yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第十七話 身体で覚える -作家・池波正太郎-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第十七話身体で覚える

時代小説をこの世に残し、今も読み継がれている作家、池波正太郎。
『真田太平記』の中で、彼はこんなふうに書いています。
「すべてがわかったようなつもりでいても、双方のおもいちがいは、間々あることで、大形にいうならば、人の世の大半は、人びとの『かんちがい』によって成り立っているといってもよいほどなのだ」
池波正太郎は、人一倍、勘違いに敏感だったのかもしれません。
それは誰かに勘違いされる、ということのみならず、自らも、さまざまな事象、人の機微、世の流れやうつろいを、決して勘違いせぬよう、戒めていたような気がします。
彼が物事を正しくとらえるために心がけたこと、それは、おそらく、『身体で覚える』ではなかったでしょうか。

彼は、現場におもむき、五感で確かめ、自分の感覚を拠り所にしました。
初めて友人と訪れた軽井沢。池波はまだ、十代でした。
南アルプスで遊び、八ヶ岳山麓をめぐり、軽井沢の星野温泉に泊まりました。
江戸の宿場町の風情が残る街並みを、池波は気に入りました。
晩夏の街道に人影はなく、いかにも長脇差を腰に、さんど笠を被った侍が、歩いてくるようでした。
その一方で、静かな別荘地。
ハンモックに揺れる金髪の少女を見ます。
軽井沢という場所は、彼にとって、ワクワクする創作の源になりました。
作家、池波正太郎が軽井沢に学んだものとは?
彼が自分にyesというために、心に決めた流儀とは?

作家、池波正太郎は、1923年1月25日、浅草に生まれた。
父は日本橋の錦糸問屋に勤めていた。池波が生まれた年に、関東大震災が起きた。一家は埼玉の浦和に引っ越す。
やがて東京に舞い戻るも、父の商売がうまくいかず、両親は離婚。母に引き取られる。江戸っ子で職人かたぎの祖父は、正太郎をたいそう可愛がった。
祖父や母に連れられて、よく芝居見物に通った。チャンバラ映画と、少年向けの冒険小説を好んだ。
小学校を卒業するとき、担任は進学をすすめたが、池波は家計を助けるため、株式現物取引の店に奉公に出た。
半年で辞め、ペンキ店に行くが、そこも辞め、もう一度株式のお店に入った。
以後、戦争で国民勤労訓練所に入るまで、そこで歯を食いしばった。
もともと株や相場の才覚があったのか、小遣いをつぎ込み、月給を上回る収入を得た。
そうして稼いだお金で池波少年は、本を買い、芝居を観て、剣術を習い、食べ歩き、果てには吉原で遊んだ。
歌舞伎に傾倒して、長唄まで習った。
机上の学問より、体験を好んだ。
1941年、太平洋戦争がはじまり、国民勤労訓練所に入所。
旋盤機械工になった。
そこで彼は、ある上司に出会う。

芝浦の製作所。旋盤機械工としてではなく、当初は経理担当だった。でも池波は
「現場がいいです。旋盤工をやらせてください!」
と懇願した。
希望したはいいが、池波は不器用だった。株式を読む力はあっても、手先は思うように動かない。
同僚が三日で覚えるのを、一か月近くかかってしまった。
落ち込んだ。我が身の不甲斐なさを嘆いた。
そんな池波を、上司の水口伍長は、見捨てなかった。
「池波、おまえは機械を機械としてしか見てないからダメなんだ」
そう、怒られた。
水口は、機械を人間のように扱った。
油をさすとは言わない。「飯を食わす」と言う。
機械に話しかける。
「おい、今日の調子はどうだ?一日、よろしく頼んだぞ」
池波も真似てみる。楽しくなった。会話をしているように、機械に向き合えた。気がつくと、誰よりうまくなっていた。

作家、池波正太郎は、旋盤工として機械に向き合い、気づいた。
自らの身体で覚えるということ。
彼は、随筆『日曜日の万年筆』にこう書いている。
「或日。突然に、ぱっとわかった。図面が読めるようになり、機械が手足のようにうごいてくれはじめた。それまでに私は、そうした経験をしたことが一度もなかった。自分で手と躰で苦しみながら物を造りあげるという体験が、ほとんどなかったといってよい」。
上司の水口伍長は、池波を誉めた。
「そうだ、池波、そうなんだ、こいつらみんな相棒なんだ」。
身体で覚えることは池波正太郎の原点になった。

どんなに若造でも、分不相応でも、軽井沢の『万平ホテル』に泊まった。味わいたかった。
この身に、西欧の文化や大人の流儀を沁みこませたかった。
『万平ホテル』の誰もが、二十歳に満たない池波を子供扱いしなかった。
宿帳にはサバを読み、二十一と書いた。
おそらくバレていたかもしれない。
それでもホテルマンは、親切だった。
池波は、軽井沢が好きになった。
ますます、身体で体感することの大切さを知った。
池波の小説には、遊び人が出てくる。
そのリアリティが読者の心をつかむ。
小説という大きな嘘はつくが、ディテールや実感という小さな嘘はつかない。
常に現場に立ち、体験、体感し、自分の感覚を研ぎ澄ます。
そのことでしか、物語は紡げない。
池波正太郎の小説は、人の営みに深く触れているからこそ、いつまでも、色あせない。
人間は、自分の感覚を信じるしか、ない。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる