NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

今、仕事も家庭も自分磨きにアクティブな生き様を実践する女性達。そんな女性達がいつまでも輝く心と勇気を失わず、体も心も健康な毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを送るのが、このノエビア カラーオブライフ。「生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと」をテーマにした、トークや音楽、話題、情報などが満載です。

TOKYO FM

NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

唐橋ユミ

今、仕事も家庭も自分らしく、いきいきと生きる女性たち。いつまでも輝く心を失わず、心も体も充実した毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを伝えます。“生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと”をテーマにした、トークと音楽が満載のプログラムです。

Guest鈴木保奈美さん

鈴木保奈美さん

1986年、TVドラマで女優としてデビュー。1991年に主演した『東京ラブストーリー』が空前の大ヒット。以後、数々のドラマ・映画に出演。1999年、出産を機に女優業は一旦休業、子育てと主婦業に専念。2011年、大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』、映画『のぼうの城』で本格復帰。週刊誌で2017年から連載しているエッセー『獅子座、A型、丙午』が単行本として出版されている。

自分の居場所を見つけるために

2021/02/20
女優・鈴木保奈美。
幼少期、学生時代とは?

「小さな頃の本読むのが好きで結構理屈っぽい子供だったかもしれないです。何でしょう一人で悶々と考えていたかもしれないですね。記憶力が良かったので国語とか歴史とかそういうものが得意だったんじゃないかな」

勉学に励んでいた少女が、
芸能界に興味を持ったのはいつ頃なのか?

「子供の頃からテレビ見てドラマとか歌番組とかやっぱり見るのは好きだったんです。朝のドラマ、連続ドラマがあったんですよね。そこで割となんか若い新人の女優さんがやっぱりヒロインになるみたいなパターンが、ずっと何年も続いてあの放送されてて、そこに憧れてましたね」

神奈川県内屈指の進学校から大学へ。
しかし、それは保奈美さんがイメージしているような
キャンパスライフではなかったという。

「大学の文芸学部に入りました。それは心理学に興味があってとにかく心理学がやれそうなところ、あとマスコミ学科というのもあって、なんとなく自分の興味に近いかなっていう。」

ただ、大学での勉強は自分のイメージしていたものではなかった。
ちょうどその頃に仕事も始めていたこともあり、
徐々にフェードアウトしていった。

高校時代に第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、
審査員特別賞を獲得していた鈴木保奈美。
イメージと違うキャンパスライフと別れを告げ、
本格的に女優の道へと進むことになりました。

「連続ドラマをやってる時はやっぱり、もう朝早いし夜遅いしてロケが多かったので結構、東京中はあっち行ったり、こっち行ったり常に移動して撮影して移動して撮影してという感じでした。365日ずっとっていうことではなかったので、わりとポカっと時間が空いて旅行に行ったりとかしてましたね」

鈴木保奈美にとっては20代とは?

「なりふり構わず、モノを知らずにただバカだったな~子供でした」
  • この記事をツイートする
Page Top
|| 1 | 2 | 3 | 4 ||