ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

実用性?デザイン性?銀座・伊東屋さんにカレンダーのトレンドを伺いました!(2018/10/16)

カテゴリー:1111
null

今回は、この時期売り上げがピークを迎えているこちらのランキングです!
『 銀座・伊東屋に聞いた カレンダーの売れ筋 トップ3 』
銀座に生まれて114年。今月からカレンダーフェアを開催中の文房具専門店 伊東屋に聞いたランキングです!



第3位 【 伊東屋 クリストファー・ストット カレンダー 】

北米を中心に活躍する画家クリストファー・ストットの作品のカレンダーです。
アンティークな時計や電化製品、本などに題材に絵の具を何度も重ね、繊細な描写で写真の様に描かれた作品が特徴です。
カレンダーとは思えない完成度の高い絵のため、使用後は額に入れて飾る人も多いそうです。
お値段は、税別3000円!



第2位 【 ワインガルテン NEW YORK XXLサイズ カレンダー 】

縦98cm、横34cmの大きさで、ニューヨークの風景をモノクロに写した大迫力のカレンダーです。
機能性より写真をメインにおいて作っているので、カレンダーをお部屋のインテリアの一部として使用している方にとても人気が高いそうです。
お値段は、税別6000円!



第1位 【 伊東屋オリジナル パート1 Mサイズ 】

1976年発売、伊東屋を代表するカレンダーです。
銀座本店カレンダーフェア会場にある、約1500種のアイテムを扱う中で断トツの売り上げ1位!
日付の文字が大きくて見やすくシンプル、書き込み欄も広く使い勝手が良い!
家庭や職場など、場所を選ばない落ち着いたデザインが魅力の定番商品です。
お値段は、税別700円!





ということで、『 銀座・伊東屋に聞いた カレンダーの売れ筋 トップ3 』でした。

銀座・伊東屋によると…
最近はカレンダーの機能よりも、自宅のインテリアにあうデザイン性の高いものが人気とのことです。
先ほどのニューヨークの写真だったり、絵とか、ある意味もうインテリアですよね。
風景のカレンダーやゴッホ、モネなど海外作家の作品が特に人気とのことです。

そして、カレンダーといえば気になるのが、来年5月1日からの新しい年号への対応なんですが、やはりその影響下ですね、各メーカーのカレンダー発売が昨年よりも遅くなっているそうです。
対応の仕方としては、年号ではなく西暦、2019年表記で作って対応しているところが多くて、中には4月まで『平成』が入っているけど、5月以降は無し。または、『元年』とだけ印刷しているメーカーもあるそうです。

その他のカレンダーのトレンドといえば、日めくりカレンダーがここ数年は人気なんですけど、実は変わったトレンドも生まれてきていて、それが『マンホールカレンダー』!
最近、クロノスでも、マンホールを紹介することも多いですけど…。
去年、東急ハンズでは、各地のご当地マンホールが毎週楽しめる週めくりカレンダーが、11月〜3月の間で、およそ2200個売れたとのこと。これはなんと、『松岡修造 日めくりカレンダー』より売れたということで。
いやぁ、ついにマンホールが松岡修造さんを越える日が来たってことですか〜、なんか感慨深いものがありますね(笑)
ちなみに、今年もマンホールのカレンダーは発売予定とのことです。


ということで、今回は『 銀座・伊東屋に聞いた カレンダーの売れ筋 トップ3 』をご紹介しました。

森保ジャパン、2連勝!(2018/10/15)

カテゴリー:1110
null

月曜日は「スポーツ」


まずは週末に行われたスポーツの中から
番組が注目したスポーツニュースのTOP3から!



第3位【 Jリーグ・ルヴァンカップ、決勝は横浜Fマリノスvs湘南! 】

昨日、準決勝第2戦が行われたJリーグ・ルヴァンカップ。まず1カード目、横浜Fマリノス対鹿島は、第1戦に勝っているマリノスがホームで2-2。1勝1分けで決勝に進出しました。もうひとつのカード、湘南対柏は第1戦に続いて第2戦も引き分け。PK戦が行われ、5-4で湘南が勝ちました。決勝戦は10月27日に埼玉スタジアムで行われます。


第2位【 巨人・菅野、ポストシーズン初のノーヒットノーラン 】

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズ。ヤクルト対巨人のファーストステージ第2戦は、巨人の菅野投手が7回にフォアボールを与えた山田哲人選手以外のランナーを許さず、ポストシーズン初のノーヒットノーランを記録しました。巨人は4-0で2連勝し、広島とのファイナルステージに進出を決めました。


第1位【 森保ジャパン、2戦目はパナマに3-0で勝利! 】

今日は、こちらの話題について中西さんが解説しました。



先週金曜日に新潟で行われた、サッカー日本代表の国際親善試合。日本代表・森保ジャパンはパナマとの親善試合に3-0で勝利しました。森保監督は就任後2連勝と、非常に良いスタートを切っています。


今回の試合、FIFAランクは日本が54位、パナマは70位とランクではパナマの方が下ですが、パナマもワールドカップに出場した国ではあります。が、やはり、日本の方が力が上だった…ということは、試合を見ていて分かりました。今回の試合は、そのすごさを上手く見せることが出来た試合だったと思います。
特に後ろの部分は、前回同様良い位置に立ちながらボールを回して、何度もチャンスを作りました。が、ゴール前の部分はもう少し工夫が必要かな、とも感じました。選手同士の連携もまだ2試合目ということで、今後はもっと良くなるでしょう。


そして、気になるのは次のウルグアイ戦なんですけれど、ウルグアイは現在、FIFAランク5位ということで、ワールドカップの本大会でも、決勝トーナメントでヨーロッパチャンピオンのポルトガルに勝ってベスト8に進んでいます。このウルグアイに対して、森保ジャパンはどこまでやれるのか?というのが、ひとつのポイントだと思います。
ウルグアイは先日、韓国に1-2で敗れていますので、アジアに来て連敗…というのは、本人たちも受け入れがたいでしょうし、彼らはこの後、ブラジルとフランスとの対戦を控えていますので、明日の試合はそんなに簡単な試合とはならないでしょう。
この試合で、森保ジャパンがどんなパフォーマンスを見せられるのか、注目しましょう!


いよいよ開場した“豊洲市場”をピックアップ!(2018/10/12)

カテゴリー:1114
null

金曜日はBIGLOBEが提供するツイッター分析サービス、「ついっぷるトレンド」がまとめた「トレンドワード・ランキング」をご紹介。


2018年10月12日までの一週間、ツイッターで多くつぶやかれた「急上昇ワード」を見ていきます。






第3位【 心臓 】

緊急地震速報の音が心臓によくないというツイートがたくさんつぶやかれました。



第2位【 緊急地震速報 】

4日に千葉県で、5日に北海道で緊急地震速報が出されました。



第1位【 地震 】

今週は、地震に関するワードが1位でした。



この1週間、ツイッターでつぶやかれた言葉の「急上昇ワード」から、今週番組でピックアップしたのは、ホットワードとしてさまざまな関連ワードが飛び交った【 豊洲市場 】です。いろんな問題を抱えつつも、昨日、いよいよ開場し新たな日本の台所としてスタートしました。






◆街の声

「綺麗だと思いますね。新鮮さっていうかな?それは感じますね。たしか、築地はかなり古いんでしょ?戦前だっけ?」(男性)


「何年もかかってやっと開場されて…。今は良いんじゃないんですか。築地は変わっちゃったから、観光客でね。ちょっと落ち着いたら行こうかな、今は忙しいそうだから」(女性)


「道路一本で出入りで大変なことに…、混乱してるらしいね。まぁ大混乱だろうね。あとは、ネズミさんがね、あれどうするんだろう、みんなあっちこっちへ逃げちゃうぞ?いろいろ考えずにもう全部移転が終わってると思ってるのかな」(男性)


「そうね、新しい設備だったら良いんじゃないのかな?古いのじゃ衛生上よろしくないような感じだけどね。建てる土地の問題でね、事前にもう少し調査すれば、それなりの対応できたんじゃないかなと思うんだけどね」(男性)



◆新しい流通との戦い

速水 街の声でも意見は様々でしたね。今となっては、開いて良かったという部分もあるんですけど、1年前、さらに1年前から、結局2年遅れました。築地問題であり、新しい豊洲問題でもあり、ずっとマスメディアを騒がせてきました。ピックアップされたところでいうと、“安全と安心の違い”。なんだよそれ!という気がして、ずっと突っ込んでいたいんですけど(笑)、まぁ、始まってしまえば前向きに捉える部分が非常に多いですね。いくつか気になるところがありまして、よく築地のことを、“築地ブランド”という言い方をしますよね?ちなみに、築地市場の場外は残ってますけども、綿谷さんは築地に行ったことありますか?


綿谷 ありますよ!外国から来た友達を連れて!


速水 競りとかの時間も?


綿谷 その時間は、起きられなくて行ってないです…。


速水 1回行ってみると驚きますよ!朝の6時台にこんなに人がいるの!?というくらい人がいるんですよ。売り買いに来ている業者さんだけではなく、観光客の方も大勢来ているみたいで。古くからある歴史的な場所をブランドとして作り上げてきた築地、そこから、さて、豊洲ブランドだ!というのは、僕としては、どうなんだろう?とちょっと思うところがあります。あくまでも市場の機能としての豊洲市場なので、そこに観光施設がこれからできてくるというのもあるんでしょうけど、それとこれとは別でしょ?とりあえず、今は市場をちゃんと動くものとして作るべきところに、あまりブランドは関係ないんじゃないかというところが言いたいことの一つです。それともう一つ、本来考えるべきだったことで、生鮮も含めてなんですが、今どき、直接流通といわれていて、産地やその近いところから、コールドチェーンといわれている、運送の時点で冷凍や冷蔵ができるテクノロジーがあるので、レストランとかお寿司屋さんでは、産地直送の流通の形態を作るというのが進められています。その中で、あんな大規模な新しい市場はいらないよみたいな話が実はあって、直接流通の時代に、仲卸とかがどうやって生き残っていくのかという様な疑問とかが今回の背景にあります。


綿谷 ベンチャーも最近増えているって話ですよね。


速水 そうなんですよね、考え方としては、センターというものではなくて、分散型の流通、その中で見せ物としての競りとかを残していくのであれば、築地のままでも良かったわけですよ。そういう意味では、新しい市場として機能する中で、コールドチェーン、そこにテクノロジーなんかを踏まえた市場の在り方に注視してやって欲しいなということと、とはいえ、見学したい方も、もちろん出てくると思います。


綿谷 いつから見られるんでしたっけ?


速水 明日ですね。午前10時から豊洲市場での飲食、店舗見学などが出来るようになります。まだバタバタしていると思うので、市場でお仕事をしている方たちの邪魔にならないような感じで僕も一度見に行きたいと思っています。


綿谷 10時からなら起きられそうですもんね。



◆いよいよ開場!初荷!

















◆築地名物も豊洲へ








«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 655 | 656 | 657 || Next»