ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

家族で食べたいお鍋ランキング トップ3(2011/10/25)

カテゴリー:1111
null

火曜日は、「ビジネストレンド」。


来週はもう11月、いよいよ鍋のシーズンです。そこで今日は
『パルシステム調べ 家族で食べたいお鍋ランキング トップ3』をご紹介!



第3位「寄せ鍋」

第2位「おでん」

第1位「すき焼き」


この辺は不動ですよね。そしてもうひとつ。
『家族でお鍋をするとき、あなたはどのタイプ?』という
ランキングもありますので、こちらもご紹介しましょう。



第3位「アク代官」…22.7%

ご存じ、お鍋の灰汁(あく)をすくい取ることに情熱を燃やすお代官様のこと。



第2位「待ち娘」…36.4%

待ち娘とは、ほとんど手を出さずに
ひたすら、食べられるときが来るのを待つ人のこと。
つまり“何もしない人”男性の場合は、待ち奉行と呼びます。



第1位「鍋奉行」…40.9%

日本の鍋文化に欠かせないポジション。
家庭のお鍋のすべてを支配するのが、おなじみ鍋奉行です。
実に日本人の40.9%が鍋奉行という、恐ろしい結果になりました。



そして、今年のお鍋のトレンドはというと「具だくさんつけだれ」。
例えばしゃぶしゃぶのポン酢に、おろし、オクラ、みょうが、ガーリックチップなど
色んな具をどっさり入れて、「食べるつけだれ」として頂く。
こうしたメニューを出すお店が増えています。


「具だくさんつけだれ」は、ご家庭でも楽しめます。
【ヌーベル・オヤジキュイジーヌ】という、男性向けにおしゃれなフレンチのレシピを
提案するブログを主宰している、料理家の小宮太郎さんに教えて頂いたところ、例えば
“モッツァレラと薬味のポン酢たれ”なんていかがでしょう?とアイデアを頂きました。
これは、ダイス状に切ったモッツァレラチーズ、かぼす、すりおろした柑橘類の皮、
みじん切りにしたネギと大葉としょうがをポン酢と一緒に頂く…というもの。
皆さんもぜひ、お試しあれ!



今朝は『パルシステム調べ 家族で食べたいお鍋ランキング トップ3』をご紹介しました。


ハンドボール男子・国別ランキング(2011/10/24)

カテゴリー:1110

月曜日は、「スポーツ」。


今日は、国際ハンドボール連盟による『ハンドボール男子・国別ランキング』をご紹介。



第3位「ロシア」

第2位「スウェーデン」

第1位「ドイツ」

こちらは国際ハンドボール連盟による、最新の男子国別ランキング。
ちなみに日本は20位で、アジア最高位となる韓国は19位です。
昨日から始まったアジア予選は10カ国が出場し、女子と同様
優勝した国にのみオリンピックの出場権が与えられます。


漢字では“送球”というハンドボール。
実は、世界で2番目に競技人口が多いスポーツと言われています。
ハンドボールが盛んなのはヨーロッパが中心で、ヨーロッパの週末のテレビを観ると
サッカーかハンドボールが必ずと言っていいほど中継されているほどです。
今日のランキングは3つともヨーロッパの国ですし、男子に限っていうと
過去のオリンピックでヨーロッパ以外の国がメダルを取ったのは、
1988年ソウル・オリンピックでの韓国の銀メダル一例のみです。
そして日本はソウル・オリンピック以降、オリンピック本選に出場できていません。


北京オリンピック予選のときには、いわゆる“中東の笛”による判定に苦しみ、
異議を申し立てた結果再試合となりましたが、残念ながら出場はできませんでした。
ロンドン・オリンピック予選の初戦は、残念ながら韓国に敗れてしまいましたが、
予選はまだ始まったばかり。今後の活躍に期待しましょう!


番組が選んだ今週の「ウィークリーパーソン」は…(2011/10/21)

カテゴリー:1114
null

金曜日は、番組がその週で最も注目した人物にフォーカスする「ウィークリーパーソン」!
ジャンルを問わず、"感動"や"驚き"を与えた人物に注目します。


今週は、この4組をピックアップしました。
球団初のセ・リーグ連覇を成し遂げ、今季で勇退する中日・落合博満監督!
世界文化賞を受賞した世界のマエストロ、指揮者・小澤征爾!
海外FA権を行使しメジャーに再挑戦、投手・岩隈久志!
デビュー記念のストリートイベントに7000人を集めた韓流の新星・CNBLUE!


Facebookページの皆さんの投票では、1位の落合博満監督が
2位の小澤征爾さんに3倍以上の差をつけていますが、中西哲生が今週注目したのはこの方!



監督としても一流、落合博満!

プロ野球セ・リーグは、中日ドラゴンズが2年連続9回目の優勝を果たしました。
連覇は球団史上初。独走していたヤクルトと最大10ゲームの差を逆転しての優勝でした。


9月22日に落合監督の退任が発表されてから、優勝を決めた18日までで
15勝6敗3引き分けという、素晴らしい成績はもちろん
指揮を執った8シーズンはすべてAクラスで、リーグ優勝は3回。
何より、2007年にはチームを53年ぶりの日本一に導くなど、
実績は申し分のない監督の退任に、首をかしげた方も多かったのでは…?
実際、スポーツ誌『Number』のアンケートによると、
「続投させるべき」が54.9%で、「そろそろ潮時」の45.1%を上回っています。


落合監督は、自身で磨き上げたスイングで3度の3冠王を獲った選手時代から
常に「オレ流」を貫いていて、名球会入りをあっさりと断ったエピソードもあり、
監督になってからも、極端なまでの合理主義、勝利至上主義の「オレ流」を貫いていました。
一方で、メディアへの対応を重要視しないスタイルは、記者泣かせでもあったそうです。


ファンに感動を与え続けるのがプロ野球の使命ですが、
「勝利」にこだわることで、その使命に応え続けた落合監督。
今回の逆転優勝の要因を尋ねられ、こう答えています。

「2004年からの練習量の差です。」

落合監督率いる中日ドラゴンズは、ロッテに敗れた
昨年の日本シリーズの雪辱を目指して、クライマックスシリーズに臨みます。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 585 | 586 | 587 |...| 633 | 634 | 635 || Next»