ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

『働きアリからの脱出』の著者、越川慎司さんにお話を伺いました。(2019/1/10)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


2019年が本格的にスタートした今週、アナタの仕事の調子はいかがでしょうか?
「今年こそ、こんなふうに仕事をしたい!」
そんな決意、早くも揺らいだりしていませんか?
今回は、“働かされる”から“自由に働く”ために、必要なヒントをご紹介していきます。
スタジオには、集英社から発売中『働きアリからの脱出〜個人で始める働き方改革』の著者、越川慎司さんをお招きいたしました。
まずは、【 働きアリにならないために、今からできること TOP3 】!



第3位 『 伝わるコミュニケーション術を身につける 』

第2位 『 メンターを持つ 』

第1位 『 やらないことを決める 』

中西:今週から仕事始めの方、多いと思いますが、今年こそ仕事とのかかわり方を変えてみませんか?
【 働きアリにならないために、今からできること TOP3 】のキーワードから、今年、アナタの働き方を変えるためのアドバイスを『働きアリからの脱出〜個人で始める働き方改革』の著者、越川慎司さんに伺っていこうと思います。
おはようございます、よろしくお願いいたします。


越川さん:はい、お願いします。


中西:まずは、この『働きアリからの脱出』という本のタイトル、インパクトがあるんですけど、どんな思いで付けられたんですか?


越川さん:働きアリというのは、上から言われたことを実直にやるという昆虫だと思うんですけど、今までの仕事のやり方は、会社の上司から言われたことをやれば幸せに社会人生活が終われて、60歳で定年を迎えて…という幸せの定義でした。それが、やっぱり長く生きるようになってくると、言われたことだけをやるだけではいかなくなってきましたね。


中西:今年50歳になるんですけど、ここからもう50年生きると思うと、やっぱり、色々なことに挑戦していかないとなと思うんですよね。


越川さん:そうですね、定年レスなどとも言われていて、60歳で仕事を辞める事がなかなか出来なくなってきていますから、個人で工夫して改善して挑戦していくことをおススメしたいという思いから本を書いてみました。


中西:僕も興味津々なんですけど、まず、『働きアリにならないために、今からできること TOP3』の第3位、『伝わるコミュニケーション術を身につける』から伺っていきます。


越川さん:“伝える”ではなく“伝わる”ということなんですね。ポイントはですね、様々な課題を解決するときに、一個人ですとか、一社ではなかなか課題解決が出来なくなってきていますから、社内や社外に味方を作って、人を巻き込んで、みんなで解決していくやり方がこれからとても必要になってくるんですね。
そうすると、コミュニケーションという手段を使って、相手を思い通りに動かすことが大事になってくるんですね。そこで、一方的に自分が“伝える”ではなく、相手に“伝わって”、相手が思い通りに動くという形をとらなくてはいけないですから。


中西:じゃあ、自分の思いを相手が体現してくれるようになるとベストですよね?


越川さん:そうですね、そのためには、例えば、だらだらと長文のメールを送るのではなく105文字に収め、しっかりコンパクトなメールを送るとかね。実は、メールとかチャットは105文字を超えると既読率が下がってしまうので、105文字にまとめた方が良いんですよ。


綿谷:105文字!


中西:へえ!いい話聞いた!短めに簡潔にってことか〜。


越川さん:相手のことを考えて、わかりやすい言葉を使ってお伝えするとか、相手に応じてキーワードを変えていくとか、そういうことが、伝わるコミュニケーション術になると思います。


中西:“伝える”ではなく“伝わる”ですからね!
続いて第2位の『メンターを持つ』ということなんですが、メンターというのはどういうことなんですか?


越川さん:今激しい変化の中、そもそも、その変化に気付くというのが非常に重要になってくると思うんですね。そうすると、一個人で見ている視点では、なかなか変化に気付きにくい場合もありますから、会社の中の違う部署の上司であるとか、社外の尊敬する先輩であるとか、そういった方から世の中の変化を教えてもらうことや、自分自身がどのように成長しているか、どれくらい成長しているかなどを外部の方から教えてもらうということが、自分の成長にものすごく貢献すると思います。


中西:普段よく会う人ではなく、たまに会う人の方が、視点も違うし、自分の客観的に見てくれやすくなるということですか?


越川さん:そうです。自分と違う知見を持っている方が良いんですよ。ですから私は、20代のメンターもいるんですよ。


中西:年下でも良いんですか?


越川さん:リバースメンターと言います。若い人の方が流行に敏感ですからね。


中西:それはわかる!僕は大学生に教えているんですけど、彼らの方がすごく斬新なアイディアを出したり、僕のことを客観的に見てくれて、しかも、違う視点を持っているので助かりますよね。


越川さん:そうすると、世の中の変化も、自分の変化もわかりやすくなりますよね。私はそういう方を海外も含め3人いまして、3か月に1回くらい電話や対面でアドバイスをもらうようにしているんですよ。


中西:それいいなぁ。いい話だ。
最後に第1位の『やらないことを決める』なんですが、これはどういうことなんですか?


越川さん:今、「働き方改革!」とメディアで取り上げられていますが、早く帰れ!というメッセージがすごく多いと思うんですよね。働く時間を短くして、でも、売り上げは上げろ!とすごい理不尽なオーダーが降ってくると思うんですけど、これは、限られた短い時間の中でより大きな成果を上げるというゲームをしているようなものなんですよ。
そうすると、新しいことに挑戦していくため、変化に対応していくためには、今までやってきたことをやめなきゃいけないということです。


中西:ベーシックにやっている中から切り捨てるものを見極めなきゃいけないということですか?


越川さん:そうです。何となく昔からやっていたようなこと、例えば、会議のための会議のための会議をやらなければいけないとか、メールを見てくださいというメールを送るとか、そういった無駄なものをなくしていって、短い時間の中で成果を残しましょうという意味です。


中西:なるほど、そういうことなんですね、わかりました。
今回は、集英社から発売中『働きアリからの脱出〜個人で始める働き方改革』の著者、越川慎司さんにお話を伺いました。ありがとうございました。


越川さん:ありがとうございました。

全英シングルチャートとBBC Sound of 2019をピックアップ!(2019/1/9)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


今日は、イギリスの【 The Official Singles Chart 】のをピックアップしながら、
イギリス・BBCが毎年発表している、2019年、期待の新人アーティストをご紹介します。
まずは、全英シングルチャートをチェックしましょう!


第3位 Post Malone ft. Swae Lee『 Sunflower 』

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の主題歌がランクイン!
日本では、3月8日(金)に全国ロードショーです!!


第2位 Ariana Grande『 thank u, next 』

去年のビルボード『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』に輝いたアリアナ。
今年は、アメリカ最大の音楽フェスティバル『コーチェラ』に、最年少ヘッドライナーとして出演が決定しています!


第1位 Ava Max『 Sweet but Psycho 』

去年8月にリリースされた3枚目のシングル。
Spotifyなどのストリーミングを中心に、徐々に注目を集め、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、ドイツ、ベルギー、スイスで1位を獲得!
そしてついに、UKチャートでも1位に輝きました!!



綿谷:ということで、全英シングルチャートをご紹介しました!
さて、ここからは、今後のチャートにもランクインしてくるであろう、2019年、期待の新人アーティストをピックアップしていきます!
チェックするのは、イギリス・BBCが毎年発表している『Sound of 2019』です。
すでに今年も10アーティストが選出されていて、過去には、アデルやサム・スミスが1位を獲ったこともある、ブレイク新人を占うリストとしては、とても信憑性が高いランキングとなっています!
今日は、その中から、2アーティストをピックアップ!

まずは、『Dermot Kennedy』
アイルランド・ダブリン出身のシンガーソングライター!
UKシンガーの王道ともいうべき、アコギ×ソウル・ボーカル×エレクトロを地で行くようなアーティストで、力強い歌声が魅力的。ヒップホップやR&Bの人気が増えている中、この王道の歌声がどれだけ順位に食い込めるか、期待したいですね。

そして、もう一人は『Rosalia』
ロザリアさんは、スペイン・カタルーニャ地方出身の現在25歳。
スペインの伝統音楽「フラメンコ」をベースに、R&B、エレクトロ、ポップスなどをミックスさせた楽曲とダンスパフォーマンスで世界中を虜に!
『Malamente』のミュージックビデオはこれまでに、4958万回再生されています。
今年の活躍に期待できますね!


中西:エキゾチックな美女ですね。日本でもこれから注目されるアーティストになってくる可能性も十分ありそうですね!


綿谷:そんな『BBC Sound of 2019』の全順位の発表は、今週金曜日の11日なんです。
他にはどんなアーティストがピックアップされるのかは、英語なんですけども、BBCのウェブサイトに掲載されますので、チェックしてみてください。

海外の人が一番検索している都道府県は?(2019/1/8)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。


今年はラグビーワールドカップの開催、
そして来年、2020年は東京オリンピック・パラリンピック、
2025年には大阪万博、とさらに多くの外国人観光客が
日本にやってくることが期待されます。
そこで、今日はこちらのランキング!
インフォキュービック・ジャパンに聞いた
『海外における都道府県の検索数 トップ3』
こちらは、海外デジタルマーケティングの支援を行う
株式会社インフォキュービック・ジャパンが行った調査で
どの都道府県が海外から一番検索されているのかが分かるランキング。
2017年4月からの1年間、13の国と地域から
英語でグーグル検索された都道府県名です。



第3位【 広島(HIROSHIMA) 】

広島平和記念資料館や原爆ドームなど、海外から注目を集めるスポットも多い広島県が第3位。外国人に人気の観光スポットとしておなじみですね!


第2位【 秋田(AKITA) 】

秋田県が(意外にも)第2位。こちらは平昌オリンピック金メダリストのザキトワ選手に秋田犬が贈られたことが海外で注目を集め、検索数を大きく伸ばしたと分析されてます。「県名が別のものの名称として使われている場合には、検索数が押し上げられている可能性がある」そうです。


第1位【 東京(TOKYO) 】

日本の首都・東京がもちろん第1位。これはもう、説明不要ですね。検索数は35万9700回!が、2位の秋田が35万310回なので、そこまでダントツというわけではなかったようです…。



以上、インフォキュービック・ジャパンに聞いた『海外における都道府県の検索数 トップ3』でした。
ちなみに4位以下は…
・4位「大阪(OSAKA)」
・5位「沖縄(OKINAWA)」
・6位「佐賀(SAGA)」
・7位「京都(KYOTO)」
・8位「北海道(HOKKAIDO)」
・9位「高知(KOCHI)」
・10位「埼玉(SAITAMA)」
という結果でした。


この中でとにかく意外だったのが、第2位の秋田。フィギュアスケートのザキトワ効果で秋田犬が注目されましたし、昨年は「なまはげ」がユネスコの世界遺産に登録されたので、検索数はまだまだ伸びそうです。


基本的には有名な観光地がランクインしていますが、気になるのが佐賀と高知。第6位の佐賀は「SAGA」というローマ字の組み合わせが、佐賀県以外にも外国語の単語やゲームソフト名として存在していることから検索数が多くなったと考えられる、とのこと。同じく第9位の高知も、インドに同じ英語表記の地名があることから影響している、とのことです。


インフォキュービック・ジャパンによると、日本の観光戦略を考えるひとつの材料になれば、ということで今回の調査を行ったそうです。調査結果については、東京や大阪など日本人にとって「有名な」「ポピュラーな」都道府県名の知名度が海外とは違う可能性もあり、世界を相手にしたマーケティングをする際に、日本での認知度が低くても人気になる可能性があり得る、と感じたとのこと。日本にはまだまだ、可能性を秘めた土地があるということですね!


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 676 | 677 | 678 || Next»