NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

今、仕事も家庭も自分磨きにアクティブな生き様を実践する女性達。そんな女性達がいつまでも輝く心と勇気を失わず、体も心も健康な毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを送るのが、このノエビア カラーオブライフ。「生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと」をテーマにした、トークや音楽、話題、情報などが満載です。

TOKYO FM

NOEVIR Color of Life

EVERY SAT / 09:00-09:30

唐橋ユミ

今、仕事も家庭も自分らしく、いきいきと生きる女性たち。いつまでも輝く心を失わず、心も体も充実した毎日を送るため、各界を代表して活躍する女性ゲストが自らの言葉でメッセージを伝えます。“生きること、輝くこと、そして人生を楽しむこと”をテーマにした、トークと音楽が満載のプログラムです。

Guest由紀さおりさん

由紀さおりさん

幼少期よりひばり児童合唱団に所属。1969年『夜明けのスキャット』でデビューし、国民的ヒット歌手となる。1983年には映画『家族ゲーム』で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。1986年より姉、安田祥子との童謡コンサートで活躍。2011年には米ジャズオーケストラ「Pink Martini」とのコラボレーションアルバム『1969』を五十数か国でリリース、世界的ヒットに。「美しい日本の歌を次世代に歌い継ぎたい」という思いのもと、姉、安田祥子と活動を続ける。2012年紫綬褒章受章。

やりたいこと。やりたいと思う気持ち。

2021/07/24
17歳でソロデビュー、
しかし、うまくいかない日々が続いていた。
その中、舞い込んできた深夜番組のテーマソングの依頼。

「いずみ先生から深夜放送の夜のバラードという番組のテーマ曲なんだけど歌ってくれないかなって言われて、歌ったのが歌手のないワンコーラス部分のあれが番組のテーマ曲でした。当時深夜放送は花盛りでそこで私もそういう番組のテーマ曲を歌っしてもらうことになりました」

そのオープンんぐこそが
再デビュー曲となる「夜明けのスキャット」だった。
芸名「由紀さおり」としてのスタートである。

「名前変えて誰が歌ってるかわかんないが名前にしようよって、いずみ先生をおっしゃって、先生は色が白いから雪のような白いからゆきっていうのはどうかって?そうしたら、うちの母親が雪は溶けてなくなるから、この業界に向いてませんってクレームをつけて、さおりはうちの母の着物の着付けの先生を始めたばかりだったんですけど、しゃにおるって夏の着物の、しゃってのあるじゃない?で、紹介される1時間ぐらい前に名前が決まりました」

そして、この曲で紅白歌合戦に出場することになるのであった。

「人生はやっぱり出会いだと思いますね。それは自分から求めて行って出会えるものと、ま自然発生的に自分の仕事の延長線上にそういう出会いがあったり、やっぱりやりたいこと、やりたいと思う気持ちは自分にあってそこに進んでいくと自然に出会えるような気がします。自分から求めていくってこともすごく大事だし、求めて行ったその先にそういう仕事があってそこにかかってる人がまた何かを、私に来を引き合わせてくれるって言う。そういうことはずっと繋がって今に至っているのかなと思いますね」
  • この記事をツイートする

気づいてもらうことが前に進む秘訣

2021/07/17
由紀さおりと音楽の出会いは
引っ越しという転機で訪れた。

「仕事関係で横浜に移り住んだときに近くの幼稚園でひばり児童合唱団がお稽古していたんですね。姉は合唱団に入ったんですけども私はそれに連れられて小さくて一人で留守番ができなかったから母親が私の手を引いて姉のお稽古に通ってたんだけども、アピール力が私にすごくあったら帰ってくると母親の前で一生懸命、姉がお稽古していた歌を歌っていたんですね。だったら入ったらどう?ということで入団したんです」

ひばり児童合唱団で歌の世界に魅せられた
幼きころの由紀さおり。
高校生になる頃には歌い手として大きな分岐点を迎えた。

「NHKの歌のおねえさんに合格しまして、そこの音楽監督ってか音楽の担当してらした越部信義方がCM ソングをたくさんお作りになってらしたんですねそれで CM をやってみないかっていうお誘いを受けてもう中学3年生ぐらいでしたかしらね学校の制服を着てそのまま放課後、部活を辞めてスタジオに行くというような生活がそれから300曲から400曲ぐらいは歌ってたと思うの」

高校は洗足学園に進学。
1965年に本名・安田章子の名前でデビューした。

「全然だめでもう悲惨でしたねもうあの挫折はちょっとない大人の仕事ってこんなに厳しくて切ないもんだっていうことは本当にどん底に突き落とされた感じでしたね」

そんな中でも由紀さおりは
コマーシャルソングは歌い続けた。
この地道な活動がのちに実を結ぶことになるのであった。
  • この記事をツイートする
Page Top
|| 1 | 2 | 3 | 4 ||