今回も先週に引き続き、東京のど真ん中・皇居に隣接する、千鳥ヶ淵、北の丸公園、皇居を取り巻くお堀の自然を観察するツアーのレポート・後編です。
今回参加したのは、「千鳥ヶ淵の自然再生ガイダンスツアー」。

平成25年に環境省が、環境を再生するプランを立ち上げ、その一環として行われているもの。
千鳥ヶ淵周辺の環境再生の取り組み、貴重な植物、皇居周辺ならではの歴史・・・様々なことを学んで楽しむツアーです。
千鳥ヶ淵をはじめとした、皇居まわりの「水辺」には、専門家も驚くほど、本当に多彩な生き物がいるんです!
プレック研究所 村田和彦さんがガイドしれくれました。

大官庁通りというところに来ています。向こう側が千鳥ヶ淵の南側の辺りになります。春になると桜がきれいなところで、ボートを浮かべてみなさんご覧になったりとかそういった場所になります。
この辺のお堀、皇居の外苑のお堀というのは400年以上前に、江戸幕府が開かれてその頃にほぼこの形が完成したんですけれども、自然的な地形を利用しつつ人工的に作ったものです。
お堀にはいろいろな生物がいるんですけれども、希少な生物なんかもおりましてジュズカケハゼですとか場所によってはヘイケボタルもいます。在来のものと思われるホタルが住んでいます。非常に数は少ないです。
あと古い石垣のところですけれどもそういったところの一部なんかで隙間があるところにヒカリゴケという希少な苔がありまして、普通は高山ですとか北日本ですとかそういったところにあるものなんですけれども、何故かここの石垣にもあって、これは天然記念物になっています。


お話に出てきた「ジュズカケハゼ」というのはハゼの仲間の淡水魚。絶滅の危機にある生きものとされています。
そしてヘイケボタルとヒカリゴケ!目の前を首都高速が走る場所に、まさかと思う人も多いかも。でもちゃんといるんですねえ・・・。
ちなみにヘイケボタルは本来、田んぼなどにいるホタル。それがなぜかお堀に生息しているんです。発生する時期もほかの場所のヘイケボタルとは違うとおっしゃっていました。
なぜ、お堀にいるのか。なぜ発生時期が違うのかは、まだはっきりとは分かっていないそうです。
そして一行は千鳥ヶ淵と、日本武道館を挟んだ反対側にあるお堀へ向かいます。

この牛ヶ淵という堀はこの外苑の堀の外の周りの堀の中で一番生物が豊かになります。夏ですと蓮の花が綺麗です。たくさん咲きます。ただどんどん増えちゃってまして、水面の結構な部分を覆ってしまっておりまして、この他に5〜6月から夏場にかけてヒシという葉っぱが水の上に浮くタイプのものが一面に覆ってしまいます。ヒシとか蓮とかは浮葉植物といって水面を覆ってしまいますので、一面を覆っちゃうと太陽が水の中に入らず、水草みたいなものは生きていけなくなってしまうんですね。なので浮葉ばっかりで見た目的に緑になってもそれがベストかっていうとそういうわけではないんです。環境省さんの方である程度取って管理できるようにしています。
植物が多いのは悪いことだけではなくて、それに付随して色んな昆虫なども多いので、魚ですとかトンボなどの種類も牛ヶ淵が一番多いです。植物もミクリですとか貴重な植物も水辺のちょっと浅いところに生えてますので、そういう意味では貴重な場所でもあります。ベニイトトンボですとかジュズカケハゼといった貴重種も住んでます。あとここにはヘイケボタルが住んでおりまして数は非常に少ないんですけど、そういった貴重なものがいます。
この堀だけの話ではないんですけれども、外来の生物、ウシガエルですとかザリガニですとかブラックバスとかいるん外来魚とかは取ったんですよね。なので今ここにブラックバスとかそういったものはいません。ただウシガエルとかアメリカザリガニはいてですね、まあウシガエルは他の生き物食べちゃったりして悪さをするんですけれども、実はアメリカザリガニも植物とか水生植物とかも食べてしまうのですが、小さいので色々な隙間に入ってしまうので取れないんですね。なのでまだたくさんいます。ウシガエルは一時頑張って取って非常に減ったんですけど、またちょっと増えてしまっているので今年確か駆除を行っています。
牛ヶ淵についてはそういうホタルを守るような動きですとか、水生植物の色んな種類が生えるようにということで浅瀬を作ってます。
で、トンボですとかが住みやすくしたり、鯉もそんなに肉食ではないですけど結構底をほじって植物とか取ってしまいますので、特に牛ヶ淵なんかは放されていたものが数がすごく多くてですね、ちょっとあまり多くなりすぎると色々他の希少な生き物なんかには悪い影響もあるということが言われています。
(プレック研究所 箕輪隆一さん)北の丸公園の中の管理で手を入れてそれによって生物多様性っていうのが維持されているってお話しをしましたが、ここも同じように、そのままにしておきますと蓮が一面を覆って、その隙間をヒシが占めるという形で二種類になってしまう。でもそれを部分的に切除することによってガマとかフトモそれからミクリのようなものが生えています。
お堀の水は繋がっていますよって言いましたが、皇居の中にはミクリの大群落があります。それの一部が浮遊してこちらのほうにきています。前は千鳥ヶ淵側にもいたそうなんですが、千鳥ヶ淵側の方は残念ながらもう今は途絶えてしまっていて、千鳥ヶ淵からこちら側に種が落ちてきてこの淵のところでまた育っているというようなことで繋がっていくというようなことになっています。


ヘイケボタルがいるってすごい!
牛ヶ淵の周りでは、ホタルが活動しやすいように近隣の協力を得て、お堀の周りの「明るさ」を抑える取り組みも進めているそう。
ホタルってきれいな水じゃないと住めないと言われます。皇居外苑のお堀の水は、かつては玉川上水から供給していましたが、新宿の淀橋浄水場の廃止とともに、現在は「雨水」に頼っているんだそうです。そこで、環境省が浄化施設を設置。今はお堀の水はくみ上げて浄化、またお堀に戻すという循環になっているんだそうです。

今回のお話はポッドキャストでも詳しくご紹介しています。ぜひこちらもお聞きください!

【今週の番組内でのオンエア曲】
・Touch Me / 元気ロケッツ
・The Party Line / Belle And Sebastian

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP