木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2018年12月30日Flow 第二十二回目「2018年最後の『Flow』」

2018年最後の「Flow」!
今回は、皆さんのメッセージを紹介しました!


木村:さっそく、メッセージを紹介しましょう!

ラジオネーム<まいこ>さん 大分県 26歳 女性
キャプテン、こんにちは。
2018年が幕を閉じようとしていますが、今年はどんな一年でしたでしょうか?
今年一年を漢字一文字で表すなら何という漢字になりますか?


木村:こないだ発表になりましたよね。今年の表す漢字と言って、なんと「災」でしたね。
確かに多かったしね、そういう天災が。かといって、今年の一文字に残すんだって正直思っちゃったんですけど。
僕が今年一年、一文字にすると何だろうな〜? ちなみに、去年は撮影の「撮」という漢字だったりとか。または、「現場」の「場」という漢字だったんですけど。
今年は「試」という漢字かな、このFlowもそうでしたけど、何か新しい“試み”が今年はあったな〜っていう感じはありますね。だって、ゲームのキャラにもなってみたりもしたので、今まで20年以上やらせていただいてますけど「まだやって無い事あるんだ!」っていう感じで(笑)今年は過ごさせていただいたので。
今年を一文字で表すならば「試」という形にさせていただきます!

ラジオネーム<よしみ>さん 鹿児島県 28歳 女性
木村さんこんにちは。台湾でのリン・チーリンさんとのランウェイ見ました、かっこよすぎです。
台湾でのエピソードも聞きたいです!

木村:このあいだ、「ASIA FASHION AWARD」っていうものの、アンバサダーと言うか「ちょっとオープニング盛り上げてくれよ」っていうお話をいただいて。
もともと、SEGAの名越さんと一緒に「JUDGE EYES」のキャンペーンで、台湾と韓国に行く予定があったので。
だったらちょうど「僕行くことになってるんで、丁度いいっす!」みたいな感じで行ったんですけど、リン・チーリンさんと久々に再会しましたね。相変わらずで、素敵な人は素敵ですね。

あと、山田優ちゃんもモデルのウォーキングとしていらっしゃってて、山田優ちゃんとも久々に会いましたね。
バックステージでは、僕の知ってる人はリン・チーリンさんと山田優ちゃんという感じだったので、11月の29日なんかがリン・チーリンさんの誕生日だったらしくて。
だったら、「ASIA FASHION AWARD」の本番が終わった後にアフターパーティーみたいなのがありますよ、って言われたから。そこで、バースデーできたらいいねっていうことを、主催者の方にちらっとお話ししたら「やりましょう!やりましょう!」言って。
アフターパーティーの席で、急にバースデーケーキ出してもらって「おめでとう!」って言ってやりましたね。

その次の日は、「JUDGE EYES」のイベントに参加させていただいて、そこから韓国に飛んで、韓国の「PARADISE CITY」というところで、わざわざソウルから皆さん来てくれて。
カジノとか回らせてもらったんですけど、すごかったですね。そういう感じで台湾、韓国にちょっとお邪魔させていただいて帰ってきたんですけど。
台湾だったり韓国だったり、皆さん温かく迎え入れてくれて。現地の方たちが、“なぜ浸透してるんだろう?”って思うんですけど、皆さん「キャプテン! キャプテン!」って呼ぶんですよ(笑)。TOKYO FM、38局ネットのはずなんですけど、浸透はもっといってるなっていう印象は、僕の中で今回アジアにお邪魔して強く感じました(笑)。
そして、この作品に関してのメッセージも多く届いております!

ラジオネーム<かーちん> 愛知県 48歳 女性
拓哉キャプテンこんにちは!映画「マスカレードホテル」情報が少しずつ解禁され、公開が待ち遠しいです。
原作を読み始めたんですが、“犯人を知らない方が楽しめるのでは?”と、思い始め中断しています。しかし、東野圭吾さんが新田を書く時、漠然と思い浮かべていたのが木村さんだったというのを知り、キャプテンとダブらせながら先に読みたいとも思い始め、迷っています。
先に原作を読んだ方がいいのか? それとも後で読んだ方がいいのか? どちらがおすすめですか?

木村:そうっすね〜、今回の映画に関しては、先に映画を見ていただいた方が…今回、潜入捜査としてホテルに送り込まれる警察官役なんですけど。潜入捜査をするってことは、犯人を捕まえるために潜入捜査をするわけですよ。
映画の中でも「犯人は果たして誰なんだろう?」っていう、“この中に必ず犯人がいる!”っていう、ホテルの中でのお話なんですけど。

その犯人を把握した状態で映画を見るのか、“誰なんだ? 誰なんだ? こいつか!?”って、映画を見ながら思ってもらえるかって言ったら、後者の方が望ましいかなとは思うので。
そうですね、映画を先に見ていただいた後で、実際、もっともっと原作ではいろんなエピソードがあるんですけど。そこを省略して本編を作っているので。

本編を見ていただいて、軸を体感してもらった後に、原作で“実は他にもこんなエピソードがあったんだよ”っていうのを、補充してもらう感じがいいかな。
これは僕の独断の意見なんですけども、<かーちん>が、いま中断してくれてるということなので、犯人分かる前に映画を見てもらえたら嬉しいなと思います!
映画「マスカレードホテル」なんですけど、2019年1月18日公開ということなので、皆さん是非映画館で体感して下さい!
続いて、こんなメッセージ多かったですね。

ラジオネーム<まなぶー>さん 群馬県 32歳 男性
拓哉キャプテン、こんにちは!今月の稲葉さんとのトークセッション最高です!
キャプテンと稲葉さん、本当に仲がいいんだなと思いました。他にもマツコさんや浅野忠信さんとかも、普段のイメージとは違う一面をFlowを通じて知ることができました。
これからも、キャプテンのトークセッションが楽しみです。

木村:ありがとうございます! ゲストを迎えてトークセッションをさせていただいてるんですけども。
まあ、ゲストが豪華すぎるよね! これはちょっと僕が非常に助かってる部分です。だって、さんまさんに、ニノに、浅野忠信、マツコデラックス、B’z 稲葉浩志って、普通ないっすよね? こういうゲスト!
毎月こういう形でやらせていただいてて、ないよね?

正直、僕の携帯電話をチラチラ見てませんか? 僕の携帯電話のLINEの履歴とかを見て“あ! こいつも知り合いなんですか!?”みたいな感じで、オファーしてませんか?
でも、本当にありがたいことに、こうやってたくさんの人がゲストに来て下さってるので。
今後はどんなゲストが来てくれるのかな〜っていうのは非常に楽しみなところではあるんですけど“何これ? 手紙を預かってる”って、誰から?

メールが届きました
「木村拓哉様、先日はお世話になりました。つい、リラックスしていろいろ話してしまいましたが、僕としては、あと4〜5時間はスタジオにいられそうな気分でした。
今日は、前回のトークで伝え忘れたことを思い出したので、今年最後の放送に間に合えばと思いこのメッセージを書いて送ります。
と言っても、そんなに大げさなことではなく、そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいなと単純に僕は思っているということです。一瞬でしたが、この夏に間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを感じました。
無理にとは言いませんが、もし歌いたい気分がむくむく盛り上がったなら、ぜひ1人の木村ファンとして、今後の木村スタイル、とっても楽しみにしております。 稲葉浩志」

って書いてあります(笑)。なんですか、これ?(笑)こんなのがバッチから来たんですか?
いやいやいやいや、「そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいなぁ」って、これ手紙じゃなくて、いる時に言ってほしいなって(笑)。
でも、本当にこういう手紙を、ちゃんと今年の放送に間に合えばな、という形で送ってくれたバッチに感謝なんですけど。

これ、ちょっとびっくりだな。まさかこういう形で手元に届くと思わなかったので。
そうですね、2019年、どういう形になっていくかはまだ分からないですけど、こういう風に言ってくれる友達がいてくれるっていうことはありがたいですし。
一瞬でしたが「間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを」って、俺がただ「おめでとう」を言いに行っただけですけどね(笑)。
でも、本当に嬉しいです、ありがとうございます!
そうですね、タイミングがあれば、自分も、もう一度羽ばたいてみようかなと思います!

M1. 24K Magic / Bruno Mars
M2. 羽 / 稲葉浩志

top_back