アレキサンドLOCKS!

1月24日(火)のアレキサンド LOCKS!は・・・

2月1日リリースの新曲「SNOW SOUND」のMVが遂にDROP!!!
MVを観た感想!そして楽曲の感想!それぞれ [ アレキサンドロス掲示板 ] まで!

今回の授業は、川上先生が高校受験に挑んでいるキミの話を直接聞いていきます!
”受験の事で聞きたい事があります!” ”受験の事で悩んでいます!” ”背中を押して欲しい!” という生徒は、
[ アレキサンドロス掲示板 ] に書き込んでください。

現在 [Alexandros] 先生は、「TOUR2016-2017〜We Come In Peace」中!!!
足を運んだ生徒は、”その感想”を!(ネタバレ注意!)
足を運ぶ生徒は、その”ドキドキ”や”ワクワク”などを [ アレキサンドロス掲示板 ]
待っています!!!

Movie!

アレキサンドLOCKS! 2017.1.17 火曜日

(チャイム…ガラガラ…)


洋平先生「はい!進路室へようこそ!センター試験終わりましたね!受験された生徒さんのみなさん、お疲れ様でございます!どんな結果だったのか[ アレキサンドLOCKS!掲示板 ][ メール ]で送ってもらえると嬉しいです。とても結果が気になっておりますので、報告お待ちしております。
センター試験は終わりましたが、これから受験シーズンは本格化していきますね。センター試験は第一関門と言いますか、まだ次も試験はありますからね。
大学受験を思い出すと…僕はセンター試験受けましたけど、諦めていたので(笑)志望する大学の受験をメインにしていました。だから僕はここからが本番だと思っています。実は、僕、毎年Twitterで受験するみなさんに“頑張れ!”と送っているのですがこの時期になると、当時の自分を思い出してしまってね。“親に怒られたなー”と“先生に怒られたなー”って何とも言えない感情が、頭の中に思い出してしまうんですよね。その事を思うと、どうしても応援したくなるんですよね。
だから、アレキサンドLOCKS!のオファーが来た時、“嬉しいな!” “応援しがいがあるな!”と思いました。受験生のみなさん、ここが踏ん張り時ですから頑張ってください!我々[Alexandros]も『[Alexandros] Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜』の真っ只中でございます!一緒に頑張りましょう!!」


M SNOW SOUND / [Alexandros]


洋平先生「この『SNOW SOUND』!!! ライブでもガンガン演奏していますし、ラジオの方でもガンガン流れていますが、みなさん!気に入ってくれていますでしょうか?冬にピッタリの曲だと我々も自負しております!そしてなんと、本日の朝から『SNOW SOUND』のMVが公開されております!」

MV「SNOW SOUND」





洋平先生「いいMVですよ!素敵な役者さんが出演しています!ただ、クライマックスは…賛否両論だと思います(笑)僕のアイデアなんですけどね(笑)僕は大好きです。『SNOW SOUND』のMVの感想もお待ちしております!!」



洋平先生「さあ!この所、受験一色だったので、本日の授業は思考を変えまして…。」


(カッカッカッ…カッカッ…)


洋平先生「…はい!…Movie!

SCHOOL OF LOCK!


洋平先生「先日、久しぶりにブログを更新しました(笑)『あれきさんどろす日記』 そしたら、の芸能人ブログランキングの2位になりました!凄くない?(笑)何をブログに書いたかと言いますと、2016年に観た映画を総括して、僕が独断と偏見で選んだ『第101回 カワカミー賞2016』です。作品賞、女優賞、男優賞、あとラズカミー賞(これはダメでしょう!(笑)っていう映画)をランキングにしまして、それぞれ発表しています。
このランキングは去年公開された映画だけが対象というわけではなくて、例えば、ビデオを借りてきて観た昔の映画で感動しても、“去年僕が見た!”というものはランキングに入れています。本当に個人の独断と偏見でしか選んでいない賞です。
去年観た映画は125本…例年に比べると少ないですね。ハリウッド映画は少し大人しかった印象でございますが、その分、日本の映画は、『君の名は。』や『シン・ゴジラ』など、話題作がありましたね。あとヨーロッパの作品で注目される作品が多かったです。僕もそうなんですけど、普段ハリウッド映画ばっかり観る人は、“日本の映画も面白いな!”とか“ヨーロッパのカルチャーに触れるのも良いな!”などそういう感じで見始めた人も多かった年なのではないでしょうか。
そんな中で、2016年、私・川上洋平が観た映画の中で生徒のみなさんにオススメするのは…」


『シング・ストリート 未来へのうた』



「シング・ストリート 未来へのうた」予告編





洋平先生「BLOGでは95点付けてるね!!!何でこの映画をオススメするかという…実は先程オンエアした『SNOW SOUND』を作った、前の日に観た映画なんですよ。なので、この映画の影響をかなり受けています。そういう意味もあって生徒のみなさんに観て欲しいなと思いました。
ストーリーは、実話ではないんですけど…“アイルランドの少年たちがバンドを結成して成功しようぜ!”という夢見る青春映画です。当時のアイルランドはイギリスに憧れる子たちが多かった国なんです。そのアイルランドという国の中でどのようにバンドを目指せばいいのか?というものを凄く生々しくポップに描かれていて、とても勉強になりました。“U2もこういう風に結成されていったのかな?”と考えたりもしましたし、日本でバンドをやっている僕としては親近感が湧いてしまったんですよね。そういう意味でもこの映画は凄く感動しました。
“バンドで成功したい!“って思っている生徒さんには、ぜひ観て欲しいなと思います。バンドだけでなくても、目指しているモノとか熱いパッションを持っていれば、必ず感じるものがある映画だと思います。
去年、125本の映画を観ましたけど、『シング・ストリート 未来へのうた』以外にも良い作品がありますので、TSUTAYAとかで“何借りようかな?”と悩んだ時は、私のブログを覗いて欲しいなと思います。」

洋平先生「昨年末、最後の授業<Looking Back>で公約しましたけど、今年こそは映画200本観る予定でございます!結構キツいんだよ(笑)2017年は良い映画いっぱいありますよ!年末には『スター・ウォーズ』シリーズの最新作も待ってますし、『スパイダーマン』シリーズの最新作『スパイダーマン:ホームカミング』、更には『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』もあります。僕のお薦めはクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』も夏以降に公開される予定。
そして忘れちゃいけないのが、『エイリアン:コヴェナント』!これもめちゃくちゃカッコいいポスターと共に公開が発表されました。日本の公開予定日は9月!ポスターがとにかくカッコいい。エイリアンの画像の上に“逃げ…”って。めちゃくちゃ楽しみ!2017年はいい映画目白押し!…ですが!こちらもまもなく公開でございます!!!」


M 今まで君が泣いた分取り戻そう / [Alexandros]


洋平先生「そうです!そうなんです!!2月25日(土)に公開となる…!
映画『きょうのキラ君』!!」


「きょうのキラ君」予告編





洋平先生「この映画の主題歌は、我々[Alexandros]!実はこの映画、一番お薦めしたい映画なのかなと思います。胸キュン映画と言われていますけど、とても素晴らしいヒューマンドラマなのかなと思います!(笑)なぜ手放しで“絶対見たほうがいいよ!”と言えないのかというと、まだ僕が見てないからです!もし映画の舞台挨拶とかあったら、普通“みなさん楽しんでください!”って舞台袖とかにハケるけど、会場のお客さんと一緒に観るもん(笑)ポップコーン買ってきますからね(笑)
そんな中で気になる書き込みがありました…。」



■あけましておめでとうございます!
先生に一つ聞きたいです!
私は映画部に入っていて映画を作っているのですが、監督した作品には「パッションがない」と言われてしまいました。
ようぺ先生がパッションがある映画だと思う作品を教えてください!
映画少女
女性/16歳/静岡県




洋平先生「なるほどね!凄いね!映画部って映画作るの?ちゃんとしたカメラとか使って撮ってるんだろうなー。パッションがある映画なんだろう…。監督というよりはバンドのっていう意味で……
『オアシス:スーパーソニック』かな!」


SUPERSONIC | OFFICIAL OASIS DOCUMENTARY FILM TRAILER




洋平先生「昨年末に観たんですけど、パッションを感じましたね!オアシスは、世界が誇る!イギリスが誇る!僕の大好きなバンドです。そのオアシスの最初の3年間を閉じ込めたドキュメンタリーなんですけど、“よくこんな映像残ってたな〜”って思いました。“あんまり出してほしくないんじゃないかな?”とも思ったのですが、でもそれを色々な人を“説得したんじゃないかな?”という意味でも相当パッションを感じましたね。…僕が考えるパッションというのは、何も言わずに監督の意図や気持ちが伝わってくるモノかな。
メッセージとかじゃなくて半分以上はエゴなんだよね。映像を作る時って、きっと色々なしがらみとかがあるでしょ?でもそれを全て押しのけて、“俺の撮りたい映画を撮るんだ!”って押し切った映画って伝わるよね。それが俺の思うパッションに満ち溢れている映画かな。そういう映画を探すっていうのも1つの手段かも知れませんね!“これは他の映画と違うな。”って。今のうちから探しておくと良いかもね。意外とマイナーなとこに眠っているのかもしれませんしね。」

洋平先生「RN映画少女さん。映画監督を目指しているのかな?頑張ってほしいです!そして‘パッションがない’と先生に言われた映画もぜひ観てみたいですね。進路室に送って欲しい!そしたら2017年の観た映画リストに入れるから!(笑)」
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 66 | 67 | 68 || Next -
  • Alexandros Official web site
<   2017年1月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS