Skyrocket Company

議事録ブログ

会議テーマ「その優しさはビジネスなのか!?案件〜店員を好きになりました!〜」

通っているお店で店員さんによくしてもらうのはよくあることですが、
店員さんと接しているうちに「好き」という感情が芽生えてしまった…そんなこともあるのでは?

今回は、あなたの「店員さんを好きになってしまった」エピソードを
出来るだけ詳しく教えてください!
また、店員経験のあるあなたは、店員側のリアルな体験談や意見を教えてください。

たくさんの書き込み、お待ちしています!


null

「スカイロケットカンパニー社員実態調査!」

今日のアンケートは“お店の店員と付き合ったことありますか?”

結果は……

”はい”、という方は「15.8%」!
”いいえ”、という方は「84.2%」!


──『これ、桜の開花に合わせたサクラ書き込みでしょ?』


ラジオネーム<アポカド> 女性 39歳 千葉県 会社員
「お疲れ様です。

20代の頃、不動産屋さんに恋しちゃいました!

初めて一人暮らしをする事になり、
とある不動産屋さんで同じ年の営業の方が担当になりました。

優しくって爽やかで真面目そう。すっかりファンになってしまいました〜

しかし部屋が決まってしまうと会えなくなり、気になり始めた時
私のマンションの入口に営業さんが立っていました!!

仕事中のようでしたが、私と完全に目が合ったのにまさかの無視!!!!

確かにその日は、ノーメイクに眼鏡、ジャージ姿という完全休日スタイルでしたが
「この前まであんなに親切、丁寧だったのに。。」と私の淡い恋心は消え去りました〜

「営業さんの優しさも親切心も仕事の内」と悟った出来事です。。」


本部長「今日は、みなさんの書き込みを私が査定させていただきますが…。
その方の優しさは、ビジネスです!ハンコ!
優しい人かどうかって言われたら優しい人だと思うよ。優しい対応をしてちゃんと良い家を見つけて…その心に嘘はないですよ。ただ、それは恋心ではなくて、ビジネスだろうということです」

浜崎秘書「では続いて……」

本部長「いいのかな? こんなシビアなハンコの押し方して…。
この間もリスナーの書き込みに対して、ほとんどハンコを押さないっていうのあったけど、辛かったよね?」

浜崎秘書「はい」

本部長「最後は全部ハンコだー!ってなっちゃったじゃない。今日は厳しくいくってことですね」


null

null



ラジオネーム<ゴリラにしては貧弱> 男性 25歳 東京都 自営・自由業
「お疲れ様です!

ほぼ毎朝行くコンビニの店員さんにドキッとしたことがあります

なんとなくそこのコンビニで毎朝コーヒーを買っていて、だいたいその娘がレジにいるので
もともと挨拶するくらいではありました
名前は知らないけどお互いに顔は知ってるくらいの
間柄です

ある休日、書類の片付けが終わっていないので出勤し、いつものクセでコンビニに寄ってしまいました
すると「あれ?今日はお仕事ですか?」と聞かれました
いつも縛っているロン毛を縛らずにボサボサの髪型、作業着でもない私服なのによく気付いたなぁと思いながら話していると
ふいに「髪、縛ってないほうがカッコいいですね」と言われました
不覚にもドキッとしてしまいました(笑)」


本部長「おおっ! これはドキッとしますよ!
俺、そんなこと言われたことないもん。ロン毛だったときは『髪結んだほうがいいですよ』ってよく言われたし」

浜崎秘書「アハハハハ(笑)」

本部長「ほどいていたほうがカッコいいなんて女性に言われたらドキッとしますし、これは完全にビジネスを超えているところにあると思います。
だって、ビジネスだとしても言う必要はないじゃん?」

浜崎秘書「そう思います!」

本部長「コンビニエンスストアの店員さんにリップサービスなんて要求されてないし、
容姿のことを会話に入れるなんて…これはビジネス超えてます!ハンコ!」


null

null



ラジオネーム<乾杯ハイボール> 女性 25歳 東京都 会社員
「昔牛角の店員さんに恋したことがあります。
どこが好き?きっかけは?考えてみてもこれという理由か思い浮かびませんが、会った瞬間にとにかくこの人のことを知りたい!仲良くなりたい!と思ったのを覚えています。
2回目に会いに行くもその日はお休み。
大学二年生に毎週焼肉は大きな出費でもあったので、勇気を振り絞って、1番人の良さそうな店員さんに●●さんと仲良くなりたいんですがどうしたらいいですか?!と声をかけると、あいつもうやめちゃうから来てやってよ、と最終出勤日を教えていただきました。
そこで連絡先を渡して、後日お酒を飲みに行きました。
その後何かあったわけじゃありませんが、今思い返してもあんなに行動的になったのは最初で最後じゃないかな。笑」


本部長「それ、一目惚れですよ!
今日の案件自体が『その優しさはビジネスなのか』ってことだけど、店員さんが仕事として優しくしてくれてることに勘違いしたっていう事じゃない。
だけど、これに関しては単純に一目惚れだよ!」

浜崎秘書「うんうん!」

本部長「もう1回会ったときどうだったんだろう?同じ感情だったのかな」

浜崎秘書「お店を超えて外で会うって相当ドキドキしますよね!」

本部長「ドキドキするよね。
ちょっとキザな事を言いますけど、本当に好きな人っていうのは何百回でも一目惚れするよね。
一目惚れってスタートの1回みたいな使い方するけどそうじゃなくて、ずっと一目惚れするんだよね」

浜崎秘書「何度でも…!」

本部長「ちょっとした瞬間でも、久しぶりに会ったときでも、
『かわいいな、カッコいいな』って思えて、ずっと好きでいれる人っていうのは認識していないだけで一目惚れを繰り返しているんじゃないかなって思うんだよ」

浜崎秘書「いいですね、それ!」

本部長「それに気づけているかどうかだけで変わってくるじゃないですか。
浜崎さんが今後付き合った人に対して、
『昨日も会ったのに、今日も会えてドキッとしてる。またこの人に一目惚れしている美保がいるのであ〜〜〜〜る』みたいなさ!」

浜崎秘書「い、いいですね…」

本部長「なんで引いた!? さっきまで僕の話に寄り添ってくれてたじゃん!」

浜崎秘書「なんか、『あ〜〜る』がちょっと引っかかりましたね(笑)」

本部長「そこか! ごめんごめん(笑) 結局、<乾杯ハイボール>さんはお付き合いはしなかったんだね。でも、恋愛は自由だもんね!ハンコ!」


null



ラジオネーム<ますにゃん> 女性 41歳 東京都 自営・自由業
「皆さまお疲れ様です。
私が20代の頃、美容師さんに恋した事がありました。そのきっかけになったのは、シャンプーをしてもらう際にカットするスペースと別のスペースに移動し、少し個室のようなところに行くのですが、その少し閉ざされた空間でシャンプーをしてもらっている時に、頭の方に立っていた美容師さんから、逆さまから突然のキス。それから外で会うこともありましたが、どうやら大勢の中の1人だったようで、進展もなく、その美容院にも行かなくなりました。でも、あんなドラマみたいなトキメキは、最初で最後だった気がします。」


本部長「ええっ!? それ本当に美容室? 看板ちゃんと見ました?
これ、訴えたら勝てるんじゃない?」

浜崎秘書「スパイダーマンみたいなキスってことですよね」

本部長「スパイダーマンみたいってどういうこと? ミッションインポッシブルみたいに、上からぶら下がっている店員さんがキスしてきたってこと?」

浜崎秘書「ぶら下がってないです(笑)」

本部長「でも、そんなことする店員さんいる!? クビ覚悟だよ! よっぽど自分に自信がないとできないよね」

浜崎秘書「自信がある方だったんじゃないですか」

本部長「どうします? 美容室に行って”カッコいいな〜”って思ってる店員さんにスパイダーマンキスされたら」

浜崎秘書「ビックリしますよ!」

本部長「帽子がないから、顔にかかってるやつを床に投げつけて『訴えてやる!』って言うでしょうね(笑)」

浜崎秘書「アクシデントだったのかな? って思っちゃいます」

本部長「なるほど。それが本当にキスだったのか問題もあるよね。でも、気になるな〜って人だったら、別に悪くないってこと?」

浜崎秘書「“どうしよう〜!”って思います! シャンプーどころじゃなくなるかもしれない!」

本部長「もう一つ手前の話してもいい? これ、桜開花に合わせたサクラ書き込みでしょ?」

浜崎秘書「そのサクラは開花させてません!」

本部長「上手いこと言うね〜(笑) ハンコ!」


null



本日のゲストは、ふかわりょうさんです!

null


──『とんぶり愛がブワーッと湧いてきて、五線譜に乗っちゃたんです!』


2016年。スカイロケットカンパニーを聴いていたふかわりょうさんから1通のお手紙をいただきます。
そこには「どうか浜崎さんの声に曲をつけさせてください。
これによって浜崎さんの声、ラジオの魅力がたくさんの人に広がっていけばいいなと思います」
としたためられており、この手紙がきっかけとなり、その年の8月17日
ROCKETMAN名義で制作した楽曲「the sound of summer feat.浜崎美保」を配信致しました。

そんなふかわさんは、ひょんなことから「畑のキャビア」こと
秋田の名産「とんぶり」を口にし、その栄養価の高さにして
注目度の低い現状や農家の減少を憂い、たくさんの人に届けたいという思いから「とんぶりの唄」を制作・リリース!

秋田県の各所に呼びかけながら、ゆかりはないがメインキャラクターの
「とんぶり兄弟」を掲げ、秋田の地域活性化へと意気込んでいるそうです。


ふかわ「とんぶりってご存知でした?」

本部長「僕、知らなかったです」

ふかわ「私自身も去年末まで知らなかったんです。最初、口にしたときに味がピンとこなくて。
見た目がキャビアみたいだから期待しちゃうじゃないですか。明太パスタに入れて食べたときに”なにこれ!”って衝撃を受けたんですよ」

本部長「そのまま食べてもピンとこない味なんですね」

ふかわ「山芋に入れたり、納豆に混ぜたりするとものすごくとんぶり自身の味も発揮されるし、一緒に食べる食材もより輝く、素敵な食材なんですよ!
なのに、とんぶりを栽培している農家さんが減少傾向にあると。そこで、私の心が動いちゃったんです。あのときの夏のように」

本部長「あのとき浜崎さんの声を聴いた高鳴りと同じように!」

ふかわ「とんぶり愛がブワーッと湧いてきて、五線譜に乗っちゃたんです!」


null

null


ふかわ「キャビアは食べ過ぎるとリスクがあると言われてますけど、とんぶりはホウキギという植物になる種子を加工したものなので、食物繊維はもちろん、ビタミンも豊富なんですよ!」

本部長「なるほど!」

浜崎秘書「スーパーフードなんですね!」



null

null
ツナパンに乗せて食べた本部長「ナイスとんぶり!」


本部長「うまい!味の主張をしすぎることがないし、全く違和感がないですね!」

ふかわ「そうなんです! さすが本部長!!」



本日は、ふかわりょうさんをゲストにお迎えしました!
秋田の名産・とんぶりの楽曲「とんぶりの唄」は、本日リリースです!

ふかわさんには最後までご出演いただきました!
ありがとうございました!

null



浜崎秘書「それでは本部長!?」

本部長・浜崎秘書「今日も一日、お疲れ様でしたーーーー!!!!!!」

スカイロケットカンパニー社員の皆様、今日も一日お疲れ様でした!

明日、春分の日のスカイロケットカンパニーは
夕方6時からの2時間放送となります。時間厳守で出席お願い致します!


【今日の初書き込みの社員のみなさん】

<しばふく>
<ダイトン>
<ウトウトキャリアウーマン>
<ダンキング>
<赤パーカー>
<ドライクランベリー>
<よしこんぶ>
<ドカ山>
<ヒーロー焼肉>
<ニコラスターマン>
<生クリームは飲み物>
<misorababy>
<幹事はやります、万年新入社員>
<ポヨン>
<がんばれ元気>

【本日のオンエアリスト〜♬】

1.もしも運命の人がいるのなら / 西野カナ

2.恋 / 星野源

3.初花凜々 / SINGER SONGER

4.らいおんハート / SMAP

5.the sound of summer feat.浜崎美保 / ROCKETMAN

6.CHE.R.RY / YUI

7.チャレンジャー feat.J-REXXX / GADORO

8.ジワるDAYS / AKB48

9.OH! / SHISHAMO

10.Shangri-La / 電気グルーヴ

11.とんぶりの唄 / とんぶり兄妹

12.アンコール / 石崎ひゅーい
| NEXT

Blog Archives

Calendar

< 2019年03月 >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Wide Programs

Skyrocket Company TOPページへ

TOKYO FM TOPページヘ

TOKYO FM