ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

2020年“東京オリンピック世代”頑張ってます!(2017/5/22)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ヨーロッパサッカー、国内リーグ最終戦で日本人選手が次々とゴール! 】

第2位【 女子ゴルフ、上田桃子選手が3年ぶりのツアー優勝! 】

第1位【 サッカーU-20日本代表、予選グループ初戦・南アフリカ戦に2-1で勝利! 】


今日は、土曜日に韓国で開幕した「サッカーU-20ワールドカップ」に注目!
日本はグループDで、南アフリカ・ウルグアイ・イタリアと同じ組です。まずは昨日の初戦、南アフリカを2-1で破り、白星スタートを切りました。この試合について、中西さんの解説です。


まずは、なぜこの大会がこんなに注目されているかというと、今回、日本の代表が出場するのは10年ぶりなんです。それくらい予選を通過するのが難しい大会なんですね。しかも、今回のU-20というのは2020年の東京オリンピックに出場する世代だということで、そういった意味でも注目されています。


この大会は予選リーグの2位までに入れば、自動的に決勝トーナメントに進むことが出来るのですが、今回のグループDの中ではウルグアイとイタリアが強いので、昨日の南アフリカ戦は絶対に勝たなければならない試合だったんです。


この試合、番組でも再三ご紹介している久保建英選手は後半14分から出場し、ピッチに入っていきなりボールを受けてスルーパス、超決定機を演出しました。その後、後半27分にも決勝ゴールに貢献し、日本は2-1で勝利しました。


しかし、今回のU-20の選手はほとんどJリーグの試合に出ている選手ばかりなんですが、昨日は全然良くなかった!僕も見ていて「こんなハズじゃないのになぁ…」と思っていたんですが、やっぱり世界大会の初戦は難しい、ということを改めて感じましたね。彼らは本当に力のある世代なんですが、昨日の南アフリカ戦は緊張と相手の身体能力の高さに手こずっていたのだと思います。


このあと対戦するイタリアとウルグアイはかなり強いです。この2チームに勝つためには、当然ですが昨日の出来では話になりません!なので、ここで良い準備をして次の試合に備えて欲しいと思いますが、僕は昨日の「勝ち点3」は非常に大きいと思っていて、おそらく次のウルグアイかイタリアのどちらかに引き分ければ、3位で抜けられる可能性が高いと思っています。


ちなみに次の試合は今度の水曜日に行われます。ウルグアイ戦は5月24日午後8時キックオフ!若き日本代表の活躍に期待しましょう!!
今日は「サッカーU-20ワールドカップ」に注目しました。


宮里家のお兄ちゃん、ツアー2連勝!(2017/5/15)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ヤクルトスワローズ、史上初!シーズン2度目のサヨナラ満塁ホームランで勝利 】

第2位【 大相撲夏場所初日、稀勢の里敗れる! 】

第1位【 男子ゴルフ、宮里優作選手逆転優勝! 】


週末に行われた男子ゴルフ。今季最初の国内メジャー戦「日本プロ選手権 日清カップヌードル杯」は、宮里優作選手が逆転優勝を飾りました。宮里選手は4月末の中日クラウンズからツアー2連勝、通算5勝目で、国内三大大会はこれが初めての優勝です。
これまで“宮里藍選手のお兄ちゃん”という印象の強かった宮里優作選手について、中西さんはこうおっしゃっていました。


最初の頃は「なぜ優勝できないのか」なんて言われていましたけれど、一度優勝を経験してからは、優勝を積み重ねて5勝目まで来ましたね。本人もお父さんから「5勝したら一人前だ」と言われていたそうで、本当に良かったと話をしています。


先週「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で宮里藍選手と話をしたんですけれど、そのときに「優作選手の優勝おめでとうございます」という話をしたら、藍選手も「いやぁ、本当に嬉しいです!」とコメントしていて、本当にこの“宮里家”は家族のパワーがすごい家なんですよ。で、今回試合が行われたゴルフ場も、実家から40分ということで、その影響も大きかったのかなぁ、と思います。試合の前日も家族で一緒に食事をしたようですしね。


宮里優作選手は今シーズンも選手会長を務めていて、選手会長はプレー以外にもやらなければならないことがたくさんあって、なかなか大変なんですけれど、選手会長としては初めての2試合連続優勝を果たしたということで、これでまた一皮むけた部分もあるのではないでしょうか。本人も「応援が重荷にならなくなった。力に変えられるようになった。」とコメントしているんですが、これはどういうことかというと、皆さんは応援されるとそれを力に変えられるんじゃないかと思われるかもしれませんが、応援されることによって逆に力が入ってしまうこともあるわけですよ。宮里優作選手はそれがだんだん出来るようになってきたということで、本人も言っているように、これからより良いプレーを見せられるように意識していけば、もともと実力のある選手ですし、選手会長をやりながらもこれだけの成績を残せるということは、自分をフラットな状態に保つことが出来れば、より良い結果が残せるはずなんですよ。現在は男子のトップを独走していますから、今後も楽しみですね。


今日は、男子ゴルフ今季最初の国内メジャー戦「日本プロ選手権 日清カップヌードル杯」で逆転優勝を果たした、宮里優作選手に注目しました。


『ラグビーワールドカップ2019』まであと2年4ヶ月!(2017/5/8)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 ラグビー アジアチャンピオンシップで日本が優勝に王手! 】

第2位【 伊達公子 1年4ヶ月ぶりの公式戦復帰後、初勝利! 】

第1位【 プロ野球 阪神が今季最多の5連勝で首位をキープ! 】


2020年の東京オリンピック・パラリンピックに先んじて行われる国際的なスポーツのイベント、2019年9月20日の『ラグビーワールドカップ2019』開幕まで、あと2年4ヶ月あまりとなりました。
2015年にイングランドで行われたワールドカップでは、世界3位の南アフリカに勝利し、五郎丸選手の「ルーティン」という言葉やキック前のポーズも流行りましたよね。その日本代表、最近はどうしているのか?…アジアではその強さをみせています。


現在、ラグビーは『アジアチャンピオンシップ』が開催中。2008年にアジアの強豪5ヵ国によってスタートしたこの大会。日本代表は昨年までなんと9連覇中!一度も負けたことがありません。
今大会は、日本・香港・韓国の強豪3ヵ国のホーム&アウェイ総当たり戦で、勝ち点が最も多いチームが優勝となります。日本はこれまでホーム&アウェイの韓国戦と、おととい秩父宮で行われたホームの韓国戦を終え、全勝で首位。韓国と香港の試合状況にもよりますが、今週土曜日に行われるアウェイの香港戦に勝てば、10連覇がほぼ確定となります。


この代表を率いているのが、昨年9月に就任したジェイミー・ジョセフヘッドコーチ。ニュージーランド出身の47歳で、1995年から7年間にわたって日本でプレーした、日本をよく知る人物です。
前任のエディ・ジョーンズヘッドコーチは非常に厳しいコーチでしたが、ジョセフヘッドコーチは“熱いけど温厚”というイメージ。そんな中、今回のアジアチャンピオンシップ1戦目で、韓国に勝ったあとにも関わらず「魂のこもっていない選手は、今後代表に招集しない」という厳しい言葉を発しました。前回のワールドカップ経験者の多くはスーパーラグビーに出ているため、現在の代表は若手が主体。今後は若手とベテランの融合が課題となりますが、大きな刺激となったでしょう。


5月10日には京都で2019年ワールドカップのプール組分けがあります。どんな相手と対戦することになるのか気になるところですが、アジアでは最強の日本も世界ランクでは11位。ベスト10圏内にいる国にはなかなか勝てない状況です。そんな中、6月には世界16位のルーマニア、4位のアイルランドと試合を行います。どれだけ成長できたか、そして課題は何かを見極める重要なチャンスになりそうですね。


今日は、2019年に日本でのワールドカップ開催を控えている「ラグビー」に注目しました。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 105 | 106 | 107 || Next»