ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

武井壮、ゴルフを語る!(2016/8/29)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


今日は、昨日まで行われていた男子ゴルフの国内ツアー
『ライザップ・KBCオーガスタ』の最終順位トップ3をご紹介!



第3位【 藤本佳則 】【 宮本勝昌 】【 谷原秀人 】トータル9アンダー

第2位【 高山忠洋 】【 マイケル・ヘンドリー 】【 ブラッド・ケネディ 】トータル10アンダー

第1位【 石川遼 】トータル15アンダー


こちらは昨日まで行われていた、男子ゴルフの国内ツアー『ライザップ・KBCオーガスタ』の最終順位トップ3です。2月以降、腰痛などのためにツアーを離脱していた石川遼選手が完全復活!ツアー14勝目を飾りました。


そしてスタジオには、学生時代に陸上の十種競技で日本チャンピオンとなり、その後、アメリカでゴルフの武者修行を行っていた…という経歴をお持ちの武井壮さんをお迎えしました。


中西さん:今回の石川遼選手の優勝、いかがですか。


武井さん:腰痛で離脱していたのですごく心配していたんですが、いきなり勝つあたり、やっぱり「石川遼」だな、と思いました。

中西さん:そして海の向こうでは、松山英樹選手が男子ツアーのバークレイズに出場。予選落ちだったということですが。


武井さん:アメリカのツアーはお休みがほとんどないので、やっぱり落とすところも作っていかないと。まぁ、意図的に落としている訳ではないと思いますが、たぶんピークを持ってくるところを、このあとのワールドカップ辺りに見据えているのではないでしょうか。

中西さん:武井壮さんはアメリカでゴルフに挑戦された訳ですが、現地の選手たちのすごさって実際どうなんですか?


武井さん:やっぱり選手層の厚さが尋常じゃないんで…想像しにくいと思うんですが、“石川遼“と“松山英樹”が50人ずついると思ってください。で、毎週誰か、調子の良い“松山英樹”がいるんですよ、絶好調なヤツが。その50人、同じくらいのレベルでプレーできるヤツらの中で毎週、調子の良いヤツが必ず5人か10人くらいいるんですよ。そんな中で勝てるか…という勝負を彼らはしているんです。

中西さん:そういう中で松山選手は勝っているわけですからね!


武井さん:そうなんですよ!だから本当にすごいことなんです!!毎日必ず63とか62くらいのスコアで回るヤツが数人いて、それを4日間続けられちゃうヤツが毎週必ず誰かしらいるんです!そんな中、あの身体で優勝をかっさらうことがどれだけ大変かというのが僕には分かるので。やっぱり身体も強いし、ヒジから先の力がすごく強いんですよ!欧米の方って。なのでやっぱり、球も強くてスピンも大きくて。で、高いところから“ドスン”でいけるんです。やっぱり高さで止めないと、手前のピンで傾斜がかかっているところなんて、全部手前に戻って落ちたりしちゃいますからね。彼らはそういうのを簡単に止めてきますから。

中西さん:そして、いま話にも出た石川遼選手と松山英樹選手は11月にオーストラリアで行われるワールドカップにペアで出場することになりました。ふたりへの期待はいかがですか。


武井さん:期待しています!特に今回の試合は、松山くんからのご指名で「ぜひ遼がいい」ということで実現したそうなんです。このふたりは同じ年ですごく仲も良くて、幼い頃からのライバルでもあるということで、お互いPGAでプレーする厳しさも分かっていますしね。「期待してるぞ。仕上げてきてくれよ!」というメッセージを遼くんに送ってきたそうで、遼くんは今回の試合にそういう思いもあって臨んでいたと思うんです。
昨日、遼くんとLINEをしたんですが「ショットはまだ満足できるレベルじゃない。これではまだアメリカでは勝てないと思います。これをあと3ヶ月で仕上げていきたいと思います。」といった内容だったんですが、アプローチが新しい練習方法を見つけて、それがすごくはまっているとのことで、だからショートゲームは自信がある!と言っていたので、その辺りと松山くんのショットがかみ合うと、えげつないことが起こるんじゃないかと僕は思っています。

中西さん:まぁでも、いま武井さんがおっしゃった様に、基本的には飛距離がある方が優位な訳ですから、まずはそのベースの部分をしっかりとあげていって、11月に結果を残して欲しい、ということですかね。


武井さん:そうですね。決してショットが悪いという訳ではないんです。優勝してますから!ただ、PGAの「50人の石川遼」がいる中でトップを獲るには、もうちょっと精度をあげていかないと、ということだと思いますよ。すごい高いところを見ています!彼は常に。

11月のワールドカップでの石川選手と松山選手の活躍に期待しましょう!
今日は、ライザップ・KBCオーガスタの最終順位トップ3と、武井壮さんのインタビューをご紹介しました。


リオオリンピックに見た チームで戦うという新しい見方(2016/8/26)

カテゴリー:1114

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


8月26日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





第3位【 吉田 】

リオデジャネイロオリンピオック、レスリング女子53kg級に出場した吉田沙保里選手。決勝戦で敗れ流した涙、感動のツイートが集まりました。



第2位【 地震 】

19日金曜日には茨城県沖で震度4の地震を観測。
現地時間24日未明、イタリア中部ではマグニチュード6.2の地震が発生し、現在も多くの被害が出ている模様です。



第1位【 銀メダル 】

リオデジャネイロオリンピック陸上男子4×100mリレー。山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥を擁した日本チームは、アメリカを上回り、ジャマイカに次ぐ2位で銀メダルを獲得しました。



今週のトレンドワードランキングで1位となった「銀メダル」。もちろん吉田沙保里選手の獲得した銀メダルについてもツイートされました。今回は吉田沙保里選手に注目します。





◆街の声−−吉田沙保里選手へのコメント

「オリンピックお疲れ様でした。ネットでは『謝らなくていいよ』というコメントを見るんですけど、まず負けたことに率直に悔しいという思いが出てるから、泣かないで胸をはれと言うのもお門違いだなとすごく思います。なにかしら形で今後の日本のレスリング界を引っ張ってもらえらばなと思います。東京オリンピックでも活躍してくださることを願っています」(男性)


「全部持って行かれました。絶対やってほしいです。またみたいです」(女性)


「吉田さんが『取り返しのつかないことをしてしまった』と話していましたが、みんな吉田さんに期待しすぎてしまったということのほうが申し訳なくて。仕方ないといっても、結果で報いるしかないのかなと思いました。これからも頑張ってください」(男性)




◆選手に期待するのは重圧?

速水 試合直後に謝罪をすることには賛否両論がありました。悔しいのだから仕方ないという意見もあります。


僕は、吉田選手の試合後にインタビューをしたアナウンサーの言葉に注目しました。泣きながら一生懸命、金メダルを取れなかったことを謝罪する吉田選手に対して「そんな風に思っている日本人はいませんよ」「みんな健闘を誇りに思っている」といった言葉を向けました。この言葉が自然に言えることに感動しました。


日本ではオリンピックに出場する選手にものすごい重圧を与えてしまいがちで、国全体を背負わせようとすることが続いてきました。


スター選手が出てくると良い結果を期待してしまうのは当然ですが、日本全体を背負わせてしまうのは日本特有の雰囲気でもあります。



◆チームで戦うという新しい流れも

ただ最近はその風潮もあり、卓球や水泳など本来は個人競技であるものが、「松田選手を手ぶらで帰すわけにはいかない」という合言葉が生まれたようにチーム、団体競技として見ることができたのではないかと思います。


個人ではなくみんな仲間。レスリングもチーム吉田として見て、4年後の吉田選手の姿を楽しみにするのも良いかと思います。




◆「銀メダル」についてのツイート








欧米で拡がる若者のスタートアップ 日本はこの流れに乗れるのか(2016/8/25)

カテゴリー:1113

いま押さえておきたい最新の話題にフォーカス、人気の秘密に迫ります。毎週木曜日のテーマは「カルチャー」です。


今回は、アメリカのウェブメディア「ポエツ&クォンツ」が発表した、『MBA取得者があこがれる起業家ランキング』をご紹介します。


第3位【 スティーブ・ジョブズ (Apple) 】

第3位【 ビル・ゲイツ (Microsoft) 】

第2位【 シェリル・サンドバーグ (facebook) 】

コンサルティング会社のマッキンゼーに勤めたのち、Google副社長を経て、facebookでCOOを勤める女性経営者です。


第1位【 イーロン・マスク (Space X) 】

インターネット決済サービスPayPal、電気自動車メーカーのテスラモターズ、ロケット・宇宙船の製造・運営企業SpaceXの創立者です。



最近、欧米の若者の間で盛んに使われる「start up」=「起業」という言葉。
彼らがめざすのはランキングに名を連ねるようなレジェンドたちです。世界、そして日本のスタートアップの状況を、IT企業役員でありお笑いタレントでもある厚切りジェイソンさんに伺いました。
厚切りジェイソンさんは、5月に幕張で開催された世界最大級にスタートアップイベント「Slush Asia 2016」に参加しています。




◆シリコンバレーに見る「里帰り」の傾向

厚切りジェイソンさん 会社を作るハードルがだいぶ低くなりましたね。昔だと、多くの資金が必要でした。機械を購入し、人を雇って起業することが一般的でした。しかし、インターネットが普及したことによって、少ない資金で、人やサーバーなど必要なものだけで起業できるようになりました。


クラウドソーシングなどのビジネスモデルもあり、最低限のコストと最低限のコミットで起業できるようになりました。もともと、インターネット系企業のスタートアップはシリコンバレーから始まりました。ビジネスで成功すると、成功したことで得た資本で投資を行い、さらに自分の経験やメンター、投資家も活用しビジネスの幅を広げていきました。


これまではシリコンバレーに人が来ていましたが、今では、里帰りのように母国や出身地に戻って貢献したいという人が増えています。最近では、シリコンバレーのようなイベントやコミュニティが各地へ拡がっていく光景が見られます。


あこがれのスタートアップ成功者、アメリカであればPayPalの創業者、ピーター・ティールとイーロン・マスクの2人でしょうか。
PayPalというサービスはインターネット上で支払いができる仕組みです。PayPalができるまでは、安全にインターネット上で支払いができるサービスがなく、消費者は支払いを躊躇すること多くありました。
PayPalを創業した2人は、その後それぞれ、別の企業で役員を務めます。イーロン・マスクはテスラ自動車、SpaceXの創業社長となります。PayPalで成功したあとに、自身の専門であるエネルギー問題と宇宙ビジネスに取り組んでいます。



◆日本のスタートアップの現状は

厚切りジェイソンさん 「Slush Asia 2016」にスピーカーとして参加しました。
日本の会社、日本人の参加が少なかったですね。まだスタートアップの勢いは日本では弱いと思いますね。


日本の大手企業には年功序列や上下関係によって仕事は言われた通りにやらなければならないなど文化がありますよね。それではあまり進化が起きないですよね。


日本の企業がこれからグローバルにビジネスをしていくためにはスタートアップしかないと思います。
スタートアップは、これまでのように大人数で話し合い、稟議書をまわして、誰一人責任をとらずに、みんなで決まったことだからとするのではなく、スタートアップが大きく成功することによって、よりフレッシュな意義を持ってる若者がより早い段階で大きくリスクを起こせて、革命を起こすことが可能です。


うまくいかなくてもそれを分析して、どうしたらうまくいくかを考えて、それを実行し良い結果を出すようにする。


日本の若者に期待するしかないですね。やってるくれるかどうかは若者しだいですけどね。





中西 社会を変えるアイデアも実現しやすい時代になってきたようにも思います。どんなスタートアップ企業が日本から出てくるのでしょうか。まだ日本には自由にできない風潮もありますが、できないと思うのではなく、できると思う気持ちがまずは大事だと思います。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 469 | 470 | 471 || Next»