SCHOOL OF LOCK!応援部

ここはがんばっているみんなを応援する部活動!
応援されたい生徒よ、いつでも集まって来い!
SCHOOL OF LOCK! 応援部

あしざわ顧問ととーやま校長が夏の恋を全力応援!!!

応援部 2017.7.21 金曜日

「SCHOOL OF LOCK! 応援部」では、“2345”書き込みプロジェクトがスタート!
受験生は、23時45分までに「勉強宣言」を応援部掲示板へ書き込もう!

例えば…
「今日夜中の1時まで、日本史がんばります!」
この書き込みが、みんなが頑張る姿が、一緒に戦う受験生の力になります!
応援部掲示板で、みんなから勇気をもらってほしい!

あしざわ顧問「さぁここで、今週、2345書き込みプロジェクトに参加してくれた、『チーム2345』を発表!」

応援部掲示板に勉強宣言をして、みんなに勇気を与えたことを讃え、ラジオネームを読み上げたいと思います!

長野県 17才 男子 RN そーらっきーまん

埼玉県 17才 女子 RN ぴっころれもん

長野県 18才 男子 RN てんたーむ

埼玉県 19才 男子 RN promise

これからも生徒の勇気になってほしい! 2345書き込み待ってるぞ!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「部活動をがんばっているお前! 受験勉強をがんばっているお前!」

とーやま校長「今、応援されたいと思っている、お前! さぁ、いつでもここに集まって来い!!

俺たちは頑張っているお前を、全力で応援していくぞ!!


SCHOOL OF LOCK! 応援部!


とーやま校長「ウララララーーーー!!!!」


SCHOOL OF LOCK!



あしざわ顧問「校長先生! 今の雄叫びは何ですか!?」

とーやま校長「すみません、アパッチの雄叫びでございました」

あしざわ顧問「なるほどなるほど…」

とーやま校長「今ので分かってくれたんですか?(笑)」

あしざわ顧問「今日から夏休みーーーーーーーーーー!! な生徒が多いですね」

とーやま校長「そうですね。そんな生徒が多いということで、ちょっと気持ちが入って、アパッチの雄叫びをあげてしまいました」

あしざわ顧問「その気持ちが十分伝わってきて、僕もつい叫んでしまいました」

夏といえば、色々あるけど、10代の生徒はもう正直! あの掲示板がどうしても盛り上がってしまっている!

あしざわ顧問「とーやま校長、わかりますよね? 10代にとって、夏といえばなんですか?」

とーやま校長「競馬じゃないですか?」

あしざわ顧問「違う!(笑) 10代はやっちゃダメですから! 『恋』ですよ!

とーやま校長「恋ね!」

SCHOOL OF LOCK!



ということで! 今日の応援部は、恋愛部掲示板の書き込みを時間の限り紹介!

あしざわ顧問は、「がんばれぃ」を!!
そして、とーやま校長は、「アパッチの雄叫び」を届けます!

とーやま校長「ウララララーーーーーー!!!!」

あしざわ顧問「別に構わないんですけど、なんでアパッチの雄叫びなんですか?」

とーやま校長「アパッチの雄叫びは、夏なのに、スペクタクルな恋模様のひとかけらもない、座禅組を代表して、夏の無念を叫ばずには入られないかな、と!!」

あしざわ顧問「そっちサイドの気持ちもちゃんと分かってくれているんですね!」

とーやま校長「彼氏彼女がいないチーム座禅組の叫びとして、アパッチを入れさせていただきます」

あしざわ顧問「それでは、恋愛部の書き込みを紹介! 全力で応援していきます!」


バカサマーウォーズ
今日、終業式があったんですけど好きな人と隣になりました!全校で集まるので距離も近くて1時間ドキドキしっぱなしでなかなか先生の話が入ってこなかったです。でも、何も話せなかったです。
もう少し勇気があればいいのにな…
太陽色のお雛様
女性/13歳/滋賀県
2017-07-20 18:51


あしざわ顧問「でも、この時間楽しかっただろうね!」

とーやま校長「最高の1時間だったでしょ!」

あしざわ顧問「太陽色のお雛様は、あまりガンガン行くタイプじゃないのかな?」

とーやま校長「そうじゃなかったとしても、隣に来たら動けなくなりますよ!」

あしざわ顧問「しかも、終業式ってことはこれから夏休みでしばらく会えなくなるから、寂しいって思うかもしれないけど、好きな人を思いながら過ごす夏っていうのはたまらないものがあると思うんだ!」

とーやま校長「確かに!」

あしざわ顧問「結果的に声をかけられなかったけど、その人を思いながら聴く夏の曲とか、その人のことを想像する時間こそがいちばんの青春なんじゃないかな」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「愛を育てる時間にもあてられるわけですもんね」

あしざわ顧問「そうなんですよ! そして、僕は気持ちが溜まりに溜まった時にこそ、声をかけたり、告白したりすると思うんです。初めて声をかける瞬間は、きっと来るはず!

とーやま校長「もしも、好きな人が目の前にいて”声をかけたい!”って思ったら、どうしたらいいですか?」

あしざわ顧問「その場合は、どんな言葉でも良いと思うんです。失敗したら…とか、変なこと言ってしまうかも…とか考えてしまうかもしれませんけど、どんな言葉でもいいので、彼に向けて言葉を発するというのが全てだと思います!」

とーやま校長「どんな言葉でもいいと! ウララララーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「がんばれぃ!!!」



来て欲しいような来て欲しくないような
あとちょっとで、花火大会!!好きな人に4ヵ月ぶりに会える!本当に楽しみだなぁ!
最近好きな人とその話ばっかりしてます♡
でも、浴衣着てくけどなんて言うかな?LINEばっかりで直接話してないから、ぎこちなくなるかな?という少し不安も出てきた…
それに、花火大会が終わってしまったらもう会うこともなくなるのかな?LINEで話すことも無くなっちゃうんじゃないかな?って終わってしまったら時の不安も…
あー、、、花火大会来て欲しいような来て欲しくないような…
共感できる人、うんうんスタンプ押してくださいー!
陸をかける少女
女性/16歳/東京都
2017-07-19 23:29


あしざわ顧問「なるほど! でも、本当のその人のことが好きなんだね」

とーやま校長「(あまり会えないってことは)高校が違うとかなのかな?」

あしざわ顧問「好きな人って言い方なので、まだ付き合ってないのかもしれないですね」

とーやま校長「でも、花火大会の話ばかりしているんですよ? わりとお互いの気持ちは通じ合っている感じはしますよね」

あしざわ顧問「お互い、好きだって気持ちは間違い無いと思うから、不安に思っちゃうかもしれないけど……」

とーやま校長…ウララララーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「早い早い!(笑)」

とーやま校長「すみません…。羨ましくてつい……」

あしざわ顧問「座禅組の気持ちとしてはそうだと思うけど!」

とーやま校長ウーーララーーーー!!!!

あしざわ顧問「たーまやーみたいに言わないで(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「座禅組のみんなからの”ジャマしろ”っていう声が聞こえてきちゃって…」

あしざわ顧問「ここは祝福してあげよう?(笑) でも、毎日会っていたらこんなに楽しめていないかもしれないよね」

とーやま校長「LINEだからこそ、話せたこともいっぱいあったでしょうしね」

あしざわ顧問「直接会った時に、”やっぱり好きだな”って確認する時間が来るわけじゃん。その為の寂しいだと思うし、合う為のフリのようなものだよ! だから、会った時に好きだって思いを伝えたらいいじゃない!」

とーやま校長「そうしたら、そのあとの不安もなくなるってことですか?」

あしざわ顧問「無くなっていくし、時間を共有することでまた会う時間が楽しみになると思う! 陸をかける少女! 好きだって気持ちを直接会って伝えよう!!」

とーやま校長「…ぅー……」

あしざわ顧問「ん? なんだ? ……気のせいか」

とーやま校長…ウララララーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「がんばれーぃ!!!(笑)」



久しぶりデート♡
今度の日曜日にお正月ぶりに会えることになったんです!!嬉しすぎますよね!!
近所で2人だけで過ごすっていうのが一番憧れなんですけど、やっぱり距離が遠いっていうのもあって2人の真ん中にある観光スポットに行くことになりました!!
かき氷食べるっていうのが目的です笑
でも…
天気予報は雨…。
なんかテンションさがっちゃいますかね?
雨の日デートのアドバイスください!!
明るいさん
女性/17歳/京都府
2017-07-20 22:59


あしざわ顧問「雨の日って、白けちゃうとか、大変だなってイメージになりがちですけど、逆に雨の日のデートって覚えてたりするんですよ!
なんなら、雨の日ってことをポジティブに捉えた方が良いと思っていて、雨の日だからって自分からテンションを下げに行く必要はないわけですよ!
明るいさんって名前なんだから”雨でも楽しもう!”って自分から言って、楽しい方向に持っていけば、自ずと楽しくなると思います!」

とーやま校長「例えば、チャンスも多くないですか? 1本の傘に一緒に入って、手が触れ合ったりとか…」

あしざわ顧問「そういうのも良いと思う! そんな時にあえてかき氷を食べて、体冷えちゃったねって言っているのも楽しいと思うよ!」

とーやま校長「この間、東京で突然ヒョウが降りましたけど、そのタイミングでヒョウが降ったらかき氷買う必要がないってことですからね!」

あしざわ顧問「直接食べるのは……」

とーやま校長ウララララーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「早い早い!(笑) 衛生的にも良くないからダメです! 
でも雨の日なら人も少ないと思うし、ポジティブに捉えたら良いと思うし、楽しんで来ちゃいなよ!
お前が率先して楽しい雰囲気を作る! これがデートを楽しむアドバイスです! がんばれぃ!!!


♪ サママ・フェスティバル! / Mrs.GREEN APPLE


あしざわ顧問「恋をすると、いつも通りじゃなくなるんですよ。これをイヤなことだと思ってしまうかもしれないけど、僕はすごく良いことだと思うんです。
普段と違うことが起きたり、ドキドキしたりっていうことがたくさんあった方が人生楽しと思うし、大阪府のsome-bearも、予定外の状況になっちゃっているかもしれないけど、あえてそこを抜け出してみるとかして、いつもとは違った景色を楽しんでほしい!」

とーやま校長「恋に関しては勇気は絶対必要ですけど、勇気を出すって怖いことでもあるじゃないですか。でも、”夏だから”っていうのでいろんなことが乗り切れると思っているんです!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ顧問「夏を言い訳にしてしまおうと!」

とーやま校長「そうです! 夏は体温が上がるわけでみんな浮かれているんだから、そこに乗っかっていこう! 夏のせいにしちゃおう!」

あしざわ顧問「夏の力を借りて、みんな全力で恋をしよう!」

応援部の全ては、みんなの書き込みから始まります! 掲示板への書き込み待ってます!

お前たちは1人じゃない!
SCHOOL OF LOCK!は、学校を挙げて!
がんばるみんなを応援しているぞ!!!

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 242 | 243 | 244 || Next -
<   2017年7月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE