ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

試合時間が最も短いベスト3(2011/4/4)

カテゴリー:1110

月曜から金曜まで、今押さえておきたい最新の話題にフォーカス。
ランキングと人気の秘密に迫っていきます。
月曜日は、「スポーツ」


今朝は、選抜高校野球から、こんなデータをピックアップしました!


第3位「波佐見(長崎)×加古川北(兵庫) 1時間38分」
第2位「鹿児島実(鹿児島)×東海大相模(神奈川) 1時間35分」
第1位「総合技術(広島)×履正社(大阪) 1時間22分」

これは、今回の選抜高校野球の『最短試合時間』の上位3試合の数字。


今回の選抜では、ナイターの試合が行わないようにするため、試合中、試合と試合の間のインターバルが短縮されたんです。その結果、1試合平均1時間58分。2時間を切りました。
試合終了が夕方5時を過ぎたことは一度もなく、ナイター照明は1回も使わなかったんです。


優勝した東海大相模の門馬監督は、「選手が1球も無駄にしないでやってくれた」とコメント。
準優勝の九州付属のキャプテン・高城選手は、「攻守交代でも全力疾走する。一生懸命やる姿で、何かを感じてもらえれば」という風に語っています。


このデータを振り返って、中西哲生さんからのメッセージです。
「今回、選手宣誓から始まって、高校球児のプレーというのは、我々に何かを確実に残してくれたと思います。
そんな中、大きなヒントを残してくれたのは、“時短試合”。これはこの後、プロ野球にも確実に有効に作用すると思います。プロ野球はナイターというのが伴ってきたり、色々なことがあると思いますが、高校球児のこの姿勢、全力疾走する姿、特に回と回の間とか、今後の野球のヒントに活かしてくれればと思います。」



※当記事の一部に誤った表記がございました。お詫びして訂正いたします。

第1回!番組が選んだ「ウィークリーパーソン」は…(2011/4/1)

カテゴリー:1114

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
歴史的発見、偉業を成し遂げた人物、勇気や感動を与えた人々に注目します。


今週は、プロゴルファーの石川遼、サッカー選手の三浦知良、小笠原満男。
それぞれのジャンルで勇気と力強いメッセージを与えてくれたこの3人をピックアップ。


ゴルフの石川遼選手は、今年の賞金全額を被災地に寄付。
先日のチャリティー試合で、44歳でゴールを挙げた“キングカズ”こと、三浦知良選手。
そして、同じく試合に出場した盛岡生まれで大船渡高校卒業の小笠原満男選手。
それぞれが素晴らしい勇気と優しさを発信してくれました。
その中で記念すべき1回目!番組が選んだ最初の「ウィークリーパーソン」は!?


岩手県盛岡市出身のサッカー選手、鹿島アントラーズの小笠原満男選手です。

小笠原は、鹿島アントラーズ所属、元日本代表選手。
盛岡生まれで大船渡高校卒業ということで、早くからこの才能に注目している人が沢山いました。
鹿島アントラーズに入って、日本の中で歴史に名を残す選手になりました。
ちなみに、奥さんも岩手県陸前高田市出身。
今回、地震の後、個人的に自分の車で自ら運転して陸前高田市など被災地を訪問。
また、29日のチャリティーマッチ前には、避難所でテレビを見られるように、メディアにお願いをして、その甲斐あって、母校の生徒たちも学校でテレビ観戦できたようです。


中西哲生さんは小笠原選手のことを、「彼は元々シャイで、自分で言葉を発しながら先頭を切って、いろんなことを行っていくタイプではなかったと思うんですが、今回、そういったことは陰を潜めていて、自分が先頭に立って、東北出身のサッカー選手たちを束ねていったり、メッセージを発信していったりしたところを見ると、頭が下がります。」


チャリティーマッチ後の小笠原選手のコメント…『試合ではミスばかりで不甲斐なかったけど、周りが助けてくれた。サッカーも助け合いが大事なんだと実感したし、みんなが助け合えば、必ず復興できる!』


第1回!番組が選んだ「ウィークリーパーソン」は、
今週、勇気と優しさを運んでくれた、岩手県盛岡市出身のサッカー選手、鹿島アントラーズの小笠原満男選手でした。

4/1(金)新コーナースタートします。(2011/3/29)

カテゴリー:1114
ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!

お楽しみに!


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 596 | 597 | 598 || Next»