ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

日本一に輝くのは果たして!?(2017/10/30)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 サッカーJ2、湘南ベルマーレが優勝! 】

第2位【 フィギュア男子・宇野昌磨、圧巻の300点超えで優勝! 】

第1位【 プロ野球・日本シリーズ、まずはソフトバンクが2勝! 】


おとといの土曜日に始まった、プロ野球・日本シリーズ。ヤフオクドームで行われた第1戦は、10-1でソフトバンクがDeNAを制しました。
2年ぶりの日本一を狙うソフトバンクは、先発の千賀が7回までを4安打1失点に抑える好投。“おばけ”と言われるフォークが切れまくりでした。ちなみに千賀投手とキャッチャーの甲斐捕手はどちらも24歳。2010年にドラフトではなく、いわゆる「育成選手」として入団。今回は日本シリーズ初となる育成出身のバッテリーとなりました。中西さんも「ソフトバンクは3軍までチームがあるそうで、こういった地道な育成が実を結んでいますよね。」とおっしゃっていました。


そして昨日の第2戦。先発はソフトバンクが東浜、DeNAは今永で、DeNAはソフトバンクに先制されましたが、6回に逆転!今永は6回までに10個の三振を取り、ピッチャーを交代しました。その後7回にソフトバンクに逆転を許してしまった訳ですが、これに関して中西さんは「もうちょっと今永を引っ張っても良かったのでは?まぁ、結果論ですけれどね。」とコメント。また、ソフトバンクが7回、2アウト満塁の状況から中村のタイムリーで柳田が生還して同点。さらに、今宮がヘッドスライディングでホームに戻ってきたもののアウト→工藤監督のリプレイ検証によって判定がセーフとなり、逆転に成功した場面についても「ここがひとつ大きなポイントだったかなぁ、と思いますね。3回にもリプレイ検証があって、そこは判定が覆りませんでしたけれど、こちらは判定が覆って。で、実際にどういう状況だったかというと、審判の方のお話によると“最終的にかなりの枚数を流して確認できた。ミッドの位置とホームベース上の走者の手の位置を確認した。”ということで、どうやら今宮の左手の指が先にベースに触れていた、ということで、王さんも“ゴッドハンドだね”とコメントされていましたが、それくらい微妙な判定だったようです。」とおっしゃっていました。


最後に中西さんは、「ちなみに、第1戦と第2戦を勝ったチームの日本シリーズでのV確率は74%。ですが、去年の広島が2勝したあとで日本ハムが4連勝…という様なこともあるわけですから。DeNAは横浜で強いですし、まだまだ優勝の可能性は充分に残していると思います。」とお話を締めくくられました。
今日は移動日で、明日は午後6時半に横浜スタジアムでプレイボールの予定です。最後まで目が離せない戦い、楽しみましょう!今日はプロ野球・日本シリーズに注目しました。


優勝シャーレを掲げるのはどのチーム?(2017/10/23)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 パ・リーグ、ソフトバンクが日本シリーズ進出決定! 】

第2位【 ボクシング・村田諒太、再戦でTKO勝ち 世界新王座に! 】

第1位【 サッカーJ1残すところ4試合、鹿島と川崎が激しい優勝争い! 】


サッカーJリーグ・J1は、一昨日と昨日で第30節まで終え、残すところ4節となりました。
土曜日、首位の鹿島はアウェーで横浜Fマリノスと対戦し、2-3で敗れました。これにより、横浜が3位に浮上しました。
そして同じく土曜日、2位の川崎はアウェーで広島と対戦。負傷者も多く苦しい状況の中、3-0でしっかりと勝利を収めました。


これにより、首位は勝ち点「64」で鹿島、2位は「62」の川崎フロンターレ、3位は「55」の横浜Fマリノス。ここまでがACL出場圏内なんですが、4位は勝ち点差1でセレッソ大阪と柏となっています。その下は磐田が「51」で、中西さんは「この辺りまでですかねぇ。シリーズの出場争いに関しては。」とおっしゃっていました。また、「この3チーム+横浜が川崎と鹿島を追いかけるわけですが、鹿島も川崎も柏との対戦が残っています。さらに鍵を握っているのが、僕は浦和レッズだと思っています。昨日のゲームを見ていても、チームの状態は一時期と比べてかなり良くなってきていると感じました。ACLの決勝にも残っていますし、モチベーションはいま非常に高いですね。そういう意味では、川崎にとっても鹿島にとっても、この浦和戦をどう乗り切るかというのが大きな鍵になると思います。」ともおっしゃっていました。


J1最終節は12月2日(土)全ての試合は午後2時キックオフとなります。優勝シャーレを掲げるのはどのチームになるでしょうか!?最後まで目が離せませんね。
今日はサッカーJリーグ・J1、第30節の結果を振り返りました。


クライマックスシリーズ、勝つのはどちら?(2017/10/16)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 サッカーU-17W杯、日本は決勝T初戦でイングランドと対戦! 】

第2位【 ゴルフ日本オープン、池田勇太選手が3年ぶり2度目の優勝! 】

第1位【 プロ野球クライマックスシリーズ、楽天・DeNAが逆王手! 】


プロ野球・クライマックスシリーズ、ファーストステージ。パ・リーグ、セ・リーグともに2試合を終え、ともに1勝1敗のしびれる展開となっています。


まずはパ・リーグ。土曜日の第1戦は、2位の西武が菊池雄星投手の完封もあり、3位の楽天に10-0で勝利!しかし、昨日は楽天が4-1で勝利し、1勝1敗で逆王手。今日の第3戦で、西武は引き分け以上、楽天は勝てばソフトバンクとのファイナルステージに進出します。


そしてセ・リーグ。甲子園球場での2位・阪神と3位・DeNAとの試合、第1戦は2-0で阪神が勝利し、昨日の第2戦はDeNAが13-6で勝利しました。こちらも今日の第3戦、阪神は引き分け以上、DeNAは勝てば広島とのファイナルステージに進出します。


中西さんは今回のクライマックスシリーズについて、こうおっしゃっていました。


(昨日、甲子園球場で行われた阪神とDeNAの試合は)何であんなドロドロの中で試合をしたのか?と、皆さん思っていらっしゃいますよね。ちなみに昨日の甲子園球場は、午前中から一度も雨は止みませんでした。で、グラウンドは沼のような水浸しで、ゴロもなかなか転がらないような状況でした。試合時間が4時間35分もかかったこの試合について、セ・リーグ統括の方が「クライマックスシリーズなので、出来るだけ試合をやろうというのが基本。で、やったからには9回が基本。」とおっしゃっていて、僕もこれはどうなのかなぁ、と思いました。DeNAの選手も「こんな雨の中での試合は少年野球以来。」というコメントをしていて(笑)。高校野球ですらないんですよ。おそらく、予備日が明日の17日しかないので、こういうことになったのかと思うんですが。
ちなみに、今日の甲子園球場周辺の天気はというと、止み間はあるかもしれませんが、夜までずっと弱い雨が続く様ですね。昨日はTwitterで「阪神園芸頑張れ!」みたいなツイートもありましたけれど、グラウンドを作っている方たちも大変ですからね。


今回はセパ両リーグとも、3位のDeNAと楽天が1勝1敗で追いついたわけですけれど、3試合制のプレーオフ、クライマックスシリーズで1勝1敗となったのは過去13試合ありましたが、追いついたチームが3試合目も連勝したパターンは、2006年のソフトバンクと2009年の中日の2回しかないということで、突破確率は15%!なかなか難しい確率ではありますが、まだ分かりません!!サッカーでもあるんですが「引き分けで良い」と思った瞬間に“らしさ”が消えるというか…。逆に「勝つしかない」となった方の潔さというか、迷いが無い部分があるので、そういう意味では追われるより追っている方がラクな部分もあるかもしれませんね。


果たして結果はどうなるでしょうか??クライマックスシリーズ第3戦、西武 vs 楽天はメットライフドームで午後6時、阪神 vs DeNAは甲子園球場でこちらも午後6時にプレイボールです。


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 115 | 116 | 117 || Next»