練馬インターチェンジ から長岡ジャンクションへ至る関越自動車道。
その下り、東松山IC付近の路面に緑色の実線が引かれています。

関越道を走行中に「この緑の線は何?」と思った経験がある方もいるでしょうか。
これは「車線キープグリーンライン」と名付けられたもの。

今回はNEXCO東日本関東支社 渋滞予報士
石垣 博将さんにお話を伺い、その設置目的をお伝えしました。





車線キープグリーンラインは2021年 7月に初めて設置されました。
場所は関越自動車道下り 東松山ICの本線合流部から約4kmの区間。
上の写真がそう。いちばん左側の走行車線の左右に引かれています。
また、本線だけでなく東松山ICの流入ランプにもあり、それが以下のイラスト。
ラインの設置目的を利用者に理解してもらうため
左車線キープのメッセージ表示もあり周知徹底を図っているのがわかります。





車線キープグリーンラインの目的は2つ。


キープレフトの促進による渋滞予防

混雑時のドライバーは少しでも早く進もうと追い越し車線を利用しがち。
でも、実は渋滞の多くは追い越し車線から発生しています。
それは車が追い越し車線に集中してしてしまうから。
また、下り坂から上り坂に勾配が変化する地点を「サグ」と言いますが
サグや上り坂は無意識にクルマの速度が低下して渋滞が発生しやすくなります。
車線キープグリーンラインが設置された東松山ICあとは長い上り坂。
そこでキープレフト心がけて渋滞を緩和しようという狙いです。


インターから流入する車の逆送対策

こちらはICのランプから車線キープグリーンラインに沿って走行してもらうことで
本線への交流も自然と正しい方向で合流できるので逆走対策に繋がるという狙いです。





「車線キープグリーンライン」がなくても無闇な追越車線の走行は避けましょう。
また、NEXCO東日本では上り坂の速度低下だから注意地点ですという標識や
ここはサグで渋滞が発生ポイントですよとドライバーに知らせる標識等を設置しています。
見かけた時には速度の回復を心がけましょう。

ドライバーの些細な自分勝手な運転が積み重なって大きな渋滞が発生することもあります。
ひとりひとりが注意したいですね。

新年を迎えて1週間が経ちました。
2022年も安全運転で事故を起こさないように気をつけましょう。
今年最初の「なるほど!交通安全」は、
“もしも”の時に備えて車に積んでおくアイテムを
自動車ライター 工藤貴宏さんにお話をお聞きして伝えました。





車に乗っている時に地震、火山の噴火、土砂崩れ、大雪などの災害や
何かしらの事故に巻き込まれることも考えられます。
工藤さんが挙げてくださった3つのマストアイテムは
懐中電灯・窓を割るハンマー・三角表示板。

トンネルに閉じ込められた時や、
夜間や暗いところで身動きが取れなくなった時のための懐中電灯。
視界を確保したり、灯りで安心感を得ることが出来ます。
LEDを使ったタイプが明るさと電池の消費を考えるとおすすめ。





大雨が多発する昨今、
車から脱出しなければいけない事態も考えられます。
そんな時に必要なのがウィンドウを割るハンマー。
シートベルトカッター付きがいいかもしれません。





三角表示板は組み立てると一片が40センチぐらいの
車の後ろに置いて車が止まっていることを後続車に伝えるためのもの。
後ろから衝突されるのを防ぎ、夜はライトを反射します。
車に積んでおく義務はありませんが、高速道路で路肩に緊急停車する時には
三角表示板を使わないと違反になるので車に載せておくべきものです。





そして、できれば車内に準備しておいたほうが良いものが4つ。
電池式発煙筒・ブースターケーブル・牽引ロープ・消火器です。

発煙筒はどの車にも積んであると思いますが、標準装備のものは持続時間が短い。
電池式を用意しておけば、長い時間、危険を伝えることができます。

ブースターケーブルはバッテリーが上がった時に
他の車から電気を分けてもらい、エンジンを再びかけることができます。
JAFのロードサービス出動理由の4割がバッテリーが上がったこと。
そうした面倒と無駄な出費を避けられます。

牽引ロープは雪道などで動けなくなった時に車で牽引する時のため。
自分が助ける側でも、助けてもらう側でも使うことができます。
特に雪道を走る時には用意しておきたいところ。

消化器は車から火が出たときに使います。
実は年間1500件ぐらいの車の火事が起きています。





そして、今の季節は雪への備えも考えましょう。
例えば積雪や吹雪で車を動かすことが出来なくなった時のための体を温める毛布。
緊急救命の現場でも使われているエマージェンシーブランケットが工藤さんのおすすめ。
薄く、小さく、畳めるアルミ製がコンパクトで車に積んでおくのに良いということです。
また長時間、車内に閉じ込めらた時のための飲料水・保存が効く食料があると安心です。
根本的なところでは、心配なのが立ち往生したときに燃料切れ。
エンジンが止まるとヒーターも使えなくなるので燃料切れは避けたい。
特に降雪地域にお住まいの方はできるだけ燃料を満タンにしておきましょう。





万が一、幹線道路や高速道路で事故の当事者になってしまった場合、
まず、考えなければいけないのが自分の安全確保。
車を止めてエンジンを切り、車から降りる時は後続車をしっかり注意すること。
その上で後ろから衝突されないように表示版や発煙筒で事故と停車をアピールします。
路肩に止まっている車には常に後ろから衝突される危険があることを念頭において下さい。
それから怪我人がいれば救護と警察や消防への連絡。
高速道路で助けを待つ間はフェンスを越えて道路の外で待っているようにしましょう。
後続車に追突される二次災害を防ぐためです。





いちどクルマに載せている緊急グッズを確認しつつ、
足りないモノがあれば買い足すようにして下さい。
日頃の準備を怠らず、“もしも”の時は落ち着いて行動しましょう。
2022年のカーライフも、ご安全に!

今日は令和3年最後の日。
明日から始まる新しい1年も安全運転を心がけましょう。
年内最後の「なるほど!交通安全」は、
令和4年の交通安全スローガンをお伝えしました





令和4年で56回を数える「交通安全スローガン」は、
全日本交通安全協会と毎日新聞社の主催です。
3つの部門で公募を行ない、受賞作品の発表は11月の終わり。
内閣総理大臣賞を受賞したスローガンはポスターなどとして使われます。

今回は入賞作品のうち各部門の内閣総理大臣賞を紹介しつつ
出品者のスローガンに込めた思いをインタビュー素材でお伝えしました。





運転者や同乗者に呼びかける「一般部門A」。
内閣総理大臣賞を獲得したのは宮崎県 延岡市の会社員 椎屋 祐一さん。

手を上げる 子どもはあなたを 信じてる 

椎屋 祐一さんの職場の近くには小学校があり
通勤途中で信号のない横断歩道を渡ろうとしている小学生がいても
止まろうとしないドライバーも結構いるの見かけるそうです。
子どもたちに横断歩道を渡ってもらっても大きく遅れるわけでは無いので
常に運転する際は余裕を持って出発して心にゆとりある運転を心がけほしい。
そんな思いを込めてスローガンをつくったそうです。

到着時間に大差ないこともありますが
信号がない横断歩道に歩行者がいるのに一時停止しないことは道路交通法違反。
現在では運転マナーの問題ではなくなっていることを知っておいて下さい。

ちなみにこの問題についてはJAFが2016年に調査をスタート。
最初の年は一時停止をしたクルマの割合は全国平均で7.6 %!という衝撃的なものでした。
そこから認知度が広がり、一時停止率は上がっています。
とはいっても、10月に発表された最新版でも30.6%といまだ10台中7台。
日本人は諸外国の人々と比べてマナーが良いと自認している感がありますが
それは本当なのか?疑問に思ってしまうような数字です。
 




続いて、歩行者・自転車利用者に呼びかける「一般部門B」。
内閣総理大臣賞の受賞者は大阪府高槻市 横尾 伸子さん。

スマホじゃない 見るのは前でしょ 周りでしょ 

交番清掃のボランティアを6年やっているという横尾 伸子さん。
交番の前は車の通りが多い道路なのだそうですが
ドライバーも歩行者も「ながらスマホ」の率がとても多いとか。
子供どもにぶつかりそうな自転車のながらスマホも見かけたことがあり、
何とかして無くしたいと思って、このスローガンを作成しました。
また、お巡りさんから「ながらスマホ」が原因の事故が多いとも聞いていて
「ながらスマホ」がなくなることを願っています。





最後は子どもたちに交通安全を呼びかける「こども部門」。
この部門の応募資格は中学生以下です。
内閣総理大臣賞の受賞は、神奈川県横浜市の小学校2年生 杉山心咲さん。

とうげこう よそみ おしゃべり きけんがいっぱい 


杉山心咲さんが利用する通学路は道路が狭いのに多くの車が早いスピードで通るそう。
そのため、よそ見をしたり、おしゃべりをしながら歩くと危ないと思い
同じような通学路を使っている子どもたちへ注意を呼びかけようと作ったのがこのスローガン。
道を歩く時には車に注意して、安全を確認しながら歩いて欲しいですが、
目で確認するだけではなく、車の音にも注意してくださいと話してくれました。





子どもたちが交通安全スローガンを考えると
それ自体が自分のふだんの行動を見つめ直すきっかけになります。
子どもがいる家庭では家族の交通安全スローガンを考えてみてはいかがでしょう。

さあ、明日からの令和4年も安全運転でいきましょう。
このコーナーでは引き続き、みなさんに役立つ、交通安全の話題を発信していきます。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 117 | 118 | 119 || Next»