あなたのキレイと元気を磨く!「植物の力」で美しいライフスタイルを!

5000年以上の歴史を持ち、クレオパトラも愛した植物との暮らし。植物と向き合い、植物の声を聞くライフスタイルや、ボタニカル・フードのとっておきレシピ。植物の世界からあなたに届く「美しい贈り物」です。

2016.08.05

Herbal Life5
フラワーアーティスト壱岐ゆかりさんに聞く、“花で残す素敵な思い出”

  • HerbalLife
原宿にあるフラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」。その都会の真ん中とは思えない緑に囲まれた清々しい空間では、独特でハイセンスなアレンジメントが人気を集めています。



例えば、それはドライフラワーやプリザーブドフラワーを使ったアレンジメントや、ガラスのフレームにはさんだ押し花など。どれもが少しでも長く花を楽しみたいというお客さまのご希望に応えたものばかりです。

8月のハーバルライフは、店主であるフラワーアーティスト壱岐ゆかりさんが教えてくれる「花で残す素敵な思い出」をお届けします。


花のインテリアで「素敵な記憶」を長く飾る
「記念日に恋人に贈る花束は、その日のことを長く覚えていて欲しいから、部屋にずっと飾っておける、長持ちする花束をつくって欲しい」「ウエディングブーケを二人の記念にドライフラワーにして残したい」そんなお客さまのさまざまな要望に向き合って生まれた新しいコンセプトが、「素敵な記憶を残す花屋」というもの。壱岐さんがこのお店で提案するのは、ただの飾りではなく、そのときの気持ちを長くとどめておける、世界でたった一つの花のプロダクトです。ドライフラワーやプリザーブドフラワー、そして押し花などを用いた新しいアイディアが、特別なインテリアとしての花の可能性を広げています。


“押し花”の魅力
気持ちを長くとどめておく方法として、壱岐さんが特に注目するのが“押し花”です。特別な道具がなくても自分たちで手軽につくれる押し花に、あなたもチャレンジしてみませんか。たとえば旅先の自然の中で出会った花を押し花にして、フォトフレームに写真と一緒に入れて飾ったり。外出先で撮影した写真をながめるのも、帰宅後の楽しみの一つですが、押し花も同じ。幸せな時間を写真以上に蘇らせてくれるかも知れません。


美しい押し花の作り方
押し花をより美しく作るには、市販されている「押し花乾燥シート」を使うのがおすすめです。雑誌や本にそのままはさんでつくるイメージが強い押し花ですが、乾燥に時間がかかってしまうと、色がくすむ原因になります。パリっと形よくキレイな色に仕上げるには、乾燥時間を短縮してくれる、この「押し花乾燥シート」が便利です。乾燥シートの上に押し花にしたい花を並べ、もう一枚の乾燥シートではさんで、上に数冊本を置いておくだけで1週間ほど経てば美しい押し花が出来上がります。より短時間でつくる方法もありますが、押し花は出来上がるまでの経過にも風情があるもの。その花にまつわる記憶や思いとともに出来上がりまでの時間を過ごすのが、押し花作りをより楽しむ秘訣です。



押し花ならではの美しさと楽しさとは?
押し花の美しさは、咲いているときには見えない花びらの色合いや、鮮やかに浮き出す葉脈など、“平面だからこそ見えてくる美”。たとえば「月見草」などの小さくて可憐な花や、様々なハーブも押し花には最適です。そして、同時に、壱岐さんが提案しているのが「自分で作った押し花を相手に届ける」ということ。例えば、手紙の最後に相手が好きな花の押し花を貼って感謝の気持ちを表したり、季節の贈り物に旬な花の押し花を添えたり。さりげなく、自分の思いを込めて贈ることができるのも、押し花の良いところです。

壱岐さんがこれまでに出会った花とお店の日々を写真に収めて、自主制作したフォトブックが『THE LITTLE SHOP OF FLOWERS』。思い出がたくさんつまったこの本にも、中をひらくと小さな押し花がひとつ登場します。ひとつひとつ手作業で作り、貼ったというその押し花も、花とともに出会った人、一人一人のお客さまへの感謝の気持ちを表したものとなっています。

植物がもたらす美しさは、その見た目だけでなくそれにまつわる思い出や気持ちやストーリーにまで及びます。「見て素敵! 」という美的感覚から一歩進んで、その人にとって特別な意味が込められたものを日々の生活に取り入れてみる、飾ってみる。そんなライフスタイルを楽しめるのも、花や植物ならではの魅力です。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしをご紹介するノエビア「BOTANICAL LIFE」をオンエアしています。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。8月6日は女優の浜美枝さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聞き逃しなく。


壱岐ゆかり(いき・ゆかり)
明治神宮前の一軒家フラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」主宰。フラワーアーティスト。 インテリアショップ、ファッションプレスなどを経て、週末だけのフラワーショップを代々木上原にオープン。日々の小さな贈り物の提案から展示会やパーティ、結婚式の装飾・演出などを独特のスタイルで展開。現在は、明治神宮前の一軒家に本店を構える。2016年9月には新店オープン予定。

番組へのメッセージ・感想を募集中

『部屋で楽しむ小さな苔の森』

あなたはどんなボタニカルライフを楽しんでいますか?
8月23日放送回で苔テラリウムをご紹介いただいた石河英作さんの本、『部屋で楽しむ小さな苔の森』を、メッセージをお寄せいただいた方の中から3名様にプレゼント!こちらは苔テラリウムの楽しみ方の詳しいガイドブックとなっています。

ご希望の方は、「わたしのボタニカルライフ」というテーマであなたが楽しんでいるボタニカルライフ・興味のあるボタニカルライフについてメッセージをお寄せください。

【締切】:9月6日(金)8:30

Recent Entries

Archive

  • NOEVIR 「植物の力」のスキンケアはこちら
  • NOEVIR Color of Life EVERY SAT / 09:00〜09:30
  • TOKYO FM

TOP