今週は前回の続き、宮城県気仙沼市のNPO法人『森は海の恋人』の理事長で牡蠣漁師の畠山重篤さんによる、トークイベントの模様をお届けします。

「森は海の恋人」は、森を育てることが、豊かな海を育てることにつながるという考えのもと、植林活動や、子どもたちへの環境教育に取り組んでいます。また、東日本大震災後は、震災によって大きく変化した地元、舞根湾の生物、生態系の調査も行っています。
こうした活動の、新たな拠点として4月に完成したのが『舞根 森里海研究所』。
そのオープニングイベントとして、森は海の恋人・理事長の畠山重篤さんと、元NHKアナウンサー住吉美紀さんによるトークセッションが行われました。
先週は「舞根 森里海研究所」のお話や、体験学習のお話をうかがいましたが、ほかにも興味深い話がたくさんあったんです。
その一つが、気仙沼の牡蠣漁師と、あの世界的ファッションブランドの震災後に生まれた「ツナガリ」のお話です。


◆森は海の恋人 トークセッション〜ルイヴィトンとのつながり
畠山:我々は長靴に合羽という世界なのでファッションとはかけ離れているわけです。ですので、支援したいという話があった当初は怪しいと思ったんです(笑)ルイ・ヴィトンはフランスの貴族の会社だと思っていたんですが、歴史を調べてみると全然違う。ヴィトンという名前はドイツ語系のフランス語で、「石頭」という意味なんだそうです。頑固な職人のイメージですね。
彼が生まれた場所は生活が厳しいところで、初代ルイは13才で母親を亡くし、継母にいじめられたりなど、いろいろ大変だったようですが、やがて家を出て、パリへ丁稚奉公へいったんです。
当時のフランスは女性の服を仕立てると、白木の木箱に入れて届けるので、木箱を作る職人が大事だったんですが、ルイは実家が製材所でした。ですので木をよく知っていて、あっというまに木箱づくりのマイスターとなり独立しました。そして旅行ブームがやってきてトランクの需要がでてきた。
当時のトランクは雨漏りがしないように斜めにつくってありました。しかし、斜めだと重ねられないですよね?ルイはそこを平にして、なおかつ水が入らないようにし、これが成功しました。つまり、ルイ・ヴィトンは元々、森の木に接点のある会社で、今でも山を持っているんですね。
さらに調べると、フランスは50年前にウィルス性の病気で牡蠣が全滅したんですが、それを助けたのが宮城の牡蠣。フランス人がいま食べている牡蠣は宮城の牡蠣の末えいです。
住吉:それをルイヴィトンが知っていた?
畠山:いや、ルイヴィトンの経営者は全員牡蠣好きだったわけです(笑)。それで、美味しい牡蠣を作るには山に木を植えるという、私たちの活動を面白いと思って、支援を受けることになったんです。
住吉:こちらにもルイ・ヴィトンの方々が何度か来たそうですが?
畠山:ええ、いらっしゃいましたよ。支援した後、どうなっているかを見に来ました。5代目当主のパトリックさん、この方は職人で石頭。スペシャルオーダーという世界のセレブが注文した自分だけのトランクとかバッグを作っている責任者で職人なんですが、彼はポケットにいつもナイフを持っていて、いかだの上で牡蠣を自分であけて食べてました。「トレビアン」って言って喜んでくれていましたよ。カモメたちも聞き慣れないフランス語を聴いて変な声で鳴いていました(笑)
私たちは今、ひとりひとりでは仕事を復活できないということで、グループを作っています。舞根地区の牡蠣漁師たちはほとんど家を流されて仮設住宅にいるんですが、その方々に手伝ってもらっています。みんな1年間よく働いてくれたので、ルイヴィトンのネッカチーフを購入してみんなにプレゼントしていました。そして、ルイ・ヴィトンのCEOがやってきたときに、みんなの首にルイヴィトンのネッカチーフをまいてもらい、通訳を通して「働くものにこそルイヴィトンは似合う」と伝えました。そうしたらCEOが泣いていました!そして「支援を2年間延長する」となったんです。
ルイ・ヴィトンは150年前、貧しい製材所の息子から頑張ってきた会社です。今までは、ルイ・ヴィトンなんてチャラチャラしていると思っていたんですが、見方が変わりました。あれは堂々と持って良いものですよ(笑)



こうしてルイ・ヴィトンによる支援で気仙沼舞根湾は牡蠣養殖再生へ向け大きく前進しました。
5代目当主パトリック・ルイ・ヴィトンさんのお話がありましたが、自分でナイフを使って牡蠣を開けて食べてしまうって、なんか驚きですよね。フランスの方はきれいなレストランでムール貝なんかを白ワインで食べるなんて、そんなイメージがありますが、とても親しみやすい方なんですね。
また、フランスの牡蠣は宮城の牡蠣の子孫というのも、すごく縁を感じます。ヴィトンも牡蠣漁師さんも、同じように仕事にひたむきなものづくりの人たちなんですよね。畠山さんの最後のお話にもありましたが、歴史のお話を知ると、ブランドに対する見方も変わりますよね。

今回のお話はポットキャストでも詳しくご紹介しています。
こちらもぜひお聞きください!


【今週の番組内でのオンエア曲】
・Tonight the Night / BONNIE PINK
・Headlight / Monkey Majik

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP