セカオワLOCKS!

4月27日(金)のセカオワLOCKS!は・・・

今夜の授業は『Saori先生、はじめての補修』!!!!
この3ヶ月間授業をお休みしていたSaori先生が、お休み中にメンズ3人が行なっていた授業を駆け足で補修授業していきます!!
新年の書き初め、川柳、フリートーク、『RAIN合唱コンクール』…などなど、やらなければならないことが沢山!!!!!
果たして時間割通りに授業を終えることができるのか…!?

Saori先生がバックアゲイン!!!

セカオワLOCKS! 2018.4.20 金曜日

20180420_s73n0m_21.jpg


20180420_s73n0m_11.jpg


Nakajin僕らSEKAI NO OWARIとSCHOOL OF LOCK!の東日本大震災復興支援プロジェクト『STAY STRONG』。2011年からチャリティーリストバンドを作ってライブ会場、そして、TOKYO FMの公式ショッピングサイトで販売しています。僕らの野外ライブツアー『INSOMNIA TRAIN』では第8弾となる『STAY STRONG』を発売中でございます。実物がここにひとつあります。」

Nakajin 「今回のカラーは・・・」

Saori 「マゼンタみたいな色ですかね。」

20180420_s73n0m_20.jpg


20180420_s73n0m_02.jpg


DJ LOVE 「そうですね。」

Fukase 「今回はデザイナーと喋りながら、デザイナーというか・・・ヒロカズ。」

Nakajin 「ヒロカズって名前は覚えといてほしいよね。」

DJ LOVE 「話が早いからね(笑)」

Nakajin 「そうなんですよ。」

Fukase 「あんまりデザインを入れないで、ちょっとシンプルにいこうっていう話をしました。」

Nakajin 「ストリート感がありますね。」

Fukase 「そうね。」

Nakajinいろんなデザインがあるけど、今回はシンプルになってます。値段は500円。よかったら手に取ってほしいと思っています。」

『STAY STRONG』を立ち上げて7年。これまでに沢山の生徒の想いが東北へと届けられています。支えてくれている生徒のみんな、本当にありがとう!これからもよろしくお願いします。

20180420_s73n0m_16.jpg


20180420_s73n0m_12.jpg


それでは今夜の授業にいきましょう!
今夜のセカオワLOCKS!は『Saori先生お帰りなさいパーティー』です!

Nakajin 「ということで、改めて、Saoriちゃんお帰りなさい!

Saori 「ただいまです!」

Nakajin 「1月から男3人で『しっかり』と・・・」

(↑『しっかり』のところだけBGMが止まりました↑)

Fukase 「なんすか、今の!『しっかり』のところのBGM!」

Nakajin 「なんでかBGMが止まりましたね(笑)完璧にセカオワLOCKS!授業してきましたが、今回は、お帰りなさいSaoriちゃん!という事で、セカオワLOCKS!をお休みしている間、どんな風に過ごしていたのか、生徒のみんなに授業してもらおうと思っています。まぁ休んでいたとはいえ、表に出ないっていうことで休んでいたってことなんですよね。」

Saori 「そうですね。」

Nakajin 「レコーディングとか、曲作りとか、ツアーのリハーサルとか、ずっと一緒にはいたので、みんなが思っているほどには、休んでないよね。」

Saori 「そうだね。メンバーとはずっと一緒にいて、セカオワハウスでも毎日のように会ってましたから、メンバーと久しぶりって感じは全くないですね。12月末に出産して、1月はずっと子育てをひたすらしていました。

20180420_s73n0m_03.jpg


Nakajin 「12月は僕らの活動としては、『サザンカ』を録ってたりとかですね。あの時はサザンカのレコーディングがギリギリだったんだよね?」

Saori 「そうだね。本当にギリギリで、サザンカが終わって、出産してって感じですね。」

Nakajin 「サザンカのミックスをした、その翌日か翌々日くらいに入院だったよね?」

Saori 「そう。すぐに出産して。」

Nakajin 「僕らはレコ大とか、紅白に出たりとかして。」

Saori 「みんなが紅白とか出てるのを、本当に病室で観ていましたよ。」

Fukase 「いろいろ大変だったんだよ!」

Saori 「ふふふ(笑)でしょうね、紅白大変だからね。なんか・・・紅白とかみんなが出ているのを初めてみたけど、“ひょえ〜〜〜〜〜!”って感じだったよ。

Nakajin 「ひょえ〜〜?」

Fukase 「ん?何?もう1回聞かせて?どういう感じ?」

Saori 「なんでそういう・・・(笑)」

Fukase 「どういう感じなのよ!攻めるよ俺は!帰ってきたら面白いんだろ!?」

一同笑い

Fukase 「3人でくだらない話ばっかしてとか言って。お前どんだけおもしろいんだよ!」

DJ LOVE 「(笑)」

Saori 「だって、どうでもいい話ばっかりしてたじゃん!」

Fukase 「これからどれだけ有意義な時間にしてくれるのかな〜?」

Nakajin 「そうだよ(笑)」

Saori 「ライブDVDの見どころはなんですか?って聞かれても、全然違うこと話してたよ。」

Fukase 「・・・記憶にございません。」

一同笑い

Saori 「聴いてると、“あれ?これライブDVDの話全然してないな”みたいな。」

Nakajin 「でもそれは、前からじゃないですか?4人の時だって。」

Fukase 「まあSaoriちゃんいないから、歯止めは効いてなかったかもね。」

Nakajin 「まあね。」

20180420_s73n0m_01.jpg


Fukaseスーパーフリートークっていうひどい回があったよ。

Nakajin 「あれはひどかったね。」

Saori 「それ聴いた!」

Nakajin 「聴きました?好評でしたよ。」

一同笑い

Saori 「誰に?(笑)」

Fukase 「好評でしたよね〜。」

Nakajin 「SCHOOL OL LOCK!の職員のみなさんに(笑)」

Fukase 「ずっと笑ってたらしいですよ、フリートークしてた時に。」

Saori 「抱腹絶倒だったんだね。」

Fukase 「いや、俺たちが笑ってた、と。」

Nakajin 「楽しそうだったね〜って感じで(笑)」

Fukase 「遊びでやってんのかって話ですよ(笑)」

Saori 「まあね。みなさんがやってるのを聴いてましたよ。ラジオ出るのも聴いてたし、テレビも観てましたよ。子供と一緒にね。最初の1、2か月は本当に大変で、数時間おきにミルクを飲ませないとダメとか、1、2時間ずつしかなかなか寝られないとかありました。けど、抱っこしてくれたりとか結構メンバーが手伝ってくれて。Fukase君は相当みてくれた日もありましたからね。」

Fukase 「もうマブダチなんで。」

Nakajin0歳児とマブですか。

Fukase 「マブですよ。俺見て笑うからね?」

20180420_s73n0m_10.jpg


DJ LOVE 「俺見ても笑うよ?」

Fukase 「いやいやいや!違うよ。俺は100%だもん。お前のは嘲笑だから。」

Nakajin 「嘲笑(笑)嘲笑う感じ(笑)」

Fukase 「そういう笑い!俺はマブだから分かるけど。」

Saori 「よく笑ってるよね。」

Fukase 「だってミルクをあげてる回数がお前なんかの比じゃないから。」

DJ LOVE 「まあそうかももしれないけどね。」

Fukase 「ミルクで繋がってるから。」

Nakajin“こいつミルクだ!”ってね(笑)では最後にSaoriちゃんに、この3か月間で学んだことを黒板に書いてもらうと思いますので、黒板書いてくださいな。」

20180420_s73n0m_07.jpg


Saori 「はい!3か月間で学んだことね〜。なんだろうな(黒板書き始める)。みなさんは3か月間どうだったんですか?

Fukase 「俺1人でやってたこと多かったよ。まだ発表できないことも含めて。」

Nakajin 「1人でってこと多かったかもね。俺も3週間海外に1人で行ってきたりとかね。すごかったからな〜。」

Fukase 「ウチのスタッフが、俺が一人で稼働してることに慣れ始めるっていうのはちょっと悲しかったよね。俺も慣れてきて・・・Saoriちゃん、もしかして力作書いてんの?」

Saori 「ふふふ。」

20180420_s73n0m_18.jpg


20180420_s73n0m_06.jpg


Nakajin 「結構書いてますね」

DJ LOVE 「“書いてる“っていうか“描いてる“よね」

Fukase 「黒板って大体文字書くところだよ。」

Saori 「はい!出来ました〜!」

Fukase 「出たよ〜Saoriちゃんの絵に新しいレパートリーが加わったんだよね。」

20180420_s73n0m_17.jpg


Saori 『健康!』

Fukase 「その絵は、Saoriちゃんとアボカド?」

Nakajin 「アボカドを半分に割った時の絵(笑)」

DJ LOVE 「種だね!」

Fukase 「アボカドの種が笑ってるやつかな?アボカドは健康にいいしね!」

Nakajin 「美容にもいいし!」

DJ LOVE 「森のバターって言われてるもんね。」

20180420_s73n0m_05.jpg


Saori 「違うよ〜。おくるみにくるまってる赤ちゃんです、これは。」

Nakajin 「ん〜。」

Fukase 「なるほど。顔がすごいね。」

DJ LOVE 「すごいよね。」

20180420_s73n0m_14.jpg


20180420_s73n0m_13.jpg


Saori健康というか元気でいるってことが、こんなにすごいことなんだなって。子供が生まれて、音楽できたりラジオで喋れてたり、仲間と居られることがすごいことなんだと思った訳ですよ。

Nakajin 「結構ナーバスになってましたもんね。いろいろ。」

Saori 「う〜ん、ナーバスに・・・。子供が泣くと大丈夫かなとか、なんかあるのかなって誰でも心配になると思うんだけど、私もそうでした。自分がここまで元気に音楽やれてることって当たり前のことじゃないんだなと実感した3か月でした。

Fukase 「いや〜赤ちゃんめちゃくちゃ可愛いんだもん。」

DJ LOVE 「そうなんだよね〜。」

Fukase 「耐えられないよ。」

Saori 「可愛いね。」

DJ LOVE 「抱っこして、寝てくれた時ね。」

Fukase 「俺の画像フォルダ、Saoriちゃんの赤ちゃんで埋め尽くされ始めてる。」

DJ LOVE 「可愛いよね〜。」

Fukase 「可愛いよ〜。」

Saori 「LOVEさんこの前、一眼レフで写真を散々撮ってたよね。」

DJ LOVE 「散々撮ったよ〜。」

Nakajin 「ふいに写真を送ってきたりしたよね。」

DJ LOVE 「肌の発色とかよくしたり、編集したりしてね。」

20180420_s73n0m_09.jpg



M RAIN / SEKAI NO OWARI


20180420_s73n0m_04.jpg


Saori先生も赤ちゃんも健康でなによりです!改めて、出産おめでとうございます!そして
お帰りなさい!生徒のお母さんお父さんは、君が生まれた時どんなことを考えてくれてい
たのかな。こうなってほしいとかいろいろ願うことはあるのかもしれないけど、心と体さえ元気であれば、それだけで十分だと思ってるかもしれないですね。

それにしてもSaori先生の赤ちゃんが色んな人を幸せにしてることがとっても伝わっ
てきますね〜。メンズ3人デレデレしましたね。

話は変わって・・・冒頭でお知らせしていた、東日本大震災復興支援プロジェクト『STAY
STRONG』
はSEKAI NO OWARI 野外ツアー「INSOMNIA TRAIN2018」会場とTFMの通販限定発売
になります!
チェックしてみてくださいね。
そして『INSOMNIA TRAIN』ライブレポーターもまだまだ募集中!

では今週はここまで。
また来週〜!

SCHOOL OF LOCK!
- Prev || 1 | 2 | 3 |...| 276 | 277 | 278 || Next -
<   2018年4月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE