ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

映画ライター・よしひろまさみちさんに“プーと大人になった僕”についてお話を伺いました(2018/9/13)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


1962年代にイギリスで児童書として発表され、1960年代にはディズニーがアニメーションも製作した『くまのプーさん』。
あの主人公「クリストファー・ロビン」が大人になってからの物語がふたたびディズニーによって、今度は実写で映画化されました。
今回は、映画ライターのよしひろまさみちさんに【 プーと大人になった僕 】についてお話を伺っていきたいと思います。
まずは、先週末の全国映画動員ランキングベスト3を発表していきましょう!



第3位 『 銀魂2 掟は破るためにこそある 』

第2位 『 検察側の罪人 』

第1位 『 MEG ザ・モンスター 』

中西:スタジオにお迎えしたのは、映画ライターのよしひろまさみちさんです。


よしひろさん:おはです〜、どうも、よろしくおねがいします。


中西:おはです〜!おねがいします。さあ、今回、ご紹介するのは、明日から全国公開されるディズニー映画『プーと大人になった僕』です。


よしひろさん:わたしね観たときに、始まった瞬間からうるうるしてしまいまして、これ、わたし、脱水症状を起こしたまま死ぬんじゃないかと思いました(笑)。


綿谷:えぇ〜!!でも、私も、ほのぼの系だと思っていたら、思いの外、感動しちゃったんですよ〜。


よしひろさん:そうなんですよ!大人が泣くために作られていたりする映画になっています。


綿谷:この映画は『くまのプーさん』の“その後”。
大人になって、家庭を持ち、仕事に追われるクリストファー・ロビン。ある時、突然、プーが現れ、再び子どもの頃にプーたちと過ごした“100エーカーの森”へ…。
そこから何かが変わっていく…。という作品になっています。


よしひろさん:そもそも、クリストファー・ロビンがその後どうなったかというのを誰も気にしていなかった話だと思うんですけど(笑)。まさか、そこに焦点を当てて、クリストファー・ロビンが大人になっている状態が、ものすごいクズ男になっていたという設定なんですよ。そのクズ男になっちゃったという理由付けが、最初の5分間だけで全部説明されるんですよ。あそこ素晴らしいんですよ!


綿谷:そうそうそう!一気に世界観がぶわ〜っと表現されて。


よしひろさん:クラシック プーと呼ばれている原作の絵本タッチの絵を交えながら実写も交えてっていう。いきなりプーさんとかも出て来ちゃうんですけど、どういうふうに育って、大人になっていったかというのを知ることによって、その後のクリストファー・ロビンが大人になり家庭を蔑ろにしてまで仕事をしているという設定なんですけど、どうしてそんな大人になっちゃったかというのもちゃんと描かれていてるんですよね。


綿谷:そして、プーさんがいきなり現れても違和感が無いんですよね。


よしひろさん:無い!最初、予告編が流れたときには、ざわっとしたんですけど(笑)。ただね、あの撮影で使われているものって全部がCGじゃなく、本物のぬいぐるみなんですよ。ぬいぐるみをちょっとづつ動かしていって、表情とかはCGで処理しているんですけども、なので、余計に違和感を感じないように出来ているんですよ。俳優の前でちゃんと演技させているので。


綿谷:そうですよね、絶妙なバランスで出来ていますよね。
あと、私は、小さい頃に深く考えずに受け止めていたプーさんの言葉に改めて触れて、実はかなり哲学的だったということに気付かされました。


よしひろさん:ですよね!仕事ってなに?赤い風船より大事なの?とか言ってね、ちょっと待って!それって、仕事って美味しいの?って言ってるようなもんですよね?みたいな(笑)。でもそれって、大人にとっては当たり前のことかもしれないけど、あっ、いけない、いけない。と取り戻させてくれるような話になっているんですよ。


中西:仕事って当たり前の事になっちゃってますもんね。


よしひろさん:お前らを養ってるんだぞ。と言っているお父さん方は、この映画を観て、ちょっと反省してもらいたいですね。


綿谷:あと、わたしは、「今日は僕の大好きな日だ」という台詞がすごく好きですなんですよ。『今日は』というところがね、毎日、『今日は』と言っている。


よしひろさん:そう、実は、プーさんは刹那に生きているんですよ。刹那主義だったっていう(笑)。


綿谷:それも大事ですよね、毎日を大事に生きるというのは。


よしひろさん:その通りでございます!
原作で良いなと思っていたことを、改めて実写で見せられると、こっち側も改めて感じることも大きい。これって、なんでかな?と思ったんですけど、この話って、そもそもなんですけど、原作者のA・A・ミルンは息子のクリストファー・ロビンのために描いた作品なんですよね。それを、ウォルト・ディズニーの娘がめちゃめちゃ気に入って読んでいた。で、ウォルト・ディズニーが、そんなに面白いなら権利を買おう!というそんなちょっとしょっぱい話も…。
結局は、親が子供を思って作った話というのが原点にあるというのを考えて観ていただけると、とてもいい話に感じられるんじゃないかと思います。


中西:なるほど。この映画でクリストファー・ロビンを演じた、ユアン・マクレガー、プロモーションのために来日したんですが、初来日だったんですね?


よしひろさん:意外ですよね。トレインスポッティングとかでヒットしたんですけどね。それで、なんでかというと、ユアンって出演作品があまりにも多すぎるんですよ。日本の公開は、本国の公開よりちょっとおくれてるので、プロモーションのための来日をするにしても、次の作品に入っちゃっているんですよね。今回は、たまたま空いている時だったみたいで、ようやく念願叶って日本に来られたということになっています。


中西:なるほどね〜。


綿谷:最後になりますが、映画『プーと大人になった僕』は、どのような人に観ていただきたいですか?


よしひろさん:全大人!子どもも楽しめる作品になっていますが、全大人!!反省してください、仕事ばかりじゃないですよ〜!


中西:いろんな事に気付かされそうな映画ですね。今回は、映画ライター・よしひろまさみちさんにお話を伺いました。ありがとうございました。


よしひろさん:ありがとうございました。

【 ビルボード・ジャパン・ラジオ・ソングス TOP5 】(2018/9/12)

カテゴリー:1112
null

水曜日は「音楽」


今日は、【 ビルボード・ジャパン・ラジオ・ソングス 】をピックアップ!
今、日本のラジオ局で注目されている曲はなんでしょうか?
ビルボード・ジャパン・ラジオ・ソングス TOP5を発表していきます。


第5位 iri『 Only One 』

神奈川県逗子市在住の彼女は、一昨年、2016年にメジャー・デビュー!
3枚目のシングルとなる今作は『世界の先へ』というコンセプトをイメージして、彼女自身が作詞作曲を手掛けた楽曲となっています。


第4位 SHE'S『 歓びの陽 』

男性4人組のピアノロックバンド、SHE'S。
2011年に結成し翌年には、スクール・オブ・ロックの『閃光ライオット』でファイナリストにも選出された実力派です。そんな彼らは、11月には新曲が発売決定!これからの活躍にも注目です。


第3位 三浦大知『 Be Myself 』

この曲のミュージックビデオでは、最大66名のダンサーと共演。これまでやってこなかったアプローチでチャレンジしたミュージックビデオとなっています。


第2位 星野源『 アイデア 』

NHK 朝のテレビ小説『半分、青い。』の主題歌となっているこの曲。
ミュージックビデオも話題になっていて、星野源さんの振り付けを担当したのは、先ほど3位にランクインした三浦大知さんなんですよね。そんなミュージックビデオはYouTubeでの再生回数が1000万回、100万回じゃないですよ?1000万回を突破しています!すごいですね!!


第1位 sumika『 ファンファーレ 』

今回の曲は劇場アニメ『君の膵臓を食べたい』のオープニングテーマとなっていて、今回のシングルには同じく映画の主題歌となった『春夏秋冬』も収録されています。こちらも是非チェックしてみてください。


ということで【 ビルボード・ジャパン・ラジオ・ソングス 】をピックアップしました。

トランプ大統領の暴露本、売れてます!(2018/9/11)

カテゴリー:1111
null

火曜日は「ビジネストレンド」。


アメリカで、トランプ大統領をめぐるホワイトハウスの混乱、政府高官の苦悩を明らかにした暴露本「恐怖 ホワイトハウスのトランプ」が発売されました。この暴露本、発売前から「トランプの理解力は小学5年生並み」と政府高官が発言した、といった内容が話題になっている一冊。アメリカ大統領の暴露本が何冊も出版されている状況
…ということで、今日はこちらのランキング。
【 ジュンク堂書店池袋本店に聞いた、トランプ大統領関連本の売れ筋トップ3 】
池袋駅東口から徒歩4分、日本最大級150万冊の在庫を誇る
ジュンク堂書店池袋本店に聞いたランキングです。



第3位 『ドナルド・トランプ物語』

著者はトーマス・カトウ。緑風出版から出ています。日本では批判的に報道されることの多いトランプ大統領ですが、実際にどういった政策を進めているかを分析・解説した本。少し地味ではありますが、よくあるトランプ本と一線を画する本として着実に売れています。お値段は税込1,512円。


第2位 『トランプ自伝』

こちらはトランプさんの自伝。ただ、著者としてはトニー・シュウォーツというライターがクレジットされています。初版は1987年。つまりトランプ大統領の実業家時代に書かれた本ですが、大統領に選ばれてから、異例の経歴の次期大統領の生き方・考え方を知るための本として多くの人に読まれました。アメリカでもミリオンセラーとなったトランプ大統領初の著書です。


第1位 『炎と怒り トランプ政権の内幕』

トランプ大統領の元側近、スティーブ・バノンが語ったとされる、トランプ大統領暴露本の日本語版。アメリカでの発売時には品切れを起こすほどの大ベストセラーとなりました。日本語版は今年2月に発売されましたが、その報道もあり、日本でも話題となりました。あの池上彰さんも大絶賛!著者はマイケル・ウォルフ、早川書房から出ています。お値段は税込1,944円。


以上、ジュンク堂書店池袋本店に聞いた、トランプ大統領関連本の売れ筋トップ3でした。
ジュンク堂書店池袋本店によると…


トランプ大統領はマスコミのネタになりやすいこともあり、出版点数は過去の大統領に比べてずば抜けて多い、とのこと。実業家時代の著書、大統領就任後の暴露本、破天荒な言動をまとめた本など非常に種類が多く、1点1点の売り上げはさほど多くなくても、全体として見ると関連本が非常に多く売れたそうです。「Fear」の日本語版が出版されたら、さらにすごいことになりそうですね。


今日は「トランプ大統領関連本、売れ筋トップ3」をご紹介しました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 648 | 649 | 650 || Next»