ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

松山英樹選手、全米オープンの結果は??(2017/8/14)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ヨーロッパサッカー開幕、日本人ゴール第1号は岡崎慎司! 】

第2位【 世界陸上男子400メートルリレー、日本勢は初の銅メダル! 】

第1位【 松山英樹、全米プロ選手権の結果は? 】


先週のブリヂストン・インビテーショナルでは大逆転優勝!その勢いに乗って、アメリカ・ノースカロライナ州で行われているゴルフの全米プロ選手権に臨んだ松山英樹選手。
今シーズンのラストメジャーとなる大会での活躍について、中西さんはこうおっしゃっていました。(※中西さんのコメントは番組放送時、試合途中のものです)


松山選手、今大会の初日は15位タイと出足はイマイチでしたが、2日目は64でまわってトップに立ちました。メジャーの大会で日本人男子の選手が優勝したことはありませんが、大会途中でトップに立つのは、2004年全米オープンでの丸山茂樹選手以来となります。
こうなると優勝の期待が高まってきますが、昨日は残念ながら2オーバー。で、今日の最終日を迎えています。


前半を1アンダーで折り返した松山選手。この時点で首位に立ちましたが、その後は3連続ボギー。ここがちょっと痛かったですねー。そしてここからが松山選手のスゴイところなんですが、3連続ボギーのあと、連続バーディでまた戻してきました。現在(※番組放送時点)首位と1打差で16番をプレーしていますが、この16〜18番は“グリーンマイル”と呼ばれていて、非常に難しいところだと言われています。
現在のトップは、同じ組でまわっているジャスティン・トーマスなんですが、本人のプレーを目の前に追いかけられるということは、まだ充分にチャンスがあると思いますし、何とか追いついての逆転優勝、もしくはプレーオフに持ち込んで欲しいですね。


−*−*−*−*−*−*−*−*−


その後、松山選手は5バーディ・6ボギーの72で最終日を終え、トータル5アンダー・5位タイで今シーズン最後のメジャー大会を終えました。試合後のインタビューでは悔し涙を浮かべ、「勝てる人になりたい」と語った松山選手。来シーズンのさらなる活躍に期待しましょう!
きょうは、全米プロ選手権に出場した松山英樹選手に注目しました。


松山英樹選手、世界一へ!(2017/8/7)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 中日・岩瀬投手がプロ歴代最多となる950試合目の登板! 】

第2位【 世界陸上、日本の短距離勢が好スタート! 】

第1位【 松山英樹、ブリヂストン・インビテーショナル優勝! 】


そして中西さんが注目したのはもちろん、プロゴルファーの松山英樹選手。
以下、中西さんのお話です。


さぁ、松山英樹選手優勝しました!世界選手権シリーズのブリヂストン招待…この世界選手権シリーズは男子メジャーのひとつ下の大会です。非常にレベルの高い大会ですし、当然ながらグレードも高い大会で、松山選手は昨年10月にも優勝していますから、2勝目ということになります。同一シーズンで2勝というのは、タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン、ダスティン・ジョンソンしかいないということで、非常に価値のある2勝目となっています。これでPGA5勝目、日本人最多となりました。


昨日終了した時点では、2打差の4位だったんですが、そこからいきなり2番でチップイン・イーグル、3番でバーディ、6番バーディ、9番バーディと、前半で5アンダー、パー30で折り返します。この時点でもう首位に立っていたんですが、後半に入ってからも、13番バーディ、16番の“モンスター”と言われている667ヤードのコースでもバーディを取って、そこからなんと最後3連続バーディ!しかもボギーはひとつもなし。後半は4アンダーのパー31、合計9アンダーの61で大逆転ぶっちぎり優勝でした。
この記録はタイガー・ウッズも持っているらしいんですが、コースレコードということです。すごいです!


これで松山選手はおそらく、世界ランク1位になるのではないかと…。(番組放送時点では)まだ情報は確認できていないんですが、非常に大きな優勝となりました。松山選手は前週の全英オープンでは残念ながら良い成績が残せなかったのですが、これで一気にメジャー制覇の道も開けてきたのではないかと思います。10日からは全米プロに出場するということで、こちらへの期待も一気に高まりましたね。後半のプレーを見ていても、精神的に抜群に安定していますし、パターの調子次第では、今週の全米プロも上位に行く可能性は充分にあるのではないかと思います。


一躍世界のトップに躍り出た松山選手の活躍に期待しましょう!今日は男子ゴルフの松山英樹選手に注目しました。


浦和レッズ、ペトロビッチ監督を解任!(2017/7/31)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ヴィッセル神戸、元ドイツ代表・ポドルスキーが2得点で勝利! 】

第2位【 夏の甲子園西東京大会で、東海大菅生が早実に勝利! 】

第1位【 浦和レッズ、ペトロビッチ監督を解任! 】


そして中西さんが注目したのは、浦和レッズのペトロビッチ監督解任について。
以下、中西さんのお話です。


さあ、週末のJリーグはいろんなことがありましたが、一番の注目はこの話題ですよね。ペトロビッチ監督の解任ということで、浦和レッズがついに決断しました。
土曜日に行われたコンサドーレ札幌戦は0-2で敗戦。試合は浦和のDF槙野選手の一発レッドによる退場ののち10人でプレーし、後半には那須選手が負傷してプレーができず、残り40分を9人で、という厳しい状況でした。
浦和レッズは現在なんと8位ということで、6月以降のリーグ戦の成績は8試合で2勝6敗。この厳しい状況に、昨日ついにクラブから契約解除…つまり解任という発表がありました。


ペトロビッチ前監督は、ユーゴスラビア代表などを経て、2006年から6年間広島の監督を務め、その後2012年に浦和の監督に就任。ここまでの5年半、チームの指揮をとってきました。
浦和は2015年の1stステージ、昨年の2ndステージで優勝。昨シーズンはリーグの年間勝ち点1位やルヴァンカップを制するなど強さが光りましたが、一方で肝心なところでの勝負弱さも指摘されていました。


今シーズン、J1で監督が交代となるのは、新潟・大宮・鹿島・広島に次いで5人目。しかも、昨年のJ1上位3チームはいずれも監督が交代したことになります。
この「監督が代わる」ということについて、僕も現役時代に何度も経験していますが、選手も勿論責任を感じていますよね。監督だけの責任ではないですから。実際にピッチで戦っているのは選手たちですしね。ただまぁ、監督による部分は非常に大きくて、監督が代わることによって試合に出る選手も変わったりしますし、これをとにかくプラスに捉えて前に進んでいくしかないと思います。


浦和レッズ、監督の後任は堀孝史コーチが昇格します。堀監督は、2011年に成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチ監督の後任となり、このときはJ2降格の危機にあった浦和を立て直し、残留を決めています。中西さんは「今回の監督解任をプラスの材料にして、日本のクラブの代表として先に進んでいって欲しいと思います!」とエールを送っていました。


日本有数のクラブチーム・浦和レッズの今後の活躍に期待しましょう!今日は「浦和レッズ、ペトロビッチ監督を解任」という話題に注目しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 109 | 110 | 111 || Next»