プロジェクト概要

太古の昔より、森は動物や植物などたくさんの命を育み、田畑や海、川にたくさんのミネラルをもたらし、地域と暮らしを守ってきました。 東日本震災では津波でコンクリート堤防や松林がことごとく破壊される中、その森や、昔からその地方に根差す、深く地面深くに根を張った潜在自然植生の木々たちは、津波の勢いを和らげました。 関東大震災や阪神大震災では、大火により建物が燃える被害を食い止め、防災林として大きな役割を果たしました。 この「鎮守の森」をモデルとした森をできるだけ多くつくることは、災害の多いこの国に生きていく私たちが、後世に伝え残さなくてはならない貴重な知恵であり、自然と共生していく教訓でもあります。 番組「いのちの森〜voice of forest~」では、「鎮守の森のプロジェクト」が行う活動をはじめ、日本のみならず世界各地の森を守る活動を行う人や団体にスポットをあて、森の大切さについて考えていきます。

番組では長年「鎮守の森のプロジェクト」による
東北沿岸部の植樹活動をリポートしてきましたが、今回の主役はその「苗木」です。
わたしたちがこれまで植えてきたたくさんの苗木たち。
その多くは、どこで育てられたのかと言うと、実は、九州・大分県なんです。
ということで今回は、鎮守の森のプロジェクト・植樹リーダーで
林学博士・西野文貴さんのもう一つの拠点、
大分県の「グリーンエルム」という会社にお邪魔して、
苗木たちはどう育てられているのか、その様子を見させてもらってきました。



===========
高橋:今日は鎮守の森のプロジェクト、我々も何度も植樹で伺っていますが、植樹をする苗のどんぐりの里親を尋ねるということで、大分に来ています。鎮守の森のプロジェクトの植樹といえばこの方です、西野先生よろしくお願いします。いま目の前に広がっている景色がすごくて、小さい苗木がありますがここはどこですか



西野:ここは今までまりえさんたちが東北で
鎮守の森のプロジェクトで植樹をしてきた苗木たちの、
東北で取った種をいま大分で育てて、
いわゆる里親制度をしているようなもので、
それをずっと植樹の時に送っていた場所なんです


高橋:そしてここは西野さんが勤めている会社!

西野:ついに、やっと来てくれました。
ありがとうございます。目の前に低木、
オオバイボタという縁の下の力持ちになる樹木、
将来3メーターくらいになる木なんですが、
東北で取った種が育っているのがあるので
ちょっと見てもらいたいと思います。




高橋:このオオバイボタは40センチから50センチくらい。びっしり根っこが生えてますね。

西野:ポットの大きさは10.5センチくらいの高さ、
幅になるんですけど、そこに白い根っこがびっしりで、
ほぼ9割終わっているくらいのイメージなんですけど、
この根っこをどれくらい増やしてあげるかが、
植樹の鍵を握っているんですね。
僕の親父、社長が30年前から宮脇先生の森を作ろう、
応援しようと興した会社なんですけど、
なのでこのぎっしりした根っこを作る技術を持っているんですね。


高橋:根っこを育てるのに大事なことはありますか?

西野:あります。まず基本的には、
農業や家庭菜園も一緒なんですが、土壌の三層構造というのが
すごく重要になってきます。
土壌は全部で3つの相「固相、液相、気相」があって、
固体の土の部分、液体の通る未知の部分、
空気の入る未知の部分3つで構成されているんですね。
そして重要なのが、割合「4: 3: 3」。
マニアックなんだけど農業も一緒です。
なので最近家庭菜園をしていてうまくいかない、
この植物を育てると土が固くなると思ったら、
4:3:3を目標に土を作っていくとバッチリできます。
そしてこの土壌の3層構造は地層のようになっているわけではなくて、
団粒構造、土の中って大中小、いろいろな大きさの土があるんですね、
これがバラバラになっていることが育てやすい土なんです。
この4対3対3の割合にしているところ団粒構造が、
きれいな大中小が粒が揃っているイメージなんですね。
例えば同じ土しか使わない、
黒土だけですよとなると粒の大きさが全部一緒になりますよね。
そうすると雨が降ったりするとどんどん押し固まって隙間がなくなる。
隙間は何なのかというと気相がなくなる。
気相がなくなると水も通らなくなるということで、
植物は空気が来なくて生育不良になってしまう。
じゃあ自然界はどうなっているのという話ですよね。
実は森の中にはその団粒構造を作る生き物がいます。
それがミミズ!です。
彼らがやっぱりそういうふうにしてくれているから
森は常に健全で歩くとふかふか。
今日はその秘密についても触れていきたいなと。




高橋:西野先生これは?


1メートルくらいありますね。
植樹の時にこれはいつも植えている樹種で、どんぐりを付けるアカガシ。
これは将来大きくなると30メートルくらい。
東北だとゆっくり育つので20メートルくらいです。
大きくあると材が赤いんですね。なのでアカガシ。
使われている用途としては木刀とか、
硬い材なのでそういうのに使われたりします。
で、先ほどオオバイボタの根っこを見てもらったとき
白い根っこがびっしりしていましたよね。
このどんぐりの仲間はポットを外して中を見ると
太い根っこがあるのわかりますか。


高橋:ちょっと茶色の太い根っこ。さっきのは細かい網目状になっていましたけど?

西野:そうなんです。
どんぐりの仲間は主根と言う、主役の根っこがあって
それが地面の奥深くまで入っていくんですね。
それを深根性、直根性があるという言い方をするんですけど、
そうすることでこの大地を支えて倒れないようになるんですね。
ドイツなんかでは「地上の森、地下の森」というくらい、
地上が成長すれば地下もその分 成長すると。
これだけ根っこがしっかりして生き生きしていれば、
どんな場所に植えても枯れる確率は少なくなります。
やっぱり植物は根っこが命です。
宮脇先生もずっとそうおっしゃっていましたね。
それで今日、周りを見ると植物がすごくありますよね。
ここだけで何万ポットがあるんですね。
ここが微妙に斜めになっていますよね。
なぜ傾斜があるかというと、水がはける。
やっぱり水ってそこにずっと停滞してしまうと、
ばい菌が繁殖したりあまり良くないんですよね。
なので若干、2〜3度だけ傾斜をつけて水はけを良くしているんですね。
それで、秘密があって、地面と育てているポット苗の間に・・・


高橋:直おきじゃないですね?

高橋:ちょっと茶色の太い根っこ。さっきのは細かい網目状になっていましたけど?

西野:そうなんです。10センチから15センチぐらい
開けているんですね。これは「空気根切り」と言うんですが、
もし地上に直置きしちゃうと地球と繋がっちゃうんですよ、
ポット内の穴が開いているところから。
一般的なユズリハとかアカガシは、空気があるところに
根っこを出さないんですね。なので地上とつながらないように
10センチ15センチ浮かせる、
「空気で根切りをする」ことで空気根切りと呼びます。
全国で苗木を育てている方々はやっぱり出荷するとき、
植樹祭にもっていくときに地球とつながっているとこれを切っちゃうんですよね。
ブチブチっと抜いちゃう。そうするとこの根っこは枯れやすくなったりしますし、
やっぱり自然にできる根っこと違ってちょっと切れたりするので、
自然樹形と異なってくるという感じなんですよね。


高橋:だからおうちでやる時もちょっと地面との間を開けることが大事?

西野:そうなんです。
ただそうするとちょっと手間が1つ増えます。
それは何かというと水やりの頻度。
直おきしていると地面が湿っている時が長いので
水やりする頻度が少なくなるんですが、
空気根切りをしているとこれ以上水が入らないので、
ちょっと頻度が多くなるんですね。 



鎮守の森のプロジェクトで植樹してきたポット苗の「里親」、
大分県にあるグリーンエルムからのレポートお伝えしました。


「グリーンエルム」

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Spinning World / Perfume
・花になる / 奥田民生



相模湾に突き出た半島の町・神奈川県 真鶴町。
その半島の先端に広がっているのが、地元の方に「お林」と呼ばれる大きな森です。



このあたりは、もともと火山の溶岩でできた土地なんですが、
そこに人々が木を植え、そして自然の力で森が更新を重ねることで
数十メートルの巨木が生い茂る、東京ドーム30個分の森になったのだと言います。



そして、この森は、真鶴で暮らす人たちにとって、
昔からずっと、心の拠り所でした。
それはなぜなのか?
ガイドの山陽軒さんは森に鎮座する、小さな神社に案内してくれました。




山:山の神社。いつからあるのか定かではない。
ただこの山、森全体を守ってくれているところでもあり、
海を守る神様でもある。真鶴町はもともと漁師町。
漁業関係者が山の神社にお参りする。
山を登ってきて、海に出る漁に出るときは航海の安全を祈ってから
行くという習慣があった。


高橋:海の近くの神社ではなく山の神様に?

山:なんでかというと真鶴では海と山の森は一体。
魚つき保安林になっていて、
山があるおかげで森があるおかげで魚がやってくる、漁業で身を立てられる。
木陰を作る。松は海の方海の方に崖に生える。
日が下にプランクトンが寄ってくる。お林は雨がたくさん降る。
この森だけ降ることアアル。降水量がかなりある。
屋久島みたいな雰囲気。降水量もある。川はないので地面に雨が染み込む。
真鶴半島全体が溶岩の安山岩で細かい切れ目があり、そこに染み込む。
それが海の底から湧いて出る。
ミネラルをいっぱい含んだ淡水がでることでプランクトンが集まり、
魚が黒潮に乗ってやってくる。




高橋:山と海がつながっているという意識が強いんですね

山:昔の人が分かっていたかはさだかじゃないが、
そういう生活の知恵が合った。
山の自然を守ることで海の方策が期待できるという。
いまも漁業関係者あ山を手入れしたり、松を植えたりしてます。
森自体が神様。お参りしましょう




高橋:森の養分が、海へ流れ、豊かな漁場を作る・・・というのは
この番組で何度もお伝えしてきたお話ですが、
真鶴の人たちも昔からそれに気づいて、森を守ってきたということなんですね。

さあ、こんな感じで真鶴の「お林」散策を終えた我々一行。
すっかり喉も渇きました。
ということで、真鶴の港にほど近い、地元の方が「集う場所」へ向かいました。




高橋:山崎さんありがとうございました、
乾杯しましょう。お疲れさまでした。連れてきていただいたこちらは?



山:草柳商店という酒屋。真鶴の安らぎの場として集う。
しげさんです。


高橋:真鶴のお林、ここちがよくて木々も立派で魅了されたが、地元の方にとってどういう存在なんでしょうか?

しげさん:お林は漁業にとって重要なものと考えられている。
「お」がつくということで神様がいらっしゃるところでもあり、
いのちの森というか、東京の近くにこんな森があるということで、
それが素晴らしいと真鶴町に移住した方も大勢いる。
人を引きつける魅力があるのかな。
お林がなければ心臓がないようなもの。我々の生命の源のような場所。
子供の頃は今以上に真っ暗で、
木が生い茂っていて昼に行っても鬱蒼としていた。
どこか怖い感じがした。夜はそれこそ真っ暗。
異次元の世界に迷い込んじゃったような怖さがあるので遊ぶことはなかった。
が、海岸に行けないので、暗くなる前に逃げるように帰ってきた。
海岸はお林を通らないと。
だから子どもたちは帰りは暗くなっちゃうと怖い場所という印象。
夜は怖すぎる。夕方も暗がりが怖い。
お林に入る入口に山の神様のお社がある。
あそこに挨拶してから入るような、
子供心に文化的なことを親や祖父から教わった気がする。



お林があることで森への畏敬の念が自然と身についているのかも知れない。
真鶴育ちの人はみんなそうかも知れない。
以前は森の駐車場でイベントをやった。
お参りもしてお祓いも出演者スタッフでやったが、
そのあと音楽イベントだったので
大きな音を出してしまって野鳥がいなくなってしまった。
鳥の守る会から苦情を頂いて反省して、大きな音を出してはいけないと。
若気の至り。先生みたいですね。そんな木が。
なにしろ3デイズでお祭り騒ぎ。
一年鳥がいなくなった。
いまは鳥も戻ってきて野鳥の会の皆さんも報告しているようです。



お話をしてくださったのは、しげちゃんこと、
真鶴の観光協会副会長、草柳さん。
町の仕掛け人としていろんな企画を展開している方で
真鶴の「お林」についても、地元の方として色々教えてくれました。



【今週の番組内でのオンエア曲】
・I Ain't Worried/ OneRepublic
・風をあつめて / はっぴぃえんど

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 262 | 263 | 264 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFN募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。

アーカイブ

  • 鎮守の森のプロジェクト
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP