ドライバーのみなさん。
信号のない横断歩道で、歩行者が待っている時、停車していますか?





信号のない横断歩道。
歩行者が待っているにも関わらず、停車しな。
それは道路交通法違反にあたる運転行為です。
   
それなのに、信号のない横断歩道を渡ろうとした時、
「クルマが、無理矢理、目の前を横切って危険な思いをした」
「クラクションを鳴らされた」
「停車したけれど、ドライバーに嫌な顔をされた」      
という経験をしたことがある人は少なくないと思います。





ドライバーには歩行者が安全に横断歩道を渡れるよう保護する義務があります。
道路交通法 第38条に、こう定められています。

 (盥埃圓陵無を確認できなければ、
  横断歩道の停止位置で止まれる速度で進行する

◆_C任靴茲Δ箸靴討い襦
  あるいは横断中の歩行者や自転車がいるときは 必ず一時停止をする

 横断歩道内、およびその手前30mは追い越しや追い抜きが禁止


横断歩道を渡りたい歩行者がいる場合、
ドライバーが横断歩道の手前でクルマを停止するのは義務。
違反者には反則金や違反点数が科せられます。

今まではこの行為が道路交通法違反になるという認識が、
多くのドライバーになかったのかもしれません。
       
取り締まりしにくい運転行為。
たいてい見逃されていたことも原因の1つでしょう。

でも、この「信号機のない横断歩道においての
歩行者優先等違反」は、今後取り締まりが厳しくなりそうです。





1つは、この「なるほど!交通安全」では、
2月の放送で本人のコメントを紹介した新聞への投書。
来日20年を超える、名古屋在住のイギリス人大学准教授が、
いかに日本人は信号のない横断歩道でクルマを一時停止しないかを指摘。
横断歩道で危険な思いをしたことがある人が多かったからでしょう、
この投書には賛同する意見が多く寄せられて話題になりました。

2つめは10月25日に発表されたJAFによる調査結果の発表です。
各都道府県2箇所、全国94の信号機が設置されていない横断歩道で、
通行する車両の調査を行いました。
それによると、歩行者が渡ろうとしている場面で、
一時停止した車は11,098台中、わずか948台、一時停止率8.6%。
前年から0.1%しか増加していませんでした。

ちなみに、一時停止率が高い都道府県ベストイ蓮

^漫…耕邯 59%  位 静岡県 39%
0漫\仞邯 27%  ぐ漫‥膾県 27%  
グ漫…纂荼 26%


一時停止率が低い都道府県ワーストイ蓮
       
グ漫ヾ阜県 2.2% ぐ漫‥豕都・岐阜県 2.1% /
0漫]族了蓋・三重県 1.4%
位 広島県 1.0%  ^漫‘別攜 0.9%。
       

栃木県では100台のうち1台も停まっていない!


こうした背景があるからでしょう。
警察庁は10月『「歩行者優先」意識の高い訪日外国人観光客の安全を守るため
「信号機のない横断歩道における歩行者優先等を徹底するための広報啓発・
指導の強化について」という通達を47都道府県警察本部長宛に発しました。

11月に、警視庁、千葉県警、神奈川県警は、
オリンピック会場に繋がる一般道で、
「歩行者優先」のキャンペーンを展開しました。
他の警察でも、取り組み始めたところが、あることでしょう。
       
歩行者妨害で検挙された場合、基礎点数2点の原点。
普通車で反則金9,000円です。

ただ、取り締まれられないようにということではなく、
歩行者を優先するドライバーのマナーとして、
きちんと一時停止をしたいものです。
その心がけが交通事故撲滅に繋がります


あさって土曜日から12月。
車に乗る方は、冬の装備、しましたか?
思わぬ地域に大雪が降る昨今。
「もしも」のために愛車にも冬支度しましょう。





去年のこの時期「クルマと冬の装備」について
あるアンケート結果が発表されました。

それによると・・・
「クルマに冬の装備をしますか?」という問いに対して、
対象者7,405人のうち約80%が「はい」と答えています。
その理由は「万が一の備え」が6割以上でした。
「いいえ」は約20%。

では、どんな「冬の装備」をしているのか?
このアンケートを見てみるとパーセンテージは四捨五入で

<1位> スタッドレスタイヤへの履き替え 53%
   
<2位> チェーン の用意 22%

<3位> スコップや毛布 の用意  12%

<4位> 凍結防止剤の用意  9%

<5位> ブースターケーブル の用意 8%

<6位> 牽引ロープの用意  4%
     




車にまつわる「冬の装備」をきちんとしたとして、
もう1点、大切なのが、出発前の点検です。
  
     
<バッテリー>
        
低温になると性能が低下すします。
ガソリンスタンドで液量や比重、電圧の点検をする。
必要であればバッテリー液を補充しましょう。


<エンジンオイル>
        
オイル量、汚れ具合を確認。
低温ではオイルが固まりやすくなります。
粘度も確認して、必要であれば、補充や交換を行う。

       
<ウインドウォッシャー液>

冬の道路は視界が悪くなりやすく、
ウォッシャーを使う機会も増えます。
凍りにくい、不凍生のウォッシャー液を入れましょう。
液を補充する時は、原液に近い状態で補充。

       
<冷却液>
        
冷却液は、濃度が薄いと低温下で凍結して、
ラジエーターの破損するおそれがあります。
適性量の点検はもちろん、
濃度が薄くなっていたら液を交換しておく。

       
<ワイパーブレード>
        
ワイパーはブレードが劣化していると
汚れや雪をしっかり落とせません。
劣化していないか確認しましょう。 
できれば凍結に強いウェインターブレードに交換する。

もうすぐ年末・年始。
冬の休暇で遠出をする前に
愛車の冬装備をきちんと行いましょう!





交通事故を防ぐためには、過去に起こった事故例を集め、
分析し、原因を探り、解決方法を考え、何らかの施策を行うことが大切です。
しかし、起こってしまった事故だけではなく、
誰かが「危ない!」と感じた事例も、事故の防止に役立つでしょう。

先月、西宮市にある兵庫県警甲子園署が、小学校の協力を得て、
交通事故の危険性が高い場所を記した「ヒヤリ・ハッとマップ」を作成。
家庭へ配布しました。





きっかけは小学生が犠牲者となった死亡事故の発生。
もともと管内の子供が負傷者となった交通事故は少数。
ある程度の情報数がないと、物事の原因・理由は分析はできません。
そこで市の教育委員会を通して学校に協力を依頼。
西宮市立鳴尾小学校が手を上げて地図づくりが始まりました。





まずは全児童370人にアンケート調査を実施。
最初の質問は「危険を感じたことがあるか?」 

これに対して高学年では197名のうち、
4割にあたる79人がYESと答えました。

その児童たちには、もう少し詳しく、
アンケート上で「危険」について聞きます。

*「時間帯」
* 交差点・歩道・車道といった「場所」
* 自転車・歩行といった小学生の「状態」
* 車・自転車といった危ないと思った「相手」
* 遊戯中・買い物・登校中・下校中といった「行動形態」 など

その上で、鳴尾小学校校区の地図に、
「危険」に遭遇した場所に印をつけてもらいました。

低学年は「危険を感じたことがある」子供に
その先の詳しいアンケートは行わず、
地図上に「危険」に遭った場所の印だけをつけてもらいました。

さらに校区内で起こった重傷事故・軽傷事故の情報を付加。
それらをまとめて完成したのが「ヒヤリ・ハッとマップ」です。





危ないポイントが、地図上で可視化されると
交通事故の危険がリアリティを持って感じられます。
        
お父さん、お母さんが地図を見れば、
子どもに注意を促す気持ちが強くなるでしょう。
注意すべき場所がわかり、アドバイスもしやすいはず。

子どもも高学年なら地図を見れば
どの場所に気をつけるべきかわかるはず。
親子で「ヒヤリハッと地図」を見ながら会話もできます。

今回の地図には、特に危険な箇所と注意点も書かれています。
地図を持って親子で行ってみれば、より交通安全に役立つでしょう。

子どもが感じた「危ない」シーン。
その時は、運良く事故が起こらなかっただけで、
環境条件の何かが違えば事故になったのかもしれません。
大人が気づかない「危険」がある可能性は否めません。

こうした大人と子どもの協力で作られる「ヒヤリ・ハッと地図」。
全国でたくさん作られるといいですね。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 63 | 64 | 65 || Next»