• mixi
  • Facebook
  • ツイッター
  • Google
  • TOKYO FM
  • TOYOTA
Home>Athlete News
Athelete News
15.05.02
この道は続いていく
今週の「ATHLETE NEWS」は、長年日本のロードレース界を牽引してきた、元プロレーサーの宮澤崇史さんです。


ー競技生活お疲れ様でした。去年引退されて、何年間の競技生活になるんですか?

「僕は高校を卒業してから、ずっと自転車に乗り続けていたので、18歳から36歳まで18年間、人生の半分ですね(笑)」

ー18年間続けてきた競技生活、引退を決めた瞬間は何だったのでしょうか?

「引退する予定はなかったんですけど、ふと我に返って、”来年も走るのかな?”と思った時に、自分のイメージしている走りの評価と、自分の体の動く範囲が繋がっていないところがあって、これはまずいなと思っていたんですよね。一ヶ月ほど悩んで、最後のレースの3日前くらいに「辞めよう!」と思ったんです。子供が物を飽きて放り投げるように「やーめた」って感じですね(笑)」

ー宮澤さんを語る上で欠かせないストーリーに「生体肝移植」のお話があるのですが、現役の途中で肝臓病を患っていたお母様に、自分の肝臓のを移植されたんですよね。

「以前に一回大きな手術をしたことがあって、病弱だったのですが、母は父が亡くなってから女手一つで育ててくれて、自分が自転車に乗りたいと言った時も、自転車を与えてくれて。やりたいと言う事に対して、100%環境を与えてくれた母親だったんです。また、二人三脚で上を目指したいという思いがありました」

ー「生体肝移植」をされた方が、その後トップレベルまで復帰した例というのは、世界でもほとんどないそうですが、そこに大変な努力があったんですよね?

「努力はしましたけど、その時その時に努力してるなという感じはなく、もう必死なんですよね。自分で、いま出来る事、例えば駅の階段を登るとか、日常の中でしゃがむとか、歩く時に手を振るとか、どの角度まで振ったら体って楽に歩けるんだろうとか、プラスの方に転じていく要素を、とにかく一分一秒の中に考える。そうする事によって、人生は好転していくんじゃないかなと思いました。そういうことが競技生活にも出ていたかなと思います」

ー「ツール・ド・フランス」出場という夢は叶わなかったということですが、ロードレースの選手にとって「ツール・ド・フランス」はどんな舞台なんでしょうか?

「華やかで、自転車競技の中でも、自転車競技の枠を超えたお祭りです。「ツール・ド・フランス」が、自転車競技というのは、僕の中では違うと思っていて、下のカテゴリだとか、世界中で行われいてるほとんどの自転車レースは、町おこしだったり、地元のスター選手を観に来るお客さん達が、季節を楽しみにお祭りを楽しむ。逆に「ツール・ド・フランス」は商業的なところが強いですね。レースが通る1時間前、道路は猫でも通っちゃいけないくらい警戒態勢なんですよ」

ーロードレースは最大何キロくらい出るんですか?

「僕は下り坂で時速120キロくらい出した事ありますね。パンクしたらアウトですね(笑)。雨が降ってると時速70キロくらいで顔が痛くなりますし、カナブンとか当たると最悪ですね。デコピン並の痛さですよ(笑)」

ー毎回、ゲストの方のお気に入りの一曲を伺っています。宮澤さんが自分を鼓舞するために聴いている曲や、集中力を高めるためによく聴いている曲はありますか? 

「ジャコモ・プッチーニさんが作曲した「Nessun Dorma」という曲です。最後に「勝つんだ」というフレーズがあるんですけど、聴く度に鳥肌が立つ様な思いにひたれる曲なんですね。トレーニングのきつさに対してに勝つんだとか、気持ちに勝つんだとか、週末のレースに勝つんだという思いをそこに込めます」

ーこの曲を知ったきっかけは何だったんですか?

「イタリアに行った時に、たまたま、ジャコモ・プッチーニさんが住んでいたルッカというイタリアのトスカーナ地方の町に2年間住んでいました。その時に、ここがプッチーニが住んでいた町なんだと思いながら聴いていて、歴史的背景を思い描きながら、自分の好きな曲を聴くのはすごくいいなと思いましたね」

ー最後に、リスナーのみなさんにメッセージをお願いします。

「自転車が大好きで、幼稚園から乗っていて、自分の世界を広げてきたので、これから自転車を始める人も、自転車に乗っている人も、安全に楽しく、風を受けながら自分の世界を広げていってほしいと思います」

Message

Circle of Friendsや藤木直人さん、伊藤友里さんへのメッセージはこちらから。あなたのスポーツ体験と気分を盛り上げるためには欠かせないリクエスト曲をお待ちしています。