yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第四十六話 弱きもののために -【高知篇】 実業家 岩崎弥太郎-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第四十六話弱きもののために

高知県安芸市の市街からおよそ3キロほど離れた場所、当時、井ノ口村と言われた場所に、三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎の生まれた家が修復され、保存されています。
岩崎の生家は、決して裕福なものではありませんでした。
藁ぶきの平屋。
建坪も30坪あまりの質素なものです。
その土蔵の鬼瓦に、岩崎家の家紋、重ね三階菱が刻まれています。
これがのちの三菱のマーク、スリーダイヤの原型と言われています。
家の庭には、石が置いてあります。
いくつかの石が並べられた様は、まるで日本列島。
これは、岩崎弥太郎が、いつか日本で一番になるという青雲の志を持って、置いたのだと言われています。
井ノ口村の近くの妙見山にある星神社。
弥太郎は、この苔むした石段を登り、何度も神社にお参りしたといいます。
彼はこの神社に落書きをしたそうです。
そこには、こう書かれていました。
『我、今回、江戸に遊学す。我、志を得ずんば、再び帰りて、この山を登らじ』
立身出世を夢見て、江戸に出向く前に、夢を叶えることができなければ、ここにはもう来ないという彼の強い決意が垣間見られます。
庭の日本列島と、神社の落書き。
人里離れた村の手に負えない風雲児が、自らの中に培った人生のyes!とは?

岩崎弥太郎は、1835年、天保5年に、土佐の国、現在の高知県安芸市に生まれた。
土佐の温暖な空気、開かれた海、人情に篤い風土が、彼のおおらかな人格を造った。
父、弥次郎は、地下浪人。
地下浪人とは、武士の身分を売ってしまった、半農半士。
農民のように農業で生計を立てる身分の低い存在だった。
弥太郎が生まれたとき、おぎゃあと泣く声が、あまりに大きくて家族が驚いたと言われている。
産婆は、こうつぶやいた。
「こがな太い声で泣くややこは、あていは初めて見たぞね。これは、きっと天下をとるような、大物になろうね」
弥太郎が生まれた井ノ口村は、古くは安芸氏に統括され、戦国時代末期に長曾我部家が治めた。
長曾我部家は、関ケ原で敗戦側についたことで土佐を追われ、代わりに遠州掛川から、山内一豊が統治した。
岩崎家は、もともと甲斐の国、武田の末裔だと言われている。
武田家は、三階菱が家紋だった。
岩崎家は、安芸氏、長曾我部氏に仕えたので、山内氏が入国したとき、山に逃げた。
のちに山内氏にも仕えるようになるが、身分は低かった。
ただ、弥太郎の母、美和は気位が高かった。もともと医者の家系。
ただ優しさと乱世を生き抜く強さを兼ね備えていた。
弥太郎には、母の忘れられないエピソードがあった。
彼は、そこから学ぶことになる。
「後輩や弱きものには、惜しみなく財を分け与えよ」

三菱財閥の創業者、海運業の風雲児、岩崎弥太郎には、忘れられない母の思い出があった。
ある歳の暮れ。近所の主婦が、物乞いにやってくる。
「このままでは、歳を越せねえ。おねげえだ。用立てて、くれんかの?」
それを聞いて、弥太郎の母、美和は怒った。
「お断りするがで。どがな状況じゃき、備えを怠らんが、妻の役目」。
その女は泣いて帰った。
しかし、美和は先回りして、その女の家の障子の破れ穴から銭を投げた。
その銭も岩崎家にとってはなけなしのお金だった。
母は弥太郎に言った。
「ウチもつらい。でも、もっとつらいひとが世の中にはいるもんだよ。後輩や弱きものに、優しくしなさい」
岩崎弥太郎は、生涯を通じて、部下や後輩にお金を払わすことがなかったという。
母の凛とした気品、清貧は、彼の心に人と生きていく術を教えた。
母、美和は、手の付けられないほどのワンパクな弥太郎の、心の奥底に光る優しさを見抜いていた。
「この子には、ひとの気持ちを慮る、土佐の風のような暖かさがある」

三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎は、11歳のときに勉学の才能を見出される。
ただのやんちゃ坊主だった彼に、転機が訪れる。
文才がある。漢詩をあやつった。
14歳のときには、藩主・山内氏にその才を認められた。
21歳で江戸に行くことを決意。
両親は、持っていた田畑を売り払い、資金を作った。
母・美和は言った。
「大きな男になりなさい」
江戸に遊学。彼は志を果たすまでは故郷には戻らぬと誓った。
しかし、父が酒の席で暴徒とやり合い、瀕死の状態になったという知らせを受ける。
しかも、牢獄に入るという。
「いいがかりだ!」
弥太郎は、急きょ、ふるさとに戻る。
父の無実を訴えた。
どんなに自分の立場が悪くなろうとも、彼は引かなかった。
「いざとなったら、いつだって命をくれてやる!」
その覚悟こそが、彼の強さの源だった。
結局、父の冤罪を主張したことで、彼も牢屋の主になった。
転んでも只では起きないのも、弥太郎の底力。
獄中で知り合った商人から、算術や商法、商いの全てを学んだ。
後藤象二郎の恩を受けて、1873年、二隻の船を手にする。
そのたった二隻の払い下げの船を元手に、海運業を始めた。
「三菱商会」と名付けたその会社は、瞬く間に、世間を圧倒する。
岩崎家の重ね三階菱と、土佐を治める山内家の三つ葉の家紋を合わせ、のちにスリーダイヤと呼ばれるマークを作った。
弥太郎が、会社を創設したときに決めたことがあった。
どこの生まれだろうが、どんな家柄だろうが、そんなことは関係ない。
全ての社員に、商人としての教育を施す。
差別を嫌った。それはかつて自分が受けてきたものだった。
そしていつも母の心得が、胸にあった。
「万人を愛しなさい。弱きものの、味方でありなさい」
弥太郎は、日本で最初にボーナスを支給したものと言われている。
企業の利益は、働くひとに還元されるべきだ。
彼は、土佐、高知に生まれ、大海を夢見て船出した。
そして、志を遂げて、故郷に錦を飾った。
彼の心にあったのは、おそらくただひとつ。
「強いものこそ、優しくなれる」

【ON AIR LIST】
風は西から / 奥田民生
Teach Your Children / Crosby, Stills & Nash
やさしさに包まれたなら / 荒井由実
優しい歌 / Mr.Children

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとなすの甘酢炒め

土佐の国、高知県安芸市に生まれた、岩崎弥太郎。土佐の温暖な空気、開かれた海、人情に篤い風土が、彼のおおらかな人格を造ったのではないでしょうか。今回は、そんな安芸市の特産品、ナスを使ったこちらの料理をご紹介します。

霜降りひらたけとなすの甘酢炒め
カロリー
54kcal (1人分)
調理時間
15分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【4人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • なす
  • 2本
  • パプリカ
  • 1/2~1/4個
  • 小麦粉
  • 少々
  • ごま油
  • 大さじ1
  • 【A】醤油
  • 大さじ1
  • 【A】砂糖
  • 大さじ1
  • 【A】酢
  • 大さじ1/2
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。なすは縦8等分にして水にさらし、パプリカは乱切りにする。調味料【A】は合わせておく。
  • 2.
  • なすの水気をふいて、小麦粉をまぶし、熱したフライパンにごま油を入れて皮目を下にしてよく焼く。
  • 3.
  • 霜降りひらたけとパプリカも入れ、しんなりしてきたら弱火にし【A】を入れる。
  • 4.
  • なすにとろみがついたら火を止める。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる