ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

女子サッカーの世界ランキング(2011/6/27)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


昨日、ドイツで女子サッカーのワールドカップが開幕!
今日は、日本の初戦ということで、女子サッカーにまつわるランキングです。


第3位「ブラジル」
第2位「ドイツ」
第1位「アメリカ」

これは、国際サッカー連盟=FIFAが発表している最新の女子サッカーランキングです。
日本は、あともう一歩でベスト3入りの現在4位です。
ちなみに、現在の男子のFIFAランキングは14位。
日本女子代表・なでしこJAPANは、世界の中でもかなり高い位置にいると言っても過言ではありません。
ただ、なでしこJAPANの佐々木則夫監督は、「3位と4位の間には大きな差がある」と言っていることも事実です。


アメリカ、ドイツ、ブラジルという3ヶ国の顔ぶれはここ3年近く変わっていません。
そして、この3つの国を追う新たな強豪として挙げられているのが、我らが日本と、スウェーデン、カナダ、イングランド。
この3つの国を見ても、日本より体格が一回り大きくて、フィジカルの面では、どうしても不利になってしまいがちです。
そこで、なでしこJAPANが続けてきたのが、連携(パスワーク)の強化、運動量を豊富にすること、
そして連戦を戦うための体力づくりでした。
その結果、昨年のアジア大会で優勝。今回、その力を世界という場で試すことになります。
佐々木監督は、今大会の目標にズバリ、『優勝』という言葉を、実際、僕に口にしてくれました。


16ヶ国が出場する女子のワールドカップは、まずは4か国ずつ4つに分けられた予選リーグで、
上位2チームに入れば、決勝トーナメントに進出できます。つまり、8チームで決勝トーナメントが行われます。
日本がいるB組、他にはニュージーランド、メキシコ、そして新たなライバル、イングランドがいます。


中西哲生さんの見解は…
「日本はここは1位突破したいんですよね。
というのは、2位突破になってしまうと、ベスト8の一発目にドイツと当たる可能性が高いんですよ。
日本としては、1位突破して、ドイツ、ブラジル、アメリカとの対戦を避けたいんですよね。
なので、ぜひとも初戦のニュージーランド戦、勝って3連勝して、1位、そしてベスト8、
良いチームとやりたいなというのが、理想かなと思います。」


初戦、ニュージーランド戦のキックオフは、日本時間の今夜10時。
良い内容で勝って、勢いをつけたいところです。


佐々木監督から、力強いコメントを頂きました。
「なでしこJAPAN監督の佐々木則夫です。心を一つにがんばろう日本!頑張ります。なでしこJAPAN!」

Jリーグの仕事師ランキング(2011/6/20)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、精度が勝負!『Jリーグの仕事師ランキング』です。


第3位「小笠原満男 (鹿島) 12点」
第2位「マルシオ・リシャルデス (浦和)」「アルシンド (ヴェルディ川崎)」「ウェズレイ (大分)」いずれも13点
第1位「三浦淳宏 (横浜FC)」「遠藤保仁 (ガンバ大阪)」いずれも15点

Jリーグの“仕事師ランキング”ということで、発表しましたが、
こちら、直接フリーキックで得点したことが多い選手のランキングです。


土曜日に行われましたJリーグ ガンバ大阪 ×横浜Fマリノス戦で、
ガンバの遠藤保仁選手が、直接フリーキックを決め、歴代1位タイに並んでいます。


海外に移籍などで、Jリーグのランキングには入っていない中村俊輔選手、本田圭佑選手などもいますが、
いずれにしても、遠藤選手のフリーキックは、素晴らしいですよね。
昨年の南アフリカのW杯でも決めましたし、実証済みです。


直接フリーキックは、ゲームが止まっている状態でのセットプレイですから、
決めることができる選手がいるということは、いうまでもなく、得点チャンスが増えるということです。
また、そういう選手がいることで、相手がファウルをしにくくなるという効果もありますから、
チームとしては非常に大きな存在です。


直接FKでの得点1位タイになった遠藤選手は、現在31歳。
まだ日本代表ですし、この記録、まだまだ更新されることになりそうです。


週末、土曜日に行われたJ1の順位、1位柏レイソル、2位ベガルタ仙台、3位川崎フロンターレ
J2は、1位栃木SC、2位ジェフ千葉、3位愛媛FC、大健闘しています。
J1から降格してちょっと調子が心配されていたFC東京は4位まで上がってきています。


Jリーグの直接FK得点ランキングをピックアップしました。

「陸上女子100m」世界記録ランキング(2011/6/13)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、世界最速の女性ランキングです。


第3位「マリオン・ジョーンズ」(アメリカ) 10秒65
第2位「カルメリタ・ジーター」(アメリカ) 10秒64
第1位「フローレンス・ジョイナー」(アメリカ) 10秒49

陸上女子100m、世界記録のベスト3です。

1位のジョイナー選手、懐かしい名前ですが、この記録はなんと、23年間も破られていません。
100m10秒台ということは、時速に換算すると、およそ35km。
これが二本足で移動する人間女性の今の最高速度です。
(比べるのも何ですが、地上最速の動物、チーターは最高時速110km!4本足だから速いのは速いんですが…)


この記録に挑もうとしているのが、日本の福島千里選手です。
福島選手は、週末に行われた陸上の日本選手権で、女子100m、200mともに優勝、二冠を達成しています。
これにより、8月から韓国で行われる、世界陸上への出場権を手にしています。


競技後に、「私も世界を目指す挑戦者の一人だと思っている。世界陸上に向けて、もう一度鍛え直して、
今季最高と、あやよくば、自己最高を出したい」とコメントしています。会見の時の笑顔が印象的でした。


ちなみに、その自己最高記録は、今の日本記録でもあります。タイムは11秒21。
世界記録は10秒49ですから、正直、まだ世界とは差があります。
ただ、福島選手は昨年、中国で行われたアジア大会の女子100mで、44年ぶりに日本に金メダルをもたらしています。
まさに大舞台に強い福島選手、今年の前半は不調が続いたんですが、日本選手権という大きな舞台で復活を遂げました。


これからさらに、記録というプレッシャーとの戦いが厳しくなると思いますが、
8月の世界陸上、そして来年のロンドン・オリンピックでも、あの笑顔を見せて欲しいと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 || Next»