yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第二十三話 二つのJ -キリスト教思想家・文学者 内村鑑三-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第二十三話二つのJ

しなの鉄道、中軽井沢駅から歩いておよそ20分。
森の中に、存在感のある建物が姿を現します。
『石の教会・内村鑑三記念堂』。
明治、大正と、キリスト教の布教に邁進し、日本人とは何か、後世に何を伝えるべきかに心を砕いた賢人、内村鑑三。
彼を讃えるために造られた教会は、一階が礼拝堂で、地下が記念堂になっています。
自然と調和する、圧倒的な石の静けさ。繊細なガラスの優しさ。
まるでこの地が出来たときからここにあるかのような一体感が、訪れるひとの心を癒します。
空をゆく鳥も、吹き抜ける風も、石の教会に敬意をはらっているように感じます。
石とガラスのアーチが幾重にも重なる、この建築を手がけたのは、アメリカの建築家、ケンドリック・ケロッグ。
石は男性をガラスは女性を象徴すると、言われています。
内村鑑三がとなえた、無教会思想。
祈れば、そこが教会になる。
彼のしなやかで、真摯な心は、今もここに生きています。
同時代の中でさまざまな軋轢(あつれき)と闘いながら、高尚で勇ましい態度を変えなかった男が、生涯を通じて見つめ続けたyesとは?

キリスト教思想家にして、文学者、内村鑑三は、1861年、高崎藩士の長男として江戸・小石川の武家屋敷に生まれた。
三度自分を鑑(かんが)みるべし、という教えから、鑑三という名がつけられたと言われている。
父は、鑑三が幼少のとき、群馬県高崎市での謹慎を命じられた。以来、高崎で教育を受ける。
そこで出会ったのが、英語。
彼は英語にひかれ、12歳のとき、単身上京して有馬学校英語科に入学した。
東京外国語学校に進んだとき、病のため、一年の休学を余儀なくされる。
しかし一年遅れたことで、翌年入ってきた二人の同級生に出会う。
後に教育者、思想家となる新渡戸稲造。
そして後に植物学者になる宮部金吾である。
三人の友情は生涯続いた。

そして、もうひとつ彼の一生を決める出会いがあった。
英文購読で読んだ『旧約聖書』。
1877年、明治10年のとき、新渡戸、宮部らと共に札幌農学校に入り、洗礼を受けクリスチャンになった。
当時、札幌には教会がなかった。
「オレたちが交代で牧師をやろうじゃないか」
毎週日曜日、学内で礼拝をおこなった。
三人は、これからの人生を二つのJに捧げることを誓い合った。
ひとつは、ジーザス、キリスト教。もうひとつは、ジャパン、日本。
内村は思った。
「オレは、日本のために、何ができるのか?」

内村鑑三はキリスト教の思想家ととらえられているが、一般的なキリスト教信者とは少し趣が違う。
教会も教義もない。祈ればそこが教会になり、たちまちイエスとつながれる。いわゆる無教会思想。
差別や拝金主義が嫌いだった。
23歳のとき、自費でアメリカに渡ったとき、本場のキリスト教の実態に幻滅を覚えた。
古来、日本において「学ぶ」とは知識を得ることではなかった。
人知を超えた天の声に耳を傾けることのできる霊性を身につける。
それこそが第一義ではなかったか。
ひとと比べる教育を最も嫌った。
「なぜ、そのひとを評価するとき、誰かと比べなくちゃいけないんだ?」
一方で、怠慢、怠惰を憎んだ。
「キュウリを植えれば、キュウリとは別のものが収穫できると思うな。いいか、ひとは、自分が植えたものを収穫するんだ!」

内村鑑三の人生は、決して平たんでも順風に背中を押されるでもなかった。
教育勅語への登壇、最敬礼をしなかったと揶揄され、社会問題になった。
妻の死、娘の死、多くの辛い別れを経験した。
精神を病んでいた母を失ったときは、「おまえのせいだ」と肉親になじられ、家族とは絶縁状態になった。
それでも、内村は、二つのJのために前に進んだ。
信仰と、自らの存在証明。後のひとに何を残すか。
各地を転々としながら、彼の旅は休むことを知らなかった。

『人間が後世に残せるもので、誰にでもできることがある。それは、高尚なる勇ましい人生だ』。
内村鑑三は言った。
高尚なる、勇ましい人生。まさしく、彼こそがそれを実現した。
47歳のとき、『代表的日本人』という評伝を英語で刊行し、世界に日本人の魂を説いてみせた。
取り上げたのは、西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮という五人の生涯。
彼は決して偉人伝を書こうとはしなかった。
内村鑑三という自らの人生を投影しつつ、人知を超える大きな意志を書いた。
彼ら五人は、そして内村自身も、人間を超えたものの存在を感じ、その意志に忠実だったに違いない。
そして内村は、日本人がそもそも持っていたもの、かすかな声に耳を傾けることのできる感性や、信じる心を忘れてはならないと説いた。
内村は、語った。
「この世は悪魔が支配するのではなく、神が支配する。失望の世の中ではなく、希望の世の中である」。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる