ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

“和製セリーナ・ウィリアムズ”に注目!(2016/9/26)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


今日は女子テニスに関するランキングをご紹介!



第3位【 日比野菜緒 】20歳309日

第2位【 井上悦子 】19歳6日

第1位【 沢松奈生子 】17歳36日


こちらは、日本人女子選手のツアー初優勝時における年少ランキングトップ3。3位となった日比野菜緒選手の記録は、昨年行われたタシケント・オープンで達成されました。
そして、昨日行われた東レ・パンパシフィック・オープン決勝で、このランキングの2位以降が入れ替わるかもしれない状況がありました。18歳の大坂なおみ選手の活躍です。
昨日の決勝で、世界ランク66位の大坂なおみ選手は、28位で元世界1位、デンマークのキャロライン・ウォズニアッキ選手と対戦しました。試合は第1セット、一時は4-3とリードするも、逆転され5-7で落とします。続く第2セットの前に、大坂選手はメディカルタイムアウトを取って右肩を治療。このセットを3-6で落とし、セットカウント0-2で敗れました。大坂選手は、1995年の伊達公子選手以来21年ぶりにこの大会での日本人選手優勝かと思われましたが、準優勝となりました。


大阪生まれの大坂選手は、中米・ハイチ出身でアメリカ人の父と日本人の母を持ち、3歳のときにアメリカに移住しています。
2013年のプロ転向後は“和製セリーナ・ウィリアムズ”とも呼ばれていた大坂選手。その理由のひとつが、強烈なサーブです。現在の身長が180センチと、錦織選手よりも高い大坂選手。この恵まれた体格から生み出されるサーブのスピードはおよそ200キロ!今年の全仏オープンでは、本家セリーナ・ウィリアムズを抜いて、サービススピードランキングでトップを記録しました。


大坂選手の存在が一気に知られるようになったのが、今年の全豪オープンではないでしょうか。4大大会初出場というプレッシャーの中、3回戦まで進出。グランドスラム初出場での3回戦進出は52年ぶりのことでした。その後の全仏オープン、全米オープンでも3回戦まで進出し、ウィンブルドンは残念ながらケガのために欠場しましたが、今年はその才能が一気に開花したといえるでしょう。ちなみに2012年当時の世界ランクは1028位、それが現在では66位までランキングを上げてきています。


ちなみに大坂選手、現在はアメリカと日本の二重国籍ですが、日本オリンピック委員会の強化指定選手にも選ばれており、「東京オリンピック出場を目指す気持ちはある」とコメントしています。大坂選手の今後のさらなる活躍が楽しみですね!
今日は「テニス・日本人女子選手のツアー初優勝時における年少ランキングトップ3」をご紹介しました。


宇多田ヒカル 5年ぶりに再起動、変化の理由は!?(2016/9/23)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


9月23日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 こち亀 】

17日土曜日発売の週刊少年ジャンプに「こち亀」の最終話が掲載されました。衝撃的なオチだったことでツイッター上で盛り上がりました!



第2位【 台風 】

20日〜21日にかけて、台風16号が西日本を直撃し、各地で被害が出ました。



第1位【 警報 】

台風による大雨で警報にまるわるツイートが増えました。



今週番組でピックアップしたトレンドワードは、26位にランクインした【宇多田ヒカル】。アルバムの発売を前に、ミュージックステーションやソング・スペシャルなどに出演し、注目が集まっています。






◆街の声

「めっちゃういれしい。ここ数年曲出さなかったから、とと姉ちゃんの曲とかすごいうれしかった。9月後半にアルバムを発売するから普通にうれしいです。(宇多田さんの曲は)全部好きです。良い歌を届けてください。待ってます」(男性)


「またあの声で新しい曲が聴けると思うとうれしいです。」(女性)


「復帰すごいうれしいです。休んでた事を実は知らなかったんですけど、ずっとラジオとかで聴いていたので、すごくうれしいです。宇多田ヒカルさんの『光』、ゲームで使われた曲なんですけど、すごい大好きです。やっぱり、歌唱力じゃないですかね、他の人では出せない歌声だと思うので、やっぱり唯一無二だと思います。宇多田さん大好きです、頑張ってください」(男性)




◆変わったモノ、変わらないモノ

速水 今週出演していたソングスでの歌声や、今年に入ってこれまでに発表された曲を聴いて、復帰後、歌い方が変わったなというのを感じました。


宇多田さんは5年ぶりに活動を再開しました。今回リリースするアルバムの名前が『Fantome(ファントーム)』、フランス語で「見えないモノ」「霊魂」という意味の言葉です。とと姉ちゃんの主題歌となった「花束を君に」は、普段化粧しない君が薄化粧したと歌っているのですが、僕には、どうもお母さんが亡くなった事を歌っているように聞こえて、こわいなと感じます。22日に放送されたNHKの番組「ソングス」でも、糸井重里さんとの対談の中で、どのように宇多田さんが母親の死を乗り越えたのかというのも話をされていました。宇多田さん自身にもお子さんが生まれたこともあり、歌い方が変わり、自身の雰囲気も変わったそうです。


「恋愛の歌を15歳から、よく歌ったよね、作ったよね」とみなさん思ってたじゃないですか?音楽評論家の宇野維正さんに「あれ、全部、母親なんじゃないか。」と、指摘されて、僕はドキッとしたんですよ。


今回このアルバムの中に入っている「道」は、まさに母親と向き合った曲です。僕、今の現在、アルバムの中で一番好きで「あっ、宇多田っぽい」と感じました。考えてみると「道」だけではなく、すべての曲が母親を無視できない。「トモダチ」という曲は、友達じゃなく母親なんじゃないか?という考え方も出来ます。ちょっと時間をおくことで、宇多田ヒカルさんの見方がずいぶん深くなりました。デビュー当時に椎名林檎さんと二人で東芝EMIガールズと言う名前でカバー曲などを歌っていました。今回、東芝EMIガールズを再結成するなど、かつてではあり得ない新しい側面が見られて、僕は好きです。ラジオで自分の好きな宇多田ヒカルさんの曲をかけることが出来て、感無量です。




◆ツイッターでの反応は








週末にオススメの映画、ご紹介します!(2016/9/22)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は先週末、9月17日(土)と18日(日)の全国映画動員ランキングトップ5をご紹介!



第5位『 四月は君の嘘 』(公開2週目)

第4位『 スーサイド・スクワッド 』(公開2週目)

第3位『 怒り 』(公開1週目)

第2位『 聲の形 』(公開1週目)

第1位『 君の名は。 』(公開4週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ5でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えしました。今日は、今さらながら話題の映画を観てきた中西さんと高橋さんのお話を聞いていただきましょう!


中西:僕は公開8週目、先週末のランキングでは6位の『シン・ゴジラ』を観てきたんですが、これはゴジラ襲来の理由が初代のストーリーを踏襲しつつ「今」の時代設定に上手く置き換えられているなと思いました。


よしひろ:そうですね。初代ゴジラがお好きだった世代の方にも響きますし、何といっても私たちは大震災の経験して、そのときの映像をテレビなどでたくさん見ていますので、そういった部分では“デジャヴ感”のある映像が折り込まれていますし。あとは政府の奔走ぶりというか…。でも、政府関係者には「あれはないよ!」と言う方もいらっしゃるので(笑)ある程度はリアルに描いていると思いますが、未確認生物体が出てきたときにああはならないでしょ、という声も聞こえてきたんで。そこはちゃんとフィクションも入っているということですよね。考えさせられることが多いので。
あとはセリフ量!もう、多すぎる!!(笑)庵野監督に慣れていらっしゃる方ですと「ああ、庵野監督ってこうだよね。」という感じだと思うんですが、分からないまま行ってしまうと「えっ、えっ、えっ??」という速さでどんどん進んで行っちゃうので「そりゃ、リピートするわ!」という感じですよね。

高橋:私は『君の名は。』を観てきましたが、こちらもネタバレしてしまうので、外枠をざっくりといきたいと思うんですが、まず、映像の綺麗さに驚きました。


よしひろ:そうですね。アニメ映画というとどうしても“子供向け”というイメージが強いと思うんですが、これは大人が観ても通用するストーリーと映像美でしたね。実景をモデルにしたものがすごく多くて、それこそ、このスタジオがある辺りがモデルになっている部分も多いんですよ。僕もこの辺りに住んでいるんですが、いまは“聖地巡礼”的な感じでロケ地巡りが流行っているので、うちの近所の神社も大変なことになっているみたいです。

高橋:あとはRADWIMPSの曲が、劇中のいいところでかかるじゃないですか。あれがすごく新鮮でした。


よしひろ:そうなんですよね。彼らはこれまで、メディアに出ることを極力控えてきたのに、この映画のためなら…とひと肌脱いでいるところが結構大きくて。
で、あとこの映画は何が凄かったかというと、中高生がとにかく動いている!中西さんはきっと「角川映画世代」だと思うんですけれど、それと同じなんです。「角川映画」の描いていた、青春の“淡さ”だったり“儚さ”だったりというのがこの映画に全部詰め込まれているので、それで中高生も動いているのでしょう。今の若者にとっての「角川映画」なんです。

まだどちらも観ていないというあなた!中西キャプテンや万里恵ちゃんとこの感動を共有しませんか?
今日は、先週末の全国映画動員ランキングトップ5と、映画『シン・ゴジラ』『君の名は。』の見どころをご紹介しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 475 | 476 | 477 || Next»