、ビリー・ジーン・キングが女子テニス協会を立ち上げて、男子のテニス界との賃金格差と戦ったんです。そこに挑んできたのが、過去の男子王者、ボビー・リッグスという人物。で、彼は非常にプレゼン上手で、自分が出世するために、女性をバカにするかのごとく彼女に挑戦状をたたきつけるんです。でも彼女もそれに負けていられるか!と立ち上がる…という、とても元気の出る映画です。


綿谷:これは、実話なんですよね。いやぁ、観たい!


中西:さぁ、続いては!?


よしひろ:はい。今週末より公開『 ジュラシック・ワールド/炎の王国 』です。もうこれは、言わずもがな、ですね。ちなみに今年は“ジュラシックシリーズ”25周年なんですよ。ということでこれ、かなり力の入った作品で、前作でジュラシック・ワールドは壊滅されちゃったんですけれど、そこに取り残された恐竜たちが、火山の噴火によって絶滅の危機に瀕するんです。で、前作の主人公たちが恐竜たちを救いに行くんですが、そこにはウラがあって…というお話です。これはぜひとも、4Dでご覧ください!!もう、揺れまくりです(笑)。


中西:さぁ、夏休み前半の注目作品の3作目は??


よしひろ:はい、7月20日より公開の『 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス 』です。こちらは日本で2000年に公開された、ヴィム・ヴェンダース監督の『 ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 』の続編に当たるんですが、キューバでバンドを組んだおじいちゃん・おばあちゃんたちはそのまま音楽活動を続けていて、最後に「アディオス」というツアーをアメリカで行うんですが、この作品はそれを追いかけたドキュメンタリーです。


綿谷:いいですよねぇ、この映画!1999年の作品の中では「僕は棺桶の中でもピアノを弾くよ」なんていうセリフもあるんですよね。


よしひろ:そうなんですよ。今回の作品はそれ以上で、90歳を過ぎてもまだまだ子どもを作りたい、なんていうおじいちゃんも出てきたりして!…なんですけれど、やっぱり何人かはお亡くなりになってるんですね。で、前作の裏話も出てくるんですが、最高にすごいのが、グラミー賞を受賞したのにその授賞式に出席できなかった、国交がなかった…というエピソードも出てきたりするので、前作を知らない人も知っている人もぜひ!ご覧になっていただきたいですね。時代の移り変わりが観られます。


中西:この夏も映画は楽しみな作品がたくさんですね。


よしひろ:そうなんですけれど、実は7月は少し地味なんです。8月の方が“超”豪華なので、ぜひ来月も紹介させてくださーい!


中西:それはもちろん!むしろ来ていただきたいです!!


皆さんはどの映画が気になりましたか?暑い日は涼しい映画館に出かけてみてはいかがでしょう?


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 632 | 633 | 634 || Next»