ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

星野源が史上初の2回目の受賞となるか!?【 CDショップ大賞 2019 】をピックアップ!(2019/2/27)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


今日は、今年で11回目の開催となる【 CDショップ大賞 2019 】をピックアップ!
「行かなきゃ会えない音がある」をスローガンのもと、全国のCDショップ店員の投票だけで選ばれる、年に一度の賞が『CDショップ大賞』!
メジャー、インディーズを問わず、賞をきっかけにCDショップから全国に向けて発信できるような、CDショップ店員おすすめの作品を大賞として選出します。

過去には、BABYMETALや米津玄師さんらが大賞に選ばれ、さらに人気を獲得しました。
今年は、宇多田ヒカルさん、エレファントカシマシ、星野源さんなど、そうそうたる面々が入賞!
果たして、どのアーティストが大賞を獲得するのか…!?
ランキング形式で予想していきます!



第3位 Official髭男dism『 エスカパレード 』

Official髭男dismのアルバム『エスカパレード』!
山野楽器 日本橋三越店の店員さんは…、
「スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンを彷彿とさせるグルーヴィーなリズム展開と、キャッチーなメロディセンスは一級品!今後の日本バンド音楽界を先導していってほしい!」とコメントを残しています!
本当にカッコいいアルバムですよね!J-POPの新しい風となるのでしょうか!?


第2位 WANIMA『 Everybody!! 』

WANIMAのアルバム『Everybody!!』!
HMV イオンモール秋田の店員さんは…、
「覚えやすい歌詞、テンション上がる曲、そして、なによりも元気が出る励ましソングが幅広い年代に喜ばれ、WANIMA連鎖でみんなが歌い出すくらい聴けば聴くほど味が出てくるサイコーのアーティスト!世代を超えて語り継がれる曲、間違いなし!」とコメント。
メジャーデビューアルバムとは思えないほどの完成度ですよね!大賞になるのでしょうか!?


第1位 星野源『 POP VIRUS 』

やはり1位はこれでしょうか!?星野源のアルバム『POP VIRUS』!!
「アルバム名に恥じない、まさにウイルスのように心身を侵食する真の「ポップス」。こんなに説明できない「ポップ」な音楽に久しぶりに聴いた。10年代最高峰となりうる名盤!!」
と、HMV 大宮アルシェの店員さん話すように、
最上級のジャパニーズポップスが出来上がったアルバムと言って良いでしょう!

ちなみに、星野さんは、2016年にもアルバム『YELLOW DANCER』でCDショップ大賞を受賞されているので、今年、大賞を獲れば、史上初、2回目の受賞となります。
CDショップ大賞 2019、大賞の発表は3月18日月曜日です。


というこで、【 CDショップ大賞 2019 】をピックアップしました!

再結成を発表した【 NUMBER GIRL 】をピックアップ!(2019/2/20)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


独自の音楽チャートから番組がセレクトした1曲をお届けします!
今日は、先日、再結成を発表し話題となっている『NUMBER GIRL』を特集します!
まずは、番組セレクト!【 皆さんに聴いて欲しい「ナンバガ」TOP3 】を発表!


第3位『 URBAN GUITAR SAYONARA 』

2000年にリリースされた、4枚目のシングル。
ナンバーガールのミュージックビデオには、ボーカルの向井秀徳さんが監督したものがあり、この曲もその一つ。不気味な雰囲気を出すために、16丱侫ルムで撮影したそうですよ!


第2位『 鉄風 鋭くなって 』

3位と同じく2000年リリースで、5枚目のシングル。
この曲を聴いてファンになったという方も多い楽曲です!このヒリヒリした感じ…いいですよね〜!


第1位『 透明少女 』

1999年リリースの記念すべきメジャーデビューシングル!
ASIAN KUNG-FU GENERATIONや星野源さんなど、数々のアーティストがこの楽曲をカバーしています!


番組がセレクトした【 皆さんに聴いて欲しい「ナンバガ」TOP3 】いかがでしたでしょうか?

『NUMBER GIRL』は、
活動たった4年で、邦楽ロック界を変えたとも言われる伝説のバンド。
ASIAN KUNG-FU GENERATIONやBase Ball Bear、星野源さん、椎名林檎さんなどなど、多くの有名バンド・ミュージシャンたちが、ナンバーガールに影響を受けたと公言しています。

2002年に札幌でのライブで解散してからおよそ17年…。
なんと、今年の8月16日・17日の2日間にわたって開催される『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO』の出演と共に、再結成することが発表されました!北海道で復活というのも感慨深いですよね!!

そして、ナンバーガールの活動期間はちょうど日本国内で大型音楽フェスが始まった時期と重なるんです。活動していた当時も、多くのフェスに登場しており、ファンの多くは、現在の30代40代が中心、まさに“フェス第一世代”とも言われています。
今回は、RISING SUN ROCK FESTIVALへの出演ですが、また、新たなフェスやライブに出演するかもしれないですよね。これは楽しみです!

ということで、今回、お届けする番組がセレクトした1曲は、【 皆さんに聴いて欲しい「ナンバガ」TOP3 】で1位になった、ナンバガのメジャーデビューシングル『 透明少女 』です!

【 バレンタインに聴きたい恋ウタ 】をチェック!(2019/2/13)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


綿谷:はい、明日、2月14日はバレンタイン!
デパートやコンビニでも、バレンタインの準備がいろいろと行われていますね!
今回は、音楽から今年のバレンタインのトレンドを紐解きます。
まずは、毎週日曜日お昼11時から放送中『Your Songs Best10』調べの、
【 バレンタインに聴きたい恋ウタ Best3 】をチェックしましょう!


第3位 YUI『 CHE.R.RY 』
綿谷:恋力アップソングといえばまさにこれ!
現在は、FLOWER FLOWERのボーカルとして活躍中の、シンガーソングライターのYUIさんの2007年のナンバーです♪


第2位 Perfume『 チョコレイト・ディスコ 』
綿谷:もうバレンタインといえばこの曲ですよね〜!!
楽曲を手掛ける中田ヤスタカさんは、のちのインタビューで、この曲を「即興で作った」と答えています。…凄すぎます!


第1位 嵐『 Love so sweet 』
綿谷:先日、2020年の年末をもって、活動を休止することを発表した『嵐』。
『花より男子2(リターンズ)』の主題歌でもあるこの曲で、グループ初のオリコン年間売り上げトップ10入りを果たしました。


ということで、【 バレンタインに聴きたい恋ウタ Best3 】をチェックしました。
中西さん、いかがでした?


中西:いやもう、僕の時代はバレンタイン・キッスですからね…。


綿谷:…はい。で、今時のバレンタイン事情をちょっとフォローすると、
マーケティング会社 キリンジが女子大生500名を対象に行った『バレンタインデー アンケート調査』によると…。

まずは、『バレンタインで思い浮かべる曲は?』というアンケートの答えなんですけども、
第1位は、国生さゆり with おニャン子クラブの『バレンタイン・キッス』!
今も不動の人気です!1986年のリリースから長年愛され、様々なアーティストやアイドルがカバーしてます。名曲はまだまだ世代を超えますよ〜〜!

そして、『バレンタインチョコをあげたい有名人』なんですけど、
第1位に輝いたのは…、“国宝級イケメン”として、瞬く間に人気となった、俳優の吉沢亮さん!
デビュー当時、イケメンすぎて、逆に脇役の仕事ができない!というエピソードがあるくらいのカッコよさで、女子たちを魅了しています。
私もチョコを渡して、ありがとう。って言われたいな〜。(笑)

ということで、いよいよ明日はバレンタインです!
素敵な一日になることを願って、番組がセレクトした恋ウタはこちらです!
Little Glee Monster『ハピネス』です!

第91回 アカデミー賞【 主題歌賞 】を大胆予想!(2019/2/6)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


日本時間2月25日 月曜日に開催される映画の祭典『第91回 アカデミー賞』。
先週の木曜日のこのコーナーでは『作品賞』をピックアップしましたが、
今日は【 主題歌賞 】に注目!
今年は、『アリー/ スター誕生』でレディー・ガガとブラッドリー・クーパーが歌う、大ヒットデュエット曲『シャロウ』の他、『ブラックパンサー』の音楽を手掛けたケンドリック・ラマー、そして、『メリー・ポピンズ リターンズ』で、主演を演じたエミリー・ブラントが歌う『幸せのありか』などなど、錚々たる面々が競っています。
果たしてオスカー像を手にするのはどの主題歌なのか。
ランキング形式で受賞作品を大胆に予想していきます!。


第3位 Jennifer Hudson『 I'll Fight』

85歳でアメリカの現役最高裁判所判事として知られる女性、ルース・ベイダー・ギンズバーグを描いた、ドキュメンタリー映画『RBG』の主題歌です。今回で10回目となるノミネーション歴を持つ、ダイアン・ウォーレン作曲によるもので、歌うのはジェニファー・ハドソン。今年は栄冠をつかむことが出来るのか注目です!


第2位 Kendrick Lamar & SZA『 All the Stars 』

先日のグラミー賞予想でも登場していましたね。
全米累計興行収入歴代3位にランクインする大ヒットを記録した、映画『ブラックパンサー』の主題歌です。
この曲を含め、サウンドトラックの音楽を手掛けたケンドリック・ラマーは、今回が初めての『主題歌賞』ノミネートとなります。初受賞するのか期待したいですね!


第1位 Lady Gaga & Bradley Cooper『 Shallow 』

昨年の秋に公開されて以来、大ヒットを記録している、映画『アリー/ スター誕生』。
先月はゴールデングローブ賞の『主題歌賞』を受賞。
アカデミー賞では、作品賞を含む8部門でノミネートを果たしているので、「作品のクオリティ」と「音楽」の両面で、圧倒的な注目を集めていることは間違いありません!


ということで『第91回 アカデミー賞』の【 主題歌賞 】を大胆予想してみました!
どの作品が【 主題歌賞 】を受賞するのか!?授賞式は、日本時間2月25日月曜日です。