ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

大谷翔平選手、アナハイム・エンゼルスへ!(2017/12/11)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 E-1、日本は白星スタート! 】

第2位【 スピードスケート女子1000m、小平菜緒が世界新記録! 】

第1位【 大谷翔平、アナハイム・エンゼルスに入団決定! 】


日本が誇る二刀流、日本ハム・大谷翔平選手の、メジャーリーグ、アナハイム・エンゼルスへの移籍が決まりました。
契約合意が発表されたのは、日本時間の土曜早朝。交渉が解禁されたのは今月1日のことでしたので、移籍先が決まるのは、今日から始まるメジャーリーグのオーナーによる「ウィンターズミーティング」以降ではないか、という見通しもあった中での早い展開となりました。


昨日行われた入団会見では、エンゼルスを選んだ理由として「他の球団と優劣がつくものではなかった。気持ちの部分で、エンゼルスにしたいと僕の中で出てきた。」と、コメント。直感で選んだことを明かしました。


20を超える球団が名乗りを挙げる中、決め手となったのは“二刀流”が続けられること。エンゼルスのソーシア監督も二刀流で起用すると明言しています。
エンゼルスでは現在、現役最多の通算614本のホームランを打っている37歳のプホルス選手がDH専任となっていますが、このプホルス選手をファーストとの兼任にして、DHの枠を空けるというプランも提示したそうです。これによって、ピッチャーとしての登板以外に、打者としての出場機会も得ることが出来ます。
エンゼルスはメジャー30球団中、今シーズンは先発の勝利数が26位、チーム得点数は22位と、やや振るわない状況。大谷選手の二刀流が大きなテコ入れになりそうです。


中西さんは「エンゼルスというチーム、それからこのアナハイムという場所も温かい雰囲気ということで、非常に良い選択だったのかなぁと感じています。どうなるかというのは当然、今後の大谷選手次第ですが、その状況は整ったと言えると思います。赤いユニフォームを着た大谷投手を初めて見ましたけれど、めちゃめちゃ似合ってますね!このユニフォームを着て、2月中旬からはキャンプ、そして3月29日にはアスレチックス戦で開幕、ということで、大谷翔平選手の初打席・初登板が楽しみですね。」とおっしゃっていました。


川崎フロンターレ、おめでとう!(2017/12/4)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 J1昇格を決めたのは、名古屋グランパス! 】

第2位【 宮里優作、逆転優勝で初の賞金王に! 】

第1位【 J1優勝は、川崎フロンターレ! 】


今日は、週末に行われた国内サッカーを中西さんが振り返りました。


国内サッカーでは、きのうJ1昇格をかけたプレーオフ決勝戦が行われました。
J2年間3位の名古屋グランパス 対 年間4位のアビスパ福岡。結果は0-0のドローでしたが、規定により年間順位が上位の名古屋グランパスの昇格が決定。グランパスは1年でJ1復帰を果たしました。本当におめでとうございます!


今年のグランパスは、まさかのJ2降格からスタートして、よくここまで昇ってきたなぁ、と改めて感じますね。風間監督になって選手もかなり入れ替わった訳ですが、若い選手が多いので、これからの“のびしろ”もかなりあると思いますね。監督も「選手たちの成長がかなり早い。このチームはまだまだ伸びていく」とおっしゃっていました。
あとはガブリエル・シャビエルというすごい外国人選手もいますし、田口を中心に、来シーズンはJ1で風を吹かせよう…ということをモットーにやっていますが、風を吹かせる準備はできたんじゃないかな、と思いますね。


さ。そしてJ1なんですが、川崎フロンターレが大逆転優勝を果たしました。
川崎フロンターレはこれまで“シルバーコレクター”と言われていて、過去8回カップ戦やリーグ戦で決勝まで駒を進めているんですが、結局優勝できなかった…という経緯があり、クラブ創設から21年目での初優勝となりました。


今年のフロンターレは、元日に鹿島アントラーズに敗れ、アジアチャンピオンズリーグでも浦和に大逆転を許しています。そして、ルヴァンカップでも決勝でセレッソ大阪に敗れて…と、今年1年間だけをみても、フロンターレは何度も何度も心を打ち砕かれる場面に出くわしているんです。そこから、選手やスタッフたちは諦めずにここまで来たことが、この優勝に繋がったと思っています。


今回の優勝は「ミスター・フロンターレ」中村憲剛選手がいたことが非常に大きかったと思います。本人は「優勝できないのは自分のせいじゃないか」と感じることもあったとコメントしていましたが、やっぱり彼の人格と彼のプレーがあったからこそ、フロンターレはここまでこれたのだと思いますね。試合が終わった瞬間、ピッチにひれ伏して涙を流す光景は、多くの人の涙を誘ったと思います。中村憲剛選手、本当におめでとうございます!!


今回、会場にはシャーレがなかったんですが、フロンターレは「風呂桶」を用意していました。なぜ風呂桶なのかというと、川崎フロンターレはJリーグのチーム内で唯一“フロ”がつくチームだということで、こういったシャレの効いたものを用意したのだそうです。ちなみにこの風呂桶、一般にも発売されることが決定したようですよ。
川崎フロンターレの皆さんも、本当におめでとうございました!!


中西さんの思い入れの強い両チーム、来シーズンのますますの活躍に期待しましょう!


週末に行われたサッカーを中西さんが解説!(2017/11/27)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ラグビー日本代表、フランスにドロー! 】

第2位【 J1昇格プレーオフ、決勝は名古屋 vs 福岡! 】

第1位【 浦和、10年ぶり2度目のアジア制覇! 】


今日は、週末に行われたサッカーを中西さんが振り返りました。


まずは、土曜日に埼玉スタジアム2002で行われた「ACL・アジアチャンピオンズリーグ」の決勝第2戦。浦和レッズがサウジアラビアのアルヒラルと対戦し、1-0で勝利。第1戦と合わせ合計2-1でアジア最強クラブの座に立ちました。
中西さんも「サポーターがすごかったですよね。57,727人!選手たちも幸せな気持ちを持ったと思います。」と感想を述べられていました。


この「アジアチャンピオンズリーグ」ですが、10年前に浦和レッズが勝った翌年にはガンバ大阪が優勝して、そこからずーっと日本のクラブが低迷してきた訳なんですけれど、その頃よりも韓国、そして中国が資金面でもかなり潤沢になったことで、なかなか日本のクラブが勝てなかったんですけれど、これは日本サッカー協会・Jリーグ、日本のサッカー業界が一枚岩になって、シーズン序盤からのACL予選を含めてずーっとやってきたことがこの優勝に繋がっていると思います。浦和レッズと他のチームとの情報共有がこの結果をもたらした要因のひとつかと思われますので、今回の優勝がレッズの快挙であるのはもちろん、他のチームの力もあってのことかと思います。


今回の優勝によって浦和レッズは、世界の各大陸を制したクラブによって行われる「クラブワールドカップ」に出場します。
昨年は鹿島アントラーズがレアルを相手にあわや!というところまで行きましたので、もしかすると今年も、浦和がレアルと当たれるかもしれないんです。開催国・UAEのアルジャジーラとオセアニア代表・ニュージーランドのオークランドシティの勝者と対戦して、この試合に勝てばレアルと対戦することになります。そういう意味でも、ぜひともひとつ勝って欲しいですよね。


さ。そして国内サッカーも熱いです!J1昇格をかけたプレーオフ2試合が行われ、3位のグランパスと6位のジェフは4-2で名古屋が勝ちました。そして、4位のアビスパと5位のヴェルディは1-0でアビスパが勝利して、昇格プレーオフ決勝は3位のグランパスと4位のアビスパの対戦となります。名古屋は引き分けでもJ1に進出ということで、こちらの試合は12月3日(日)午後4時にキックオフ。どちらが昇格するのか目が離せませんね!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 115 | 116 | 117 || Next»