NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

今、仕事も家庭も自分磨きにアクティブな生き様を実践する女性達。そんな女性達がいつまでも輝く心と勇気を失わず、体も心も健康な毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを送るのが、このノエビア カラーオブライフ。「生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと」をテーマにした、トークや音楽、話題、情報などが満載です。

TOKYO FM

NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

唐橋ユミ

今、仕事も家庭も自分らしく、いきいきと生きる女性たち。いつまでも輝く心を失わず、心も体も充実した毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを伝えます。“生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと”をテーマにした、トークと音楽が満載のプログラムです。

Guest野宮真貴さん

野宮真貴さん

【2018年9月ご出演】

「ピチカート・ファイヴ」3代目ヴォーカリストとして90年代に活躍。
その90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを代表する
音楽・ファッションアイコン的存在となる。ピチカート・ファイヴ解散後は
ソロとして活動。2010年に「AMPP認定メディカル・フィトテラピスト(植物療法士)」
の資格を取得するなど、音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーの分野でも
ロールモデルとして活躍。その他、モデル、ナレーター、エッセイストなど
多方面でも才能を発揮している。今年10月31日には、最新作「野宮真貴、渋谷系を歌う」
初のベスト盤のリリースが決定。

野宮真貴 ピチカートファイヴの伝説

2018/10/13
今週も10月のマンスリーゲスト野宮真貴さんをお迎えしてお届けしました。

今回のテーマは野宮真貴さんの1990年代。野宮真貴さんが3代目のボーカルを
務めたピチカートファイヴはまさに1990年代の渋谷系を代表するグループです。
それは単なる音楽ということだけではなく、当時の渋谷を発信元とするファッションや
文化にも大きな影響を与えました。特に野宮真貴さんは「東洋のバービードール」と
呼ばれ、世界的なファッションリーダーとしても注目を集めていました。
まさに今でいう「クールジャパン」そのものだったピチカートファイヴですが、
音楽的には日本語の歌詞の世界を大事にした側面も持っていました。
日本語の持つ微妙なニュアンスで変わってくる言葉の世界、そのニュアンスに
こだわって曲が作られているため、実は聞いている以上に、歌いこなすのは
大変だったそうです。しかし、最新音楽が世界から集まるニューヨークのミューミュージック
セミナーでは大きな支持を受けて、世界的なツアーも敢行され、まさに
ピチカートヴァイブは東京発の最もおしゃれなバンドとして、90年代に君臨したのです。

合わせて野宮真貴さんはその多忙な中、結婚、出産を体験。ワールドツアーなどの間は
日本に帰れない日々が続き、その間にお子さんが見違えるように成長していたという
体験も何度もあったそうです。そんな野宮さんが多忙な中で心の支えにしていた思いが、
いつか息子さんが成人したら、2人でお寿司屋さんに行って、お寿司を食べながら
日本酒を一緒に飲むということ。ピチカートヴァイブは浮世離れした都会の物語が
歌としてが人気を集めていましたが、野宮真貴さんはそんな歌世界を演じながら
母として、女性として、地に足をつけた生き方を大事にされていたのですね。
きっとそんな野宮さんだから、私たちに艶やかで素敵な90年代の夢を見せてくれたの
でしょう。
  • この記事をツイートする

野宮真紀 歌手になりたかった少女

2018/10/06
今週からは4週にわたり野宮真貴さんのお話をお届けします。

野宮真紀さんは「ピチカート・ファイヴ」3代目ヴォーカリストとして活躍。
90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを代表する
音楽・ファッションアイコン的存在となります。
ピチカート・ファイヴ解散後はソロとして活動。音楽活動に加え、ファッションや
ヘルス&ビューティーの分野でもロールモデルとして活躍。その他、モデル、ナレーター、
エッセイストなど多方面でも才能を発揮されています。そして、今年10月31日には、
最新作「野宮真貴、渋谷系を歌う」初のベスト盤のリリースが決定しています。
今週は、幼い頃に何よりも歌手なりたかったというその音楽のルーツについてうかがいました。

野宮真紀さんの音楽を目指したルーツは2つあります。まず一つは、
お父様が買ってきたステレオで聞いた当時の洋楽サウンド。
「カーペンターズ」、「ミッシェルポルナレフ」、そして「セルジオメンデス」。
実は、この中でもセルジオメンデスは、その後の渋谷系のルーツとも言えるアーティスト
となります。野宮さんは幼くして、そんな洋楽体験をして、音楽に目覚めていったのです。
もう一つは、昭和ポップス歌謡。テレビで見た当時の若者向けの音楽番組や
ポップな歌謡曲に目覚め、野宮さんは歌手に憧れ、やがてアマチュア音楽活動を通して歌手を目指します。
いくつもグループを組んではプロを目指し、プロデビューを目指しますが叶わず、
実はOLとして働いていた時期もあるそうです。でも夢を諦めきれずに音楽の道を目指し、
ついに1981年にソロデビュー。ソロシンガーとして様々なグループと共演しながら
歌を続け、1988年からピチカートファイブにコーラスとして参加。
1990年にはついにピチカート・ファイヴの3代目ボーカルになり、2001年の
解散までまさに渋谷系の歌姫として歌い続けました。

ちなみにアマチュア音楽家活動を続けていた当時、グラムロック全盛期。
野宮さんもロックに憧れますが、自身の声がロックに向いてないことを感じ、
プロシンガーの夢を一度は諦めます。その後、テクノブームが起こり、音楽も
テクノミュージックの影響を感じさせるものが多くなり、野宮さんも
自分に向いた音楽があることを感じ、デビューが実現することになったのです。
音楽を愛すること、諦めないこと。この2つが野宮さんの心を支えた大切な
宝物になったのです。
  • この記事をツイートする
Page Top
|| 1 | 2 | 3 | 4 ||