今週からはみなさんに、北海道の、夏の自然を一緒に感じてもらいたいと思います。
取材してきたのは、北海道東部 阿寒国立公園にあるオンネトー湖という湖で行われたモーラナイフアドベンチャー in Japanというアウトドアイベントです。

このモーラナイフ。スウェーデン生まれのアウトドアナイフです。アウトドアの様々なシーンで使えて、火起こしもできちゃう・・・というもので、以前番組でも紹介しました。
そんなモーラナイフによるアウトドアイベントが、モーラナイフアドベンチャー。
日本初開催の会場となった、このオンネトー湖は森に囲まれた周囲2.5キロの湖です。湖面はとても静かで、オンネトーブルーと呼ばれる独特の青なんです。時間帯や季節でその色を変化させるそうで、とても美しいんです。雌阿寒岳、阿寒富士の麓にあるので、お天気の良い日には2つの山が湖面にきれいに映る姿もみることができるんです。


そんなオンネトー湖のほとりから、モーラナイフアドベンチャーはスタート。
イベントを運営するアウトドアショップ「UPIアウトドア鎌倉」の寒川さんの案内で、我々参加者一行は、湖畔の森へと入っていきました・・・。


モーラナイフアドベンチャーという、日本ではじめてやるイベントなんですが、実は先月、スウェーデンでは第二回目が行われて。、僕も参加しました。たとえば地図とコンパスを見て森の中を歩いたりとか、森を楽しみながらナイフを学んでいくというもので、本国は4日間だったのですが、ここ北海道では3日間です。スウェーデンからもアンバサダーといわれる、木工ナイフの達人であったり、ブッシュクラフトの神様のような人たちが、いま日本に続々といらっしゃっていて、そして今回は日本からも、北海道出身の長野修平さんという方がアンバサダーとして、アイヌの木工を教えてくれることになっています。 
会場となるキャンプ場はオンネトー湖のいちばん奥にあるんですが、今日これからはオンネトー湖の周りをトレッキングして、どんな湖なのかまず知っていただきたいと思います。そして、そこから先はいろんなテクニックを学んでください。(寒川一さん)



キャンプ場はちょうど対岸。こ30分くらいかかります!


北海道の植生はトドマツとエゾマツがほとんどなんですよね。


ところどころ朽ちた木道が


湖に大きな倒木が水に浸かっていて、オブジェみたい!


オンネトー湖の色はミルクがかったターコイズグリーンというか、翡翠みたいな色ですね。きれい!


橋を渡って到着!

まさに冒頭からアドベンチャー!
湖畔の森の道を歩きまして、オンネトー湖畔の、国営キャンプ場に到着した私たちは、この場所で、様々な体験をすることになるんですが、参加者が本当にいろんな場所から来ていてビックリ。およそ50人の参加者は、日本全国、そして台湾、タイなどアジアの方もいらっしゃいました。
さらにモーラナイフの公認アンバサダーとして、スウェーデンの木工作家の方、アメリカのアウトドアの達人、日本のネイチャークラフト作家の方も参加しました。
まずは色んな参加者の声、聞いてみました。


これはポール部分をスティールではなく木にかえちゃったんです。3本まとめてあったのは、三脚状にして、焚き火の上で鍋を下げたりするんです。
〜何のお仕事をされているんですか?
木工とか革細工をやっています。東京から来ました。時々UPI鎌倉のお店でナイフの鞘を革で作るワークショップをやったりとかしてます。



〜タープがあってその中にハンモックが置いてあるんですね。
これはジャングル用のハンモックで、雨が降って地面が濡れると冷えたりするんですけれども、空中で浮かせて下にマットを敷いてるんで、暖かいんです。雨で地面が悪い時には良いんですね。普通の大きいテントなんかと比べると、荷物にならないのでリュックサックでどこでも行けるんです。ハンモックで泊まるというのは結構流行ってるんですよ。



〜後に大きくてかわいい丸いテントを立ててらっしゃって、手際が良いですね。しかも女性だけ!
もともと山登りをやっているので、山の中に泊まったりしてます。
〜これからの三日間、大自然の中で何が1番楽しみですか?
ワークショップがすごく充実しているので、ナイフでいろんなものを作ったりとか、火を起こしたりとかもちょっと楽しみです。普段はライターを使いますが、多分このイベントはそうじゃないやり方でやると思うので、そういうのを勉強したいなと思います。


そして今回、ワークショップでいろんなことを教えてくれるアンバサダーの方々です


「デイブ・カンターベリーです、ここにこられてうれしいです。教えること、皆さんから学べることもとても喜んでいます。」


「スウェーデン北部からやってきましたヨゲ・スンクヴィストです。皆さんと一緒に明日はバターナイフを作ろうと思いますので一緒に楽しみましょう。」


そして、日本人のアンバサダー長野修平さん

「日本は刃物の種類がいっぱいあるんですけれどもモーラのウッドカービングを使うことで木工の幅がすごく広がる、魔法のようなナイフなんですね。その世界観を皆さんにぜひ伝えられたらなと思っています。私は北海道の山菜料理店に生まれて、昔から北海道の森を歩いてきました。アイヌという北海道の先住民族の流れもぜひ入れたものを、明日皆さんにウッドカービングで体験していただけたらと思っています。よろしくお願いします。」

今回の模様はポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください!
来週も引き続きモーラナイフアドベンチャー in Japanの模様をお届けします!

モーラナイフアドベンチャー in Japan facebookページ
https://www.facebook.com/moraknivadventureinjapan/

【今週の番組内でのオンエア曲】
・GOOD TIME MUSIC / クラムボン
・Big Yellow Taxi / Joni Mitchell

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP