• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Athlete News
Athelete News
15.08.22
日本バスケットボールの未来
今週の「ATHLETE NEWS」は、日本バスケットボール協会・川淵三郎会長をお迎えしました。


ーまずは、おめでとうございますと言いますか、ありがとうございます

「解禁になりましたからね。今まで制約を受けていて、特に女子のチームは強かっただけに、国際試合に参加出来ないというのは、彼女達にとって不愉快な思いをさせていたと思いますので、僕としてもホッとしてるところです。
2つのリーグを1つにする。これが10年来の難問題で。国際バスケットボール連盟から、調停に乗り出してくれと言われていたので、それを解決するのが難題だと思ったんですけど、割合スムーズにいきました」

ー2つに分かれていたリーグが1つになって、来年10月に開幕しますね

「この番組を聴いていただいてる皆さんにも、日本の男子バスケットボールが日本で分裂していたリーグが1つになって。日本のトップリーグとして、世界に飛躍する。そういったものが出来たと理解していただいて、興味関心を持っていただけるとありがたいと思います」

ーこれはどのようなリーグになるんですか?

「今、一部の12チームが決まったんですけど。バスケットボールの1つのチームの登録人数って12人なんですね。2つのリーグを足すと、30いくつありますけど、30だとすると360人ですよね。そうすると、プロに値する選手は、正直言って日本にあんまりいないんですよ。
ある程度しぼられた、強い選手ばかりのリーグ戦にならないと、全体のレベルアップは図れませんよね。そういう事から言うと、せいぜい12人の20チーム240人。その中でも、少なくとも50〜60人。世界の舞台に出て行ける選手を育てていこうとするならば、切磋琢磨して全体のレベルアップを図っていくことが、日本代表に直結する、オリンピック出場に直結しますよね。
男子は約40年くらいオリンピックに出場出来てないんですよ。それはアジアの中で弱いっていう事ですよね。それなのに分裂しててどうするの?っていうことですよね。一致団結して、一つの方向に向いていきましょうと、それが今回のリーグの統一の大きな目標ですね」

ーゲストの方に、お気に入りの一曲を伺っています。川淵三郎会長がよく聴いてる一曲はありますか?

「平原綾香さんがデビューした頃、森山良子さんのコンサートによく行ってるんですけど。その時に彼女が出て来て、”すごい声の人が出て来たな”って思ったんですよ。「Jupiter」は力強い歌でね、平原綾香さんと言ったら、僕にとっては「Jupiter」なんですよね」

ー選手の育成というのは難しいですが、どうしていけば選手は育っていくのでしょうか?

「Jリーグを観ていただいて分かるように、国内の試合だけでは国際試合で通用する選手は育たないんですね。やっぱり、Jリーグが出来たときは世界のレベルからいくと、日本のサッカーはレベルが低かった。1994年のアメリカのワールドカップで優勝した、ブラジルの代表選手のレギュラー6人が日本に来たんですよ。
その頃はヨーロッパの選手の年俸が高くなかったから、みんな日本に来たんですね。今じゃ10倍くらい出さないと来ないっていうくらいですから(笑)。世界の一流の選手をとろうとしたら、契約金で100億円くらいかかるだろうし、年俸としては10億円くらいじゃ、とても来ないですね」

ーそれをJリーグで払いきれるかと言うと、難しいですよね

「払いきれないですね。経営者としての感覚で、たとえばメッシをとってくるとしたら、会場はものすごい埋まりますよね。メッシを呼ぶんだから、入場料金を上げてくれと頼んで、お客さんが入ればトータル的に見て、Jリーグ全体が、あるいはそのクラブが利益あげるんだというくらいの、経営者がそういう判断をしないと駄目だと言ってるんですよ。
夢がちっちゃいんですよね。ちっちゃい夢だけ見ていると、さらにちっちゃくなる。大きな夢を見ると、大きな夢に向かってトライする人の気持ちも、いろいろな事を考えられるようになるでしょ。
日本のバスケットボールは、Jリーグが出来る前のもっと小さなイメージですから。そういうことをこれから夢見て、どんどん大きくなってほしいですね」

ーずっとJリーグを引っ張ってこられた川淵さんが、いきなりバスケットというのがすごく驚いたんですよ。逆に、これだけ驚いた分、今どんなリーグが出来るんだろうと、感心が高まっていると思います。

「そうですね。来年10月にスタートするので、それに向けて1年間、Jリーグがスタートした時のように、みんなが注目してくれる。そういう盛り上げ方をどうするかというのが、これからの僕らの一番の課題ですね」


Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。