• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Athlete News
Athelete News
17.03.04
世界一奪還へ 侍ジャパンの主砲・筒香嘉智選手
今週の「Athlete News」は、横浜DeNAベイスターズの4番にして侍ジャパンの主砲、筒香嘉智選手のキャンプ地インタビューをお送りしました。
いよいよ始まるWBCワールド・ベースボール・クラシック、日の丸を背負う重みや王座奪還への思いなどを伺いました。



──今年のベイスターズについて伺いました

若い選手が去年1年間出始めて、そういう意味ではチームも若返って、その中でいい選手がたくさん出てきたので。
そういう意味では元気のあるチームですし、そういう選手たちがもっともっと野球のことを考え出したら、もっと強くなるんじゃないかと思います。

選手のレベルが上がってきたというのもありますし、中畑さんがやられていた時と、いまのラミレス監督がやられた時というのは、選手のレベルも違うんですけど。
ラミレス監督になって野球というのがこまかくなりました。すごく野球を考えるというか、”どうやったら勝つのか?”と考える時間が圧倒的に増えてます。

 


──来週火曜日に開幕するWBC 侍ジャパンについて伺いました

野球界のトップのチーム、一番上のチームでやるっていうことはそれなりの重みもありますし、責任もあると思います。
日本のトップの選手が集まるので、僕は試合に出たら言われたとこで頑張るだけです。日本のために頑張るという、そういう意識しかないです。

負けたいと思っている国はないし、どの国も勝ちたい、世界一になりたいと思って戦うので。
そんなのは誰もが分かっていることなので、世界一になった、なれなかったよりも、僕は大事なものがあると思っています。
見ている方に感動を与えたり、元気を与えたり、そっちの方が僕は大事じゃないかと思っているので、そういうプレーをしたいですね。

 


──2020年東京オリンピックへの思いを伺いました

4年に一度ですし、4年間やってきたことが、その一瞬で決まるっていうのはとんでもないことなので。
出られてる方たちへの敬意っていうのはすごくありますね。
オリンピックは特別なものなので、野球界のためにも、いい成績を出して頑張りたいですね。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

3月4日(土)OA分の放送はこちら

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。