ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

エル上田さんオススメのタレント本はこれ!(2018/8/30)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


夏休み中の中西キャプテンに代わって、
ザック生馬さんと一緒に番組を盛り上げてくださった
お笑いコンビ「エル・カブキ」のツッコミ担当、エル上田さん。
エル上田さんは家に本が1000冊以上あるという読書家!
その中でもいわゆる“タレント本”を集めている
…ということで、今日はこちらのランキングをお届けしました。
【 エル上田おすすめ、心を揺さぶるタレント本 トップ3 】



第3位 江原啓之著『 江原啓之物語 』

上田さん:こちらはスピリチュアル・カウンセラーとしても知られる江原啓之さんの自伝的作品で、中身はマンガになっているんですけれど、特筆すべきは表紙なんですね。江原啓之さんの正面からのドアップなカラー写真が表紙に使われているんですが、裏表紙はまさかの江原さんの後頭部のアップなんです。電車で読むとだいぶ恥ずかしい本になっていまして「なんか俺、やたら注目を集めるなぁ!」と思っていると、これが意外とオーラを集めていた、というそんな本になっています。


第2位 神取忍著『 神話 』

上田さん:こちらは「神話」と書いて「かんわ」と読むんですけれど、こちらもまさかの表紙は神取忍さんのアップで、裏表紙が神取さんの後頭部、という。この2冊を揃えたときに「俺は何かをコンプリートしたぞ!」という気分になりましたね。で、この本の中に出てくるんですけれど、神取忍さんはずっと柔道をやっていたんですが、プロレスラーとしてデビューしたきっかけが「友達に履歴書を勝手に送られていた」という、アイドルのようなデビューの仕方で、それが印象的でしたね。


第1位 水道橋博士著『 藝人春秋 』

上田さん:この本は、水道橋博士さんが約20人の著名人のことをまとめていく本でして、普通、芸能人の方が出版するタレント本は自分のことをどんどん書いていくんですが、水道橋博士は自分のことを「芸能界に潜入したルポライターだ」とおっしゃっていて、自分と同業の方のことも取り上げちゃうんです。そのときに博士さんがおっしゃっているのが「シーザーを知るのにシーザーになる必要はない」とおっしゃっているんです。つまり、自分はテレビで自分の冠番組を持つようなところを目指していたけれど、自分の本当の気質は、人を見てその人の良さをどんどん書いていくようなところにあるんじゃないかとおっしゃっているんですね。これを読んだときに、なんだかすごくおこがましいんですけれど、自分もまだ芸人を続けていて良いんじゃないか、こういう形もあるんだとすごく勇気をもらった一冊ですね。


ザックさん:上田さんは水道橋博士さんとトークショーも行っているんですよね。


上田さん:そうなんですよ!水道橋博士さんはたぶん、日本で一番誤解されている人なんです。信じられない方もいらっしゃるかもしれませんが、ものすごく優しいんですよ。僕の周りにいる信頼できるスタッフさんでも「あまり深く関わらない方が良いんじゃないか」とおっしゃる方もいるんですが、僕がそれを博士に伝えたら、博士はそのことをものすごく笑ってくれて「俺は炎上師匠だから」って、そんな風におっしゃってくださる素晴らしい先輩ですね。僕は博士のトークショーとかも観に行くことがあるんですが、僕だけが手を叩いて笑っている時間が結構ある、というね(笑)でも、見方を変えたらこんなに面白い人はいないんですよ。で、もともと僕が博士のファンで本も読んでいたのに、あるとき僕らがやっているYouTubeを博士が見つけてくれて、自分が好きだった人が「すごい面白い」って言ってくれたのがすごい嬉しかったですね。


ザックさん:上田さんはなぜタレント本を集めているのでしょう?


上田さん:漫才の形で、ひとりのタレントさんを掘り下げて、その人の情報をひたすら紹介する、というのを以前やっていたんです。そのときに、自分の中での“礼儀”として、ひとりに対して1冊は本を読んでからイジろう、と決めたんです。これはプロ・インタビュアーの吉田豪さんがおっしゃっている方式なんですが、僕はこれを「吉田豪漫才」と呼んでいます。


ザックさん:とにかくリサーチをとことんして、より深く突っ込めるように…ということなんですね。


上田さん:そうなんです。なのでタレント本を集めすぎて、最近はちょっとアタマが疲れちゃいまして、あまり集めなくなりましたが…。


国際中医薬膳師・大友育美さんがおすすめする【 夏の終わりに摂りたい食材 】を紹介!(2018/8/23)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


今日、8月23日は二十四節気の『処暑』です。暦の上では暑さのピークを越えて、少しずつ涼しくなる、そんな時期ですが、それにしてもこの夏は猛暑でした。夏バテが出てきやすいこの時期、食生活にも気を配りたいものです。
今回は、フードコーディネーターで、国際中医薬膳師・大友育美さんがおすすめする、
【 夏の終わりに摂りたい食材 トップ3 】をお送りします!


第3位 『 カボチャ 』

第2位 『 ピーマン 』

第1位 『 梨 』


中西:大友さん、おはようございます。いつもありがとうございます。僕はこのコーナーをいつも楽しみにしています。


大友さん:ありがとうございます。


中西:では、食材トップ3のおさらいしましょう!まずは3位の『カボチャ』はこれはどういうことですか?


大友さん:体を優しく温めてくれる効能があって、体の中にこもってしまった熱を胃から冷やすのではなく、体の表面から熱を発散することで外に出していくというのがおすすめのポイントです。『気』を補って体力をつけてくれますので、なんとなくだるいというこの時期の症状を労ってくれます。あと、胃にとても良い働きをしてくれるので食欲不振も改善できます。


中西:ぶっちゃけ、カボチャってあまり得意じゃないんですけど、今の話を聞いたら、今すぐ食べたいと思いました。確かにこの時期、体にこもった熱を出したいですよね。しかも、汗をかくことで発散できるというのは、すごく良いことですし、気を補ってくれるのも良いですよね。
カボチャはどのようにして食べればいいですか?


大友さん:薄切りにして電子レンジでチンしていただいて、お好みのドレッシングをかけて食べていただければと。


中西:あっ!それならぼくにも出来ます!


大友さん:はい、お手軽にどうぞ。


中西:他に効果的なものってありますか?


大友さん:他には、桃・イワシ・かぶも効果的です。


中西:イワシは好きで食べてますし、桃はこの前、クロノスで貰ったから食べてますね(笑)。
そして続いて2位の『ピーマン』は?


大友さん:薬膳では、夏は『心(=しん)』の動きが活発になりすぎて、かえって弱ってしまうと考えています。この『心』は、血流を管理していて心臓に近い働きなんですけど、気持ち、精神も司っているといわれています。夏の疲れから『心』の働きが弱くなると、気持ちが不安定になったり、眠りが浅くなるとか忘れっぽくなるなどの不調が出て来ます。そこで『ピーマン』なんですね。血流をアップして、イライラしたり、憂鬱な気分を穏やかにしずめ、気持ちを安定させてくれます。そして、胃腸の調子を整えてくれるので、この時期におすすめになります。


中西:他に同じような効果があるものは?


大友さん:小麦・アーモンド・春菊にあります。


中西:レシピとしてはなにがいいですか?


大友さん:ピーマンは丸ごと食べていいただきたいです、中の種も美味しく食べていただきたいですね。


中西:ピーマンの肉詰めとかだと取っちゃうけど、本当は取らない方が良いんですか?


大友さん:そうなんですよ。肉詰めは種ごと詰めてもらうと、肉がポロッとこぼれないんですよ。


中西:あっ、逆に良いんだ!


大友さん:そうです、そして丸ごとガブッとどうぞ。


中西:かけて食べるものでおすすめってありますか?


大友さん:お手軽に、お好みのオイルとか鰹節とお醤油でも良いですよ。


中西:あぁ、オリーブオイル、鰹節とお醤油も良いですね!美味しそう!!
そして第1位の『梨』はどうでしょう?


大友さん:これからの時期なんですけど、これからは乾燥がすごく気になってきます。秋になると『肺』が弱くなってくると考えられていて、これからの時期、空咳とか風邪の咳、あとは喉がイガイガするのが気になってる方がいらっしゃるかもしれないんですけども、夏の紫外線やエアコン、それから乾いた空気で潤いを失っているのかなとも考えられます。そこで、体の内側から水を生み出して、肺の乾燥を防ぐと同時に肌や髪の潤いを保ってくれる梨がおすすめです。


中西:梨はどうやって食べるんですか


大友さん:もちろん、そのまま食べていただいても良いんですけども、餃子やワンタンの肉種の中に混ぜていただいても良いです。美味しくて歯触りも良いです。


中西:細かく刻んで入れるんですか?


大友さん:5mm角くらいに刻んでいただければ、歯触りも楽しめます。


中西:そうなんですか、そういったものはナシだと思ったんですけどね…。


大友さん:(笑)…はい…。


中西:もういいやっ(笑)。さぁ!夏のこの終わりに薬膳の観点から意識しておきたいことってなんですか?


大友さん:秋は冬に備えて気を内側に収めていただきたいので、ダイエットとか夜更かしは少しずつ控えていただくと良いと思います。


中西:なるほど、気を内側に収める!ということですね、わかりました!今回は、大友育美さんに伺いました、ありがとうございました!


大友さん:ありがとうございました。

まだまだ楽しめる“8月にオススメの絶景スポット”をご紹介します!(2018/8/16)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


お盆休みの一週間ですが、働いている方もいると思います、お疲れ様です。
気付いてみれば8月も後半!
今日は、夏の終わりのオススメ絶景スポットをご紹介します。
まずは、国内旅行情報サイト『じゃらんネット』による、【 8月にオススメの絶景スポットトップ3 】をお届けします!


第3位 『 沖縄県 石垣島 』

沖縄の南西、八重山地方の中心。海も綺麗でパイナップルも美味しい!どこを切り取っても絵になります。


第2位 『 沖縄県 竹富島 』

3位の石垣島からすぐ南。沖縄の原風景を残すと言われています。島で人気なのは水牛車。歩くよりものんびり散歩を楽しめますよ。


第1位 『 長野県 上高地 』

今度は海から山です!およそ120年前、イギリス人宣教師、ウェストン卿がこの地をみて「日本のアルプス」という言葉を生み出しました。


中西:いやぁ、どこも行ってみたいですね、続いては、年に10日だけ楽しめる、絶景ライトアップの話題です!
夏休みもそろそろ終盤に入ってきているという方も多いと思いますけども、そんな方に、まだまだ楽しめる絶景スポットをご紹介しましょう!
茨城県にある『国営ひたち海浜公園』では、明日、8月17日(金)から26日(日)までの10日間、『コキアのライトアップ』が行われます。
その見どころについて、国営ひたち海浜公園 ひたち公園管理センターの尾澤明さんにお話を伺います。
おはようございます、尾澤さん、よろしくお願いいたします。
ひたち海浜公園というと、大きな丘を埋め尽くす花や木が人気じゃないですか?この時期は“コキア”なんですか?


尾澤さん:はい、よろしくお願いします。そうですね、春はネモフィラ、秋はコキアということで、多くのお客様にご来園頂いております。ネモフィラもコキアも1年草でして、実は同じ場所で植え替えを行っているんですね。ネモフィラが終わった後、刈り取りと耕耘を行いまして、6月の下旬にコキアの植え付けを行っていて、3万2000本をおよそ2週間かけて植え付けていきます。


中西:3万2000本も!?コキアが赤くなって、真っ赤になった丘の写真を見たことがあるんですが、今はどんな感じなのでしょう?


尾澤さん:現在は、60cm〜70cmほどに成長しました。爽やかなライトグリーンでもふもふとしていて、とても柔らかくて、触ると気持ちが良いんですよ。


中西:結構大きく育ってますねぇ。今、写真を見ているんですけど、70cmくらいあると子どもだとかくれんぼとか出来るんじゃないですか?


尾澤さん:そうですね、小さなお子さんですと隠れてしまうくらいのサイズです。


中西:近くまで行くことは出来るんですか?


尾澤さん:コキアの畑の中には保護のために立ち入ることは出来ないんですけど、丘の麓にウォークインエリアを設けておりますので、そこでは存分にコキアに触って頂いて楽しんで欲しいですね。


綿谷:触れるエリアがあるんですね。そして夜は、年に10日だけのライトアップということですが、どんなふうに行われるんですか?


尾澤さん:コキアのライトアップはですね、秋の紅葉だけではなくて、夏の緑のコキアにも、より親しんでもらいたい、記録してもらいたいと始めたイベントです。今年のテーマは『夢』となっておりまして、フルカラーのライトを使って、丘一面のコキアをカラフルに染め上げるとともに、音楽とシンクロさせた、光と音の演出を行っていきます。


中西:先ほど、映像を見させて頂いたんですが、緑のコキアにいろんな色が付くじゃないですか?夜なので花火のように見えますね!


尾澤さん:そうですね!光と音楽の演出はとてもカラフルで綺麗なんですよ。光が点滅しているので、写真で撮るというより、やはり動画で撮るのがオススメですね。写真で撮る場合は、演出の合間の生灯りのホワイトの状態がコキアの緑がいっそう映えるのでとっても美しくなります。


中西:本当に緑が美しいですよね。この緑のコキアが真っ赤になるのはいつ頃でしょうか?


尾澤さん:例年ですと、10月に入ると色付き始めまして、紅葉の盛りは10月の中旬になります。今後の天候状況によって前後してきますので、最新の情報は公園のホームページでご確認頂ければと思います。


中西:実際に写真を見ていると、赤いコキア、緑のコキアと両方とも青い空にあいますよね。


尾澤さん:そうですね、どこまでも続くような美しい景色がご覧いただけると思いますので、是非、現地で見て頂ければと思います。


中西:そうですね、美しい景色を生で見ていただきたいですよね。ありがとうございました!国営ひたち海浜公園の尾澤明さんにお話を伺いました。
茨城県にある、ひたち海浜公園、コキアのライトアップは、明日、8月17日(金)から26日(日)までの毎日、夜9まで行われます。
詳しい情報につきましては、クロノスの番組ホームページにリンクを掲載しておきます。


綿谷:いやぁ、行ってみたいですね。なんか本物じゃないみたいなところがまた綺麗ですよねぇ。一瞬、ゲームの世界かと思っちゃった。


中西:そうね、植物とは見えないような美しい色ですし、昼も夜も楽しめるのもまた良いですよね。


綿谷:しかも、夏も秋も楽しめるも良いですよ!


中西:夏休みもそろそろ残り少なくなってきて、行く場所探している方、または、ここに行ってみようかなと思っている方は、是非、国営ひたち海浜公園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 128 | 129 | 130 || Next»