ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

子どもに人気の海の生き物ランキング(2011/8/9)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、この夏注目のお出かけスポットから、こんなランキングです。
8月4日にリニューアルオープンした東京池袋・サンシャイン水族館に聞いた…

『子どもに人気の海の生き物トップ3』

第3位「マンボウ」

リニューアル前から人気だったマンボウは、新たに2匹、大分から譲り受けて展示されています。
1mほどの大きな体で、ゆったり泳ぐ姿に、大人も子どもも癒されているようです。
ちなみに野生のマンボウは、大きいものだと縦4m、横3m、体重2トン以上にもなります。


第2位「ラッコ」

サンシャイン水族館のラッコは、国内で唯一、「ロシアラッコ」なんだそうです。
リニューアル期間中、大阪の水族館に預けられていたオスのルーチ、メスのミールが、
変わらず可愛い姿を見せてくれています。


第1位「アシカ」

サンシャイン水族館の目玉の一つが、日本発の空の上の水槽「アクアリング」。
水族館の屋上、地上から数メートルの高さに、ドーナツ型の水槽を設置しており、
下から見上げると、アシカたちがまるで空を飛ぶように泳ぐ姿を見ることができます。


というわけで、オープンしたばかりのサンシャイン水族館の人気の生き物ランキングでした。


サンシャイン水族館、8月4日リニューアルオープン当日は1万人を突破!
その後も1万人近いお客さんが詰めかけ、連日大盛況だそうです。
コンセプトは「天空のオアシス」。館内は南国の楽園をイメージした造りで、
かなり“大人がリラックスできる”スペースを意識しています。


特に注目なのが、「生態展示」と呼ばれる展示方法。
240トンの海水が入った大水槽は、温度や砂浜など、南国の海の浅瀬を再現。
本物の海に近い環境を作り出すことで、野生の珍しい行動を見られるようにしています。
例えば、エイが食事をするシーン、今まではダイバーが直接エサを与えていましたが、
リニューアル後は、野生と同じように、エサの貝を砂に埋めています。
エイが砂の上をワサワサワサッ!と動いて、貝を探して食べるという、捕食シーンを見ることができます。

変わり種花火 この夏の売れ筋ランキング(2011/8/2)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、先週に引き続き、夏の風物詩『花火』に関するランキング。
「花火卸問屋 立岩商店に聞いた、変わり種花火 この夏の売れ筋トップ3」


第3位「ハスキータンク」

戦車の形をした花火です。火をつけると、戦車の砲台から、シャーッ!と火を噴きます。
その後、戦車はまるで敵から攻撃を受けたように、てっぺんから火柱を上げるという二段仕掛け。


第2位「スーパーアクション トラック」

トラックの形をした走る花火です。火をつけると、後ろに火花を飛ばしながら、トラックが走り出します。
そして、トラックが止まると、荷台がパカッと開いて、2本の花火を落とします。
その落ちた2本の花火は、グルグルと地上を駆け回る…という2段階、3段階の仕掛け花火。


第1位「のろし花火」

花火大会で使われる、ワラで作った筒から花火が吹き出すあのミニバージョン。
噴水花火(いわゆるドラゴン)の一つで、見た目がゴツゴツして男らしく定番で人気だということです。

というわけで、変わり種花火のランキングでした。


ちなみに、その他、変わり種の面白いものとしては…
「パラシュート花火」
立岩商店によると、最近のパラシュート花火は、なんと!50個のパラシュートを内蔵したタイプも登場しているそうです。
そして、「おみくじ花火」
これは手持ち花火で、花火の色で運勢を占うというもの。
金色の花火が大吉、銀色が中吉、緑色が小吉。赤が凶。
「風船花火」
これも手持ち花火。火をつけて、パチパチ花火が燃えたあと、ぷわーんと風船が膨らむ仕掛け。
「定番のねずみ花火」
今は、赤・黄・緑もあるということで、カラフルになっています。


花火も年々、バラエティに富んだ新作が登場しているということです。

手持ち花火売れ筋ランキング(2011/7/26)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、夏の風物詩“花火”に関するランキングです。


花火卸問屋「立岩商店」に聞いた、『手持ち花火 この夏の売れ筋トップ3』
九州・長崎から全国に花火を卸している問屋さんに伺った人気ランキングです。


第3位「おっかけスパーク」「Uターンマジック」

最近は、手持ち花火も色々な仕掛けが工夫されています。
「おっかけスパーク」とは、火をつけるとまず、“白い火花”がパチパチと、根元に向けて燃えていきます。
その直後、今度は“青い火花”が、“白い火花”を追いかける…というもの。
「Uターンマジック」は、一旦、根元まで燃えた火花が、なんとUターン。先っぽに向けて燃えていくタイプです。


第2位「香りつき花火」

ここ2〜3年ですごく売れているのがこのタイプ。火をつけると良い香りが漂います。
香りの種類は、桃、メロン、カレー、チョコ、コーラ、イチゴ、バニラ…
さらに、“女性の香り”“男性の香り”というものもあります。


第1位「線香花火」

不動の1位です。日本人の夏と言えば、線香花火。
はかなく美しい火花。あの夏、線香花火に照らされたあの子の横顔と、白いうなじが今も忘れられません…
ちなみに、線香花火は、東日本は「長手」という、全体が和紙でくるまれたタイプが主流。
一方、西日本では「すぼ手牡丹」。手で持つ部分がワラでできたものが主流です。


立岩商店によると、ここ数年、手持ち花火は「花火をする場所が少ない。近隣に迷惑がかかってしまう」
という声を受けて、音がしないタイプ、環境に配慮した“土に帰るタイプ”が登場しています。
さらに、安全性を高めるために、手持ち花火でも“導火線”がついているものもあるそうです。


今年はやはり、全国で花火大会が自粛傾向にあるため、気軽に出来る「手持ち花火」を求める
お客さんの声も多く感じている、ということです。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 |...| 117 | 118 | 119 || Next»