11月13日O.A.〜J-POP Memories〜「サーフ天国 スキー天国」松任谷由実

この曲は、映画『私をスキーに連れてって』の主題歌です。
  
毎月2週目は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories」。
今週は、芸術の秋に、日本の恋愛映画の印象的な主題歌を
特集していきます。
 
お届けした楽曲は 松任谷由実「サーフ天国 スキー天国」
    
映画『私をスキーに連れてって』は、1987年の作品。
ホイチョイ・プロダクション原作、原田知世さん、三上博史さん主演。
クリスマス・イヴのゲレンデで出会った男女の恋の軌跡を
ハートフルに綴る恋愛物語です。
スキーはプロ級ですが、都会では冴えないサラリーマンの青年が、
恋に仕事に目覚め、自立していく姿を描きます。
 
当時は、バブル時期とスキーブームが重なって、
都心から近いスキー場は大混雑でした。
さらにこの映画が大ヒットし、スキーブームに拍車をかけました。
 
この映画『私をスキーに連れてって』で印象的に使われたのが、
松任谷由実さんの「恋人はサンタクロース」と、この「サーフ天国 スキー天国」。
こちらは、映画のために書き下ろしたものではなく、
1980年にリリースされたアルバム『サーフ&スノー』に収録された楽曲でした。
常に時代を先取りしてきたユーミンらしいエピソードです。
     
80年代の映画ということで、車の中で聴く音楽はカセットテープだったり、
スキー場に、スノーボーダーなんて全くいなかったり、
女の子が教える電話番号は固定電話だったり…
そんな時代の空気も楽しめるのが80年代だったかもしれません。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

11月13日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.11.13

«Prev || 1 || Next»