4月30日O.A.「ギブス」椎名林檎

平成から令話へと移り変わる今週は、
「音楽から辿る平成から令和」をテーマに
音楽・映画ジャーナリストの宇野維正さんがセレクト!

お届けした楽曲は 椎名林檎「ギブス」



【宇野維正さんのコメント】

平成から令和へと移り変わる今週は、音楽から辿る平成から令和というテーマで僕、宇野維正がセレクトしています。
いよいよ平成最後となる今日セレクトしたのは椎名林檎の「ギブス」。
昨日Mr.Childrenを紹介しまたが、もうひとつJ-POPの非常に大きな流れとして、女性シンガーというのが活躍した時代でした。
その中でもやっぱり平成時代を生き抜いてきたというある種の迫力をもって思い浮かぶのは椎名林檎さん。
平成における歌謡曲のありかたみたいなものを彼女は常に探っていった。
またそのある種総決算として言えるのが、もう令和になっていますが、来年の東京オリンピックで音楽監督をされるわけですけども…。
で、平成のJ-POPを振り返ると椎名林檎さんに限らず、他のアーティストもだんだん洋楽からの影響が薄れてきた、そういうような捉え方ができると思います。
ミスチルとか椎名林檎とかに影響をダイレクトに受けて、邦楽から影響を受けた邦楽というものがだんだん主流を占めてきたのが平成のJ-POPと言えるのではないでしょうか。




こちらは2000年、平成12年の作品です。
    
確かに平成を通じて、この椎名林檎をはじめ、
宇多田ヒカル、安室奈美恵、aiko、最近では、あいみょんなど
女性シンガーが活躍した時代とも言えるかもしれませんね!


そして、「Song of Life」では現在、「新時代!頑張るぞ宣言&リクエストソング」を募集中!
応募フォームからお寄せください。
ご紹介した方には「番組特製JBLスピーカー」をプレゼントします。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月30日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.04.30

4月29日O.A.「Innocent World」Mr.Children

平成から令話へと移り変わる今週は、
「音楽から辿る平成から令和」をテーマに
音楽・映画ジャーナリストの宇野維正さんがセレクト!

お届けした楽曲は Mr.Children「Innocent World 」



【宇野維正さんのコメント】

平成から令和へと移り変わる今週は、音楽から辿る平成から令和というテーマで僕、宇野維正がセレクトしています。
まずは、Mr.Childrenの「イノセント・ワールド」。
この曲はリリースされたのは1994年、平成6年です。
まさに平成というのはJ-POPの時代。その中でミスチルの楽曲というのは、
平成という時代を通じて、日本人全体と言ってもいいと思うんですが、
「内向きになっていった」、ミスチルっぽい言葉でいうと「自分探しをするようになっていった」、
そういう時代を象徴するようなバンドだと自分は思ってます。
で、平成を通じて若いバンドが次々と出てきた、そんな大きな源流のひとつにも、Mr.Childrenというバンドはなっていると思います。
まだ日本が非常に好景気でCDもめちゃくちゃ売れていて、そんな中で「自分探し」をしていた、
イノセント・ワールド=無邪気な世界がまだ日本にあったという、いま振り返るとそんな気持ちもします。




平成の初期に、このMr.Childrenをはじめ、
いろんなバンドが登場し、人気を集め、その流れでまた
若いバンドが登場。いま世界的な音楽シーンをみても、
これだけバンドミュージックが盛んな国はなかなか無く、
そんな特徴的な流れを作ったのが平成時代だったと言えます。


そして、「Song of Life」では現在、「新時代!頑張るぞ宣言&リクエストソング」を募集中!
応募フォームからお寄せください。
ご紹介した方には「番組特製JBLスピーカー」をプレゼントします。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月29日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.04.29

4月26日O.A.〜Lyrical Melody〜「Desafinado」Nara Leão

この曲は、ボサノヴァ界を代表する歌手のひとり、
ナラ・レオンが1971年にリリースした名盤
『美しきボサノヴァのミューズ』からの1曲です。

今週は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今回は、春にも心地いいボサノヴァの名曲を特集します!

お届けした楽曲は Nara Leão「Desafinado」

この曲は、ボサノヴァのスタンダードナンバーのひとつで、
ボサノヴァの生みの親、アントニオ・カルロス・ジョビンが
作曲しました。「ディサフィナード」とは、「音痴」や
「音をはずす」という意味があります。

12歳の頃からギターを習い始めたというナラ・レオンは
音楽を通じてたくさんの友達と出会い、
ひとつの説には、このナラ・レオンの家にギターを持った
若者のミュージシャンが集まるようになって、
そこでボサノヴァが誕生したとも言われています。

音楽センスはもちろん、とても美人で魅力的なナラ・レオンは
ボサノヴァを語る上で、外せない存在です。 


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月26日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2019.04.26

4月25日O.A.〜Lyrical Melody〜「あの日にかえりたい」荒井由実

この曲は、1975年にリリースされたシングルで、
秋吉久美子さんが主演したドラマ『家庭の秘密』の主題歌となり、
オリコンチャートで1位を獲得。60万枚を超えるセールスを記録しました。

今週は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今回は、春にも心地いいボサノヴァの名曲を特集します!

お届けした楽曲は 荒井由実「あの日にかえりたい」

もとも学生時代に組んだユニットでボサボヴァを演奏していた
というユーミンが、デビューしてから「本格的なボサノヴァ」を
作りたいと思い、この曲が完成したとか。
    
のちに旦那様となる、松任谷正隆さん、
そして、細野晴臣さん、鈴木茂さんらティン・パン・アレーの演奏に、
ハイファイセットの山本潤子さんのコーラス。
当時、21歳という若さで、このメンバーを従え、
ボサノヴァがもつ「郷愁」を見事に表現しています。 


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月25日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.04.25

4月24日O.A.〜Lyrical Melody〜「Fool On The Hill」Sergio Mendes & Brasil’66

この曲は、セルジオ・メンデスが1968年にリリースした
アルバム『フール・オン・ザ・ヒル』からのタイトルナンバーで
ご存知、ビートルズのカバーです。

今週は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。
今回は、春にも心地いいボサノヴァの名曲を特集します!

お届けした楽曲は セルジオ・メンデス&ブラジル66「Fool On The Hill」

アントニオ・カルロス・ジョビンがボサノヴァの生みの親なら、
このセルジオ・メンデスは、そのボサノヴァを世界中に広めた
アーティストの代表です。
  
ボサノヴァ音楽に魅せられたセルジオ・メンデスは、
そのサウンドをもっと親しみやすくするために、ポップスの名曲を
ボサノヴァアレンジでカバー。
「Fool On The Hill」は、優しくも、ブラジル音楽の香りを
取り入れた素晴らしいアレンジで、当時、アメリカのジャズチャートで1位を獲得。
その後、この曲が収録されたアルバムは、メインのポップチャートで
3位にまで上り詰めました。 


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月24日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.04.24

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»