1月8日O.A.〜J-POP Memories〜「イノセント・ワールド」Mr.Children

1994年にリリースしたこの「イノセント・ワールド」は、
「いままで鍵をしていた心のドアを開いてくれた」と桜井さんが語るように、
タイトル通り、無垢で純粋なメッセージが込められた代表曲のひとつです!
  
毎月2週目は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories」。
今週は、今年、2019年に節目を迎えるアーティストを特集していきます。
 
お届けした楽曲は Mr.Children「イノセント・ワールド」
    
Mr.Childrenの原点は、高校の同級生で軽音部に所属していた
桜井さんと中川さんが中心となって結成。その後、メンバーチェンジや
バンド名を変えていき、1989年に、Mr.Childrenとして始動。
その歴史がスタートしました。
      
Mr.Childrenというバンド名について、
のちにメンバーが語っているのは、「チルドレン」という言葉がすごく好きで、
10年、20年経った時に、シワだらけの顔でチルドレンもないだろうから、
正反対の「ミスター」を付けたということ。
「チルドレン」という言葉が好きな理由としては、飢えや貧困に苦しむ
子供たちを題材にした音楽や写真集などの作品に影響を受けたという話もあります。
    
まさに、この30年間、子供から大人まで愛され続けるミスチル・サウンドですね。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

1月8日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.01.08