ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

最も魅力的な都道府県は??(2017/10/12)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は、おととい発表された2017年版
【都道府県の魅力度ランキング】トップ5をご紹介!



第5位『 神奈川県 』

第4位『 沖縄県 』

第3位『 東京都 』

第2位『 京都府 』

第1位『 北海道 』


おととい発表された「地域ブランド調査2017」。このうち「都道府県の魅力度ランキング」上位は先ほどお伝えしたとおりですが、こちら、魅力のない県1位が5年連続で茨城県!という情報に触れる機会の方が多いかもしれません。
実はこの「地域ブランド調査」は、これ以外にも色々と情報満載のデータなんです。今日はこの調査を行う、株式会社ブランド総合研究所代表の田中章雄さんにお話を伺いました。


平成に入ってから、色々なところで市町村が合併され、その地域を活性化しようという動きが2003年頃から始まりまして、その際に自分たちがどう思われているかというのが分からないと戦略が作れない。そういったところで、進む道を明らかにするための指標として誕生しました。日本全国の3万人くらいに、1000の市区町村と47都道府県について根掘り葉掘り聞いている調査です。
いま、都道府県の魅力度ランキングがあちこちで出ていますが、実は「地域ブランド調査」は78の項目から成り立っていて、「魅力度」というのは、その中のたったひとつの項目でしかないんです。他に77項目ものランキングがありますし、評価指標もあって、ちょっと壮大な構造の調査になっています。

「魅力度ランキング」は重要な調査結果ですが、あくまで「地域ブランド調査」の1要素であり、78項目の集計で決まったものではありません。ほかの77項目にどんなものがあるかというと、

 ■観光に出かけたいか?
 ■住みたいか?
 ■土地産品を買いたいかどうか
 ■どんな食べ物を思いつくか
 ■食べ物以外で思いつくものは?
 ■そこの情報にどこで触れたことがあるか etc...があります。

こういった豊富な情報があるなら、それをよく読み解き活かしてこそ、地域の魅力度が本当に高まるのでしょう。あまり一面的な情報に流されない方が良いかもしれませんね。


「地域ブランド調査」は今年で12回目。その蓄積と情報量を踏まえて、田中さんに地方創生のヒントを伺いました。


地域がダメになってしまうと、日本としての底力がなくなってしまう。日本は地域による多様性がとてもあるので、歴史や文化だったり、生活習慣といったものを残していくことが、国の魅力のひとつになっているのは間違いないと思うんです。

よく“地域間競争”なんて言われますが、他の地域にはない魅力を作っていかなければならない。物、あるいは建物、あるいは産業。唯一の魅力づくりをしていく、全く新しいものを作るのは、実はすごく時間がかかります。今ある地域資源を使って、それを新しい人たち、あるいは新しい市場に打ち出していく方が効果的である、というのは間違いないと思いますね。

マーケティングをやりすぎないこと。マーケティングというのは、市場を分析して、効果的に動かしていくという手法が必要なんですが、たくさんの人を集めてしまう。力のある人たちには効果的に使えるんですが、地域のような中小企業や零細企業には向かないんです。それよりも、息長く身の丈にあった取り組みをしていくのが良いでしょう。新しい商品を作ろうと思ったときに、大量生産・大量販売というのは求めずに、品質の良いものをじっくりと手作りで作っていくんです。そうすると、たくさんの人が欲しい!となったときに追いつかなくなりますが、そのときにはムリしてたくさん作るのではなく「申し訳ありません。今日はこれでおしまいです。」と言ってしまえばいい。これが大量生産の市場とは違う「ブランドの市場」それが許されるんです。なかなか手に入らないとなれば、また来ようということになり、長続きします。「元に戻る」というか、昔ながらの手作りで良いものを作り続けてきた文化を復活させる、という風に考えても良いかもしれませんね。

この12年間で何が起きたかというと、例えば消費者からみて、もはや「北海道」じゃ満足しない。北海道の富良野が良い!とか、その中を構成するひとつ一つの物に興味がいくようになりました。大きなブランドの魅力が低下し、個々の特徴ある小さいブランドの評価が上がってきました。いま、SNSなどでは「こんな美味しいものがあった!」といったピンポイントな情報がどんどん出てきますよね。そういう風に情報の流れが変わってきたのだと思います。これから地域ブランドを作っていこうと思うなら、お客さんが興味を持つような尖ったものをいかに出していくか?ということは、小さな村だったり、無名な商品があっという間に大ヒット商品になったりすることもあり得る世の中になってきたんだな、という感じはします。

地域創生は日本が抱える大きな課題の一つ。こうしたヒントから、これからもたくさんの成功例が生まれることでしょう。【都道府県の魅力度ランキング】トップ5をご紹介しました。


百貨店にロボット売場がオープン!(2017/10/5)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


今日は「価格.com」のロボット
人気売れ筋ランキングトップ3をご紹介!



第3位『 タカラトミー オムニボット タクサノイド 』(最安価格 5,331円)

トレイでモノを運んで、言葉も覚える二輪走行ロボット。白いボディに下半身が二輪でキュート!


第2位『 タカラトミー オムニボット タクサノイド もっとなかよしRobi jr. 』(最安価格 12,720円)

たくさんの会話で日常を楽しくしてくれるフレンドリーロボットです。


第1位『 Anki COZMO 』(最安価格 26,807円)

こちらは“心”を持つAIロボットです。



ここ数年、私たちの日常生活でも活躍し始めたロボット。新宿タカシマヤでは昨日、国内の百貨店初の常設ロボット売場が登場しました。
新宿タカシマヤ9Fにオープンした、国内百貨店初の常設ロボット売場「ロボティクス」。面積はおよそ10平米。オープンからの1週間は、同じフロアのイベントスペースも使って展開しているそうです。常設売場は、来年3月に倍の20平米に拡張する予定だとか。
この「ロボティクス」について、担当の田所さんにお話を伺いました。


技術が発達していまして、ロボットっていうのは、いま皆さんがお持ちのスマホと同じように生活を変えていく可能性があります。眦膕阿呂發箸發函⊃靴靴ぞι覆鮨靴燭弊験茲硫礎幼鶲討径海韻討ましたが、ロボットはまさにそういったアイテムのひとつであると考えております。


今回、ロボティクススタジオは4つに分類していまして、1つめは「コミュニケーションロボット」。これはNTT東日本さんの「Sota」というロボットで、通常のコミュニケーションのような感じでロボットがお話ししてくれます。時間を管理しているので、「おはよう」「もうすっかりお日様は昇っているよ」といった感じで、例えばお昼過ぎに「おはよう」というのはおかしいよね、といったことを判断してお話をしてくれます。


2つめは「プログラミング型」のロボット。お子様の教育に必要なプログラミング、あるいは英語など、ロボットを使って学ぼうといったものが商材としてありまして、それを今回ご披露しています。


3つめは「ライフスタイル型」。今はまだまだ数は少ないんですけれど、生活を便利にするロボットをライフスタイル型と考えています。今回の目玉としては、全自動折りたたみ機のランドロイド。こちらの量産仕様モデルを1週間展示しております。人が洗濯物をたたむ時間が人生の中で1年弱ある、という視点から、カメラのセンサーが異類を識別して、人工知能でたたみ方を考え、中に内蔵されているロボットアームでたたむ作業を行います。事前に登録すれば、家族ごと、あるいはTシャツやタオルなどのアイテム毎にたたみ分けることも可能です。


最後は「エンターテインメント型」。こちらはロボットらしいロボットで、イヌ型のCHiP。AIを搭載したロボットの犬で、ボールと一緒に遊んだり、じゃれあったりという動きや、腕時計型のBluetooth端末を身につけて歩くと、それを追尾する形で室内での散歩を楽しむことも出来ます。いまはひとり暮らしの高齢者の方も多いので、そういった方に向けてのコミュニケーションの相手としてのロボットの活用、あるいは子育て世代に共働きの方が増えているので、生活を便利にするロボットがあるかどうか。お子様はプログラミング教育を学ぶロボットだったり、英会話を学ぶロボットなど、皆さまの日常生活をより便利にするアイテムのひとつとしてロボットがあると思います。


ロボットはこれからますます、皆さんの日常の中で活躍する機会が増えるでしょう。これらが良い形で未来のライフスタイルを支えてくれると嬉しいですね。
今日は、新宿タカシマヤにオープンしたロボット売場をご紹介しました。