yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第八十二話 続けることの凄み -【仙台篇】 評論家 秋山ちえ子-

ABOUT

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OSAKA…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 19:00-19:30
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。 誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という 音を、共鳴させあっています。 YESとNOの狭間で。今週、あなたは、自分に言いましたか? YES!ささやかに、小文字で、yes!明日への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお届けしています。

この物語が、聴いて頂いた皆様の明日への希望や勇気、活力に繋がることを願っています。

閉じる

第八十二話続けることの凄み

昨年の4月6日、放送ジャーナリストの草分けとして活躍し、ラジオ番組のパーソナリティを45年に渡って続けた評論家が亡くなりました。
彼女の名は、秋山ちえ子。
大正6年に仙台に生まれた彼女は、99歳で亡くなる最期までラジオを愛し、ラジオでつながったひとたちを大切にしました。
スタジオには、愛用のストップウォッチを必ず持参。
時間どおりにキチンと終わるように気を使いつつ、もちろん、ひとことひとことに、思いを、魂を込めました。
番組の最後には、必ずこの言葉。
「それではみなさん、ごきげんよう」。
秋山は、ラジオの放送をこう表現しました。
「私は、毎日毎日、一粒の種をまくつもりでやっています。毎日まくことが、何より大事。毎日まけば、一粒が、やがて二粒になり、三粒になり、やがて芽を出して、美しい花が咲くでしょう」。
その言葉どおり、彼女が毎年夏に放送し続けた朗読『かわいそうなぞう』は、多くのひとの心を打ちました。
彼女のまいた種は、海外まで届いたのです。
シンディ・ローパーが、秋山の思いに共感して、英語版を朗読してCDにしたのです。
シンディ・ローパーは、こうメッセージをしるしました。
「『かわいそうなぞう』を読んだとき、私は、戦争にはたくさんの哀しみがあるのだということを、とてもとても感じました。戦争は、ほんとうに多くの哀しみに満ちているのです。この本が、世代を超え、若い人にも読み継がれることで、平和のありがたさを忘れないことを願っています」。
秋山ちえ子の願いは、毎年、そして毎日続けることで、たくさんの花を咲かせていったのです。
そんな彼女が人生でつかんだ、明日へのyes!とは?

昨年4月、99歳で亡くなった秋山ちえ子は、放送ジャーナリストの草分け的な存在だった。
1917年、大正6年1月12日、仙台に生まれた。
小学6年生のとき、愛宕山にある放送局で、クラスみんなでそろって唱歌を歌ったのが、最初の放送とのかかわりだった。
マイクの前で歌う、しゃべる。このマイクの向こうに、たくさんの聴いているひとがいる。
それが不思議であり、謎であり、魅力的だった。
その後、東京女子高等師範学校、現在のお茶の水女子大学を卒業。
ろうあ学校の教師になった。
学校の先輩に北条静という女性がいて、「放送研究会」に誘われた。
自作自演の童話のラジオ放送をやった。心が躍った。
5年間、教師をしたが、結婚して夫の赴任先、中国に渡る。
彼女は振り返る。
「確かに、そこで放送との縁が切れてしまいましたが、もしそこで日本で放送に携わっていたら、戦争に関わる放送をしていたでしょう。お国のために戦ってください!というような。戦後、軍に協力したひとは追放でしたから、むしろ中国に行ったことで、私は放送の世界に居続けることができたのです」。
彼女は、まさに放送に選ばれたひとだった。
ひとには皆、そのひと自身がたどるべき道がある。
日々を大切に生きてさえいたら、一度それても、必ず戻る。

ジャーナリストで評論家の秋山ちえ子は、戦後、1948年10月から放送を始めた。
ラジオ局は連合軍の占領下。
GHQによって、CIE、すなわち民間情報教育局が設置され、ラジオ課の指導を受け、放送が行われた。
秋山は、「婦人の時間」という番組を担当した。
当時、日本の女性、家庭の主婦は、社会性が乏しいと言われ、主婦を代表して、日本中をまわりレポートすることになった。
「私が見たこと聞いたこと」というコーナー。
丹那トンネルの取り換え工事の現場を見に行く。
ネズミを退治した長野県の村を取材する。
7年間で300カ所にも及ぶ場所に出向いた。
放送の2時間前に、検閲を受けた。
あるとき、呼び出される。
「学校の給食で、6年生と1年生のコッペパンの大きさが一緒なのは違うのではないか」という記事に赤字が入った。
「これはGHQの占領政策を批判するものだ!この記事はそういう主旨で書いたのか?!」
しばらく目をつけられた。
秋山は、幼い頃から、困っているひと、弱い立場のひとの気持ちに寄り添って生きてきた。
その温かいまなざし、繊細な視線が、放送で共感を生み、やがて彼女を一流のジャーナリストに成長させていった。

ジャーナリストで評論家の秋山ちえ子には、生涯を通じて大切にしていた大きな二つの柱があった。
ひとつは、弱いもの、困っている人たちのために尽くすということ。
そしてもうひとつが、戦争のない世界をつくりたいということ。
世界中を100カ所くらい訪ねたが、普通の人々にとって最も悲惨なのが、戦争だと思った。
自分にできることは何か?彼女は自問した。
戦後まもなく出版された『愛の学校・二年生』の中に、『かわいそうなぞう』という作品があった。
太平洋戦争の終わりごろ、動物園のゾウが3頭、餓死させられた話だ。
書いたのは、土家由岐雄。
秋山は、この話に感銘を受け、8月15日にラジオ番組内で朗読した。
リスナーから問い合わせが殺到した。
「その本がほしい!その本はどこで買えますか?」
本は絶版になっていた。
秋山は作者・土家の許可を得て、小さなパンフレットにしてリスナーに送った。
次の年にはある出版社が単行本にした。
毎年、8月15日に朗読する。
続けること、その大切さを誰より知っていた。
本はあっという間に100刷りを越え、100万部を突破。
作者の土家は、8月15日が過ぎると、秋山にお礼状を送った。
土家は、95歳で亡くなる前年も、こうしたためた。
「秋山ちえ子様 私はもう目が見えなくなりましたけれども、心の目で字を書くことはできます。15日の放送を正座して聴いて、お礼状を書きます」。
秋山は、ラジオの力を信じていた。
ラジオには、決して爆発的に大きな事を起こす力はないかもしれない。
でも、毎日毎日、毎年毎年、続けることで、種は芽を出し、やがて花を咲かせる。
結果を急いではいけない。大切なものこそ、時間をかける。
そうして彼女はストップウォッチを片手にスタジオに入り続けた。
今日という一日に、一粒の種をまくために。

【ON AIR LIST】
True Colors / Cyndi Lauper
Yesterday Once More / Carpenters
経る時 / 松任谷由実

音声を聴く

閉じる

霜降りひらたけと浅利のネギ蒸し

放送ジャーナリストの草分けとして活躍し、ラジオ番組のパーソナリティを45年に渡って続けた評論家、秋山ちえ子。今回は、彼女の生まれ故郷である仙台の特産、ネギを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけと浅利のネギ蒸し
カロリー
47kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 長ねぎ
  • 1/3本
  • 浅利(殻つき)
  • 12個
  • 大さじ2
  • 少々
  • ラー油
  • 小さじ2
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。
  • 2.
  • 長ねぎは千切りにする。
  • 3.
  • 耐熱皿に(1)と浅利を入れ、(2)をのせ、塩と酒をふりかけ、ラップをして電子レンジ(700W)で約3分30秒加熱する。
  • 4.
  • 蒸せたら好みでラー油をたらす。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

  • 伏見 竜也

    演出:伏見 竜也

    神奈川県横須賀市出身
    ラジオディレクター。
    これまで、JAPAN FM NETWORK「森の散歩道」、「SUNDAY FLICKERS」、衛星デジタルラジオ ミュージックバード「今夜は楽しまナイト」など多数の番組を手がける。
    現在もTOKYO FM「感じて、漢字の世界」、「EARTH LOVERS」、「Canon Premium Moment」、「Vixen presents 東京まちかど☆天文台」、「三菱電機 presents 星に願いを」などTOKYO FMを中心に数多くの番組の制作や演出、構成を担当し、業界の第一線で活躍中。

閉じる