ビジネスマン、OLのネタ帳になるトピックを、毎日お届け!キャッチアップしておきたいトレンドをランキング形式で紹介しながら、毎日ひとつの話題にフォーカスしていきます。

目指せ、リア充王!(2018/9/27)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」。


3連休が2週続いた9月。アナタのSNSのタイムラインでも、友人のやたら笑顔でやたら充実した感じの写真や動画が見られたのではないでしょうか?
…いわゆる「リア充」!今日はそんな“リア充”を地でいく大人になるためのテキストをご紹介します。その名も『ホイチョイの リア充王 遊びの千夜一夜物語』
今日はこの本をお書きになった、ホイチョイプロダクションズ代表の馬場康夫さんにお話を伺いました。
まずは、レジャー白書2017調べによる「リア充王」に掲載されているもののうち
【 過去20年あまりで大きく減ってしまったアウトドアレジャー トップ3 】をご紹介します。



第3位 『 釣り 』65%の減少

1994年の釣り人口は1980万人。しかし、2016年には690万人に減っています。


第2位 『 サーフィン 』78%の減少

こちらはウィンドサーフィンも含みます。1994年に140万人だったサーフィン人口は、2016年には30万人に。ボードを持つ方をよく見ると、高齢化が進んでいることを感じますね。


第1位 『 スキー 』82%の減少

1994年に1860万人だったスキー人口も、2016年には330万人に。週末の関越道が50キロ以上の渋滞、というのは昔話になりました…。



中西:今日は『ホイチョイの リア充王 遊びの千夜一夜物語』をお書きになった、ホイチョイプロダクションズ代表の馬場康夫さんにお話を伺います。よろしくお願いします!


馬場さん:よろしくお願いします!


中西:ホイチョイといえば、何と言っても1987年の映画「私をスキーに連れてって」を思い出される方も多いはず。今日のランキングをみると、スキーはだいぶ厳しい状況ですが…


馬場さん:スキーだけでなく、テニスやスキューバなど、ありとあらゆるアウトドアスポーツが減少しています。


中西:その原因は?


馬場さん:若い人が外に出なくなってしまったんですね。それは「お金がかかるから」とか色んな事情があると思うんですけれど…。なのでいま、めちゃめちゃ良いですよ!ガラガラですし(笑)しかも、料金も安くなっているんです。で、道具だけはめちゃめちゃ進歩して、使いやすくなっているし。アクセスも良いし、駐車場も空いている!


中西:こうした中、いま「リア充」になるための本を出版されることになったいきさつは?


馬場さん:「リア充」になるための本、というより、スキーにしてもスキューバ・ダイビングにしても、その場を楽しむというよりは、みんなSNSにあげて“いいね!”をもらうためにやっている、というのが現状なんですよ。


中西:「リア充」はやり過ぎるとひんしゅくを買いそうですが、やり過ぎないコツは?


馬場さん:インスタとかは“自分”を出さないじゃないですか。“世界観”を出すものですから。なので、自分がやっている感じをアピールするより「こんな楽しい世界があるよ」という感じで、例えばスキューバだったら自分がやっている写真よりも魚の写真を出すとか、サーフィンでもきれいな風景の写真をアップしたりすれば、そんなにイヤミにならないんじゃないかと思いますけどね。


中西:じゃあ「見えている風景」を撮っていけば良い、ってことですか?


馬場さん:今はもう自分中心で、写真を撮るときも自撮りの人が多いじゃないですか。だけど、キレイな写真というのは必ず「いいね!」をもらえますから!


夢を未来から逆算する『逆算メソッド』とは?(2018/9/20)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


9月も下旬になりました。2018年も少しずつ終わりに近づいてきたわけですが、
みなさんの今年の目標達成状況はいかがでしょうか?
今回は、夢を未来から逆算することで実現させる『逆算メソッド』を提唱している、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんに【 『逆算メソッド』を実践する上で押さえておくべきポイント トップ3 】を伺っていきます!


第3位 『 建前じゃなく本音 』

第2位 『 Before / After 』

第1位 『 締め切り 』


中西:今回は、『逆算メソッド』を提唱している手帳カウンセラーのコボリジュンコさんにお話を伺います。
コボリさん、よろしくお願いします!
まずはこの『逆算メソッド』、ひとことでいうと、どんなメソッドなんですか?


コボリさん:はーい、よろしくお願いします。
『逆算メソッド』というのは、ビジョン、プラン、アクションの3ステップで夢を実現していくメソッドのことです。


中西:ランキングで伺いました、『逆算メソッド』を実現する上で押さえておくべきポイント トップ3について解説いただきましょう。


綿谷:では、第3位『 建前じゃなく本音 』からお願いします。


コボリさん:大人になるにつれて、本音ではなく建前中心になっていきませんか?
そうすると、自分が本当にやりたい事、望んでいる事が、どんな事かわからなくなってくるんですよ。
例えば、子どもは、やりたい事100個をあっという間に書き出すことが出来るんですね。ところが、大人は、いろんな余計な事を考えちゃうせいか、なかなか書けないんです。しかも、最初に出てくるのは建前ばかり。
夢を未来から逆算する『逆算メソッド』では、本当に自分が望んでいる事をハッキリさせることからスタートします。というのも、やっぱり偽物の夢が叶っても全然嬉しくないですよね。


綿谷:偽物の夢…、確かに!


中西:でも、今やらなきゃいけない事と、自分のやりたい事というのは違いますよね。そこは、ちゃんと分けた方が良いですよね。


コボリさん:そうですね。


綿谷:続いて、第2位の『 Before / After 』。


コボリさん:ダイエットのCMでよくBefore/Afterの写真とかが紹介されていますよね。それと同じように、現状を「Before」、自分にとってワクワクする未来を「After」ということで、紙に書き出してみます。
紙に書いてみると、今と未来のギャップがハッキリします。そのギャップをどう埋めるのか、これを逆算していくわけです。イメージとしては、現在と未来の間に階段を作っていく、これが計画を立てるということです。


綿谷:今と未来のギャップなんですね。そこを逆算すると!


中西:紙に書き出すというのは、書き出したものを張り出したり、手帳などの自分がよく目にするところに書いた方が良いのか、どうなんでしょうか?


コボリさん:なるべく、頻繁に見ていたいので、書いたものを張り出しても良いですし、持ち歩いていつでも見られるようにしておくという方が良いかもしれないですね。


綿谷:さぁでは、第1位の『 締め切り 』です。


コボリさん:「いつまでに実現させたいか」を決めるのが、逆算思考でスイッチをオンにします。お尻が決まらないと、逆算できないんですよね。そして、締め切りというと、ビジネスパーソンの皆さんは嫌な顔をされる方がとても多いんですよね(笑)。でも、「夢の締め切りというのは、自分の夢が実現する日のこと」なんです。全然嫌じゃないですよね?


綿谷:そうですね、嬉しい、楽しみな事ですよね。


コボリさん:ところが、自分のやりたい事を、いつまでにやりたいのかを決めていない方がとても多い。そこをまず、「いつまで」というのを決めて、それを決めるとやっぱり順番に逆算していくことが出来るんですね。


綿谷:そしてコボリさんが提唱しているこの『逆算メソッド』は、もちろん自分のスケジュール帳で進めても良いんですけど、コボリさんは、その名も『逆算手帳』として発売もしているんですよね?10月始まりの理由や、その手帳の特徴とか教えていただけますか?


コボリさん:一般的な手帳というのは、やらなくてはいけない事が書かれています、逆算手帳に書くのは、やりたい事とその実行プランを書きます。
単に、何月何日何時から打ち合わせとか書くのではなく、いつまでにこんな事がやりたい、そのためにはこんな事が必要というような事を書いていきます。
そして10月始まりの理由なんですけども、やりたい事を考えていくというのは時間がかかるので、10月から12月までの3ヶ月間は助走期間という位置付けにしているからです。


綿谷:なるほど、そういうことなんですね。
今回は、『逆算メソッド』を提唱する、手帳カウンセラーのコボリジュンコさんにお話を伺いました。
詳しい情報は、クロノスのホームページに掲載していますので、是非、チェックしてみてください。
コボリさん、今日はありがとうございました。


コボリさん:はい、ありがとうございました。

映画ライター・よしひろまさみちさんに“プーと大人になった僕”についてお話を伺いました(2018/9/13)

カテゴリー:1113
null

木曜日は、「カルチャー」


1962年代にイギリスで児童書として発表され、1960年代にはディズニーがアニメーションも製作した『くまのプーさん』。
あの主人公「クリストファー・ロビン」が大人になってからの物語がふたたびディズニーによって、今度は実写で映画化されました。
今回は、映画ライターのよしひろまさみちさんに【 プーと大人になった僕 】についてお話を伺っていきたいと思います。
まずは、先週末の全国映画動員ランキングベスト3を発表していきましょう!



第3位 『 銀魂2 掟は破るためにこそある 』

第2位 『 検察側の罪人 』

第1位 『 MEG ザ・モンスター 』

中西:スタジオにお迎えしたのは、映画ライターのよしひろまさみちさんです。


よしひろさん:おはです〜、どうも、よろしくおねがいします。


中西:おはです〜!おねがいします。さあ、今回、ご紹介するのは、明日から全国公開されるディズニー映画『プーと大人になった僕』です。


よしひろさん:わたしね観たときに、始まった瞬間からうるうるしてしまいまして、これ、わたし、脱水症状を起こしたまま死ぬんじゃないかと思いました(笑)。


綿谷:えぇ〜!!でも、私も、ほのぼの系だと思っていたら、思いの外、感動しちゃったんですよ〜。


よしひろさん:そうなんですよ!大人が泣くために作られていたりする映画になっています。


綿谷:この映画は『くまのプーさん』の“その後”。
大人になって、家庭を持ち、仕事に追われるクリストファー・ロビン。ある時、突然、プーが現れ、再び子どもの頃にプーたちと過ごした“100エーカーの森”へ…。
そこから何かが変わっていく…。という作品になっています。


よしひろさん:そもそも、クリストファー・ロビンがその後どうなったかというのを誰も気にしていなかった話だと思うんですけど(笑)。まさか、そこに焦点を当てて、クリストファー・ロビンが大人になっている状態が、ものすごいクズ男になっていたという設定なんですよ。そのクズ男になっちゃったという理由付けが、最初の5分間だけで全部説明されるんですよ。あそこ素晴らしいんですよ!


綿谷:そうそうそう!一気に世界観がぶわ〜っと表現されて。


よしひろさん:クラシック プーと呼ばれている原作の絵本タッチの絵を交えながら実写も交えてっていう。いきなりプーさんとかも出て来ちゃうんですけど、どういうふうに育って、大人になっていったかというのを知ることによって、その後のクリストファー・ロビンが大人になり家庭を蔑ろにしてまで仕事をしているという設定なんですけど、どうしてそんな大人になっちゃったかというのもちゃんと描かれていてるんですよね。


綿谷:そして、プーさんがいきなり現れても違和感が無いんですよね。


よしひろさん:無い!最初、予告編が流れたときには、ざわっとしたんですけど(笑)。ただね、あの撮影で使われているものって全部がCGじゃなく、本物のぬいぐるみなんですよ。ぬいぐるみをちょっとづつ動かしていって、表情とかはCGで処理しているんですけども、なので、余計に違和感を感じないように出来ているんですよ。俳優の前でちゃんと演技させているので。


綿谷:そうですよね、絶妙なバランスで出来ていますよね。
あと、私は、小さい頃に深く考えずに受け止めていたプーさんの言葉に改めて触れて、実はかなり哲学的だったということに気付かされました。


よしひろさん:ですよね!仕事ってなに?赤い風船より大事なの?とか言ってね、ちょっと待って!それって、仕事って美味しいの?って言ってるようなもんですよね?みたいな(笑)。でもそれって、大人にとっては当たり前のことかもしれないけど、あっ、いけない、いけない。と取り戻させてくれるような話になっているんですよ。


中西:仕事って当たり前の事になっちゃってますもんね。


よしひろさん:お前らを養ってるんだぞ。と言っているお父さん方は、この映画を観て、ちょっと反省してもらいたいですね。


綿谷:あと、わたしは、「今日は僕の大好きな日だ」という台詞がすごく好きですなんですよ。『今日は』というところがね、毎日、『今日は』と言っている。


よしひろさん:そう、実は、プーさんは刹那に生きているんですよ。刹那主義だったっていう(笑)。


綿谷:それも大事ですよね、毎日を大事に生きるというのは。


よしひろさん:その通りでございます!
原作で良いなと思っていたことを、改めて実写で見せられると、こっち側も改めて感じることも大きい。これって、なんでかな?と思ったんですけど、この話って、そもそもなんですけど、原作者のA・A・ミルンは息子のクリストファー・ロビンのために描いた作品なんですよね。それを、ウォルト・ディズニーの娘がめちゃめちゃ気に入って読んでいた。で、ウォルト・ディズニーが、そんなに面白いなら権利を買おう!というそんなちょっとしょっぱい話も…。
結局は、親が子供を思って作った話というのが原点にあるというのを考えて観ていただけると、とてもいい話に感じられるんじゃないかと思います。


中西:なるほど。この映画でクリストファー・ロビンを演じた、ユアン・マクレガー、プロモーションのために来日したんですが、初来日だったんですね?


よしひろさん:意外ですよね。トレインスポッティングとかでヒットしたんですけどね。それで、なんでかというと、ユアンって出演作品があまりにも多すぎるんですよ。日本の公開は、本国の公開よりちょっとおくれてるので、プロモーションのための来日をするにしても、次の作品に入っちゃっているんですよね。今回は、たまたま空いている時だったみたいで、ようやく念願叶って日本に来られたということになっています。


中西:なるほどね〜。


綿谷:最後になりますが、映画『プーと大人になった僕』は、どのような人に観ていただきたいですか?


よしひろさん:全大人!子どもも楽しめる作品になっていますが、全大人!!反省してください、仕事ばかりじゃないですよ〜!


中西:いろんな事に気付かされそうな映画ですね。今回は、映画ライター・よしひろまさみちさんにお話を伺いました。ありがとうございました。


よしひろさん:ありがとうございました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 131 | 132 | 133 || Next»