木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

木村拓哉のFlow - TOKYO FM 80.0MHz - 木村拓哉

2020年07月26日Flow 第百四回目

今週は、みなさんから頂いたメッセージの紹介や、
オススメする「地域のラジオDJ」とトーク・セッションをします!

いろんな質問・メッセージがたまっています。
まずは、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』について。

【福岡県 Emi 38歳 女性】
キャプテンこんにちは!
『BG身辺警護人』毎週楽しく観ています。
今回のセカンドシーズンは、なんといってもキャプテン演じる島崎と斎藤工さん演じる高梨のバディ感が最強で最高でたまらないです。兄弟ゲンカのように言い合うシーンはクスッと笑えて、でもいざという時の息ピッタリな連携プレーはほんとにかっこよくて震えるほどです。
先日、工さんがラジオで、「木村さんとよくロケ中に2人の連絡手段であるシーバーで秘密の会話をしている。会話の内容は皆さんにお伝えしかねる(笑)」と、話されてました。
タクタクコンビのシーバーでの秘密の会話…とっても気になります。撮影エピソード是非聞きたいです。


木村:工がラジオで「シーバーで話してる」と。その会話の内容は「皆さんにはお伝えしかねる」という風に言ったそうで。まあ、工が「お伝えしかねる」と言ったんだったら、俺も合わせておかないと。これねぇ。完全なる暴露になりますよね。
まぁ、ほんとにその、連絡手段であるシーバーで僕らだけの会話をしてますね。
まぁ、そうっすね〜。会話の内容的には業務連絡というよりかはボーイズトークだと思います。

今回、BG自体、ほんとに初めての経験だったので。1つの作品を撮ってて2ヶ月間中断するってないもん、今までで。もちろん制作をされているテレビ局の方達も初めての経験だったと思いますし。だから、ホントに人の対応力っていうか変化できる力っていうのは、今回すごく感じましたね。
その、撮影を進めております『BG〜身辺警護人〜』も、もうすぐクライマックスなんですけども。いやぁ、楽しんでいただけるんじゃないかという内容になってるとは思いますよ。
壮絶なロケをやってますからね(笑)。

つづいては、こんなメッセージが届いています。

【東京都 ちびやまこ 33歳 女性】
キャプテンこんにちは!
いつも楽しく聴かせて頂いております。BGも毎週楽しみに観ています!
話題のマックCM、
「ドライブスルーでちょいマック〜」が頭から離れず、無意識に口ずさんでしまいます。
あの鼻歌は、アドリブから生まれたものですか?
マック〜!と、全力で歌ってる姿が最高に好きですよ。
その歌の影響で、今週2回もちょいマックしました。
続編も楽しみにしてます。
いつも拓哉キャプテンを応援しています!大好きです!


木村:あのドライブスルーの歌はですね、アドリブではありません!
ちゃんと撮影の前日、2日ぐらい前に移動車に乗り込んだところ、デモCDみたいなのが置いてあって、“何だこれ!?” と思ったら、「次のマックのコマーシャルのデモが届いております」っていうことになり、“何だそれ!?” と思ってかけてみたら、あの歌が入ってました。

もちろん男性が歌ってくれてるんですけど。絵コンテもそれと同時に届いてて、絵コンテにもあの歌詞が描かれていて。最初絵コンテだけを見たんですよ。
そしたら、「スルー スルー スルー マックのドライブスルー♪」っていう歌詞が書いてあって、「ちょい ちょい ちょいマック ちょいマックするー♪」
これ、どう…今はね、デモテープを聴いた後なんで、このメロディが普通に出てくるんですけど。最初、デモテープを聴く前にあの歌詞だけを見て、“何だこれ?どういうコマーシャルなんだろう?” と思って。で、最後に「なんだこの歌!」っていう自分のツッコミが書いてあって。“どんなコマーシャルになるんだろう?” と思ってデモを聴いてみたら、あの歌が入ってて。“はぁ〜、なるほどね〜!” っていう。

まぁでも、全部で3回ぐらい歌ったのかな。撮影で。最初は、たくさんの撮影スタッフもいるし監督も聴いてるし、こうやってヘッドホンで。ちょっと最初はいきがって、ほんのちょっとボリューム多めに、今テレビコマーシャルで流れている音量よりかはもうちょっと多めの大き目の歌い方でやったんですけど、“待てよ!” と思って。
これ、完全に単独でドライブしてる人が自分の車の中でプライベートな空間であれを口ずさむってなったら、もっと多分テンション低め、なんだけど最後の「ドライブスルーでちょいマック〜」の瞬間だけは誰も聞いてないから、“声高くなっちゃってデカくなっちゃうんじゃね〜かな” と思って、ああいう感じでやってみましたね。うん。

でも皆さんが、あれ耳につくっていう風に(笑)、言ってくださってるのが嬉しいですね!
ぜひぜひ、ドライブスルーに入る信号1個前ぐらいからあれを歌っていたいだくと、多分ちょうどいいサイズでドライブスルーの窓口に行けると思いますので、皆さんも是非あちらの歌を歌ってみてください。お願いします。

ここからは、みなさんがお勧めする地域のラジオDJとトークセッションをさせていただきます。
たくさんメッセージが届いております。情報ありがとうございます。

【静岡県 暖かい昼下がりのSaturday night 28歳 男性】
オススメDJを紹介させてください!
K-mixでいつも木村拓哉さんの話をしてる、izumiさんです!
本当に、凄く木村さんのことが好きなんだと思います。
ラジオを聴いていて熱量が伝わってくるので、
ぜひ木村さんとの共演が面白そうだと思いますので推薦させていただきます。

他にも静岡県のnagisanなど、推薦メッセージが届いております。
ということで、K-mix(静岡エフエム放送)のizumiさんとテレビ電話がつながっています。


木村:どうも!

izumi:拓哉キャプテン、リスナーのみなさん。こんにちは。静岡K-mixのizumiです。

木村:ラジオで結構、お話をしてくれるんですか?

izumi:そうですね。何かとキャプテンの話をしていて。キャプテンが『Go with the Flow』をリリースされた時は収録曲と一緒に自分が解説して、スタッフに「もうちょっと巻きでお願いします」って言われたりとか。あとは、ちょっとした話もしてて。
私小学生の頃からキャプテンのファンで、グッズも持ってるんですよ。キャプテンの!

木村:えっ!? izumiさんが小学生の頃から?

izumi:ファンなんですよ。

木村:今ね、新型コロナウイルスの影響で色んなメディアの対応だったりとか、流れてくるニュースだったりとか、自然災害も実際ありますし。
どうですか? izumiさんの住んでる街の様子とか。

izumi:そうですね。K-mixのスタジオが浜松にあるんですよ。そこから毎週お届けしてるんですけど、正直浜松の人通りが劇的に少なくなったというのは感じられないんですね。

ですけど静岡県のライブは延期・中止になって、自分はDJなので「ライブが中止・延期しなりました」ってアナウンスする方なんですよね。でも、そうやって、中止・延期ってアナウンスすることが多くて、それを案内する自分に慣れてしまってる自分も嫌だし。そういうのが当たり前になってるのが心苦しいですね。
だから、その中で “自分達が音楽とかエンタメのDJとして、どういうのを皆さんに伝えられるか” っていうのをすごく毎日考えますね。

top_back