ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

この夏注目のニュータイプな扇風機(2011/5/3)

カテゴリー:1111
null

火曜日は、「ビジネストレンド」。


夏の電力不足に向けて、家庭でも昨年より15%の節電が求められています。
そこで今日はまず、「家庭の節電方法トップ3」に注目!



第3位「使わない電化製品のコンセントを抜く」65%
第2位「エアコンの設定を控えめにする、または使わない」72%
第1位「照明をこまめに消す」90%


これは、インターネット調査会社「マクロミル」が行ったアンケート結果。
みんな、照明をこまめに消しています!エアコンも控えめにしています!!
…とはいえ、夏場はエアコンがないと厳しく、特にお年寄りは命に関わることもあり、
エアコンを効率よく使用することが求められます。
そこで、この夏大いに注目されているのが【扇風機】です。


大手家電量販店「コジマ」に、夏に向けた扇風機の需要について伺ったところ、特に首都圏に関しては、
例年を大幅に上回る販売状況で、夏場の節電対策を考えて購入している方が増えているそうです。


そして、その扇風機の売れ筋はというと、一般的なリビング扇風機が圧倒的なのだそうですが、
今年は会社のデスクの上で使える小型タイプも人気があるそうです。
一方、デザイン型扇風機も人気で、例えばダイソンなどは昨年以上の売れ行きだそうです。
また、3月末の計画停電の影響もあり、充電できるタイプの商品が注目されていて、
コジマでも、これから夏場に向けて品揃えを増やしていく予定だそうです。


小型の扇風機なら、パソコンのUSBに差して使用する自分専用のタイプもあるので、
用途に応じて使ってみるのもいいかもしれませんね。

家庭の消費電力、内訳トップ3(2011/4/26)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今、家庭も企業も、出来るだけ電気を大事に使うように努めています。
そんな今日は、“消費電力”に関するこんなランキングです。


『家庭の消費電力、内訳トップ3』


第3位「テレビ」9.9%
第2位「照明器具・冷蔵庫」ともに16.1%
第1位「エアコン」25.2%

こちらは、資源エネルギー庁が公表しているデータ。エアコンはやはり一番電気を使います。
今後、夏場は特に節電が必要になります。とはいえ、電気を使わないと困ることも多いですよね。
そこで今、注目されているのが、『家庭用蓄電池』です。
“消費電力の少ない夜に、蓄電池に電力をためて、それを昼間に使う”こういう電気の使い方が、増えていきそうです。
実はすでに、一部の家電量販店では、家庭用蓄電池の販売がスタートしています。


この家庭用の蓄電池を使っているメーカー千葉県の「エジソンパワー」に伺ったところ、
名前は「家庭用ポータブル電源」つまり携帯できる「電源」。コンセントが2個ついています。
計画停電以降、量販店に問い合わせが1日数百件!
リチウム蓄電池は、1000ワットで79万8000円。2500ワットで178万円。
このお値段にかかわらず、1ヶ月でおよそ1000台は売れそうな見込み。
1000ワットタイプで“大型テレビ10時間分”、“20ワットのLED照明50時間分”の電力があります。
そのほか“冷蔵庫が7時間”2500ワットなら“エアコン5時間”。
個人客では、在宅介護をしている方から、人工呼吸器の非常用電源としてという需要もあります。


一方、バッテリー技術の専門会社リプラスは、2万9800円の蓄電池を開発しています。
こらちは、小型液晶テレビ、ノートパソコン、扇風機といった消費電力の少ない家電を数時間使用できます。
パナソニックなども家庭用蓄電池の販売を目指していまして、競争が始まれば、値段もどんどん下がりますから、
一家に一台・蓄電池の時代がやってくるかもしれません。

カバン売れ筋トップ3(2011/4/19)

カテゴリー:1111

火曜日は、「ビジネストレンド」。


今日は、“カバン業界”にスポットを当ててお送りします。
今、カバン業界の売れ筋に、異変が起きているようです。


カバン大手『エース』への取材を元に作成した
「この1ヶ月での、カバンの売れ筋トップ3」


第3位「アルミ製のアタッシュケース」

特にゼロハリバートン製のアルミ製アタッシュケースが人気。
頑丈で燃えにくいことで有名ですが、これが自宅に置いておく“金庫代わり”に売れているんです。
丈夫で軽いので、登記簿や通帳など大事なものを入れて、いざというときに持ち運べる、
という目的で、購入する方が多いとのことです。
ゼロハリバートン社のアルミ製アタッシュケース、お値段は10万円ほど。
にもかかわらず、昨年の同じ月と比べて、5割増しの売れ行きを記録しています。


第2位「カジュアルタイプのリュック」

とにかく今、手提げタイプよりもリュックや肩掛けの需要が増えています。


第1位「3wayタイプのビジネスバック 商品名『エースジーン』」

昨年の1月〜3月と比べて、161%の売れ行き!
なぜか?まず、3wayということで、“リュック”になります。
両手がふさがらず、長時間歩いても疲れにくいということで、震災以降、売れ行きを伸ばしています。
また、「エースジーン」の3wayタイプは、“振動発電”によるLEDライトを搭載。
歩く振動でライトが光ります。節電によって、薄暗い街も、安心して歩けるということで人気です。


1位、2位のリュックが売れている背景には、ここ最近の自転車ブームもあります。
震災の影響で、“自転車通勤”をしている人が更に増えたことも要因しています。
通勤や通学のスタイルが、「動きやすくて合理的」に変わりつつあることが、カバンの売れ筋からも見て取れます

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 112 | 113 | 114 || Next»