11月15日O.A.〜J-POP Memories〜「ラストシーン」いきものがかり

この曲は、映画『四月は君の嘘』の主題歌です。
  
毎月2週目は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories」。
今週は、芸術の秋に、日本の恋愛映画の印象的な主題歌を
特集していきます。
 
お届けした楽曲は いきものがかり「ラストシーン」
    
映画『四月は君の嘘』は、2016年の作品。
原作は、新川直司さんの漫画で、広瀬すずさん、山崎賢人さん主演。
 
母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった天才ピアニストの少年と、
自由奔放に生きつつも、病気と闘うバイオリニストの少女が、
互いの才能を認め合い成長していく姿を切ない恋模様を交えて描く感動作。
 
この曲は、映画のために書き下ろした1曲ということで、
『四月は君の嘘』という作品の世界観によるヒントを受けながら、
更に、大切な人を失ったり、別れてしまわなければならなかったり、
そういう人の場面を何となくイメージしながら書いていったという1曲。

その先を生きなきゃいけない人達がたくさんいると気づいて、
そういう人に寄り添う曲というあり方もあるんだなという思いから
生まれたという切なくも優しいメッセージソングです。
 
活動を休止中だった、いきものがかりが今月、活動再開を宣言。
昨日、発表された年末の風物詩「紅白歌合戦」への出場も決定しました。
またたくさんの名曲が生まれることを期待せずにはいられませんね。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

11月15日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.11.15

«Prev || 1 || Next»