今週も、東京北西部・奥多摩の森にある「香りの道 登計トレイルコース」を、奥多摩森林セラピーアシスターの中里與志江さんにガイドしていただきながら歩きます。
こちらは東京ではじめて森林セラピー基地に認定された森で、森林セラピーに適した道・森林セラピーロードが5つ、整備されています。今回、案内していただいているのもその中のひとつです。およそ1.3kmのコースで、緩やかな山道が続き、景色の移り変わりも楽しめるとても素敵な森の道です!



〜このさらさら〜という木々の音がすごく心地よくて、なんだか眠くなってきますね。
 眠くなるというのはセラピー効果が出ているということです。ここに来たときは交感神経が高ぶっている人でも、中に入ると副交感神経が優位に立って、血圧が下がったり、心拍数が下がったりします。
 ここはとても良いところなので、奥多摩式森林呼吸法をご紹介します。本来は水のある所とか開けているところでするのですが、このルートですとここがいちばん開けているので、ここでやりたいと思います。まず足を自然に開いていただいて、雑念を払って、手をおへそのある所のちょっと下の丹田に当てます。そして7秒で息を吸って、5秒とめていただいて、体内にフィトンチッドを吸い込んだものを巡らせます。そして10秒で口から息を吐く。ゆっくり出さないと息が切れちゃいます。そして、鳥のさえずりを聞いていただいたり、森の香りを感じていただいたりします。こはほとんど杉の林で、たくさんフィトンチッドが出る場所です。良い空気を吸ってください。



〜苔がありますね。
今は乾燥していますが、雨が降ったり水分が加わるとしっとりとして、もっと真っ青になります。シラガゴケという名前です。今は白っぽいですが、水分が溜まるともうちょっと青くなります。これはシロダモです。いい香りでしょう?植物は春に向かって香りを強くするのですが、これは常緑のものなので冬でも香りがします。


案内してくれた奥多摩森林セラピーアシスターの中里與志江さんは、ほかにも「クロモジ」という木の枝を用意してくれていました。これは高級和菓子を食べるときの楊枝に使われる枝で、ハッカのような香りがします。そんな奥多摩の森林セラピーロード、ほかにも色々あるようです。


 奥多摩には5つの道がありまして、今日ご案内したのはその1つ、「香りの道 登計トレイル」です。夏にオススメは「川苔谷、百尋ノ滝探勝路」ですね。渓谷沿いを歩くコースもあります。奥多摩は94%が森林ですが、森の中を歩くというのを日常の中にちょっと取り入れていただけるとストレスも解消されると思います。

コースの途中には第二ステーションという建物がって、あたたかいお茶をいただきました。中には暖炉があってとても素敵な建物です!


今回のお話、いかがだったでしょうか。ご興味を持たれた方はぜひサイトをチェックしてみてください!
https://www.okutama-therapy.com/

【今週の番組内でのオンエア曲】
・君の街まで / ASIAN KUNG-FU GENERATION
・Won't Go Home Without You / Maroon 5

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP