今週は、千葉県・鴨川から、収穫の秋ならではのレポートをお届けします。
場所は、鴨川自然王国。大山千枚田という日本有数の棚田で有名な土地にあって、自然体験・農業体験のできるところです。先週、ゲストで来ていただいた 歌手・Yaeさんが、半農・半歌手の生活を送っているというこの場所は、「自然に寄り添い暮らす場所」というコンセプトがあって、“王国サポーター”とともに、無農薬のお米や野菜を育てるなど、自給自足の生き方を提唱しています。

そして月に一度の農作業体験、収穫祭などのイベントも行っています。
今回参加したのは9月上旬に行われた稲刈りイベント。鴨川自然王国の棚田で、しっかり実った稲を、収穫するイベントです。
鴨川自然王国サポーターの人達とともに、体験してきました!



 千葉県の鴨川市は、房総半島の南側なんですけれども、あそこに千葉で1番標高が高い、愛宕山が見えています。ここは起伏が結構ある風景で、大山千枚田という棚田百選にも選ばれた棚田がうちのすぐ下にあります。そこから車で5〜6分のところに鴨川自然王国はあります。ここで米と野菜を年間通して作っていて、知っている方だけに食べていただくような、自給自足を目指すという活動をしています。今日はこの黄金に輝いている稲を刈り取るわけですね。(Yaeさん)

 王国の棚田の稲は、もちろんサポーターの方々が植えた苗が育ったものです。今回お手伝いさせていただいた作業は、まず稲を刈って、その稲を束ねて、その後竹を組んだ物干しに束ねた稲をかけて乾燥させるというものです。この日、サポーターの方は10人近くいらっしゃって、大阪から参加されている方もいらっしゃいました。




イベントにはYaeさんのお母様で歌手の加藤登紀子さんの姿も。

そして、稲刈りをしていたらなんだか気になるものを見つけたので、Yaeさんに聞いてみました。

 それはザリガニですね。ザリガニはすごく厄介で、植えた直後の小さな苗をなぜかチョキチョキ切っちゃうんです。それでうちは今年すごい被害を受けて、上の方がすごいスカスカになっちゃった。なので、ザリガニの敵は誰だろう?って考えて、”ザリガニの敵は子どもだ!”と思って、子どもを田んぼに放ったんです(笑)ザリガニ釣りですね。何千匹とか取れちゃうんですよ。イタチやアライグマもザリガニが好きみたいで、追っかけて田んぼの中に入ってきている様子がありました。ザリガニも食べるとおいしいそうですよ。家に来れば食べ放題です。
 今もあぜにどじょうはいますが、昔はうなぎもいたそうです。米とうなぎでうな重自給みたいな(笑)川をきれいにして、護岸工事をしないようにうにしてうなぎを復活させようとしている人たちもいるみたいですね。
 いま、長い竹と、ちょっと短い竹を運び込んでいますが、これは田んぼに、いま刈った稲藁を束ねて、はさ掛けするためのものです。これで天日乾燥します。おひさまで乾燥させると甘みが強まるんだそうです。だいたい2週間ぐらい干しますね。そして脱穀して新米が食べられるわけです。



今回のレポートいかがだったでしょうか。この楽しい稲刈りの様子はポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください!

鴨川自然王国サイト→http://www.k-sizenohkoku.com/

【今週の番組内でのオンエア曲】
・年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生 / レキシ
・シアワセの花 / Yae
今週は、9月29日(土)、30日(日)に東京 新宿御苑で開催される「GTF グリーンチャレンジデー 2018 in 新宿御苑」についてお伝えします。
ゲストは、このイベントにライブで出演される、歌手のYaeさん。歌手・加藤登紀子さん、そして学生運動リーダーで千葉・鴨川の「鴨川自然王国」を作った藤本敏夫さんの次女で、2001年に歌手としてデビューしました。現在は音楽活動と同時に、農業や自然保護に関する活動も続けており、半農・半歌手、つまり農業をしながら歌手活動をされている方です。
そんなYaeさんにライフスタイルのお話、そして、自然の多様性を考えるこのイベントで、どんなメッセージを伝えるのか、などなど伺っていきます!


〜お住まいが、鴨川自然王国にあるんですね。
 鴨川自然王国は千葉県の鴨川市、房総半島南側に位置していて、千葉で1番標高の高い愛宕山が背後にあって、うちからちょっと下ると、大山千枚田という、棚田が400枚以上連なっている場所があります。棚田100選の1つになっているんですよ。我が家も棚田がたくさんあるんです。
 鴨川自然王国は、一言で言うとシェルターだと思っています。命をつなぐ場所。つまり、お米、お野菜、山には野草もいろんな食べるものがたくさんあって、猪も走り回っているし、燃料は山の木を薪にして薪ストーブやサウナも作っていますし、人が自然の中で原点に戻れる場所というか、ほっとできる場所を作っていきたいなと思っているんです。
 鴨川自然王国は自然体験も農業体験もできるんですが、土曜日と日曜日には毎週「cafe En」という、うちでとれたものだけを提供して食べていただくようなカフェをつくったんです。



〜なかには田んぼがあるんですね
 ちょうど稲刈りのシーズンが終わったんですが、収穫ができて、この後は10月20日に鴨川自然王国大収穫祭というのをやります。私の母、加藤登紀子も来て、みんなで音楽ありダンスもあり、移住してきている方々がベーグル屋さんをやっていたり、コーヒー屋さん、雑貨屋さんとか、素敵なお店が15〜16店舗出店するんです。「実り」は1年のうちでいちばん嬉しいことですから、それに感謝する意味で、大切にこのお祭りをしていきたいなと思います。ぜひ遊びに来てください。

〜Yaeさんは、子どもの頃からこうした自然・農業に関心があったのですか?
 私は生まれも育ちも東京の渋谷なんですけれども、自然に対する憧れは逆に強かったのかもしれないですね。すぐ裏に新宿御苑があるんですけど、新宿御苑で土を掘って遊ぼうとすると警備員が飛んでくる(笑)自然、里山、「となりのトトロ」の世界とかすごく憧れて、「おばあちゃんがなぜ田舎じゃないんだ」という話をしていたんですけれども、ある日うちの父親が「お前、故郷が欲しいか?」と言うから、「欲しい」と言ったら、うれしそうに千葉の里山に連れて行ってくれて、走り回って遊んだんです。それが今の自分の中にもすごく生きていますね。ここに移住して14年経つんですけれども、歌が変わりました。音楽が生まれる原点って、実はそういう農村にあるんじゃないかなって思うんです。お祭りの歌とか、神様とつながるために音を出すというのがあったりとか、辛い農作業のときに働きながらみんながうたう歌とかあるんですけど、歌が生まれる原点はここにあるんだと思って。そうしたらすごく嬉しくなったんです。歌手として農業をやっていることがつながったという気がして、今はとても充実していますね。土の上に暮らすとこんなに安心なんだと思って。
 また、今後は災害も頻発していくと思っているのですが、食べ物と水と燃料がある「シェルター」というのは安心ですよね。山に猪がいるので肉も自給できます。私は狩猟免許も持っていますから、”半農半歌手半猟師”ですね。いろんな引き出し、ワールドを作るというのはすごく楽しいことなので、ぜひ皆さんも気軽に遊びに、癒やされに来てください。


〜お母様、加藤登紀子さんもいらっしゃるんですか?
 月に1、2回くらいはきてくれます。とにかく忙しい人で、鴨川自然王国に来ても忙しいんですよね。ゆっくりしなさいよと言うんだけれども、止まったら死んじゃうみたいな人なんです。でも最近、うちの母にプロデュースしてもらって、11月8日に渋谷の伝承ホールで「未来への詩」というタイトルでコンサートを企画してます。私は母から何を引き継げるのかなとすごく考えていて、「歌」って昔から何千年も語り継がれているものじゃないですか。そういう、続いていく歌を歌っていけたらいいなと思っています。

Yaeさんのお話、いかがだったでしょうか。本日のインタビューはポッドキャストでも詳しくご紹介していますので、こちらもぜひお聞きください。

また、生物多様性を意識するためのさまざまなチャレンジを応援する「GTF グリーンチャレンジデー 2018 in 新宿御苑 つなげよう、支えよう 森里川海」は
9月29日(土)、30日(日)それぞれ10時〜16時に開催。
場所は東京 新宿御苑です。いのちの森パーソナリティ高橋万里恵が2日間の司会を努めます。詳しくはぜひサイトをチェックしてみてください!
http://www.gtfweb.com/

今回インタビューさせていただいたYaeさんは、9/30(日)にライブゲストとして登場されます!

Yaeさんについて、最新情報は下記オフィシャルウェブサイトをご覧ください!
Yae Official Website
http://www.yaenet.com/



«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

パーソナリティ

高橋万里恵
高橋万里恵

あなたからのメッセージ・ご意見をお待ちしております

各放送局の放送時間

  • JFNヒューマンコンシャス募金は鎮守の森のプロジェクトを応援しています。

ポッドキャスト

  • ポッドキャスト RSS
  • ※iTunesなどのPodcastingアプリケーションにドラッグ&ドロップしてください。
  • 鎮守の森のプロジェクト
  • EARTH & HUMAN CONSCIOUS
  • LOVE&HOPE〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
  • AIG損保 ACTIVE CARE

PAGE TOP