応援LOCKS!

人は、人なしでは生きられない。

時には、ひしひしと孤独を感じ、
誰とも顔を合わせたくないことがあるだろう。

しかし、どんなときでも、君は、ひとりではない。
がんばろう。顔を上げよう。
みんなが君を、応援している。

ボクシングで日本一をを目指す12歳の生徒に逆電!

応援LOCKS! 2016.9.23 金曜日

応援部は最後までチョコたっぷりロッテToppoの精神にのっとり、ネバーギブアップな生徒を応援!
ネバーギブアップ宣言してくれた生徒に毎週Toppoを差し入れしていきます!

今週のネバーギブアップ宣言をしてくれた生徒の発表です!


漫画が大好き!!
漫画の編集者になるために、今頑張って勉強していい高校に入って、
一生漫画にかかわっていきたい!!
ももぺいん
女性/15歳/愛知県
2016-09-17 11:348


大きな一歩
決めた!好きな人に一旦嫌われてもいいから、攻めて攻めて攻めまくって絶対振り向かせてみせる!!
どんな壁が立ちはだかろうとその方向へ向かっていけばいつか必ず辿り着くはず!何があろうと絶対引かない!!
人の心は動かせないなんて言わせない!!!!
たんぱくちーや。
女性/15歳/愛知県
2016-09-16 19:44


いよっしゃぁーーーーーーー!!!!!!
アナウンサーになる夢を叶えるためにとうきょうの大学に行って、とうきょうの大学に行くために第一志望校に受かる!そのために、まず1ヶ月先のテストで260点越えてやるーーー!!
早鳶
男性/15歳/北海道
2016-09-16 22:23


絶対に農業クラブ会長になってやる!!!!
今年の12月に農業クラブ会長選挙があります!!
いまのところ、自分ともう一人の子の二人が立候補を予定しています!!
クラスの子からお前が農業クラブ会長になれるはずがない!って言われましたが、そこを乗り切り、頑張りたいと思っています!!!
負けたら、そこで終わりなので、諦めずに頑張ります!!!!!
どいやさん
男性/16歳/福岡県
2016-09-16 20:15



とーやま校長「がんばれぃ!!」

あしざわ顧問「ネバーギブアップ!!!!」

160923_ouen05.jpg


SCHOOL OF LOCK!応援部はシーズン11!
シーズン11ではネバーギブアップな精神を持った生徒を全力で応援していきます!

来週はシーズン11のフィナーレ!…ということで!
本日、ネバーギブアップ宣言をしてくれた生徒への逆電もラスト!

あしざわ顧問「とーやま校長、どうしてもつなぎたい生徒がいるんですけど、いいですか?」

とーやま校長「参りましょう!!」

あしざわ顧問「……もしもし!!」

風にのったボクサー 三重県 12歳 男性 中学1年生

風にのったボクサー「もしもし!」

あしざわ顧問「書き込みありがとう!! 早速だけど、お前のネバーギブアップ宣言を聞かせてくれ!」

風にのったボクサーボクシングの大会で日本一を目指します!

あしざわ顧問「という事は、ラジオネームの通り、ボクシングをやっているんだ! いつからボクシングをやっているの?」

風にのったボクサー「小学校1年生です!」

RN 風にのったボクサーがボクシングを始めたのは、親とボクシングジムの会長さんが知り合いだったことがきっかけなのだとか。

あしざわ顧問「やってみて、初めはどうだった?」

風にのったボクサー「全然出来なかったですね」

あしざわ顧問「戦績を聞いてもいい?」

風にのったボクサー「小学校6年生の3月に一度、日本一になってます!」

あしざわ顧問「え!? マジで!!」

160923_ouen07.jpg


とーやま校長「これはすごい! それは小学校6年生が出られる大会?」

風にのったボクサー「小学校5年と6年の中で同じ階級の人が出られる大会ですね」

とーやま校長「体重が同じくらいの子達の中で日本一になったんだ! 学校が終わった後とかにトレーニングに行ってたの?」

風にのったボクサー「そうです! 週6で行っていました」

とーやま校長「じゃあ、腹筋とかも割れてる?」

風にのったボクサー「まぁまぁですね」

ストイックにトレーニングに打ち込んでいたRN風にのったボクサーの身長と体重は、155僉37圈そして、体脂肪率はなんと4%!!

あしざわ顧問「すごい! ムキムキじゃん!」

とーやま校長「カッコいいわ!! それで日本一って、モテるだろ!」

160923_ouen03.jpg



風にのったボクサー「モテないです(笑)」

とーやま校長「ウソだぁ〜! 彼女がいたりとか、告白されたことある?」

風にのったボクサー「無いです!」

とーやま校長「ウソだね! 試合終了! タオル放り投げて終わりだよ」

160923_ouen08.jpg


あしざわ顧問「勝手に終わらせないでください(笑) でも、日本一になったってすごいじゃん! そこまでは順風満帆に行った感じなの?」

風にのったボクサー「そんな上手い事もいってないです…」

あしざわ顧問「上手くいかない時期もあったんだ」

風にのったボクサー「日本一になった大会の前に夏の大会があったんですけど、そこでは全国大会まで行ったけど、決勝で負けてしまったんです」

とーやま校長「あと一歩のところで負けちゃったんだ」

あしざわ顧問「それまではずっと勝ってきたの?」

風にのったボクサー「小5の時は3試合やって1回しか勝てなかったんですけど、小6になってからは頑張りました!」

あしざわ顧問「だけど、夏の大会ではあと一歩届かずだったんだ。めっちゃ悔しかったでしょ?」

風にのったボクサー「悔しかったです」

あしざわ顧問「その時、どう思った?」

風にのったボクサー「その時、何もかも上手く行きすぎて天狗になってたんです」

RN 風にのったボクサーは、自分の力があれば応援なんて無くても勝てると思い、“応援がうざったいな”と感じてしまった時期があったのだそう。
そんな時に、大会で負けてしまったことで気持ちが沈んでしまったRN 風にのったボクサー。だけど、励ましてくれる仲間の温かさがとても嬉しかったのだとか。

160923_ouen10.jpg


風にのったボクサー「それまでいろんな人が支えてくれてたんだなって分かって、親や、ジムの人たちに感謝しました」

あしざわ顧問「今、中学1年生になって、試合の調子はどう?」

風にのったボクサー「東海の大会で負けてしまいました」

あしざわ顧問「そうか…。1回目の負けと2回目の負け、何か違うものがあった?」

風にのったボクサー「久しぶりに負けて、負けの大切さが分かりました」

とーやま校長「負けの大切さ…」

160923_ouen09.jpg


風にのったボクサー「大阪の時は、大きな大会で初めて負けたから、ただショックなだけで、そこから立ち直れたけど、2回目は負けも受け入れて、そこから負けた人の気持ちも分かったから、冷静になれました。負けるっていう事を踏まえてボクシングをやっていかないとって思いました」

とーやま校長「これ、誰に教わったわけでも無くて、自分自身に問い続けて出したこと答えでしょ?」

あしざわ顧問「カッコいいなぁ。自分で吸収して、負けることでめっちゃ強くなってるよな。1回目で周りの人の優しさに気づいて、2回目では冷静になぜ負けたかっていうのが見えている。力になってるよね!」

風にのったボクサー「そうかもしれないです!」

160923_ouen04.jpg


とーやま校長「結局のところ、敵は自分なんですよ。そんな弱い自分を受け止め切れたものが、次に行ける。強くなれるってこと!」

風にのったボクサー「ありがとうございます!」

あしざわ顧問「次の試合はいつなの?」

風にのったボクサー「11月3日に県の予選があるので、体作りをしていって3日の試合に向けて練習していきたいです」

とーやま校長「その大会では、どこを目指していく?」

風にのったボクサー「3日の試合も、東海の大会も勝って、2連覇です!!」

とーやま校長「来たね! 夢は大きく!」

あしざわ顧問「お前ならいけるぞ! ネバーギブアップ!!!」

風にのったボクサー「ありがとうございます!」


♪ 炎の戦士  /  SEKAI NO OWARI


160923_ouen06.jpg


あしざわ顧問「こうやって人は成長していくんですね。負けを知って、自分のダメな部分を知って、どんどん人は大きくなっていく。みんなも見習って、俺たちも頑張っていこう!」

とーやま校長「ちゃんと自分自身と向き合っていこう!」

これからも応援部ではネバーギブアップなやつらを応援していく!
諦められないことがある!そんな生徒には、どんどんネバーギブアップ宣言をしてほしい!


160923_ouen02.jpg


お前らは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK! は、学校を挙げて、
がんばっているお前を応援しているぞ!!!

160923_ouen01.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
風にのったボクサー 三重県 12歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 198 | 199 | 200 || Next -
<   2016年9月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE