yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十二話 闇の中の光 -小説家・石川 達三-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十二話闇の中の光

芥川賞、第一回の受賞者、石川達三。
彼は、軽井沢をこよなく愛し、軽井沢ゴルフ倶楽部の常連でした。
スコアはシングルプレーヤー。作家仲間の中でもその実力は群を抜いていました。ハンデは、白洲次郎と同じ、3。
ある日のコンペでは、39、42の81。
それでも石川達三は悔しがっていたと言います。
ここに一葉の写真があります。
軽井沢の別荘のバルコニーでくつろぐ、石川の写真。
白いシャツに、ベージュのパンツ。
黒縁メガネの石川が照れたように笑っています。
テーブルの上には、スイーツ。まだ手をつけていません。
彼は別荘での生活をこんなふうに書きました。
「散歩道をつくって、ふろのたきぎをとったり、花をつんだりしています。鳥はうぐいす、かっこう、ほととぎす、かけす、あとはいろんな鳥がいるけど名前がわからないな。りす、きじなんかもいますよ。この家は気に入ったオルゴールの形に似せてあるんです」
作家、石川達三が見つめた、人生のyesとは?

作家、石川達三は、1905年7月2日、秋田県横手市に生まれた。父は、秋田県立横手中学の英語科の教員だった。
9歳のとき、母を亡くす。人生の理不尽、不条理に対面する。
甘えることを知らずに過ごした。
父は翌年、再婚する。いくつかの転居のち、早稲田大学に進む。
22歳のとき、大阪朝日新聞の懸賞小説に、入選した。
うれしかった。人生で初めて誰かに認められたような気がした。
大学を中退して、小説家になる夢をいだく。
いろんな出版社に原稿を持ち込んだ。でも、門前払い。あるいは、「すまんねえ、キミは、どうだろう、作家としてはねえ」
つっかえされた。
食べるために就職したが、結局、うまくいかない。
退職金をつぎこみ、ブラジルに渡ることにする。
移民船の監督官。自分を変えたかった。今いる自分を好きになりたかった。
神戸の移民収容所からは、戦前戦後を通じて、20万人のひとが南米に旅立った。
彼らは、別に日本を離れたかったわけではない。やむにやまれぬ理由があった。徴兵のがれ。貧しさからの脱却。
石川は、そんなひとびとの哀しさと、一縷(いちる)の希望を、自分の目に焼き付けた。
神戸港から旅立つ家族連れ。見送りなどない。先の保証もない。
それでも旅立たねばならぬ、ひとびとの、想い。
彼はその体験を小説にした。
船が行く海は、ほの暗い、いや、見渡す限り、海は、青々としている。
タイトルは・・・『蒼茫』。

1935年、作家、石川達三は、小説『蒼茫』で第一回芥川賞を受賞した。受賞を逃した太宰治は選考委員の川端康成に文句を言った。
石川は30歳。これからの作家人生に光が射した。
翌年、結婚。その後、社会批判をテーマにした作品を書いた。
1938年、『生きてゐる兵隊』が、新聞紙法に問われて、禁固処分を受ける。急に闇がやってきた。
「ただ、戦争の事実を書いただけだ」
石川の想いは、通じなかった。
その後も海軍報道班として、東南アジアを取材してまわった。
書くということ。作家の言葉への誇りは、失わなかった。
「私は社会派ではない。ただ、何が正しいか、あきらかにしたい
だけだ」


作家、石川達三は、『人間の壁』、『金環蝕』などの作品で、社会派作家としての地位を確立した。
軽井沢の別荘で過ごす時間が、至福のときだった。
ゴルフに熱中した。
作家、丹羽文雄と軽井沢ゴルフ倶楽部でプレーするのが好きだった。
ゴルフは、自己責任。ゴルフは、自分との闘い。そして、ゴルフには、弱い自分を見つめられる時間があった。
ひとの弱さを描くこと。そこに全てがあった。
たったひとつの出来事で堕ちていくひとを書くことで、警鐘を鳴らしたかった。
「人間は、強くない」。
だから強くありたいと願い、上にあがりたいと望む。
かつて観た神戸の港。
新天地ブラジルを目指したひとの想いを、思い出す。
彼らの目の光は、貧しさに弱かったけれど、決して、消えてはいなかった。
石川達三は、問う。
「今、自分の目は、ちゃんと光っているか」
本当の敵は、外にいるのではない。いつも、自分の中にいる。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる