yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第五話 響き合う奇跡の場所 -実業家・大賀典雄-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第五話響き合う奇跡の場所

軽井沢駅から歩いてほど近い、矢ケ崎公園。
並木道に、森の香りをふくんだ風が吹き抜けていきます。
池にかかった木造の橋から、同時に見える、浅間山と、離山。
池の水面に映る、五角形の建物があります。
『軽井沢大賀ホール』。
ソニーの元名誉会長であり、声楽家、指揮者としても知られる、大賀典雄(おおがのりお)が寄贈した、音楽堂。
今年10周年を迎えました。
「五角形にすれば、平行壁面がなくなる。どの席で聴いても、音が均一に届き、美しく反響する」。
彼は退職金の全てをなげうって、理想のホールを、創りあげました。
「若い人が、良質の音楽に、安い価格で触れることができるように」。
そんな彼の想いは、時間を越え、受け継がれ、軽井沢の地に、あらたな文化を根付かせました。木のぬくもりに包まれた音楽堂は、年々、音の深みを増していくように感じられます。
ホールに置かれたピアノは、スタンウェイ&サンズ社が誇る、世界最高峰の名器。
20世紀最高のピアニストのひとり、アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリが来日した際、持ちこんだものです。
その音色を今も空の上で、大賀典雄は、聴いているでしょう。
軽井沢の豊かな自然と、音楽の手紙は、この地を訪れる全てのひとに優しく語りかけています。
「yes。あなたはそのままで大丈夫」


大賀典雄は、1930年、静岡に生まれた。
幼い頃、姉のオルガンをおもちゃがわりにして、遊んだ。
音楽には和音というものがあることも、自分で見つけた。
奏でる。響かせる。共鳴し合う。
オルガン、ピアノ、蓄音機。音楽をひとりで学ぶには不自由しなかった。
ある意味、生意気な生徒だった。先生のオルガン演奏を聴いて、「それは違うと思います」と揚げ足をとったらしい。
小学四年までは良い成績がとれなかった。
でも、五年生になって出会った高林先生は、大賀の才能を見出してくれた。
ブラスバンドをやった。ますます音楽にのめりこむ。
中学3年のときには、音楽家になりたいと思っていた。
敗戦が色濃く、戦禍が厳しさを増していた時、沼津の松林に爆弾が落ちた。炎が家を焼く。
必死で食い止める。火を消し、気が付くと、右手首の甲から血が噴き出していた。焼夷弾の破片が当たったらしい。
その傷は、生涯残り続けた。
音楽には国境も人種もない。全てを越え、全てを包む。
誰の耳にも、平等に降り注ぐ。
そういうものに、一生を捧げてみたい。
芸術には、使命がある。文化には、ひとが生きるために必要な祈りがある。
あらゆる文化の源。それは「人生は生きるに値するということ」。
大賀は、東京芸術大学を目指す。声楽家になりたいと思った。
幼い頃から、「声がいい」と褒められた。
中学2年のとき、肋膜炎を患い、寝たきりを
強いられる。「寝る子は育つ」を体現するように身長は伸び、180センチ近くになった。
体格の良さも声楽家には、好条件に思われた。
声楽家として世界をめぐり、いつかオーケストラの前で、指揮棒を振りたい。そんな夢が彼の背中を、押した。

大賀典雄は、29歳のとき、縁あって、ソニーという会社に入った。
入るきっかけも、「音」だった。
ソニーが出したテープレコーダーの音が悪いとクレームを言った。
「声楽家にとってテープレコーダーは、バレリーナの鏡のように、大切な存在。それがこんな音では、勉強にも使えない!」
そんな大賀を、面白いと思ったのが、盛田昭夫。
「ウチに、来ないか。バリトン歌手と二足のわらじでいいから」
でも、34歳で取締役に就任。会社をまかされ、それどころではなくなった。52歳でソニーの社長になった。
太く、よく通る声で「お前なんか辞めてしまえ!」と部下を震えあがらせた。信条は、リーダーシップと、言葉が明瞭であること。
会社はオーケストラ。指揮する人間の決断と、音を響かせることの大切さを誰よりも知っていた。
そして、誰もが音楽を奏でる大切な楽員だと思っていた。
叱ったあとのフォローを忘れなかった。
この世に、無駄なものはない。意味のない人生などない。
60歳で、念願の指揮者になる。
実業を離れて、さあ、これからは音楽に身を捧げよう、そう思っていた矢先、北京で倒れた。
オーケストラを指揮しているときに、床に伏した。
生死をさまよいながら、彼は思ったのかもしれない。
「このままでは、終われない」。

奇跡的に助かった大賀典雄。長期療養の地が、軽井沢だった。
軽井沢の風が、森が、空が、彼を包み込み、再び呼吸することを教えた。
ソニーを辞するとき、妻と話した。
退職金の使い道。

「お世話になった軽井沢に、音楽ホールがない。音楽堂を建てましょう!」

もちろん、音にはこだわった。
どこにいても、均一に響き渡るということ。
その五角形の建物は、大好きな軽井沢に似ていた。
誰にも等しく優しい景色。誰の心にもすっと届く清廉な風。
やってくる全てのひとの心に共鳴する音楽のような、森の声。
音楽はいい。音楽には、わけへだてがない。
誰をも癒す、そんな音楽堂は、池のほとりに建っている。
大賀典雄が戦争を知り、死線をさまよってたどりついた場所。
そこには、誰にも等しく響く、音だけがあった。
彼は風とともに、語りかけてくれる。
「どんな人生にも、意味がある。そして人生は生きるに値する」

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる