yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ

yes!~明日への便り~presented by ホクトプレミアム 霜降りひらたけ 第七話 受け入れるということ -佐藤万平-

yesとは?

  • 語り:長塚圭史
  • 脚本:北阪 昌人

『自分にyes!と言えるのは、自分だけです』
今週あなたは、自分を褒めてあげましたか?
古今東西の先人が「明日へのyes!」を勝ち取った 命の闘いを知る事で、週末のひとときを プレミアムな時間に変えてください。
あなたの「yes!」のために。

―放送時間―
TOKYO FM…SAT 18:00-18:30 / FM OH!…SAT 18:30-19:00
@FM(FM AICHI)…SAT 18:30-19:00 / FM長野…SAT 18:30-19:00
FM FUKUOKA…SAT 20:00-20:30 /FM軽井沢…SAT 18:00-18:29

閉じる

第七話受け入れるということ

軽井沢には、落葉松が多い。
秋を迎え、黄金色に輝く落葉松の葉が、ゆらゆらと地面に落ちています。
枯葉を踏みしめる感触は、ふかふかとしていて、その香りは、鼻の奥に、つんと懐かしさを残します。
森の奥に小道を行けば、瀟洒なホテルが見えてきます。

『万平ホテル』。

ジョン・レノンが愛し、三島由紀夫、池波正太郎ら、文人が、こぞって宿泊し、軽井沢の西欧文化の象徴として威厳を保ち続けた、国内最初のリゾートホテルのひとつ。

120年以上もの歴史を刻む、このホテルをつくった男がいます。

佐藤万平。

軽井沢の地に文化を花開かせた男のロマンが、あなたに語りかけるyes、とは?

まずは佐藤万平のこんな言葉から始めましょう。
「ホテルは、ひとなり」。

ひとは苦境に立ったとき、どうするか。
逃げる?呆然と成り行きを待つ?それとも、立ち向かう?

かつて軽井沢は、中仙道の宿場町として栄えた。
やがて時を経て、国道ができ、鉄道が走り、ひとであふれた街道はすたれ、ぺんぺん草が生えるようになっていった。
江戸時代のおわりに開業した旅籠『亀屋』も休業状態に追い込まれた。
そんなある夏の日、この旅籠のことを聞きつけた二人の外国人がやってくる。

「ここに泊まることはできますか?」

彼らこそ、後に軽井沢西欧文化の礎を築く、宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーと、東京帝国大学で英語を教えていた、ジェームズ・メイン・ディクソン。
人通りのない宿場町、吹き抜ける乾いた風、草はらに、森、そして遠く望む浅間山。木陰のひんやりした空気。
それらの匂いや風景は、彼らに故郷を想い出させた。
彼らに日本の夏はこたえた。蒸し暑さに辟易した。
この地には、スコットランドの風が吹く。

「夏の間、ここで過ごしたい」。

避暑地としての軽井沢の誕生だった。
旅籠『亀屋』の主人、佐藤万平は、思った。
「外国人の習慣を学び、彼らを迎え入れる準備をしよう」。

常々、感じていたことがある。
食べていくためには、時代に対応しなくてはならない。
ここ軽井沢は、宿場町。どんな旅人も受け入れてきた懐の深さがある。それが誇りだった。それが旅籠の使命だった。
万平は、学んだ。言葉もわからず、風習も違う。それでも、前だけを見つめて、走り始めた。
『亀屋』を、『亀屋ホテル』という名に変えた。
二人の外国人は、祖国に帰り、一軒の旅籠を宣伝した。
「軽井沢にはあるんだ、ホスピタリティ、もてなす心が!」

初代佐藤万平の意志を継いだのが、二代目万平の、佐藤国三郎だった。
彼は初代万平の娘「よし」の婿養子。
小学校の先生をしていた。彼は思った。

「これからは、洋風文化を学ばなくてはいけない」。

宣教師のショーの布教活動に同行して、耳から英語を体得した。
およそ6年間。さまざまな地におもむき、西欧を吸収した。
軽井沢に戻った国三郎は、亀屋を西欧風のホテルに改装する。
場所も移し、借金もいとわなかった。初代万平と、二代目万平、国三郎が手を組み、現在の『万平ホテル』を作り上げた。

MANPEIというアルファベット。外国人の指導を仰ぎ、MANPEIの、Nを、Mにした。
これで外国人が「マンペイ」と読める。
その当時の看板は、今も、ホテルに掲げられている。
Nを、Mにする。ただそれだけのこと。
でも、ただそれだけのことに、おもてなしの真髄が見える。
ひとを迎え入れるということ。
どんな旅人も、迷わせないということ。
ただそれだけのことができるかどうかで、生死が決まる。
それが、人生。
万平ホテルのステンドグラスに降り注ぐ秋の陽は、虹のようにさまざまな色をロビーに散らした。

二代目万平、国三郎は、とにかく軽井沢を愛した。
口は悪いが、ハートは熱かった。

「ウチだけが栄えても、仕方がない。万平ホテルは、この街とともにある」。

軽井沢エフエムの代表取締役 佐藤泰春は、祖父である、二代目佐藤万平、国三郎について、忘れられない思い出を持っている。高齢になり、足を患った国三郎。
だが、街の様子を見にいくことをやめなかった。
当時、車椅子などない。リアカーに西洋の籐椅子を縛り付け、鎮座する。それを引くのが、まだ学生だった泰春の仕事だった。
ホテルを出て、商店街を走る。
一軒一軒、丁寧に訪ねる。「どうだ?やってるか?」
「困ったことはないか?」
泰春は、恥ずかしかった。同級生が見て笑っている。
ちゃんと走らないと、後ろからステッキで叩かれた。
「しっかり引かんか!」
でも、今にして思う。
祖父の人間としてのあったかさ。何よりひとを大切にしたこと。
満身創痍にも関わらず、そこまでして街を愛した、いとおしい姿。
祖父はよく言っていた。

「ホテルは、ひとなり」。

ホスピタリティは、そんなに難しいことではない。
自分がしてほしいことを、相手にする。
笑顔になってもらうために、まず自分が笑顔でいる。
yesと言ってほしいときは、
まず、あなたが誰かにyesと言ってみる。
万平ホテルのロビーには、今日も旅人がやってくる。

音声を聴く

今週のRECIPE

閉じる

カロリー
調理時間
使用したきのこ
  • recipe LIST

閉じる

ARCHIVE

閉じる

RECIPE LIST

閉じる

番組へのメッセージ

閉じる

PROFILE

  • 長塚 圭史

    語り:長塚 圭史

    1975年生まれ。東京都出身。96年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。08年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト「葛河思潮社」を始動、三好十郎作『浮標(ぶい)』を上演する。近年の舞台作品に、『鼬(いたち)』、『背信』、『マクベス』、『冒した者』、『あかいくらやみ~天狗党幻譚~』、『音のいない世界で』など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。
    また、俳優としても、NHK『植物男子ベランダー』、WOWOW『グーグーだって猫である』、WOWOW『ヒトリシズカ』、CMナレーション『SUBARUフォレスター』など積極的に活動。

  • 北阪 昌人

    脚本:北阪 昌人

    1963年、大阪生まれ。学習院大独文卒。
    TOKYO FMやNHK-FMなどでラジオドマ脚本多数。
    『NISSAN あ、安部礼司』(TOKYO FMなど全国FM37局ネット)、『ゆうちょ LETTER fo LINKS』(TOKYO FMなど全国FM38局ネット)、『世界にひとつだけの本』(JFN)、『AKB48の私たちの物語』(NHK-FM)、『FMシアター』(NHK-FM)、『青春アドベンチャー』(NHK-FM)などの脚本・構成を担当。『プラットフォーム』(東北放送)でギャラクシー賞選奨、文化庁芸術祭優秀賞受賞。『月刊ドラマ』にて、「ラジオドラマ脚本入門』連載中。
    主な著書に『世界にひとつだけの本』(PHP研究所)、『えいたとハラマキ』(小学館)がある。

閉じる

NEWS

OA 100回 記念特別企画 『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』
西田尚美さん長塚圭史さん
風も、雨も、自ら鳴っているのではありません。 何かに当たり、何かにはじかれ、音を奏でているのです。
誰かに出会い、誰かと別れ、私たちは日常という音を、共鳴させあっています。YESとNOの狭間で。 今週、あなたは、自分に言いましたか?YES!ささやかに、小文字で、yes。
明日(あした)への希望の風に吹かれながら、自分にyes!と言ったひとたちの物語をお贈りしている「yes!~明日への便り~」。
7月22日と7月29日の2週にわたり、番組100話記念スペシャルとして、軽井沢にゆかりのある、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語をお届けします。
二人のインタビューや数多くの著作物をもとにフィクションでお送りするドラマ『ジョンとヨーコ、それぞれのyes!』。

オノ・ヨーコ役は女優の西田尚美さん朗読は、長塚圭史さんでお送りします。

閉じる