ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

よしひろさんオススメの夏休み映画情報(2017/7/20)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


まずは、7月15日(土)16日(日)の
全国映画動員ランキングトップ5をご紹介!



第5位『 メアリと魔女の花 』(公開2週目)

第4位『 カーズ/クロスロード 』(公開1週目)

第3位『 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』(公開3週目)

第2位『 銀魂 』(公開1週目)

第1位『 劇場版ポケットモンスター キミにきめた! 』(公開1週目)


以上、先週末の全国映画動員ランキングトップ5でした。
そして、スタジオにはおなじみの映画ライター・よしひろまさみちさんをお迎えして、よしひろさんオススメの夏休み映画情報を伺いました。
今日ピックアップしたのは、4位にランクインした『 カーズ/クロスロード 』と、明日から公開の『 怪盗グルーのミニオン大脱走 』のアニメ2作品。


高橋:よしひろさん、おっはー♪ 今日は夏休み向けのアニメーション映画を2本紹介してくれるそうですが、まずは公開中のピクサー制作のディズニー映画『 カーズ/クロスロード 』から!


よしひろ:はい!!


高橋:2006年『 カーズ 』、2011年『 カーズ2 』に続くシリーズ3作目。主人公は(クルマですが)ライトニング・マックィーン。かつては“勝つことがすべて”という自己中心的なルーキーだったマックィーンも、今やベテランレーサーとなり、新世代の台頭や大クラッシュなどに見舞われ、今作では人生の決断に迫られます。この作品のよしひろさんオススメの3つのポイントは…?


高橋:その1【 中年ほど感動する!?ベテランならではの苦悩 】


よしひろ:はい。中年というと言葉が悪いんですが、この劇中でマックィーンが悩むのは「ハイテクカーの登場」なんです。それってもう、ド根性ではどうにもならないくらいの差がついているということで、そういう壁にぶち当たったとき、才能のある若者に出会ってしまったときに、ベテランはどうするべきか?ということを描いているんですが…そういうとすごい大人向きじゃないですか??大人が見てもすっごい泣けるんです!!


高橋:その2【 クルマ好き熱狂の映像とサウンド 】


よしひろ:これは1作目からずっとやっているんですけれど、「NASCAR」っていう向こうのモータースポーツを徹底的にリサーチしているので、エンジン音から砂埃まで臨場感がハンパないものが見られます。で、クラシックカーもたくさん出てきますし、今回は50年代に活躍していたレーシングカーたちも出てくるという設定があるんですけれど、そこは古い車がお好きな方にはたまらないシーンなのではないでしょうか。


高橋:その3【 前作を見ていなくてもOK! 見ていたら号泣必至 】


よしひろ:ぶっちゃけ、見ていなくても全然大丈夫です!ここから乗れます!それに、男の子がいる親御さんだと、「カーズ」をDVDでご覧になっている方は結構たくさんいらっしゃるんです。お子さんを泣きやませるために「カーズ」を見せるんですって。2時間は黙っていてくれるそうです(笑)。でも、それを見ていなかったとして、ぜひともやっていただきたいのが、この3作目を見た後でも前でも良いので、1作目をぜひ見ていただきたいんです。そうすると、1作目で出てきたキャラクターがこの作品でまた出てきたり、いろんな伏線が張られているのが分かると思うんです。それを見たときに、私も後から見たんですけれど、「えーっ!こことここが繋がっているの!?」と大盛り上がりでしたから!


高橋:さ。そしてもう1本は、明日から公開の『 怪盗グルーのミニオン大脱走 』。こちらはイルミネーション・エンターテイメント制作のユニバーサル映画。
こちらもシリーズ3作目。怪盗をやめて反悪党同盟の相棒・ルーシーと結婚した主人公・グルーの前に新たな敵が現れます。80年代の子役スターで、その後落ちぶれたバルタザール。社会への復讐のため犯罪を繰り返すバルタザールに、グルーは反悪党同盟を追い出されます。そんなとき、グルーには生き別れになっていた双子の弟・ドルーがいることが判明。ドルーは父親の意志を継ぎ、天下の大悪党になることを夢見ています。
この作品のよしひろさんオススメの3つのポイントは…?


高橋:その1【 80年代ポップスてんこ盛り 】


よしひろ:そうなんですよ。ほぼほぼ「ベストヒットUSA」状態!懐かしいでしょ。マドンナの「イントゥ・ザ・グルーヴ」とか、アーハの「テイク・オン・ミー」、ジェネシスとかネーナとかもあるんですよ。すごい懐かしいでしょ?この年代を知っている人にはグググっと来る!で、敵役のバルタザールも見た目は完全にMCハマーという(笑)、かなり“おダサい”感じになってるんです。


高橋:その2【 ルーシー、母になる 】


よしひろ:前作でグルーのパートナーになった女性なんですが、グルーには施設から引き取った3人娘がいるんですね。で、母になるためその娘たちとの関係に苦悩するんですが、ついに1歩近づくんです!いい話ですよね、これ。


高橋:その3【 みんな大好きミニオン 】


よしひろ:はい。文句なし!みんなミニオン大好きですからね。いたずら大好きなので、ミニオンたちがまたいたずらをしまくるんですが、今回はそのいたずらが過ぎまして、囚人になってしまうんです。で、刑務所で番を張りますから、あいつら(笑)。


よしひろさんオススメの2作、あなたはどちらを劇場の大スクリーンで観てみたいでしょうか?
今日は先週末の全国映画動員ランキングトップ3と、よしひろさんオススメの夏休みアニメ2作品をご紹介しました。


古谷常衡さんに伺う「出版業界の現状」(2017/7/13)

カテゴリー:1113
null

木曜日は「カルチャー」。


今日は[ブックファースト]の7月3日〜9日まで
1週間の新書セールスランキング トップ3をご紹介します。



第3位 『 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 』河合雅司(講談社)

第2位 『 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 』ケント・ギルバート(講談社)

第1位 『 定年後−50歳からの生き方、終わり方 』楠木新(中央公論新社)


以上、[ブックファースト]の7月3日〜9日までの新書セールスランキング トップ3でした。
そして今日は、中西さんの代わりに番組パーソナリティーを務めてくださった、文筆家の古谷常衡さんにお話を伺いました。


高橋:古谷さん、いま出版業界は不況と言われているそうですが、売り上げとしては実際どれくらいなんでしょうか?


古谷:先ほど私「出版不況」と申しましたが、これは正確に言うと「雑誌不況」なんです。出版は大きく分けて「雑誌」と「書籍」となるんですが、現在はこの雑誌の売り上げがだいたい8000億円くらい、書籍の売り上げも同じく8000億円くらいで、合計してだいたい1兆5〜6000億円あたりと見て良いと思います。この数字だけ見ると、雑誌と書籍が拮抗しているように思われるかもしれませんが、かつて、雑誌の売り上げはもっともっとあったんです。で、出版業界全体のピークとしてはいつ頃かといいますと、ピークは1995年から96年頃で、バブルが終わってからちょっと遅く出版のピークはやってきているんです。そこからいま約20年が経って、単行本は底堅いです。減ってはいるんですが底堅い。対して雑誌が非常に厳しい、というのが現状ですね。


高橋:不況と言われつつも、本屋さんに足を運ぶとどんどん新しい本が出ているように見えるんですが。


古谷:雑誌はともかく単行本の市場規模がそこまで変わっていないのは、いま高橋さんがおっしゃったように出版点数が増えているからなんです。その数、年間約8万点!出版業界が一番元気だったときで5万点強くらいでしたから、市場規模は縮小傾向、あるいはそれほど変わっていないのに、出版点数は1.6倍から1.7倍弱になっているんですよ。
一方で出版社や編集者の数はどんどん減っているので、ひとりの編集者が担当する量がめっちゃ増えているんです。そして、ひとりの著者が書く本も増えているんです。つまり“量産”しているわけです。これがいまの出版業界の現状です。


高橋:ひとりが担当する仕事の量が増えることで、何か影響はないんでしょうか?


古谷:例えば、これまで年間4冊出していた著者が6冊出しなさい、となった場合、普通はこれムリなんですよ!でも、出している人もいる。これはどうやっているかというと、一番多いのが「口述筆記」というヤツです。あるいは、講演会なんかで喋ってストックしておいたテープを文字起こしする。その場合、別のスタッフがついて文字起こししたものを本人が構成して出す、という。これをやれば、2時間の講演で1冊分にはならないにしても、だいたい1冊弱は出来ちゃうんです。これなら半年とか時間をかけて書かなくても、2時間喋れば良いわけですから。これなら量産できちゃうわけです。
ところがしゃべり言葉は不思議で、文字起こしをすると、だいたいみんな同じになっちゃう。それぞれの作家が持つ文体が消されちゃうんです。なので、僕は文字起こしして書かれた本はすぐに分かっちゃいますね。なぜかと言うと、超読みやすいから!(笑)僕は、読みやすい文体が良い本だとは思わないんです。その作家の持つクセや語彙の選定、あるいはすごく読みにくいけどちょっと変わった文脈とか、そういうのを大事にしなくちゃいけないと思うんです。なので、これはちょっと憂慮すべき事態だと思いますね。


今日は文筆家の古谷常衡さんに「出版業界の現状」について伺いました。


流しそうめんでエキサイト!!(2017/7/6)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は、買い物支援サイト「価格.com」
6月27日〜7月3日の「そうめん・ひやむぎ」
ランキングのトップ5をご紹介!



第5位『 大矢知 超高級手延べ冷麦 200g×20 』

第4位『 小豆島 手延素麺「島の光」3kg 』

第3位『 手延素麺 揖保の糸 上級品 300g 』

第2位『 手延素麺 揖保の糸 上級品 300g 』※3位と同商品で販売サイト違い

第1位『 限定特価 ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ 』


なんと「そうめん・ひやむぎ」のランキングにも関わらず、1位になったのは、ウォータースライダー型の流しそうめん機!今日はこちらの商品を紹介しました。


昨年、タカラトミーアーツが東京サマーランド監修のもと、家庭で流しそうめんを楽しめるおもちゃを発売しました。それが「ビッグストリーム そうめんスライダー」です。
今日は開発担当の平林千明さんにお話を伺いました。


スライダー型の流しそうめん機を作ろうと考えたときから、子どもはもちろん、大人も楽しんでいただける商品にしたいと思いまして、本格的な作りにこだわったそうめんスライダーを設計するため、サマーランドさんにも飛び込みで電話をかけまして、ご相談に伺いました。最初はちょっと「何のことだろう?」という雰囲気だったのですが、試作品を持参して、こういう形の物を作りたいんです!と説明したときに、ようやく納得して頂いて、サマーランドさんも乗り気になって下さり、設計技師の方を紹介して頂いて、園内の見学からアドバイスなど色々頂いて、形を作っていきました。

「ビッグストリーム そうめんスライダー」は好評のため、今年3月にマイナーチェンジ。こちらが先ほどのランキングで1位だった「エクストラ」です。


最初は濃い透明なブルーの水路だったのですが、薄い水色の水路にしました。これにより、そうめんが流れる様子がよく見えるようになりました。

そして4月下旬、さらにスケールUPした新製品が発売されました。それが「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」です。


「エクストラ」は麺の走行距離が3.7mあったのに対し、「エクストラジャンボ」は5mに拡大し、横幅も120cmと、ダイニングテーブルいっぱいに広がるサイズとなっています。また、水流の高低差が何と73cmもありまして、かなり大きなサイズになっています。
前回シリーズから好評の「ザブーンバケツ」も頂上に設置していまして、水が一杯になる度にカコンカコンと水が放出されるようになっています。
そして一番の特長は「デカスラ」という、サマーランドで一番人気のアトラクションの、左右に動くようなその水流の動きをそうめんで表現したところです。

そして今日、スタジオには「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」がスタンバイ。中西キャプテンと万里恵さんが実際に流しそうめんを体験しました。


万里恵:さ。ということで、中西さんの目の前には「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」がセットされています。


中西:まずデカイ!本当にデカイ!!しかも、本当に流れるプールみたいになってる!


万里恵:すごい勢いでスライダーに水が流れていますよね。


中西:じゃ、流してみましょうか!いきまーーーすっ!!


万里恵:えっ!?それひとりで流して、ひとりで取るんですか??


中西:もちろんでーす♪(そうめんを流して…)あっ、流れた流れた!!


万里恵:すごい!ぐるぐる回ってる!!あっ。来たよ、中西さん!来た来た!!急がないと…!


中西:あっ…よぉーし!(そうめんを食べる)


万里恵:美味しい?


中西:うん、普通のそうめんだ!


万里恵:これ絶対に楽しいですよね!みんなでやったら。


中西:実はね、これ、ミニトマトを流すとまた楽しいらしいんですよ。早速流してみますね!


万里恵:ひとりで楽しそう…(苦笑)


中西:ハハハハッ!(爆笑)


万里恵:やだもう、説明して!!


中西:めっちゃトマト速い!!!!


万里恵:わぁ、すっごい速い!あっ、来た来た!!


中西:ああーっ!!


万里恵:はい!トマトは取れませんでしたー。


…といった具合に、スタジオで中西さんが流しそうめんを楽しんでいる様子は、こちらからご覧いただけます。
タカラトミーアーツから発売された「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラジャンボ」は、メーカー希望小売価格16,800円(税抜)です。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 108 | 109 | 110 || Next»