ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

最新・人気国内旅行目的地ランキング(2011/6/30)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


先日発表された『夏のボーナスの使い道』に関する調査。
1位は…「国内旅行」でした。
「国内旅行で震災復興を願う気持ちが強まっているのでは」というのが、
調査を行った電通の見解です。
一方、節電の夏。夏期休暇が長期となる企業が多く、国内の長期旅行商品が売れているそうです。


そこで、今日は、旅行情報総合サイト「トラベルコちゃん」に聞いた
『最新・人気国内旅行目的地ベスト3』
お話は、川名夕里子さんです。


第3位「屋久島」

鹿児島県の屋久島は、トラベルコちゃんの20〜30代の若いお客様には非常に人気のある旅行先です。
トレッキングなどのアクティブな旅行を楽しまれる人が多いようです。
旅行期間は、4〜5日間の少し長めの旅行が人気となっております。
ツアーの内容としては、縄文杉を見に行くトレッキングが楽しめるツアーもありますし、
体力に自信がない方には、もう少し軽めのツアーもあります。
いろいろと要望に合わせて選べるようになっています。


第2位「札幌」

札幌は毎年、トラベルコちゃんでも大変人気の旅先です。
東京や関西からでも2日間、3日間といった短い日程で旅行ができるのも人気です。
また、札幌を拠点に、周辺の北海道の旅行先を巡るというのも人気で、レンタカー付きのツアーも人気になっています。
すぐ近くに、定山渓温泉、小樽に行く人も多いようです。


第1位「那覇」

那覇の旅行も毎年人気はありますが、昨年はインターハイの影響で、行きづらい時期があったので、
特に今年は人気が高くなっているようです。
那覇の場合は、1人で旅行に行く人も多いです。那覇の雰囲気がやはり1人でも過しやすいですし、
後は、ダイビングなどのマリンスポーツを1人で楽しむ人もいるので、その分、1名でのご利用が多くなっています。
旅行期間は3〜4日が多いです。その旅行の間に、宿泊先は1泊しかつけずに、
その他の期間は、自分で好きな宿を探して泊まるといった形の旅行も増えています。
沖縄は、昨年に比べて、石垣島、宮古島といった離島の旅行も今年は人気です。
また、恩納村といった本島のリゾート地というのも、さらに人気が高くなっています。

冷却グッズ 売り上げランキング(2011/6/23)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


昨日は、各地で今年初の『真夏日』となりました。
「この夏は暑さ対策グッズ、やっぱり必要かな?」と思った方も多いんじゃないでしょうか?

そこで今日は、地下2階のヒント・スペースで、暑さ対策グッズをプッシュしている
東急ハンズ 渋谷店の『冷却グッズ 売り上げベスト3』
ぜひ、参考にしてください。
今回、お話を伺ったのは、東急ハンズ 渋谷店 大山綾子さんです。


第3位 (株)ユニバーサルテクノロジーズ「フレッシーノ Hyper」2,980円

冷凍庫、冷蔵庫に冷やして、首回りに巻いて冷やす商品です。
中にジェルが入っており、冷やしても固くならない素材。首回りにしっかりと馴染んで冷やしてくれます。
濡らさないで済むし、繰り返し使えるので、水で襟元が濡れてしまうのが嫌という人にもオススメ。


第2位 大作商事(株)「MAGICOOL(マジクール)」699円

給水ポリマーが入っていますので、水に浸すと、ポリマーが水を含んで膨らみ、その状態で首に巻く商品です。
水が蒸発する時に肌の表面の温度を奪って、首回りの温度を下げます。
繰り返し使えるのと、水があれば、涼感を感じることが出来るので、アウトドアでの使用もオススメ。
一昨年、昨年とかなり売れた商品で、今年、これからも期待できる商品。


第1位 (株)ビッグウィング「しろくまのきもち Organic」1,280円

こちらも、まず水に浸して、首に捲くことで、水が蒸発するときの気化熱の効果で、首回りの肌表面の温度を下げます。
オーガニックコットン100%使用。2位のマジクールに比べると、良い生地を使っているので、
ファッション性にも高い冷却グッズになっています。


東急ハンズ 渋谷店の『冷却グッズ 売り上げベスト3』をご紹介しました。

オススメのホラー映画ランキング(2011/6/16)

カテゴリー:1113

木曜日は、「カルチャー」。


「ひかりTV」を運営するNTTぷららが、夏の暑さ対策や、
冷房の使用などについてのアンケート調査を実施、
結果を発表しました。その中にあった項目の一つが・・・
『ホラー映画に関する調査』


人は怖さで寒々しさを感じ、鳥肌が立ちますが、実際にホラー映画を見て、
涼しくなる人がどのくらいいるのか?調べたようです。


結果は・・・40%!


微妙な数字ですよね。でも、4割の方が涼しさを感じています。
そこで、今日は同じアンケート調査で出た、『オススメのホラー映画ランキング』を発表します。


ちなみに中西哲生さん、「ホラー映画は見られないんですよ。恐いんです。苦手なんです。」という意外(!?)な一面も。


第3位「SAW」

薄汚れた広いバスルームで目覚めた2人の男。彼らは対角線上の壁に、足首を鎖で繋がれていた。
状況が分からず、錯乱する2人に、「6時間以内に目の前の男を殺すか、2人とも死ぬかだ」というメッセージが…


1作目は2004年から7作続き、昨年「SAW ザ ファイナル 3D」で完結しています。


第2位「エクソシスト」

悪魔に取り憑かれ、顔つきが変わり、常軌を逸した言動を始めた12歳の少女。
少女を救うため、2人の神父が、悪魔との壮絶な戦いに挑みます…


映画で流れる曲も、映画に負けないくらい有名ですが、
この曲は、マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」といいます。


「エクソシスト」は、1974年の作品。この後でホラー映画は世界的にブームになります。
変貌するかわいい少女に鳥肌が・・・。


第1位「リング」

見た者を7日で死に追い込む呪いのビデオ。
それを観てしまった女と別れた夫。2人は限られた時間の中で、生き残りをかけてビデオの謎に挑みます…


「リング」は公開当時、話題になりました。これは日本発。世界中で観られています。

1998年の作品。
その後、日本ではホラー映画が数多く製作されました。
ハリウッドで日本のホラー映画がリメイクされるきっかけにもなった作品です。
井戸から出てきた貞子に血の気が引きました・・・


原作者の鈴木光司さんとメル友だという中西さん、
「鈴木光司さんとメールのやりとりをしているんですけど、鈴木さんは、面白い人なんですよ。
 すごいお話が楽しい方なんですが。イマジネーションが豊富というか、この映画は恐いですよね。」


アンケートの結果によると、ホラー映画を観て涼しくなる体感温度は、平均マイナス4.9度なんだそうです。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 || Next»