今月ご乗船いただいているのは、加山雄三さんです。

言わずと知れた海の男・加山さんは、歌手としても数々のヒット曲を生み出しています。
2014年には、日本のロックシーンを代表するミュージシャンたちとバンドを結成、昨年は演歌歌手としてデビューされました。

そんな、加山雄三さんに旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場:この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、「ご自身の旅のお話」をしていただいているのですが、今日が最終乗船日ということで、どちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?

加山:今日はわりと近いところですが、上海ですね。

干場:いつ頃のお話ですか?

加山:もう5年も経つかな。上海は中国でもヨーロッパ風の建物があったり銀行がかなりあったりするんでね。
いいもんだから何度でも行っちゃってね、食べ物が美味しいんだね(笑)。

干場:はい、美味しいですね。

加山:「中国一高い店」っていう名前の店があるんだよ。

干場:それは値段が高いんですか?

加山:日本の高いのとは全然違う、中国にしては高いんだと思うんだ。そこのフカヒレのスープがすごく美味しくて、かぼちゃを使っているんですよ。
“フカヒレスープにかぼちゃなんてもったいないな”って(笑)。僕はかぼちゃで育ったようなもんでね、かぼちゃなんて嫌だと思ってたんだけど(笑)これがめちゃくちゃ美味しいの! びっくりした!

null
干場:フカヒレのスープってフカヒレだけ入ってるんじゃないんですか?

加山:そうじゃないんですよ。今はいろんなものが入っていますよ。
ツバメの巣を入れたり、鳥の肉が入ってたりとか、野菜がちょっと入ってるのもあるし、色々あるのよ。

干場:うんうん。

加山:それこそ、その店に行って、そのスープ飲むためだけに上海行って、帰りに飛鳥IIがいたので「俺が船長やるから、乗っけてくれよ」って、家族みんなで乗ったんですよ(笑)。
船長やって八代港まで乗ってきましたよ(笑)。僕は毎年、飛鳥IIの船長をやってるんですよ。今年もまた、7月〜8月にあるんですよ。

干場:加山さんと乗れるんですね。

加山:そうです「若大将クルーズ」と言ってね、3日間くらいあるんですよ。

干場:最後の質問をさせて頂きたいんですけど、旅とは、加山雄三さんの人生においてどんなインスピレーションを与えてくれるものなんでしょうか?

加山:人生そのものが旅人だと思っています。何かが起きる、いい時の波もあれば、時化の時もある。
人生そのものが人生航路、それは航海と全く同じ、旅はすなわち自分自身の生きてること、それが旅ですね。

null


本日で「SEIKO ASTRON presents World Cruise」は、最終回となります。
6年間、ありがとうございました。

「クルーズ情報」

くぼこまき:今日は、新しく作られた船にとっての最初の航海である処女航海についてフォーカスしていきたいと思います。最近新造船がすごく多く出てまして、「処女航海クルーズ」っていうのに乗船できるチャンスが毎年あるんですね。記念すべき初航海となりますので、様々なイベントが催されます。
例えばハーモニー・オブ・ザ・シーズの処女航海に乗船した時なんですけれども、船からのプレゼントっていうのが毎日部屋に届くんですね。
船内の様々な部署があるんですけれども、その部署のマネージャーからという体でお手紙とともに、例えば寄港地ツアーを担当する部署からはバックパックがプレゼントされたり、あとはマグ。あとは船長からも、すごい立派なメダルみたいな物がプレゼントされたりとか、結構いいものでした。

パーティーが催されたんですけれども、そこでも処女航海を記念して船を形どった巨大なケーキが作られていて、それをみんなに振る舞ってくれたりですとか。あと船内の飾りつけをしているお花とかも、巨大客船なので、普段は造花とかを使うらしいんですけれども、処女航海の時だけ生花を使っています。
すごく華やかになっていました。

今年は3月に就航するMSCベリッシマの処女航海、イギリスのサウサンプトンから出航するコースなんですけど、そういったものですとか。
プリンセスクルーズの新造船の、スカイプリンセス号、こちら10月に地中海クルーズでデビューします。
そして、4月29日にコスタクルーズの最大のクルーズ船コスタベネチア号が処女航海クルーズの最終地点として東京港にやってきます。
もし、ご興味ある方は大井埠頭の方に行ってみると、確実にこのコスタベネチアを見ることができるんじゃないかなと思います。

今月ご乗船いただいているのは、加山雄三さんです。

言わずと知れた海の男・加山さんは、歌手としても数々のヒット曲を生み出しています。
2014年には、日本のロックシーンを代表するミュージシャンたちとバンドを結成、昨年は演歌歌手としてデビューされました。

そんな、加山雄三さんに旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場:この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、「ご自身の旅のお話」をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?

加山:何回も行ってるハワイですね。

干場:ハワイといえば加山さんですよね。

加山:「ハワイの若大将」とかね。

干場:「ハワイの若大将」あれは1963年公開ですね。
当時のハワイってどんな様子だったんですか? 今と違うんですか?

加山:全然違いますね。ホテルの数が違うのと、ダイアモンドヘッドがフルサイズで見えるぐらい何もない時代。

干場:そうだったんですね。
ハワイでの思い出の場所とかってありますか?

加山:思い出の場所はいっぱいあるね(笑)。マウイ島も行ってるし、カウアイ島にも行ってるし。

干場:ほとんど行きつくしている感じですね。

加山:ハワイ島に行ってる時に、ブラック・サンド・ビーチっていうのがあるんですよ。真っ黒の浜辺で、そこで作った曲が
「ブラック・サンド・ビーチ」という曲で、最近では「ピンク・サンド・ビーチ」っていうのがあるんですよ。何でピンク色になったのか分かんないんだけど、今度は「ピンク・サンド・ビーチ」っていうのを、また作ろうかなと思ったりね(笑)。

null
干場:
はい(笑)。

加山:ニュージャージーにいた頃に、そこでお寿司屋さんをやっていたご夫妻がいて。ハワイに移住して、ハワイでもお店を出したんだよ。
もう行くたびに必ず寄る、「寿司 遊」っていうとこなんだよね。

干場:それ、名前出しちゃって大丈夫なんですか(笑)。

加山:俺たちがつけた名前だから。うちのカミさんが、「ゆうは『遊び』っていう字にしましょうよ」って、それを書で書いたわけ。それがものすごく上手く書けちゃったわけよ!(笑)
額縁にちゃんと入れて、ニュージャージーにいた頃から貼ってあったの。それを元にして、暖簾とかに「寿司 遊」って書いてあるんだよ(笑)。

干場:なるほど(笑)

加山:そのオカンがフレンドリーなもんで、ジョージ・ベンソンがニュージャージーにいた頃には近所だったのね。
ジョージ・ベンソンが来ると「ジョージ! この人も歌歌ってるのよ!」って、それで友達になって。
オカンがボロボロのギターを持ってきて、“こんなのジョージに弾かせたらえらいことになる、かわいそうにな”って思ったら、持ったらあいつの音になるんだな! びっくりした!

干場:そうなんですね!

加山:こんなに違うのかと思ったら、ギターやめようかと思ったくらい。
そういう場所があって、行けば必ず寿司食ってるよ(笑)。

null

「船旅経験ゼロの私が、クルーズ旅行に初挑戦したいと一念発起したのもこの番組がきっかけでした。
こんな初心者への、最高に楽しめて、そしてリピートしたくなるクルーズのコースを教えてください」


くぼこまき:いくつかパターンがあるとは思うんですけれども、日本発着のクルーズであれば、何らかのお祭りですとか、花火大会とか、そういったイベントと絡めたクルーズは、すごく思い出に残って最高だと思います。
例えば「ぱしふぃっくびいなす」、8月16日から熊野の花火を見れるツアーなんかも予定されていますので、ご検討いただければと思います。

あと、外国の港まで飛行機で行ってクルーズ旅行を楽しむ「フライ&クルーズ」でしたら、私はエーゲ海がおすすめですね。
クルーズ旅では本当に人気が高いコース、初心者の方にもピッタリです。海も穏やかで揺れが少ない、たくさんの美しい島々を一度の旅行で回れるっていうのも、クルーズの旅ならではの利点です。

行くのが大変というイメージもあるんですけど、旅行代理店さんのWebページを見ていただくとわかると思うんですけど、飛行機のチケットから、クルーズの予約とかも全部含めたツアーが出ていますので、そうしたもので予約していただくと、初心者の方でも簡単にクルーズ旅行を楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。

そして、クルーズの王道みたいなものをご体験いただいた後は、最新鋭の船にぜひ乗船してみていただきたいなと思います。
アトラクションとか、イベントとか、施設がすごすぎて飽きないですね。
船の中を満喫できちゃうので、寄港地よりも船の中の方が楽しい時もあるかもしれないぐらい! そして回りきれないくらい広かったりします。
また、船そのものを楽しんでいただくのも、いいんじゃないかと思います。

今月ご乗船いただいているのは、加山雄三さんです。

言わずと知れた海の男・加山さんは、歌手としても数々のヒット曲を生み出しています。
2014年には、日本のロックシーンを代表するミュージシャンたちとバンドを結成、昨年は演歌歌手としてデビューされました。

そんな、加山雄三さんに旅のお話を伺いました。


null
干場:この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、「ご自身の旅のお話」をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?

加山:南太平洋の方で、オーストラリアはもう何べんも遊びに行ってるんだけど、日本が夏のときにスキーに行くことになって。

干場:日本の夏に!

加山:オーストラリアは日本と気候が反対だから、オーストラリアに行けばスキーができるってことでね。

干場:贅沢ですね。

加山:で、仲間を集めたら20人近く集まって。シドニーから乗り換えてクーマっていう飛行場に行って、そこからは車で何時間もかかって山に登ってくんだけど、本当に雪あるのかよって感じなんだよ。

干場:どうしてですか?

加山:相当上に上がらないと雪がないんだよね。

干場:そういうことですね。かなり標高高く行かないと雪がないと。

加山:でも、着いたらちゃんとスキー場があるわけ。お客さんもそんなにたくさん滑ってないし、これはいいやと思ってかなり楽しみました。
で、帰るためにまた飛行場に向かったんだけど、飛行機の時間大丈夫かなって言ったら「大丈夫だ」って運転手は言うんですよ。
ワゴンの屋根の上にトランクをいっぱい積んで山を降りて行ったんだけど、眠かったからみんな寝ちゃったんだよね。
そしたら、ドスンって音がしたので後ろを向いたら、トランクが落っこちちゃってるわけ。運転手に言って車を降りたら、それが最後のトランクだったんだよ(笑)。

干場:ええっ!?

加山:山の途中に全部落っことしちゃってたんだよね(笑)。
しょうがないから戻ろうってことになって戻ったんだけど、どうしても一つ足りないんだよね。
もう飛行機間に合わないよ、時間ないよって言ったら「大丈夫だ。大丈夫だ」ってのんきなんだよこれが。
で、そのまま進んでたら、羊が道路を横断してるんだよね。クラクション鳴らして道を開けるかと思ったら、のんびり待ってるんだよ。

干場:どかないんですか?

加山:どかないっていうよりも、羊が優先なんだよな。で、羊が全部いなくなるまで待って飛行場に着いたらちょうど飛行機が動いてるから、
「飛行機行っちゃうよ!」って言ったら「今、飛行機が着いたところだ」とか言うから、絶対そんなことないなんて言ってるうちに飛び立って行っちゃったんだよね。

null
干場:飛んでっちゃったんですか!

加山:結局、シドニーまで車で行くことになったんだけど、国際線は30分ぐらい遅れる可能性があるから、飛ばしていけば大丈夫だとか言ってて。
本来なら1時間ちょっとで着くようなところを車で6時間ちょっとかけて行ったんだけど、やっぱり出発時間になっちゃったわけだよ。
で、飛行場の中に入って行ったら旗を振ってる奴がいて。

干場:車のまんまですか?

加山:そうそう。飛行機のところに車をつけるわけさ。それで、「これに乗ってくれ」って言われて。

干場:そんなにいい加減なんですね(笑)。

加山:出発時間は10分ぐらい過ぎてるんだよ。他のお客さんに申し訳なくて、乗るときに「すみません、クーマっていうところからスキーの帰りで、羊がたくさんいて…」って言ったらみんなに拍手されてさ(笑)。それで、なんとか間に合ったというね。

干場:散々でしたね。

加山:散々なんてものじゃなかったよ。ハラハラしたし荷物は一個無くなってるし…。だけど半年経ったら中身はそのまま、何も取られずに送られてきて、これも驚いたね!
だけど、開けてみたらばスキーの靴とウェアしか入ってないんだよ。大切なものは何も入ってなかったと。

干場:良かったですね!

加山:そういう意味ではいろんな体験をしましたね。オーストラリアの人はのんびりしてるっていう事と、人間よりも羊が大事だっていうことと、
国際線でも10分でも15分でも待ってくれるっていう、そののんびりさがすごいな、と。日本では絶対に考えられないからね。

干場:すごい体験でしたね!

null

「この夏のおすすめクルーズ」

くぼこまき:先週に引き続きまして、この夏のおすすめクルーズを紹介したいと思います。
今週は日本船、「飛鳥II」のご紹介をしたいと思います。 飛鳥IIは毎年サマークルーズを催行しているんですけれども、
今年は8月1日から横浜発着のコースでして、三重県の鳥羽に行くショートクルーズを予定しています。
3日間のクルーズなので、期間的にもちょっと短めでちょうどいいんじゃないかなと思います。こちらはベビーシッタールームですとかキッズルームなんかも開設する他、
グループ割引ですとか子供料金というのも設定されますので、結構お得に行けるんじゃないかなと思います。
鳥羽には「鳥羽水族館」や、ちょっと足を伸ばせば伊勢神宮なんかにも行くことができますので、良い夏の思い出ができるんじゃないかなと思います。

同じく飛鳥IIなんですけれども、8月11日から横浜発着で「阿波踊り 高松花火クルーズ六日間」のクルーズが予定されています。
阿波踊りなんですけれども、あらかじめ観覧席が用意されてるんですね。なので、ゆったりと座りながら阿波踊りをご覧いただくことができるんです。
実は、阿波踊りって“連”と呼ばれるグループに所属していないと踊ることはできないんですけれども、飛鳥IIでは「飛鳥連」というのを作っていまして、
オプショナルで申し込みますと阿波踊りに参加できるんですね。

高松の花火大会も船の上からご覧いただくことができます。こういう時期のホテルとかって満室になって取れなかったりするんですけれども、
そうした予約とかも必要なく、ゆっくりとご覧いただくことができるので花火大会をクルーズで見るというのはすごくお勧めですね!

今月ご乗船いただいているのは、加山雄三さんです。

言わずと知れた海の男・加山さんは、歌手としても数々のヒット曲を生み出しています。
2014年には、日本のロックシーンを代表するミュージシャンたちとバンドを結成、昨年は演歌歌手としてデビューされました。

そんな、加山雄三さんに旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場:この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、「ご自身の旅のお話」をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?

加山:ニュージーランドとか、南太平洋だけど、なかなか行くチャンスがない方もいらっしゃると思うんですけど。

干場:ニュージーランドは何の目的で行かれたんですか?

加山:一番最初に行ったのは、映画「ニュージーランドの若大将」だね。

干場:どのあたりで撮影されていたんですか?

加山:マウントクック、マウントクックの見えるところの氷河があってその上を滑るって言うんだね。
最初に飛行機で上から見て、一番上が丸くなってて溝が随分あるんだよね。“なんだろうな?”と思って、「あれはクレバスだ」って言うから。

干場:クレバスって、落ちたら死ぬとこですよね!?

加山:落っこちたら死んじゃいますよ。そこを滑るって、けっこう乱暴な監督で「大丈夫、大丈夫」って、何が大丈夫だよって(笑)。
とりあえず頂上に降りて、クレバスの側まで行って、クレバスにストックでちょっとやっただけで、ボソーって。その下はものすごい深いんですよ。
2人で行って、「これ落っこちたら終わりだな」って(笑)。

干場:いやいやいや(笑)。
当時だからですよね。

加山:本当だよね。

干場:50年前だから安全確認なんてされてないわけですよね。

加山:「そこでスキーをやったのはあなたが2人目だ、最初に滑ったのは三浦雄一郎だ」って、“オー・マイ・ゴッド”だよね(笑)。
三浦さんこんなところ滑ってたんだって(笑)。やっぱり、ちょっと面白かったですけどね。

干場:南島にも行かれたんですよね?

加山:そうなんですよ。これはコマーシャルの撮影だったんだけど。
本当に田舎のはずれのほうだよね、車もほとんど走ってないし、街に人もいない。でも、土曜日になったら、ホテルのバーみたいなところにやたら人が集まってるんだね。

null
干場:はいはい。

加山:話が全然通じないんだよ、何言ってるのかわからない。すごい訛りなんだよね。

干場:訛りが強いんですか。

加山:“俺こんなに英語わからなかったかな?”っていうくらいだったんだよ。
隣にちょっとした部屋があって、そこでギターを弾きながら1人で過ごしてたら、ある奴が「歌を歌ってるぞ」って、そのバーにいるやつみんな来ちゃって(笑)。
次から次へと、「歌え!」って言われて、カントリーウェスタン、アメリカの曲やったらバカ受けでさ(笑)。

干場:そうだったんですね。

加山:隣に座ったオヤジが話しかけてくるんだよ、大体分かるんだけど、通じないのね。
よく分からないから「OK! OK!」って、ごまかして(笑)。

干場:そんなに訛りがきついんですか。

加山:あれはわかる人と一緒に行かないとダメだね、それぐらい訛りが強いんですよね。

null

「クルーズ情報」

くぼこまき:今日は気持ちは少し先に行きまして、この夏に乗船できるおすすめの海外船クルーズ情報をお届けしたいと思います。
ホーランド・アメリカラインという船会社があるんですけれども、こちらの船会社のマースダムという船が、初の横浜発着を夏に行う予定なんですね。
こちらのプレミアムクラスの船で、大きさは中型船です。だいたい1200人〜300人ぐらい乗る船です。

145年の歴史と伝統を誇る優雅な大人の雰囲気のクルーズラインになります。私も船内歩いたことあるんですけれども、すごいシックな雰囲気の大人なムードの素敵な船です。
こちらの船なんですけれども、ワールドクラスの料理人が監修した世界の美食を味わうことができます。食事にも定評のあるプレミアムクラスのクルーズ会社ですので、ご期待いただければと思います。

今回のコースなんですけれども、約2週間かけて日本をぐるっと一周します。
外国船ですのでウラジオストックと、コルサコフを回って、また横浜港に戻ってくるというコースになります。北海道とかも巡りますので、夏にちょっと涼しい区域も回って気持ちの良い旅になるんじゃないかなと思います。
外国船なので、普段から日本人コーディネーターが乗船しているわけではないんですけれども、今年の7月31日〜8月14日までのコースがありまして、この期間は乗船しています。
この時期、北のほうも回って、本当に気持ちのいい季節を体感していただくことができるんじゃないかなと思います。

今月ご乗船いただくのは、加山雄三さんです。

言わずと知れた海の男・加山さんは、歌手としても数々のヒット曲を生み出しています。
2014年には、日本のロックシーンを代表するミュージシャンたちとバンドを結成、昨年は演歌歌手としてデビューされました。

そんな、加山雄三さんに旅の􏰃お話を伺いました。


null
干場:この船に乗っていただいたゲストのみなさんには、「ご自身の旅のお話」をしていただいているのですが、今日はどちらへ行かれたお話を聞かせていただけますか?

加山:どこにするかね〜、やっぱり南半球の方がいいかな。まずは、タヒチとか。

干場:タヒチ最高ですね! タヒチといえば、ハネムーンで人気の、世界で最も美しい島々の一つとも言われていますけど。
なぜ行かれたんですか?

加山:時々行くんだよ。

干場:タヒチお好きなんですね。

加山:好きですね、若大将でも「南太平洋の若大将」っていうのがあって、それで行って以来、時々行くんだよね。
あそこは島がいろいろあるじゃん、ライアテア島とかね、ボラボラ島とか、それぞれの特徴があって、それぞれの思い出があって。

干場:そうなんですね! まずは南太平洋の映画のお話を伺いたいんですけど、これは若大将シリーズですよね。
50年前、この時行かれたタヒチの雰囲気ってどんな感じだったんですか?

加山:やっぱり南の島でね、“最後の楽園だな”と思えるほど綺麗な水でさ、潜ると魚がたくさんいるんだよね。
で、魚が逃げないんだよね。スパゲッティとかちぎって持っていくと、手から食べるんだよ。ものすごいたくさん寄ってきちゃって、写真を撮ろうと思っても魚だらけで俺が見えなくなるっていう(笑)。そういう状況になるぐらい人なつっこいの。

干場:はい。

加山:撮影の時はサメを待ってたんだよね。サメに襲われるというシーンを撮るわけだよ。
3日間ぐらい待たされたけど、結局来たのがメジロザメだったんだな、ホオジロだと恐ろしいんだけどさ。

干場:いや、でもそれでも人喰いザメですよね。

加山:メジロもけっこう攻撃的ではあるんだけどもね。

null
干場:ちょっと待ってください、それ、大きさってどのくらいなんですか?

加山:2メーター前後だね、でかいのは3メーターくらいになるんだよ。
ホオジロだったら3メーター、人が完全に喰われちゃう。それは知ってたんだけど、2メーター弱のメジロザメが来て泳いでるのを撮って、そこに俺がいてっていうのを撮るわけだ、あんまり気分良くなかったけど(笑)。

干場:それはそうですよね(笑)。
それをリアルでやるんですね。

加山:そう。来たら、いっぺんに5匹も6匹も来るんだね。

干場:サメってそういう習性があるんですか。

加山:怒った時に気を付けなきゃいけないって地元の人に言われたんだけど、ヒレが普通に水平になってれば大丈夫なんだけど。
それが、ぎゅーっと絞ったみたいになるとものすごい勢いで来るんだね。

干場:うんうん。

加山:正面からまっすぐ来た時には、銛の先がなくて棒だけにしておくんだよ。

干場:銛の先って、矢みたいなやつがついてますよね?

加山:それを取っちゃって、で、頭を“ボカーン!”と、引っ叩くの。

干場:サメの頭を引っ叩くんですか!?

加山:外したら大変だからさ、真剣勝負だよ。頭叩くとビックリして逃げるんだよ。
本当に来ちゃったから叩いたら、ものすごい音がするのよ“やばいな”と思ったけど、すーっと逃げていったの。

干場:すごい経験されてますね。

加山:ある意味では楽しかったけど、危険もあったしね。

null

「家族みんなでクルーズ旅行に行きたいんですけれど、旦那がクルーズにあまり興味がないんです。
費用がかさむと思っているのですが、どのように魅力をアピールし、説得したらいいでしょうか?
ちなみに小さな子供が3人います」


くぼこまき:料金に関してなんですけれども、クルーズ船っていうのは動く豪華ホテルじゃないですか?
なので、移動費だったりとか、ホテルの代金、宿泊費ももちろん旅行の代金に含まれていますし。
さらに、朝昼晩の3食の食事、そして間食、24時間ほとんど食べ放題の状態ですよね。豪華なエンターテイメントのショーですとか、大きい船になるとキッズクラブもありまして、3歳以上のお子さんは、そこで遊べるだけじゃなくて預けられるっていう施設があるんですね。
なので、3歳以上のお子様がいらっしゃったら、預けてご夫妻でのんびりと過ごすってこともできるんじゃないかと思います。

さらに、お子様の場合は2名まで無料になるっていう船もあるんですね。そして、お子様が2歳未満だと元々無料だったりするんですね。なので、もしかしたらご夫妻だけの料金で行けちゃう可能性もあります。
日本発着の身近な船ですと、コスタネオロマンチカ号ですとかMSCスプレンディダ号は、お子様無料というサービスもやっていますので、是非チェックしてみていただきたいんですけれども。
たぶん数字出したらびっくりするんじゃないかなと思います、“この値段で行けるの?”って思われると思うんですけれども。

さらに、子供とクルーズに一緒に行くって言うと、どういう体験ができるかっていうところもプレゼンの材料になると思うんですけれども。
レストラン毎日行くじゃないですか? そこでテーブルマナーを学んだり、一流のショーを見せてあげたりですとか、あと、疲れたら帰ってすぐにお部屋に連れて帰って寝かせられるっていうのもポイントの一つですね。
子連れには本当に最適の旅だと思います。