あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で美しいライフスタイルを!

5000年以上の歴史を持ち、クレオパトラも愛した植物との暮らし。植物と向き合い、植物の声を聞くライフスタイルや、ボタニカル・フードのとっておきレシピ。植物の世界からあなたに届く「美しい贈り物」です。

2018.09.28

Botanist30
自然の贈りもので作る四季の野草リース 辻典子さん

  • Botanist
子どもの頃から、野に咲く花や自然が大好きだった辻典子さん。生まれ育った京都・大原で、猫じゃらし、すすき、たんぽぽの綿毛など、野に咲く身近な花や植物でリースを作り、その美しさ、大切さを伝えています。

null
今回のボタニストは、四季の野の草花でリースを作る辻典子さんの、花や植物、地元大原の自然への思いをご紹介します。



辻典子さんの作る野草リースの魅力
すすきに猫じゃらしなど、秋の野草の景色が広がる京都・大原。辻典子さんは、この地に生える季節の花や野草でリースを作っていらっしゃいます。

たとえば、春の代表は「たんぽぽの綿毛のリース」。花が咲き終わった直後、まだ花びらが付いているたんぽぽを乾燥させると綿毛も飛びにくく、ふわふわで可愛いリースが完成します。

null
たんぽぽの綿毛のリース


緑が生い茂る夏は、豆軍配なずなを使って、夏の草原をそのままリースで再現。

null
豆軍配なずなのリース


そして、秋は「猫じゃらし」と呼ばれる金えのころ草のリース作り。秋らしい金色の穂は1年たってもほとんど色が変わらずに飾っておくことができるそうです。

null
野ばらの実、すすき、金えのころ草、えのころ草のリース


そして、冬は、野ばらの枝になった、真っ赤な実を使って。

null
つるうめもどき、山帰来、野ばらの実のリース


まさに野山の景色をそのまま見せてくれるかのような、自然の趣きと季節感溢れる作品ですね。美しく長く楽しめるリースに仕上げるコツは、その収穫時期。野草の一番綺麗な時期を知る辻さんだからこそ、その命の一番の輝きを、そのまま閉じ込めることができるのかもしれません。



野草のリースで伝えたい大原の自然への感謝の思い
美しい自然の景色が今も広がる京都・大原で生まれ育った辻典子さんは、子どもの頃から植物と触れ合うのが大好きだったそうです。一度は他の仕事に就きますが、花に触れる仕事を諦めきれず、仕事を辞めてフラワーデザイナーの勉強を続け、講師の資格も取得します。ずっと変わらなかったことは、地元大原を離れず生活の場にしてきたということ。どんな野草にも名前があり、美しさがあり、命の意味があります。お花屋さんで売られている花々と比べると、野の草花に華やかさはありませんが、その季節にしか出会えない一期一会の喜びがあります。また、野草は気候次第で採れる量や大きさも毎年変わり、去年は採れたものが今年はまったく採れないということも。だからこそ、どんな野草との出会いにも、宝物を見つけたような思いを感じるそうです。

null
秋の風景が広がる京都・大原と辻典子さん


自然は、人間にはどうすることもできないもの。辻さんは毎日、大原の野山を散歩しながら「野草は足元の宝もの」という思いで、野草たちの姿を見守っているそうです。そして、ほんの少しだけ自然からおすそ分けをいただき、リース作りで大原の自然の素晴らしさを再現し、感謝の気持ちを伝えているのです。



TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。9月29日は、作家の朝吹真理子さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。



null
辻 典子
京都・大原生まれ。大原在住。フラワーデザイナー。子どもの頃から野の花が大好きで、レンゲやシロツメグサで作った花輪を冠にして育つ。就職したものの、花に携わる仕事があきらめられず、花屋でアルバイトをしながらフラワーデザインを学ぶ。1999年、フラワーデザイナー講師の資格を取得。2018年2月、世界文化社より、たんぽぽ、猫じゃらし、すすきなど身近な野草で作るリースのレシピを紹介した「四季の野草リース」を刊行。


全写真:『四季の野草リース』辻典子(世界文化社 刊)より 撮影:梶山正

2018.08.24

Botanist29
多肉植物に魅せられて TOKIIRO近藤義展さん

  • Botanist
多肉植物に愛情を注ぎ、空間や器などに合わせたアレンジを提案する近藤義展さん。多肉植物のリースやミニチュアガーデンなどの創作活動を通して、その魅力を世界に発信しています。

null
今回のボタニストは千葉県・浦安市を拠点に多肉植物のボタニカルデザインを創り出すユニット、TOKIIROの近藤義展さんをご紹介します。



多肉植物との出会い
近藤義展さんが多肉植物に魅了されたきっかけは、ドライブで訪れた山梨県八ヶ岳にある八ヶ岳倶楽部で出会った一つのリースでした。それは、多肉植物だけでつくられ、植物の生命の輝きが感じられる、今まで見たことのないリース。作ったのは当時、八ヶ岳倶楽部の代表を務めていた園芸家の柳生真吾さんです。近藤さんはその場で、リースの作り方を紹介している柳生真吾さんの本を購入。奥さまへのプレゼントとして、本を見ながら材料を集め、人生で初めて多肉植物のリースを制作します。近藤さんが今も忘れられないのは、そのリースをプレゼントした時の奥さまの笑顔。また、その笑顔を見たくてリースをいくつも作り、やがてその魅力をもっともっと誰かに伝えたいと、多肉植物のことを学び、関わりを深めていったそうです。

null


四季により異なる多肉植物のいのちの表情
多肉植物の魅力は、まず力強い生命力と、ぷっくりと肉厚で愛らしい独特の形。まさに、砂漠などの厳しい環境下で生息し、水分を蓄える構造に進化した「いのちの姿」です。そして、四季の移ろいで変化する多彩な色。いつも静かに佇んで、季節を通してあまり変化がないように見える多肉植物ですが、近藤さんは、多肉植物が季節によって色を変えていくという意外な事実を知ります。木々が新緑に輝き、赤や黄色に紅葉するのと同じように、四季の光と温度に応じて色を変え、多様な姿を見せてくれる植物だったのです。種類が豊富で1万種以上もあると言われる多肉植物。多種類を組み合わせて植えた小さな自然界が、年間を通じて見せる豊かな表情と変化こそが、近藤さんが作品を創り出す原点になっています。

null
近藤さんは、室内のインテリアとしてだけではなく、多肉植物を屋外で育てることにこだわり、その大切さをメッセージしています。「植物は人類が誕生する何億年も前に生まれ、地球を豊かな星にしてくれた存在です。人間が生きるためには植物が必要ということをいつも忘れないで欲しい。多肉植物という“いのちの存在”は、植物目線で僕たちの未来を考えること、そして、地球を考えることの大切さを伝えてくれています」。近藤さんが心に刻み続ける思いです。

null
あの初めてのリースとの出会いから10年。現在、近藤さんは、千葉県・浦安市にアトリエを構えて創作活動をされていますが、作品だけではなく、玄関先や窓辺にさりげなく置いた多肉植物をご近所の方が目にして笑顔になったり、会話が生まれたりすることが何よりの喜びだとおっしゃいます。



TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。8月25日は、エッセイストの群ようこさんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。



null
TOKIIRO
多肉植物に特化したアレンジを提案する近藤義展、近藤友美とのユニット。グリーンデザイン、ガーデンデザイン、ワークショップ開催など多岐にわたる活動を行い、四季の色を楽しむ、季(とき)を感じられるアレンジを表現。台湾やニューヨークでも展示やワークショップを開催している。最新著書は、『ときめく多肉植物図鑑(ときめく図鑑) 』(山と渓谷社)。

279-0042 千葉県浦安市東野 2-5-29
www.tokiiro.com

2018.07.27

Botanist28 Special
「いいな!」と思ってやってみたボタニカルな行動 ベスト5

  • Botanist
今回は2018年1月から6月までの放送・記事で、あなたが「いいな!」と思ったベスト5と、「いいな!」と思ってやってみたことをご紹介します。

null
誰でも素敵なボタニストになれる。あなたもボタニカルな行動、はじめてみませんか。


第1位 2018.05.18
Botanical Recipe26
おしゃれで美味しい、ドレミファームのピクルスの魅力

null

さまざまな野菜が彩りも鮮やかに漬けられた瓶入りピクルスは、おしゃれな雑貨屋さんやセレクトショップでも売られるほどの人気アイテムです。ご紹介した「ドレミファーム」の瓶入りピクルスは、美味しさはもちろん、詰められた野菜の美しさと種類の多さが魅力。野菜が瓶の中で踊っているかのようで、食べる前から気持ちをわくわくさせてくれます。ドレミファームでは、どんな野菜でどんなピクルスを作るかは、お客さんの反応を見て決めているそうです。野菜の声を聞き、お客さんの声を聞いているからこそ、素敵なピクルス作りにつながっているのかもしれませんね。

あなたからのボタニカルメッセージ
私が「いいな!」と思ったのは「ドレミファーム」のピクルスです。わたしの趣味は家庭菜園。庭で一生懸命育てた、いとおしい野菜でピクルスを作ることもあります。そしてこの「ドレミファーム」さん、私の実家から車で10分ほどではありませんか。まさか実家近くで、野菜の顔が見える、あんなに素敵なピクルスが作られていたなんて…。一気に親しみがわき、青山ファーマーズマーケットでトマトと、キュウリ、パプリカのピクルスを購入。実家にもおすそ分けをしました。両親は我孫子に住んで35年、ともに86歳ですが、父の趣味でもある家庭菜園で採れる野菜を食べて何とか二人で暮らしています。両親は「近くにこんなにきれいなピクルスを作るところがあるとは…」と驚いていました。ドレミファームの高田さんの愛情がいっぱい詰まったピクルス。私もこれからも愛情をいっぱいかけて野菜を育てていこうと、猛暑の中、家庭菜園の手入れをする毎日です。


第2位 2018.05.25
Botanist26
神代植物公園、世界に誇るバラ園の魅力

null

東京都調布市にある神代植物公園のバラ園は、世界からも高い評価を得る日本を代表するバラ園です。1961年の開園当初から多くのバラを植栽し、毎年春と秋には、色とりどりのバラが庭園一面に咲き、バラの香りで満たされます。「野生種」、「オールドローズ」、「モダンローズ(現代バラ)」など、現在では、400品種5200株のバラを見ることができます。名花の美しさを楽しむだけでなく、世界のバラの歴史を体験できるバラ園作りにこだわった神代植物公園のバラ園は、2009年にはイギリスに本部を置く「世界バラ会議」から「優秀庭園賞」を贈られています。

あなたからのボタニカルメッセージ
電車を乗り継いで主人を誘って何年かぶりに神代植物公園に行ってみました。本当にいろんなバラの香りが楽しめて、バラ以外にもとっても見応えがあって楽しませていただきました。植物園は季節ごとに楽しめるので今度は自分でカメラを買ってぜひまた行ってみたいと思います。素敵な場所を教えていただいてありがとうございます。


第3位 2018.05.11
Botanical Goods17
5月のインテリアが華やぐ、ガラスの花瓶の魅力

null

お気に入りのガラスの花瓶を一つ持っておくと、花や植物を、お部屋に飾って楽しむのに重宝します。たとえば、花瓶選びに迷ったとき、口の広がった、透明で大きめのガラスの花瓶を選ぶと、花や植物のアレンジの幅をより広げてくれます。たっぷりと水を入れておけば、ガラスを通して見る水の中の枝が涼やかで、お部屋に涼を運んでくれます。口の小さなガラスの花瓶に1輪を挿しても素敵です。植物の生命力をより楽しめ、元気をもらえるのが、ガラスの花瓶を使ったアレンジ。今の季節にも、植物の涼しげな表情が楽しめますね。

あなたからのボタニカルメッセージ
いいな!と思ってやってみたこと、ありますよ!5/11に放送された「ガラスの花瓶の魅力」を聞いて、私の花瓶に対する考え方がガラッと変わりました。その日以来、紹介されていた山吹色の口の小さな花瓶を探しに探し、どうにか同じようなタイプのものを手に入れました。以来、お花自身もですが、どこへいっても花瓶に注目するようになりました。暑い夏ですが、ボタニカルライフを楽しみたいです!


第4位 2018.03.16
Botanical Recipe24
自然の甘みと酸味が元気をくれるフルーツビネガー

null

フルーツの風味に爽やかな酸味が特徴のフルーツビネガー。ベリー系やシトラス系、りんごやパイナップルまでさまざまな味が市販されています。薄めて飲みものにしたり、サラダや料理に使ったり。豊かな香りとすっきりとした味わいで、元気を与えてくれます。もともとアミノ酸を多く含み疲労回復にも良いとされるお酢ですが、フルーツビネガーはそれにビタミンなどが加わり、アンチエイジングにも良いとされる食品です。料理や飲みものに活用して、この夏を乗り切りましょう。

あなたからのボタニカルメッセージ
おはようございます。フルーツビネガー、飲んでみました。料理用の普通の酢しか買ったことがなかったのですが、40代になったし、体質改善をしようと気を付け始めている時期だったので、取り入れてみました。私は比較的酢の物を好みますが、夫は全然好きじゃないというので、フルーツビネガーならと思いトライしてみました。炭酸水で割るとさっぱり!牛乳で割ればこれまた雰囲気の違う飲み物に。すっかりはまりました。いろんな種類を買ってみたいと思います。


第5位 2018.06.01
Herbal Life27
おしゃれで手軽な緑のインテリア、ハイドロカルチャー

null

観葉植物やハーブを、もっと簡単にお部屋で育てたい方におすすめなのが、「ハイドロカルチャー」です。人工の特殊な素材と水だけで植物が育つので、どこでも手軽に植物との生活を楽しむことができます。土の代わりに使うのは園芸用の人工の石や煉瓦。ハイドロコーンという茶色の発泡煉瓦が一般的ですが、色のついたカラーサンドという素材もあって、色や容器でアート感覚も楽しみながら植物を育てることができます。おしゃれなマグカップや缶などを使って育てた植物は、より親しみ深い存在になりますね。

あなたからのボタニカルメッセージ
おはようございます。6月のジメジメした季節に、手軽でオシャレな「ハイドロカルチャー」の特集、とても参考になります。植物からいただけるパワーを家の中でも感じたく、ぜひチャレンジしたいと思います。適している代表的な植物や、育て方が詳しいので、介護生活の私でもできそうです。楽しみたいと思います。



皆さんのボタニカルな行動、いかがでしたか?たくさんのメッセージ、そして取材やインタビューにご協力いただいた多くのボタニストの皆さまありがとうございました。まだまだ暑い夏が続きますが、植物の力で元気に楽しく、毎日を過ごしてくださいね。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。7月28日は、童話作家の角野栄子さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。

2018.06.22

Botanist27
自然栽培で育てるエディブルフラワー 井上隆太郎さん

  • Botanist
見た目も美しく、味わっても楽しめる。そんなエディブルフラワーやオーガニックハーブが、今多くのレストランやBARで人気を集めています。手がけるのは千葉、鴨川で自然農法を取り入れた農園を営む井上隆太郎さんです。

null
今月のボタニストは、食べられる花「エディブルフラワー」を独自の農法で育てる、GRAND ROYAL greenの井上隆太郎さんをご紹介します。



食べても楽しめる花、エディブルフラワーの魅力
葉や木の実だけでなく、「花」も食材として古くから利用されてきました。特にオランダでは、普段からエディブルフラワーを使った料理がおなじみです。もちろん日本でも、菜の花や食用の菊、紫蘇の花などが食材として好まれてきました。料理に使われても、香り付けや飾り程度という要素が強かったエディブルフラワーですが、今ではより積極的に料理の素材や、味のアクセントに使われ、しっかりとした味や香りが求められるようになってきています。そのエディブルフラワーを独自の自然農法で育てているのが、井上隆太郎さんです。自身の農園「GRAND ROYAL green」で常時20種類ほどの花や緑を育て、夏を前にした今の時期には、ハウスの中でナスタチウム、ボリジ、フェンネル、カモミール、アニスヒソップ、シナモンバジルなどが収穫の時を迎えています。ハウスの中で自然栽培で育てられ、一つ一つ丁寧に摘まれて収穫された花は、みずみずしい輝きに満ちています。

null


自然栽培へのこだわりが生んだ本当の美味しさ
井上隆太郎さんの農園「GRAND ROYAL green」は千葉県、鴨川市の里山にあります。井上さんは、もともとは装花やガーデンデザインを手がけ、花の販売も行うフローリストでした。レストランやBARの知り合いなどからエディブルフラワーが欲しいという注文を受けても、普通の観賞用の花市場では彼らが望む食材としての花を見つけることができず、それならと自分で育て始めます。

null

最初は鴨川に農地を借り、東京から通いながら農作業を行っていましたが、3年前に家族とともに移り住みました。目指しているのは美味しく、しっかりした味わいを楽しめる花やハーブ。そのために取り入れたのが自然農法です。一つのハウスの中に多種多様な花や植物を植えることで、里山や自然の野原に近い環境をつくり、花や植物が本来持っている味を引き出しています。また、化学肥料や動物性の肥料は一切使用せず、唯一使用する植物性の堆肥も必要最小限に留めています。肥料を多く与えれば、早く大きく育てることができますが、味が薄くなり自然の味がしなくなるそうです。大切なのは鴨川の気候や地質にあった花や植物を選んで育てること。また、同じハウスの中でも風通しの良い場所が好きな花、水はけの良い場所が好きな花など、きめ細かく環境に気を配ることで、それぞれの本来の味を引き出すことができるそうです。「自然と同じ環境で育てること」、それが井上さんのエディブルフラワーを美味しく、美しくする秘密なのです。

null

本当に美味しい花、ハーブを届けたい。そんな思いを込めて井上さんは、育て方だけではなく収穫のタイミングにもこだわり、食材をシェフたちに届けています。花は摘んだそばから傷んでいくので、数種の花を摘む時には、傷みやすい花は最後に摘むなどして、大切に収穫してゆきます。「料理の味の半分は畑で決まる」という思いで毎日花と向き合い、その成長にきめ細かく愛情を注いでいるのです。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。6月23日は、トータルビューティークリエイターの川邊サチコさんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。


GRAND ROYAL green
www.grandroyalgreen.com
Prev [P.2/9] Next

番組へのメッセージ・感想を募集中

たくさんのメッセージをお待ちしております。

Recent Entries

Archive

  • NOEVIR 「植物の力」のスキンケアはこちら
  • NOEVIR Color of Life EVERY SAT / 09:00〜09:30
  • TOKYO FM

TOP