今週のテーマは「運転はネガティブな感情に影響される」。
コメントは広島大学大学院 人間社会科学研究科 経済学プログラム
教授 角谷快彦さんでした。





クルマを運転する方は、イライラや怒りといった感情が
安全運転を阻害すると感覚と経験から思っているのではないでしょうか。
しかし、これまで科学的にそのことは証明されていませんでした。
最近になって角谷教授の調査・研究で証明されたのです。

研究チームは、つばめ交通株式会社、
TDK株式会社、NECなどの協力を得て調査を実施しました。

つばめ交通のドライバーから無作為で15名を抽出し、
TDK開発の生体センサーを装着してもらって心拍の揺らぎを計測。
その心拍の揺らぎにNEC開発の特殊なアルゴリズムを当てて、
感情・怒り・悲しみ・リラックス・幸福といった感情を読みとります。
そして、15日間にわたってその感情と勤務中の運転記録とを擦り合わせて分析。
その際、年齢・学歴・年収・婚姻状況など社会経済変数をコントロールしました。





その結果、明らかになったのが5つのこと。

<1> 
怒りと悲しみの感情はスピード超過のリスクを上げる

 
<2>
ニュートラルな感情はスピード抑制に寄与する


<3>
幸福感やリラックスなどの感情はスピードに影響しない


<4>
乗客を乗せて走る時間の長さや売り上げの大きさは走行スピードが増す要因になる


→ この点については、売り上げが大きい、つまり乗客を乗せて走る時間が長いほど
  乗客を目的地まで早く送りたいという気持ちから
走行スピードが増す時間が多くなる可能性がありそうです

<5>
個人収入、世帯資産の大きさ、勤務時間の長さはスピード減の要因になる。


→ この点については、経済的に余裕があると気持ち的にも余裕が生まれる
  ということが考えられるかと思います。
  そして、勤務時間が長いとゆとりを持って運転しようとする意識が強く働くのかもしれません。
  反対に短時間で稼ごうと思えば緊張が高まりイライラしやすくなるかもしれません。





角谷教授からのアドバイスは、運転してる最中に急に悲しみの感情が湧いてきたり
イライラの感情が湧いてきた場合は、可能であれば車を路肩に止めて深呼吸すること。
また同乗者が深呼吸しよう、リラックスしようと声をかける。
それだけで、かなり速度超過のリスクを減らすことができるし、
安全運転につながる可能性が高いと考えているそうです。

調査対象がタクシー運転手の方たちなので、
勤務時間の長短や売り上げなど、プロに関する部分もありましたが、
一般のドライバーは、ネガティブな感情の部分、
怒り、イライラ、悲しみ、悩み、考え事がある時は、
運転、気をつけてください。





今週のテーマは「運転はネガティブな感情に影響される」。
コメントは広島大学大学院 人間社会科学研究科 経済学プログラム
教授 角谷快彦さんでした。





クルマを運転する方は、イライラや怒りといった感情が
安全運転を阻害すると感覚と経験から思っていることだと思います。
でも、これまで科学的には証明されていませんでした。
このたび角谷教授の調査・研究で証明されたのです。

研究チームは、つばめ交通株式会社、
TDK株式会社、NECなどの協力を得て調査を実施しました。

つばめ交通のドライバーから無作為で15名を抽出し、
TDK開発の生体センサーを装着してもらって心拍の揺らぎを計測。
その心拍の揺らぎにNEC開発の特殊なアルゴリズムを当てて、
感情・怒り・悲しみ・リラックス・幸福といった感情を読みとり
15日間にわたって勤務中の運転記録と合わせて分析しました。
その際、年齢・学歴・年収・婚姻状況など
社会経済変数をコントロールした上で実施したそうです。





その結果、明らかになったのが5つのこと。

<1> 
怒りと悲しみの感情はスピード超過のリスクを上げる

 
<2>
ニュートラルな感情はスピード抑制に寄与する


<3>
幸福感やリラックスなどの感情はスピードに影響しない


<4>
乗客を乗せて走る時間の長さや売り上げの大きさは走行スピードが増す要因になる


→ この点については、売り上げが大きい、つまり乗客を乗せて走る時間が長いほど
  乗客を目的地まで早く送りたいという気持ちから
走行スピードが増す時間が多くなる可能性がありそうです

<5>
個人収入、世帯資産の大きさ、勤務時間の長さはスピード減の要因になる。


→ この点については、経済的に余裕があると気持ち的にも余裕が生まれる
  ということが考えられるかと思います。
  そして、勤務時間が長いとゆとりを持って運転しようとする意識が強く働くのかもしれません。
  反対に短時間で稼ごうと思えば緊張が高まりイライラしやすくなるかもしれません。





角谷教授からのアドバイスは、運転してる最中に急に悲しみの感情が湧いてきたり
イライラの感情が湧いてきた場合は、可能であれば車を路肩に止めて深呼吸すること。
また同乗者が深呼吸しよう、リラックスしようと声をかける。
それだけで、かなり速度超過のリスクを減らすことができるし、
安全運転につながる可能性が高いと考えているそうです。

調査対象がタクシー運転手の方たちなので、
勤務時間の長短や売り上げなど、プロに関する部分もありましたが、
一般のドライバーは、ネガティブな感情の部分、
怒り、イライラ、悲しみ、悩み、考え事がある時は、
運転、気をつけてください。





子どもたちは夏休みに入りました。
アミューズメント施設へ遊びに…大型ショッピングモールへ買い物に…
クルマで出掛ける家族が増えます。
昨日から4連休に入りましたから、今日もそうでしょう。
すると、どうしても起こりがちなのが、駐車場の「入場待ち渋滞」。





JAF 東京支部 事業課 交通環境係 栗原悠羽さんによると
入場待ち渋滞によって車の列が伸びている場合
渋滞の列の間から車両や歩行者が出てきて接触事故が起こることがあります。

複数車線ある道路で入場待ち渋滞で並ぶ車の列と平行した別の車線を走っている時、
あるいは、入場待ち渋滞の対向車線を走っている時、
渋滞の間から車や歩行者が出てくる可能性を考えましょう。

渋滞で隠れたところに駐車場や道路があるかもしれません。
これは自動車だけではなくオートバイに乗っている時も同じ
ともに、スピードは出さず「いざ」という時に停まれるように





また、入場待ちの車の列から渋滞に並ぶのはもうやめようと
進路変更したクルマと後ろからきたクルマが衝突することもあります。
入場待ち渋滞が起こっている車線の隣を走っている時、
急に車線を変更するクルマがあることを頭に入れておきましょう

さらに1車線の道路で入場待ち渋滞を追い越すため
対向車線にはみ出して追い越しをすると対向車とぶつかる危険性もあります。
対向車線を走っている時は気をつけて下さい。





これまでの話は、入場待ち渋滞が起こっている近くを通行するドライバーにとっての注意点。
入場待ち渋滞に並んでいるドライバーは、どんなことに気をつけるべきか。

施設に入場するための渋滞の後ろに付く場合、
十分に車間距離を空けてゆっくりと後ろにつくことが重要です。
車間距離を詰めてしまうと先の状況が見えにくくなってしまうので
しっかり車間距離を空けて先を読んだ運転をしましょう。

渋滞が伸びて列に並ぶのをやめて道路に出て行く時は
しっかり後方を確認をしてから本線に入ることが大切です。
慌てて進路変更すると後ろから走ってきた車と接触したり
後ろから来た2輪車等と衝突する危険があります。

それから長い時間、渋滞にはまっていると、
退屈を紛らわせるためや、子どもたちを飽きさせないため、
家族の会話が盛り上がることもあるでしょう。
そんな時にブレーキとアクセルを踏み間違えないようにしましょう。





駐車場入場時の渋滞。
渋滞に並んでいる時は、スピードを出して走っているわけではないからと、
漫然とせず、安全に注意を払い、駐車するまでハンドルを握って下さい。
渋滞の近くや後方を走行している時は、危険予測をお忘れなく。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 110 | 111 | 112 || Next»