ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

今年のアカデミー賞は歴史が動く!?(2019/1/31)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


この時期、エンターテインメントの世界では大きな話題になるのが、日本時間の2月25日月曜日に授賞式が行われるアカデミー賞です。
オスカー像は誰の手に!?ということですが、今年は新たな潮流が生まれるかもしれないということなので、映画ライターのよしひろまさみちさんにお話を伺っていきたいと思います。
その前に、まずは、今ヒットしている映画をチェック!
【 興行通信社調べ 先週末の1月26日、27日の興行成績トップ3 】をお送りします!


第3位 『 ボヘミアン・ラプソディ 』

綿谷:中西さんおもお正月休みに2回観て、2回とも泣いた、ボヘミアン・ラプソディ。
公開から3か月近く経ちますが、トップ3の座は譲らず!!
Don't Stop Me Now!な人気が続いています。


第2位 『 一二人の死にたい子供たち 』

綿谷:人気作家、冲方丁原作のこちらは、それぞれの理由で安楽死するために集まった少年少女が体験した、ある事件からスタートする密室サスペンスです。


第1位 『 マスカレード・ホテル 』

綿谷:東野圭吾さんのベストセラーが原作、木村拓哉さんが初の刑事役!
ドラマ『HERO』シリーズの鈴木雅之監督と役者が揃い、公開2週連続の1位となりました!



中西:さあ、ここからは、映画ライターのよしひろまさみちさんに登場していただきましょう!
映画界最大の祭典!なんて言われてきた、アメリカのアカデミー賞なんですが、
ただ、“中の人たち”にとっては、そうそう楽しめない動きが徐々に明らかになってきているそうなんです。
どんなことなんだろう?ということで、映画ライターのよしひろまさみちさんにお話を伺っていこうと思います。おっは〜!


よしひろさん:おっは〜!あけおめですね!本年もよろしくお願いしますね。


中西:こちらこそ、よろしくお願いします。
先週、今年のオスカーのノミネートが発表されたんですけど、よしひろさんに『2019年 アカデミー賞のチェックポイント』、3つ挙げていただきました。まず1つ目は?


よしひろさん:まず1つ目はですね、【 映画業界 VS Netflix 】です。戦いでございます!
これは結構大きくてですね。Netflixが配信している『ROMA』という作品が作品賞、監督賞など最多ノミネートとなる10部門も入っているんですね。この作品はモノクロでスペイン語、有名な役者が1人も出ていないんですよ。監督はゼロ・グラビティのアルフォンソ・キュアロンなんですけどね。完成度も非常に高く、これが劇場公開作だったら間違いなく受賞するだろうと言えるくらいのクオリティーなんですよ。


中西:変な話、OEMみたいなものですね、極端な話ですけど。有名でなくとも演技がうまければ誰が出ても良いという可能性もあるということですよね。


よしひろさん:それもあるんですけど、なんせちょっとまずいのが、オスカーとしては、映画業界は興行の方が、映画館の方がメインなわけなんですよね。Netflixは、そういう人たちの稼ぎを、食い扶持を奪っているわけになっているので、そこに対して「どうするか?」というのが今年、かなりの注目になっています。なので、もし、『ROMA』が作品賞を逃したとしたら、Netflixが本気になって映画業界を潰しにかかってくるのではないかという風に思っています。ちょっとえぐいです…。


中西:そういう話なんですね…。そりゃ、そうそう楽しめない感じになっちゃいますよね。
では、2つ目のチェックポイントをお願いします。


よしひろさん:【 視聴率回復に必死 】です。
アカデミー賞はテレビ中継されていて、日本でもやっていますよね。実は、昨年のアメリカでの視聴率が低く、歴代で最低になってしまったんですよ。それで、今年は視聴率回復に本当に必死で、なんとかして人気作をノミネートに入れられないかと昨年からいろいろ画策しているんですよ。例えば、人気映画賞を設立しようとしたりね、それは撤回されて延期となってしまったんですけど。それは何故かというと、『ブラックパンサー』があったからなんですよ。『ブラックパンサー』は興行的にもヒットし、文化的にも認められた作品なんですが、通常のオスカーだとノミネートされない作品ということになってしまうので、受賞できるように賞を設立しようとしてたんですよね。でも、フタを開けてみたら普通にノミネートされているんですよ。他にも、実はまだ司会が決まっていないとか、話題を結構引きずっているので、これは確実に視聴率回復のために動いているなということです。


中西:なるほどね〜。


綿谷:さあ、よしひろさん、『2019年 アカデミー賞のチェックポイント』の最後の3つ目をお願いします。


よしひろさん:はい!【 目玉がなくて大混戦 】です!(笑)


中西・綿谷:(笑)


よしひろさん:本当に下馬評があてにならないんですよー!アカデミー賞の前哨戦とされる、トロント国際映画祭や、ヴェネチア、監督協会の賞とか、前哨戦の全部の結果が出たうえで大体予想が付くんですけど、今年はバラバラなんですよ。なので、下馬評はあてになりません!ということで、全く読めないから、これも視聴率回復に繋がるのかな?っていうね!(笑)


中西:ちょっとこれは歴史が動くかもしれませんね、Netflixとか考えてもね、役者が有名じゃなくても良いとかみたいな話も含めてね。


よしひろさん:そうなんですよ、どっちに転んでも、動きそうな予感がしますね。


中西:ということで、映画ライターのよしひろまさみちさんに、『2019年 アカデミー賞のチェックポイント』を伺いました。ありがとうございました。


よしひろさん:はい、ありがとうございました。

今年のバレンタインはルビーチョコレート!?(2019/1/24)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


中西:いまからちょうど3週間後の今日なんです!バレンタインデー!!
僕が子供のころは男女ともどもそわそわしたわけなんですけど、それはそれで、
最近では、友チョコだったり、自分チョコだったり、だいぶ意味合いが変わって、美味しいチョコを楽しむ日になってきた気が僕はしています。
そんな、バレンタイン、せっかくだから目利きが選んだチョコを楽しみたい!
ということで、今回は、日本唯一のスイーツ芸人、スイーツなかのさんが教える、
【 2019年のバレンタインに注目のチョコ TOP3 】をお送りします!


第3位 ジョンカナヤ『 ボンボンショコラ クールルビー 』

第2位 空いろ『 ほし ベリー&ルビーチョコレート 』

第1位 東京會舘『 バレンタイン限定ショコラ 』

綿谷:バレンタインキッスからチョコレイト・ディスコまであなたの人生において、バレンタインはどんな存在でしょうか?
今日は、日本唯一のスイーツ芸人、スイーツなかのさんをお招きしました。


中西:おはようございます!というか、インパクトがありすぎなんですけど…。
頭の上にパンケーキが十層くらい乗っていますけど。


スイーツなかのさん:おはようございます!こういうパンケーキの帽子をかぶって普段から活動している、スイーツ芸人のスイーツなかのと申します。よろスイーツ!!!


中西:…あっ、そういう決め言葉があるんだ…、よろスイーツ!…、うん。その帽子を後でどうしても被りたいです。


スイーツなかのさん:是非、是非、被ってほしいです。


中西:帽子、楽しそう!この番組で、“日本唯一”という肩書でご紹介する芸人さんというと、バーベキュー芸人のたけだバーベキューさんがいるんですけど、ご存知でなんですか?


スイーツなかのさん:もちろんです。たけださんは、よしもとの直属の先輩になりますので。


中西:縦関係ですね。


スイーツなかのさん:そうです、よしもと特有の縦関係がございましてですね。でも、すごく優しい方で、吉本興業の本社の中でバーベキュー大会が月に一回あってですね、それをたけださんが主催でやっています。僕はそこでスイーツコーナーをやっています。


中西:えぇ!そこにマジで行きたい!!!


綿谷:ホントですね、そこに取材に行きましょうよ!


スイーツなかのさん:関係者としていくらでも入れますので是非、どうぞ。なので、たけださんとは毎月会っています。


中西:スイーツなかのさんは、日本唯一のスイーツ芸人なわけなんですけど、スイーツをどのくらい召し上がっているんですか?


スイーツなかのさん:正直言うと、数えたことないんですけど、ざっくり言いますと、これくらいは食べているだろうなというのは5000種類くらいですね。


綿谷:5000…。


中西:なんだなんだ…。


スイーツなかのさん:年間500件以上くらいは回っているんで、それくらいは食べているだろうなと思います。


中西:じゃ10年くらいやっているんですか?


スイーツなかのさん:活動としては5年くらいなんですけど、1店舗で2種類とか3種類食べているので、それくらいになっているかなという計算ですね。


中西:なるほどね。


綿谷:この辺で先ほどのランキングの解説を頂きたいと思います。
【 2019年のバレンタインに注目のチョコ TOP3 】で第3位だった、ジョンカナヤの『 ボンボンショコラ クールルビー 』から、お願いします。


スイーツなかのさん:はい、ジョンカナヤさんのチョコレートの説明をする前に、今年のバレンタインのトレンドじゃないですけど、それを一つ説明すると、ルビーチョコレートというのがいますごく話題になっています。


中西:ルビーチョコレートってなんなんですか?


スイーツなかのさん:それはですね、ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートに続く第4のチョコレートと呼ばれていてピンク色のチョコレートなんですよ。これは、バリー・カレボーというスイスのチョコレートメーカーが出したチョコレートなんですけど、着色料を使ってないでピンク色、さらに味も香料を使っていないのにベリー系の味がするという、ちょっと面白いチョコレートなんですよ。


中西:厳格な企画があるんですね。


スイーツなかのさん:これを使っているチョコレートがいま、たくさん出ていて、バレンタインで注目になっています。なので、今回はそのルビーチョコレートに絞ったランキングを考えてきました。
ジョンカナヤさんのボンボンショコラ クールルビーは、5個入りでして、こちらのチョコレートの特徴が、封蝋という手紙や封筒の後ろに押し印をするんですけど、それをデザインしたチョコレートなんですね。それをルビーに使っていて、美味しさと品質をチョコレートに閉じ込めていますというメッセージが隠されているわけなんですね。


綿谷:そして、第2位は空いろの『 ほし ベリー&ルビーチョコレート 』。


スイーツなかのさん:こちらは、実は和菓子屋さんの空也という老舗の最中屋さんがあるんですけど、そこの派生ブランドで、あんこをジャムのように食べてほしいという気持ちをこめて、あんことルビーチョコレートをあわせたという商品です。


綿谷:そして、第1位の東京會舘の『 バレンタイン限定ショコラ 』。


スイーツなかのさん:こちらはですね、今日はお二人にお持ちしました、箱を開けて見ていただくとですね、ルビーチョコレートを使った一粒サイズのボンボンショコラが入っていて、ハートと四角とマルのデザインになっていて、全部ルビーチョコレートで出来ています。ハートのデザインのチョコはパチパチするキャンディーが入っているので面白いです。是非、ハートのチョコ食べてみてください。


中西:では、綿谷さんに食べていただきましょう。あと22秒しかないです(笑)


綿谷:ん〜ホントだ!パチパチする!!中に何か入ってる、なんだろこれ!?


スイーツなかのさん:食感がパチパチしていて面白いですよね。目で見ても楽しいし、味わっても楽しいというチョコレートでございます。


中西:なるほど、わかりました。今年はルビーチョコレートが注目ということですね。
ということで、スイーツ芸人のスイーツなかのさんに、お話を伺いました。
ありがとうございました!


スイーツなかのさん:はい、ありがとうございました。


◆被らせてもらいました





『防災を考える本』をピックアップ!(2019/1/17)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


24年前の1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生、大都市で起きた震災がもたらした影響は大きなものでした。
この日以降、日本に住む限り、何らかの自然災害の影響を受ける可能性がある、そんなことをに実感した方も多いのではないでしょうか?
では、どうすればいいのか?
最新の防災知識を網羅した本をチェック!というのもその一つです。

今回は、ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた
【 『防災を考える本』のおすすめTOP3 】をお送りします!


第3位 永澤義嗣 著『 気象予報と防災 ‐予報官の道 』(中公新書)

第2位 猫びより編集部 編『 決定版 猫と一緒に生き残る防災BOOK 』(日東書院)

第1位 『 自衛隊防災BOOK 』(マガジンハウス)


中西:今日は、防災とボランティアの日です。
改めて、自分の身の回りでどのくらいの備えが出来ているのかを確認してみましょう。
そして、改めて知っておきたいことは本を読んでチェック!
ということで、ジュンク堂書店 池袋本店に『防災を考える本』のおすすめを伺いました。
シチュエーション別に防災を考える3冊をピックアップしてくださいました、そこで、どんな本なのか解説していきます。
まずは、3位の中公新書から発売中の『 気象予報と防災 ‐予報官の道 』。


綿谷:著者の永澤義嗣さんは、長年にわたって気象庁に勤めていた方です。
気象情報や警報をどうみるか、それを実際の行動にどう結びつけるべきか、詳しく書かれています。
やや専門的ではありますが、気象予報官の仕事とはどんなものなのか?気象予報の世界を知る読み物としても楽しめます。


中西:去年の西日本豪雨でも課題になりましたが、『危機をどう伝えるのか?』ということについて、気象予報に携わる方々たちが常に考えている悩みも書かれています。
例えば、ゲリラ豪雨や爆弾低気圧など、インパクトのある言葉が出来ても、人はいずれ慣れてしまう。
情報を伝える側だけではなく、受け取る側の姿勢も慎重かつより深く考えることが課題になりそうですよね。


綿谷:続いて2位の日東書院から発売中、猫びより編集部による『 決定版 猫と一緒に生き残る防災BOOK 』です。
家族同様、大切な存在になっているペット、この本では猫なんですけども、いざ、災害が発生すると守れるのは飼い主だけになります。
この本では、外出時に災害にあったとき、自宅で災害にあったときどうするべきか?あらゆるケースを想定して作られています。イラストも多く、非常に見やすくなっています。


中西:まず、大原則として災害時の心得として『人命が最優先』と書かれているこの本なんですが、しかし、避難生活が長期化するにしたがって、ペットや飼い主が“災害弱者”となる実情についても書かれています。
いろんな“気付き”がこの本にはあり、ペットを飼っていらっしゃる方には特にありますよね。


綿谷:そうですね、猫を連れての避難訓練の方法なども分かりやすく書かれていますし、ひとまず買っておいて間違いないんじゃないかなと思いました。
そして、ジュンク堂書店 池袋本店に聞いた、『防災を考える本』のおすすめ、第1位になったのは、
マガジンハウスから発売中の『 自衛隊防災BOOK 』です。
こちらは去年夏に発行されてから増刷が続いています。
現役自衛官は当然知っているけど、そうではない人は全く知らない、災害に役立つ危機管理のテクニックが100項目で紹介されています。


中西:以前も、紹介したことがありますが、本当に実用的な1冊なんですよね。
子供や高齢者の方と避難するときの方法や、ひとりでけが人を運ぶにはどうすればいいのか?などが具体的に書かれています。
あとは、ツナ缶やバターをろうそく代わりにする方法など、知っておいて損はない知識が詰まっています。
その知識をわかりやすく写真や絵になっていて、文章を読むよりもパッと直感的にどうしたらいいかわかりやすくなっています。
災害への備えというのは、こうした本で得た知識を、シミュレーションして、体感するのも大切になります。
折を見て、アナタの備え、確認なさってみてください。また、折を見て、このような本を開くことも非常に重要になってきます。
今回はジュンク堂書店 池袋本店に聞いた【 『防災を考える本』のおすすめTOP3 】をお送りしました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 137 | 138 | 139 || Next»