ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

高校日本一の座に輝くのは?(2018/1/8)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 葛西紀明、8度目のオリンピック出場へ! 】

第2位【 大学ラグビー、帝京大が逆転でV9! 】

第1位【 高校サッカー決勝、流経大柏か前橋育英か!? 】


今年で第96回となる全国高校サッカー選手権は、きょう決勝戦が行われます。
昨年12月30日に開幕し、決勝が1月8日とその期間は10日間。1回戦から出場するチームが決勝まで進んだ場合、10日間で6試合という世界でも類のない厳しい日程となる大会でしたが、今回のベスト4(矢板中央、流経大柏、前橋育英、上田西)は、すべて2回戦からの出場でした。


その厳しい戦いを抜けてきた2つのチーム「千葉県代表・流経大柏」対「群馬県代表・前橋育英」がきょうの決勝戦で顔を合わせます。試合は埼玉スタジアム2002で、午後2時5分キックオフ!


まずは千葉県代表の流経大柏。選手権には3年ぶり5回目の出場で、OBには大宮の大前選手、FC東京のGK・林選手などがいます。
流経大柏の今大会での特徴は「守備の堅さ」。もし無失点で大会優勝となれば、1999年に同じく千葉県代表の市立船橋が成し遂げて以来、史上4校目の快挙となります。
準決勝で対戦した矢板中央も堅守が強みでしたが、途中交代の3年生・加藤選手が豪快な決勝ボレーを決めて勝利しています。決勝でも彼がキーマンとなるのでしょうか?


対する前橋育英も準々決勝まで無失点、準決勝で上田西に1失点を許しただけの堅いチームですが、注目すべきはその攻撃力。
“前橋育英のスアレス”と言われている、3年生の飯島陸選手。今大会では7得点を挙げ、2位に4点差をつけてゴールランキングのトップを独走中。飯島選手は身長1メートル66センチと小柄ながら、オランダ・イングランド・スペインで得点王となったバルサのスアレス選手の動き出しを研究しているそうで、準決勝の上田西戦では2得点を決めています。


果たして高校日本一の座に輝くのはどちらのチームでしょうか?高校生たちの熱い戦いに声援を送りましょう!


元日決戦“天皇杯 決勝戦”(2018/1/1)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 スピードスケート 平昌オリンピック代表決定 】

女子では、初の姉妹出場、高木美帆・那奈選手や小平奈緒選手、男子では4大会連続出場となる加藤条冶選手など、男女8人ずつ、計16人が選出されました


第2位【 高校サッカー 第96回全国高校サッカー選手権が開幕! 】

昨日までに1回戦16試合が行われました。決勝は来週月曜日、1月8日です。


第1位【 サッカー 天皇杯、優勝はセレッソ大阪か横浜Fマリノスか!? 】


元日の恒例行事、サッカーの天皇杯の決勝が今日、午後2時40分、埼玉スタジアム2○○2でキックオフです。
セレッソ大阪 対 横浜Fマリノスという顔合わせになりました。


セレッソ大阪は、2003年以来14大会ぶりの決勝進出。前回はジュビロ磐田と対戦しました。
Jリーグ発足以来、天皇杯優勝はありませんが、全身のヤンマー時代に3回日本一に輝いています。今季はYBCルヴァンカップを優勝して勢いがありますね。
11月以降ケガで戦列を離れていた山口蛍選手が復帰の見込み、左足の甲を痛めていたFWの柿谷曜一朗選手と共におそらく先発するのではないかといわれています。杉本健勇選手はケガで出られませんが、清武弘嗣選手もいますし、攻撃陣には多くのタレントがいます。右サイドは水沼宏太選手、左サイドは清武弘嗣選手、トップ下には守備もしっかりできてボールが収まる山村和也選手が入ると思われます。


セレッソ大阪にとって、今日の試合は非常に重要な試合です。
というのも、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)にストレートインできるかどうかが関わってきます。
ACLへのストレートイン、つまり、本大会から直接出場。それが出来るのは日本からは3チームのみ。Jリーグの1位2位と天皇杯の優勝チームの3チーム。
Jリーグ3位のチームには、予備予選(プレーオフ)からになります。このプレーオフは1月30日に試合があります。
セレッソ大阪は今季のJリーグを3位で終えているのでプレーオフでの出場の権利は得ているわけですが、今日勝てば、天皇杯優勝チームとしてACLストレートインになるわけです。
ストレートインになれば、1週間〜2週間おくれてスタート出来るので、オフシーズンでたっぷりと休養を取れるようになります。これは実はものすごいモチベーションになるんですよ。あと、もちとん優勝というモチベーションもあります。


そして、横浜Fマリノス。
もちろん、当然、横浜Fマリノスが優勝すればALCストレートインでの出場権を横浜Fマリノスが手にします、その場合はセレッソ大阪は1月30日にプレーオフを戦わなければならないというこになります。
準決勝でも素晴らしいゴールを決めたウーゴ・ヴィエイラ選手のゴール前での決定力は素晴らしいモノがあると思います。ケガの影響で出場はどうかな?と思っていたんですけど、昨日、練習に合流しているということで、スタメンはないにしろ、スーパーサブとして途中出場で出てくるのではないかなと期待しています。
とにかく守備の良い横浜Fマリノスですから、GKそしてDFラインはしっかり集中して試合に臨んでくると思いますし、特に中澤佑二選手は今年40歳になります、その年の初戦ということで、実は今シーズン、セレッソ大阪とは3戦3敗という成績だったので、今回は何とか勝ちたい!ということですし、契約更改の時にラストイヤーみたいなことを仰っていたので、もしかしたら、今年がラストの1年になるかも知れません。
どういう試合になるか楽しみですね、基本的に横浜Fマリノスが守備がしっかりしているチームなので、横浜Fマリノスがしっかり守るという展開だと思います。が、YBCルヴァンカップではセレッソ大阪が川崎フロンターレを相手にした時に、しっかり守ってカウンターという形もありましたから、両チームどのような試合の入り方をするのかが注目ですね。


天皇杯が終わって、すこし経つとすぐにJリーグが始まりますので、選手達にはケガがないように、素晴らしいプレーを魅せて欲しいですね。

フィギュアスケート、平昌オリンピックの代表が決定!(2017/12/25)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 サッカー、皇后杯はベレーザが優勝! 】

第2位【 有馬記念、キタサンブラックが勝利! 】

第1位【 フィギュアスケート、平昌オリンピックの代表が決定! 】


きのうのフィギュアスケート・全日本選手権終了後、平昌オリンピックの代表が発表されました。シングル男子は3枠、女子は2枠です。


【男子】宇野昌磨選手(20歳)/田中刑事選手(23歳)/羽生結弦選手(23歳)
【女子】宮原知子選手(19歳)/坂本花織選手(17歳)
【ペア】須崎海羽選手(18歳)&木原龍一選手(25歳)
【アイスダンス】村本哉中選手(24歳)&クリス・リード選手(28歳)

3枠の出場権がある男子は、昨日の全日本で優勝した宇野選手と2位の田中選手が代表に決定。3人目は、全日本選手権は右足首のケガで欠場しましたが、世界ランク1位で経験豊かな羽生選手が選出されました。
羽生選手は現在ケガの療養中。練習再開も未定で、来年1月に台湾で開催される四大陸選手権のメンバーからも外れているため、平昌はぶっつけ本番で挑むことになるのでは?と言われていますが、66年ぶりというオリンピック連覇への期待もかかります。


そして女子は、昨シーズン行われた世界選手権の結果がふるわず、出場枠は2枠に。そこに選出されたのが、全日本優勝の宮原選手と、ミスなく演じ2位に入った坂本選手が代表となりました。
坂本選手は現在高校2年生で、昨年2月のユースオリンピックでは、納得できる演技ができず悔しい思いをし、「オリンピックでリベンジしたい」とコメントしていました。そして、中学3年生までは水泳も選手コースに入るほどの実力だったそうです。そんな彼女の好物はお肉!きのうも「ひたすら肉を食べたい、カルビが食べたい」と言っていたとか。


今回シングルで出場する選手は、前回のソチ大会で金メダルを獲った羽生選手以外、オリンピックは初出場というフレッシュな顔ぶれとなりました。
平昌オリンピックの開幕まであと1ヶ月半、若い選手たちの活躍に期待しましょう!


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 118 | 119 | 120 || Next»