ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

桐生祥秀、日本人初の9秒台!(2017/9/11)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 Jリーグ FC東京が監督を解任! 】

第2位【 プロ野球 パ・リーグ首位、ソフトバンクが優勝マジック5に! 】

第1位【 陸上 桐生祥秀選手が日本人初の9秒台、9秒98をマーク! 】

おととい土曜日、福井市で行われました陸上の日本学生対抗選手権、男子100mで東洋大学4年生の桐生祥秀選手が、日本新記録となる9秒98をマークしました。


初めて10秒の壁を破った日本人ということで歴史に名を残したと言ってもいいのではないのでしょうか。これまでの日本記録は1998年に伊東浩司さんが出した10秒00。ちなみに、伊東浩司さんは僕と同じ学年で、今年で48歳です。で、19年ぶりの記録更新と言うことで、ここまで長かったですよね。
人類が初めて10秒の壁を破ったのが1968年。僕が生まれる1年前の出来事、日本人は49年という時間を経てその領域にたどり着きました。


桐生選手、世界では9秒台をマークした126人目の選手になりました。もうすでに125人も出してるんですね。どういう景色なんでしょうか、僕も見てみたいと思いますが、絶対に無理なんですけどもね…。
桐生選手がどんな選手なのか、子供の頃を振り返ってみますと、小学生の頃はサッカー少年でした、最初はFWをやってたんですけどGKに転向。意外じゃないですか?GKですよ?市の選抜チームに選ばれていたんですけど、あまりうまくなかったと桐生選手自身が言っているらしいです。ただ、GKでありながら足の速さは際立っていたようで、小学生の頃は、ジェット・桐生と呼ばれていたそうです(笑)。ちょっと面白いですね、けど、それだけ速かったということですかね。中学生の時、2年生の春には11秒25を記録し、3年生の4月には10秒台!ちなみに、僕、中西哲生史上最速の時は高校生の頃で12秒05くらいありました。


今回の記録は、色々なことが積み重なって生まれたんですけど、どういうことかといいますと、実は、銅メダルを獲得した8月の世界選手権の400mリレーで左の太ももの裏に強い張りをおぼえ、その影響で慎重になりこのレースに出るか出ないか決めたのは決勝の数時間前だったそうです。さらに、靴のつま先の部分が破けている事に気が付いて、靴を変えたらしいです。つまり予定調和でいってないということですよ。で、そしてさらに、ライバルの多田選手がちょっと先行したんですよね。にも関わらず記録が出たと言うことは、やっぱり“自分の走り”にフォーカスしていった可能性がありますよね。勝ちたいということではなく、怪我もあったし万全の状態ではなく、逆に言うと本調子ではない、自分の状態が良くないということで力まず走れたことが一つのポイントだったのかなと思います。


今季、桐生選手のほかに日本人選手で100m10秒00台は5人もいます。
サニブラウン・ハキーム
山縣亮太
多田修平
ケンブリッジ・飛鳥
飯塚翔太
の5人です。
この中から、また9秒台が出そう。可能性は十分あると思いますし、ハイレベルな争いを期待したいです。

ハリルジャパン、W杯出場決定!(2017/9/4)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 イチロー、代打打席数の記録更新! 】

第2位【 柔道世界選手権、男女混合団体戦で日本が金メダル獲得! 】

第1位【 ハリルジャパン、サウジアラビア戦の顔ぶれは?! 】


先週木曜日に行われたサッカーW杯ロシア大会、アジア最終予選のオーストラリア戦。日本は2-0で勝利し、6大会連続で本大会出場を決めました。
昨年9月1日に始まったアジア最終予選。初戦では格下とされたUAEに1-2で負け、どうなることかと思いましたが、明日の最終戦・サウジアラビア戦を残しての本大会出場が決定!
先週木曜日に行われたオーストラリア戦を中西さんが振り返りました。


オーストラリアがどういう風に戦ってくるかについて、ブラジル・ドイツ・カメルーン・チリとの4試合を観て、オーストラリアはおそらく今までのロングボールではなく、つないでくるだろうと想定していました。そしてそれを想定したメンバーを組んでいたんですけれど、その通りにやってくれて。もう完全にはまりましたよね、守備が。
で、一旦落ち着かせたあと、若干守備が引いてしまった時間帯があって、「引いて守る」ということに関しては、それほどちゃんと準備をしていなかったのではないかと個人的には思いますね。というのも、前半38分…先制点の3分前ですよ。ラインが引きすぎて、打たれたミドルシュートが吉田麻也の足に当たってポストに当たったんですよ。あれ、入っていたら分からないですよ!ハッキリ言って。良かった部分もあるんですが、やっぱり想定外のことが来たときに、もし相手が押し込んできたらどうなっていたかと考えると怖かったな、と思いますね、実際。


で。今回の試合を観て、ボールの支配率が4割を切っているんですよ。38.4%。こんなにボールを持たずにサッカーをするようになったことにちょっと驚きです。3年前のブラジルのワールドカップのときには、ボールをしっかり支配して、逆に言えば6割支配して崩す、みたいなね。それとは真逆の支配率になった訳で、ここは日本の進化として、僕は以前から言っていたんですが、「ボールを持っても持たれても、勝たなくちゃならない」。ワールドカップではそういう試合がたくさんあります。ボールを持たれた中でも引いて守るのか、前から行くのか?これも両方できなければならない。やらなきゃならないことは山ほどあるんです!それを一試合の中でやっていかなければならないんです。


たまたま昨日の朝、スペインとイタリアが試合をやっていたんです。まぁぁぁ、強いっすよ!!このまま日本代表がワールドカップに出てもぜっったいに勝てないです!100%勝てない!!それは選手たちもよく分かっていますし、選手たちはこのままで良いなんて全く思っていない。なのでこれは大丈夫だと思いますが、あとは先ほどお話ししたようなことを想定しながら、最低でもワンランク…ツーランクは上げないと、ムリっす!!


日本代表はこのあと、日本時間あさって水曜の午前2時半にサウジアラビア戦を行い、そのあと12月1日に本大会の組み合わせ抽選が行われます。相手の分析は日本の得意とするところなので、これは本大会に向けても継続して欲しいんですが、あとはやっぱり、強いチームをやらきゃダメですね!いま現在の日本の位置はどのあたりなのか、出来れば年内に1個強ーいチームとやって欲しいですね。そうすれば、本大会に向けて修正すべきポイントが見えてくると思います。


本大会への出場を決めた“SAMURAI BLUE”まずは水曜日のサウジアラビア戦に注目です!


バドミントン世界選手権、日本勢が大健闘!(2017/8/28)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 テニスの全米オープン、上位勢が軒並み欠場! 】

第2位【 張本智和、史上最年少でツアー初優勝! 】

第1位【 バドミントン世界選手権、日本勢が大健闘! 】


イギリス・グラスゴーで行われていた、バドミントンの世界選手権。今大会、日本勢が大活躍しました。


まずは女子ダブルス。リオ・オリンピックに続いての優勝を目指した盒粁蕾據松友美佐紀の“タカマツペア”は、苦手としていた中国のペアに準決勝で敗れ、銅メダル。
そのタカマツペアを超えて決勝に進出したのが、福島由紀・廣田彩花のペア。準決勝では、リオで銀メダルだったデンマークのペアを破り、世界選手権初出場で決勝に進出!女子ダブルスの決勝進出は40年ぶりです。そして、決勝の相手はタカマツペアを破った中国のペア。見事勝利を収め、初出場で金メダルを獲得しました。


福島由紀選手は熊本県出身の24歳。得意なプレーは「粘ること」。廣田彩花選手は同じく熊本県出身の23歳。得意なプレーは「ネット前で詰める」。
ふたりは2013年11月にペアを組むようになり、半年で世界ランキング100位入り。最新の世界ランクは9位です。


そして女子シングルス。奥原希望選手は、準決勝で過去1勝6敗だったインドのネワール選手にラリーで粘り、ゲームカウント2-1で勝利。世界ランク9位の奥原選手が決勝で対戦したのは、世界ランク4位、インドのシンドゥ選手。これまでの対戦成績は3勝3敗で、ここ2戦は奥原選手が連敗していましたが、今大会は2-1で奥原選手が勝利!シングルスで日本選手初の金メダルを獲得しました。
奥原選手は現在22歳。リオ・オリンピック後に右肩を痛め、今年3月に実戦復帰しました。


【 バドミントン世界選手権2017 】今大会の日本勢は

  ・女子ダブルス 盒粁蕾據疹祥美佐紀ペアの「銅メダル」
  ・男子ダブルス 園田啓悟/嘉村健士ペアの「銅メダル」
  ・女子ダブルス 福島由紀/廣田彩花ペアの「銀メダル」
  ・女子シングルス 奥原希望選手の「金メダル」

と、過去最多となる4つのメダルを獲得しました。
東京オリンピックに向けて、新たな世代の活躍が期待できる大会となりました。
引き続き日本選手の活躍に注目していきましょう!


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 112 | 113 | 114 || Next»