yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第七十八話 己の役割を全うする -【函館篇】 女優 高峰秀子-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第七十八話己の役割を全うする

戦前、戦後を通して50年あまり、日本映画界に燦然と輝いた大女優・高峰秀子。
彼女は、北海道函館市に生まれました。
実家は、祖父の代からの蕎麦屋料亭。
祖父はかなりの実業家で、料亭以外にも、劇場やカフェなどを経営していました。
5歳から天才子役として世間を驚かせた高峰秀子。
しかし、子役から大人の女優へと転身していくのは、至難の技です。
高峰と同時期に、アメリカで大絶賛された子役・シャーリー・テンプルや、終戦後のマーガレット・オブライエンも、その姿を消していきました。
子役は大成しない、そんなジンクスを覆し、50年もの間、女優として君臨し続けた彼女の人生は、決して平板なものではありませんでした。
母の急死、幾人も現れる養父や養母。
「私の養子にならないか」。
実の親の愛を十分に受けられぬまま、人間不信に陥っていきます。
「私は女優でなくてもいい、いますぐ辞めてもいい」。
そう言いながら、辞めることが許されない境遇がありました。
子役時代に、すでに家族親戚を養わねばならなかった彼女にとって、女優とは、己の役割を全うする手段でもありました。
でも、高峰秀子は、心の底から映画を愛しました。
『二十四の瞳』で見せた大石先生の優しいまなざし、『浮雲』で印象的だった愛人に向ける鋭い目つき、彼女ほどさまざまな役をこなし、その役のたびにあらたな顔を見せた女優がいたでしょうか。
彼女は、こんなふうに語ったといいます。
「自分のお財布からお金を払って、私が出た映画をわざわざ観に来て下さった方、その一人一人が、私の勲章です」。
どんな困難に出会っても毅然と己の役割を全うした稀代の女優、高峰秀子が、人生でつかんだ明日へのyes!とは?

女優・高峰秀子は、1924年、北海道函館市に生まれた。
その愛くるしさは、幼い頃から際立っていた。
祖父が経営する料亭で、芸者衆から可愛がられた。
三味線の音と、きらびやかな着物。その中にあってニコニコと笑い、お座敷を歩きまわる女の子。
彼女の人生が大きく変わったのは、4歳のとき。
母が病気で他界。かねてから養女にほしいとせがまれていた、父の妹、志げにもらわれる。
志げは、函館にやってきた活動弁士と駆け落ちして東京にいた。
長い時間汽車に揺られ、上京する。
養母 志げは、幼い高峰に「かあさん」と呼ぶようにきつく命令した。
彼女は混乱する。自分にとって母は、ひとりしかいない。
このひとは、私のお母さんじゃない。
養母は怖かった。鬼の形相で叱られる。
「かあさんと呼びなさい!」。
仕方なく、泣きながら「かあさん」と言った。
亡くなった母への強烈な背徳感、後悔、懺悔。
その言葉を口にした途端、彼女に肉親はいなくなったのかもしれない。
信じられるものを完全に失ったのかもしれない。
こうして、本来の自分と、こうあらねばならない自分との共生が始まった。
ひとは自分の中に矛盾を抱えるとき、最も繊細になる。
彼女は繊細ささえも封印して、己の役割を意識した。

女優・高峰秀子は、5歳のとき、養父と一緒に映画の蒲田撮影所を見学した。
その日、たまたま『母』という映画の子役のオーディションをやっていた。
養父は、飛び入りで参加するように促す。
仕方なく最後尾に並ぶ、高峰。
結果は、見事合格。
しかも、映画は大ヒット。高峰の演技が評価された。
以来、彼女にはオファーが殺到する。
天才子役と評され、引くてあまた。
男の子の役も平然とこなす度胸も、大人たちの度肝を抜いた。
肉親の愛を知らない高峰は、自分の居場所を探していたのかもしれない。
幼くして、プロ意識は高かった。
ある作品で名女優、岡田嘉子(おかだ・よしこ)と共演。
岡田に折檻されるシーンで、8歳の高峰は、こう言ったという。
「そんな叩き方では、私、泣けません」。
岡田嘉子は、幼い高峰の瞳の奥にある、覚悟という言葉を見た。
1934年、函館に大火事があり、祖父の家が全て焼けてしまった。
幼い高峰を頼って上京。
気がつくと、10人あまりの家族が、彼女の稼ぎをあてにしていた。
本当は、女優など続けたくはない。
周りが言うほど、自分に才能があるとは思えない。
でも、彼女はもう引き返すことはできなくなっていた。

女優・高峰秀子の養母 志げは、彼女が稼いだ金を湯水のごとく浪費した。
稼いでも稼いでも、お金は貯まらない。
女優を辞めるという選択肢はない。嫌々ながら続けていた。
そんな高峰に転機が訪れる。
16歳のとき、『小島の春』という映画を観て、衝撃を受けた。
そこに出ている女優、杉村春子の演技のすさまじさに、打ちのめされた。
背中を向けているだけなのに、そこにまるで顔があるかのように、語っている。
スクリーンの中の杉村春子は、まるでこう言っているようだった。
「高峰秀子さん、あんたは人気があるかもしれないけど、それでも役者のつもり?」
高峰は気づいた。
そうか、ここまでやれなければ、女優とは言えない。
お金などもらってはいけない。
そこで初めて彼女は、家族のためではなく、自分のために役割を全うしようと思った。
そうして全作品に魂を込め、どんな役も厭(いと)わず真摯に向き合った。
あるとき、撮影用に注文した毛皮のコートが自宅に届いた。
はおってみると、ポケットに手紙が入っていた。
そこにはこう書かれていた。
「私は、毛皮のお針子です。このコートの注文主が私の大好きな高峰秀子さんだと聞いて、私は嬉しくて嬉しくて、一針一針に心を込めて縫い上げました。私が縫ったコートがあなたを暖かく包んでくれることを思うと、私はしあわせです」。
女優・高峰秀子は、5歳でデビューして50年間、ずっと愛され続けた。
世界中を探してもそんな女優にはお目にかかれない。
そこには彼女の、役割を全うしようとする覚悟と、必死なまでの存在証明の歴史があった。

【ON AIR LIST】
Non, je ne regrette rien / Edith Piaf
Fantasia / 当真伊都子
The Queen & The Soldier / Suzanne Vega
(You Make Me Feel Like) A Natural Woman / Aretha Franklin

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

霜降りひらたけとタコのアヒージョ

今回は、女優・高峰秀子の生まれ故郷、北海道函館市で多く漁獲されている、タコを使った料理をご紹介します。

霜降りひらたけとタコのアヒージョ
カロリー
298kcal (1人分)
調理時間
10分
使用したきのこ
霜降りひらたけ
材料
【2人分】
  • 霜降りひらたけ
  • 1パック
  • 茹でタコ
  • 100g
  • パプリカ
  • 1/4個
  • にんにく
  • 1片
  • 赤唐辛子
  • 1本
  • オリーブオイル
  • 大さじ4
  • 小さじ1/3
  • パセリ
  • 適量
作り方
  • 1.
  • 霜降りひらたけは食べやすくほぐす。タコ、パプリカは一口大に切る。
  • 2.
  • にんにくは薄切りに、パセリはみじん切りにし、赤唐辛子は種を除く。
  • 3.
  • 鍋にオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、塩を入れて火にかける。
  • 4.
  • フツフツと煮立ったら具材をすべて入れ、弱火で3、4分煮て火を止め、みじんにしたパセリを散らす。
  • ※お好みで薄切りにしたバケットを添えてお召し上がりください。
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる