ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

サッカー日本代表、韓国に敗れる!(2017/12/18)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 川内優輝、代表選考会への出場権獲得! 】

第2位【 サッカークラブワールドカップ、レアルマドリードが史上初の2連覇! 】

第1位【 サッカー日本代表、韓国に1-4で敗れる! 】



東アジア最強を決めるサッカーのE-1選手権。おととい行われた最終戦の韓国戦、日本は1-4で大敗し、これにより優勝は韓国、日本は韓国に次いで4ヶ国中2位となりました。
試合は前半3分、小林選手のPKで日本が先制したものの、その後、前半13分・23分・35分、そして後半24分に失点しました。
ホームで行われた日韓戦で4失点以上するのは1954年以来63年ぶりで、ハリルホジッチ監督になってからは、アジア勢相手に3失点以上するのは初めてのことだそうです。今回の試合結果を受け、中西さんはこうおっしゃっていました。


昨日の新聞にもいろいろと書かれていましたけれど、僕の個人的な感覚で言うと「ハリルホジッチ監督解任」というのはないと思いますよ。(ワールドカップまで)あと半年ですから、日本サッカー協会はたぶん解任しないと思います。
で。冷静に考えてみてですね、2006年のジーコのときも、2014年のザッケローニのときも「ボールを持って相手を崩す」というサッカーをしっかりやっているときは、ワールドカップで予選敗退しているんです。逆に2002年や2010年は日本代表に逆風が吹いていたんですが、このときは決勝トーナメントに駒を進めたという過去の歴史もあります。
“自分たちがボールを持つ”というプレースタイルも、日本のサッカーを進化させていくためには重要なことだと思いますけれど、パスをつなぐことが得意な日本人にとって、本来のスタイルにそぐわないサッカーを韓国戦でもやっていましたけれど、それはもう“弱者の論理”で、「どうやって相手を倒して上に行くか」ということに関しては、もしかしたらそちらの方が正しいかもしれないので、これはもうワールドカップになってみないと分からないですよね。今どうこうというよりは、このハリルホジッチ監督のサッカーをこのところずっとやってきているので、それを国内組の選手が急遽やれと言われても、普段やっているサッカーとは違うので、力を発揮するのは難しいということです。
ただ、ひとつ気になったのは、これは日本人だからだと思うんですが、大会中からハリルホジッチ監督が言っていた「韓国の方が強い」という発言です。これがもし上司と部下の関係だったり、チームの中で力を発揮するときに、プレーする選手たちに最初から言い訳の材料を与えるのはどうかな、ということは思いましたけれどね。要するに「韓国の方が日本より強い」と言った時点で、日本の選手は「あ、負けたときのコメントがあるんだ。」と、考えてしまうんです。そうではなく、言い訳する材料を減らすことで良い競争を促すわけですし、今日ここで頑張れば代表のメンバーに選ばれるかもしれない、という気持ちになるかもしれない。いろいろ方法論はあると思いますが、そこはちょっと気になりました。


日本代表はこのあと3月にヨーロッパで親善試合を行い、5月上旬にはワールドカップに臨むメンバーを発表します。そこまでに各選手が良い準備をすることがまずは大切ですね。


“井手口選手”の戦術的な事よりも、パーソナルな部分が気になる速水氏(2017/12/15)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2017年12月15日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。





今週は、大人気のスマートフォン専用ロール・プレイング・ゲーム『Fate/Grand Order』のクリスマスイベントで、激レアなキャラクターが日替わりで登場するという事で、そのキャラクターが上位を独占しました!


第3位【 エレシュキガル 】

第2位【 アルテラ 】

第1位【 エレ 】(3位の『エレシュキガル』の略称です)





この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、急上昇ワードで5位にランキングされた【 井手口 】です。9日に行われた、東アジアE-1サッカー選手権、北朝鮮戦で日本代表はアディショナルタイムに、井手口陽介選手のゴールで劇的な勝利を収めました。






◆街の声

「井手口選手が点を決めて勝った事によって、日本代表に活気がついたかなと思います」(男性)


「そんなに大柄ではないのにフィジカルがしっかりしていて、ボランチとしての守備の機能もしっかり出来ていて、日本代表ではゴールのイメージもあり、攻撃守備ともに重要なところで活躍できる選手だと思います」(男性)





◆まずは、既婚者かどうか

速水 Jリーグをしっかり見ているサッカーファンからすれば、お馴染みの選手なのかもしれませんが、僕のような日本代表を中心に見ているサッカーファンからすると、突然出てきた、新星だな!という感じがすごいします。そういう選手が出てきた時に、気になる事といえば、やはりプレイスタイルだと思います、代表戦で見せる弾丸シュートとかプレイエリアが広いとか。でもね、一番は“既婚者かどうか!?”って気になりません?


高橋 おぉ!?そこ(笑)?でもね、わかります。きっと奥様はお綺麗なんだろうな、とかね。


速水 井手口選手、21歳で既婚者です!


高橋 若い!あっ、既婚者なんですねぇ。


速水 サッカー選手は、他のスポーツ選手と比べて、若くて既婚者率が特に高いような気がします。10年くらい前に本田圭祐選手が出てきた時に、やっぱりに気になって調べたんですけど、彼も若くして結婚していました。そういう面からして、井手口選手が出てきた時には、もう結婚しているなと思っていました。1年くらい前に結婚して、今はお子さんもいるそうです。


井手口選手の話題といえば、ルックス話題もありますね。中田英寿さんに似ているんじゃないかといわれていて、髪型も似ている感じがしますね。ただ、僕は、もっとやんちゃな部分が見えるというか、井手口選手を昔から知っている人なら知っているのかな、高校時代は実際にかなりやんちゃだったそうです。でも、しっかりサッカーには向き合っていて、どこまでやんちゃでどこまでサッカー好きかというのはみなさんの想像にお任せしましょう。ちなみに、オリンピック代表監督だった手倉森さんには、“ケンカ番長”と呼ばれていました。北朝鮮戦でみせたプレイには頼りがいのある選手という感じが非常にしたので、その喧嘩っ早い部分、やんちゃな部分をプレイスタイルに活かしてさらに活躍して欲しいです。それと、僕が気になっているのは、コメントが固いということ。例えば、今回のゴールについてインタビューされた時には、自分はまだまだだと思う、もっと前へ出て点の取れるボランチになりたい。と、普通のコメント。ヤンキー体質なのにコメントは真面目。ガンバ大阪のサポーターによると、すごいプレイをみせるファンタジスタなのに、コメントは至って普通という、遠藤保仁イズムを引き継いでいるといわれているそうです。ということで、僕なりに井手口選手の解説をしてみました。僕からは井手口選手に関しての戦術的な解説はありません(笑)





◆しゃべり方が気になる


















◆イングランドの古豪リーズに移籍!?






いよいよ明日、世界同時公開です!(2017/12/14)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、先週末の全国映画動員ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 オリエント急行殺人事件 』(公開1週目)

第2位『 DESTINY 鎌倉ものがたり 』(公開1週目)

第1位『 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー 』(公開1週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ3でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、いよいよ明日、全世界同時公開される映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について伺いました。


よしひろ:おはー♪


高橋:さあ、もう早速行きましょう。今日はこちらです!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」!!もう私ちょっと、震えが止まらないです。楽しみすぎて…!!よしひろさん、一足先に見ちゃいました??


よしひろ:本当にファンの皆さん、ごめんなさい。仕事です。ふふっ


高橋:いやーん、いいなっ!どうでした??よしひろさん!!


よしひろ:ワタシ的に言わせていただくと、シリーズ最高傑作です。


高橋:………マジですか!?


よしひろ:ちょっとなに、この沈黙!


高橋:ドキドキしちゃいましたっ!そうなんですね!!…ちょっと興奮を抑えまして、まずは前作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のエンディングを復習しますと、メインキャラクターとして登場していた少女・レイが、遠い惑星で行方不明になっていたジェダイの騎士、ルーク・スカイウォーカーと出会ったところで終わりました。「これ、ルーク!?」っていうところで終わりましたよね?


よしひろ:はい。バッサリと終わりましたよね(笑)。前作のエンディングからちゃんと続いている話なので、明日テレビで(前作の)放映もあるから、まずはそちらで復習していただいてから映画館に出かけられても良いかと。ファンの方はすでに明日のチケットを手に入れているかと思いますけれどね。


高橋:で、それを受けてのエピソード8「最後のジェダイ」なんですが、よしひろさんが先ほど“最高傑作”とおっしゃっていた、その理由は?


よしひろ:はい。3つあります。まず1つめは、いわゆる【旧スター・ウォーズ・トリロジー】と言われる3部作が2つありますが、どちらも2作目が傑作と言われているんですね。特にエピソード5「帝国の逆襲」が最高!とみーんな言うんですけれど、今回の作品もトリロジーの2作目ということで“承”と“転”の部分を担っているんです。きちんとそこを踏襲してるんですね。


高橋:そうなんですね!「帝国の逆襲」でも「そういうこと!」って部分、ありましたもんね。なるほど。では、2つめは?


よしひろ:前作「フォースの覚醒」が、久しぶりのシリーズ再開だったので、[マニアの皆さんへのサービス:ご新規さん=7:3]だったとすると、今作は[マニア:ご新規=4:6]くらいで、「フォースの覚醒」からファンになった方に向けて作られている、なんかタスキを渡している…という感じで作られているんです。


高橋:じゃあ、明日の(前作の)テレビ放映を観てから行っても充分楽しめますね。じゃあ、3つめは?


よしひろ:2時間半超え、151分38秒、長いんですよ。これ、実はシリーズ最長作なんですが、長さを感じないんですよ。ホントにあっという間に終わります!で、なんでかなぁ、と後々考えたんですが、前半と後半で流れが全く違うんです。前半は結構ほのぼのとした展開で、クスッと笑わせるリラックスしたシーンが続くんですが、後半にさしかかってくると、もうシリアスな展開がバン、バン、バンと、たたみかけるように。しかも、どうなるか予測不能な展開なんですよ。なので、ホントにあっという間!


高橋:わたし「スター・ウォーズ」シリーズのクスッと笑えるシーンが大好きなんですけれど、前作で登場したBB-8!今作でも活躍しますか??


よしひろ:大活躍!これは言っちゃっても大丈夫だと思うんですけれど、最初から大活躍します。あとは新キャラも大量に出てきますし、キャラクターで言うと今回の新トリロジーは「人気がなければ死んでもらいます」って感じで、結構殲滅するんですよ。誰が消えるとは言えませんけれど…。でも消され方がちゃんと、話の中で活きる消え方をしているので「上手いなぁっ!」と思って。


高橋:今作を通しての“テーマ”みたいなのって何かありました?


よしひろ:これ、大ヒントになるんですが「自己犠牲の嵐」です。すごいんです!サムライ映画か、というくらいバンバンと自己犠牲。別にみんなが死んじゃう訳ではないんですけれど、“自分を挺する”という精神が異常に溢れていますね。


高橋:あと、カメオ出演!前作もあったじゃないですか。


よしひろ:前作はダニエル・クレイグがカメオ出演していましたが、今作は英国のウィリアム&ヘンリー両王子が出演しています。でも、ストームトルーパー役なので、お顔は見えないんですけれどね(笑)。


世界中のファンがお待ちかねの映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、明日から全世界同時公開です。皆さんもぜひ劇場で!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 582 | 583 | 584 || Next»